Memories of the game

刃を研ぎ、復讐の準備を…… ~ 鹿島アントラーズ、悪夢の“敗戦”から一夜明けて ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 一夜明けても、まだ腹の虫が収まらない。

 大げさでなく――2017年12月2日は、鹿島アントラーズ史上に残る“屈辱の日”として、チーム関係者及びサポーター・ファンの心に刻まれることとなるだろう。

 話はやや横道に逸れるが、鹿島は審判の判定について、Jリーグへ意見書を提出した。前半44分、植田直通がCKに合わせネットを揺らしたが、直前に鹿島の選手がファウルを犯したとしてゴールが認められなかった場面だ。

 意見書を出すこと自体に異論はない。勝敗に関わるというだけでなく、審判もまた日本におけるサッカーの競技力向上の一翼を担っている存在である。審判のレベルアップを図ることは、Jリーグの試合の質を高めることにもつながる。だから、判定に疑問があれば、むしろ積極的に主張すべきだと思う。

 ただ、鹿島の鈴木満強化部長が「本当は1-0」だと述べたことには、強い違和感を覚えた。昨日の引き分けが、判定ミスによるものだと考えているのだとすれば、来年もまた同じ失敗を繰り返すに違いない。

 タラレバを言えばキリがない。だが、あえて言うなら……よしんば得点が認められ、前半を1-0で折り返していたとしよう。しかし、昨日の内容であれば、私は「後半に同点ゴールを奪われていた」と予想する。0-0が、1-1に変わる。ただそれだけの違い、いやもっと大きな失望感で試合を終えていたのではないか。

 それぐらい、ひどい内容だった。はっきり言って、最初から最後まで勝てる気がしなかった。川崎フロンターレに優勝を攫われたことよりも、鹿島が優勝の懸かった大事な一戦で、こんなひどい試合をしてしまったことの方が、私にはずっとショックだった。当分、鹿島の「勝者のメンタリティ」などというフレーズは、恥ずかしくて使えまい。

 すべてが“らしくない”のだ。

 審判の判定にしても、不服を唱えることはあっても、それを勝てなかった言い訳にすることは今までなかったではないか。

 それと、シーズン終盤に差し掛かった頃、「大岩剛監督続投」の報が流れたことにも「おや?」と思った。これが事実だとするならば、まだ何も勝ち取っていない状況で、来季のポジションを確約していることになる。いや、内々で打診するのは構わない。

 問題は、その情報が外部へ漏れてしまうことだ。もう「勝ったも同然」だと言わんばかりだ。それは“驕り”であり、チームとして“緩み”が生じていることの現れではなかったか。

 ここへ来て、やはり大岩監督は続投する方向だという報道がされている。個人的には反対だ。

 いや、彼の手腕を否定するのではない。監督としては新人だが、コーチとしての実績は十分だ。しかし、もし来季も今年の前半戦のように、勝ち星に恵まれない状況が続けば、彼が監督の立場にあれば解任せざるを得なくなる。その結果、鹿島から一人の優秀な人材がいなくなってしまう。

 続投するのであれば、せめて優秀なヘッドコーチを置いて欲しい。かつて黄金期のヴェルディ川崎で、あのネルシーニョが当時の松木安太郎監督を支えたように。コーチを内部昇格させて乗り切るという方法は、そう何度も使えるものではない。もう「二匹目のドジョウ」はいなかったのだから。

 それにしても、この“敗戦”は本当に高くついた。

 まず、強化に充てるはずだった優勝賞金を取り逃がした。さらには、ライバルの川崎フロンターレに「優勝経験」という大きな自信を与えてしまった。そして今後、優勝の懸かった試合を戦う際、“勝負強い鹿島”というプレッシャーを相手に与えることは、もう難しいだろう。本当に色々なモノを、最後の2試合で失ってしまった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:
Jリーグ
鹿島アントラーズ
大岩剛
川崎フロンターレ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

刃を研ぎ、復讐の準備を…… ~ 鹿島アントラーズ、悪夢の“敗戦”から一夜明けて ~

ご無沙汰しております。鹿野苑です。
当方のブログへのコメントありがとうございました。

この数日、悔しいという気持ち以上に、この一年は何だったんだろうという虚無感が廻り、何をしていても苦しかったです。

でも、先日のJリーグアワードで、源が

「優勝を経験した(経験がある)選手、逃した(経験がある)選手、いろんな選手がいるなかで、両方を経験した選手は強くなると思っているので、この経験を来年以降につなげていきたい」

という言葉を発した時、そういえば過去にも最終節や決勝で優勝を逃したことはあったなと、思い返していました。

そしてシーズンを振り返り、「あの時の1点を決めていれば、あの時の失点がなければ」という悔しさをようやく感じ始めています。
(例えば、マリノス戦のような0-2から2-2まで追いついた試合で、その後に失点したシーン、あれは鹿島では絶対あってはならない失点でした。2点先制された事以上に、3点目を取られた事・・・・本当に「らしく」ない。今思い出しても腹が立ちますし、あの失点がなければと思うと、本当に悔しいです。)


鹿島は勝負強いとずっと言われていますが、それはもともと備わっていたはずもなく、優勝した事と、それを目前で逃してきた先人たちが、その一つ一つと向き合いながら次に生かし、その経験をクラブの中で脈々と受け継いできた結果なのだと思います。

そう思えば、この悔しさはこのチームがさらに強くなるために与えられた試練なんだと、今は消化する事が出来ています。この経験をもって、更に目の前の勝負一つ一つにこだわっていく事が出来ると。

周りから、鹿島はいくつもタイトルを獲ってきているのだから、一つ落としてもいいだろう、という声も聴きましたが、それは全く逆で、鹿島だからこそこの一冠を逃した悔しさを深く感じていると思います。それはサポーターである自分も同じです。タイトルをとらない鹿島は鹿島ではない。過言でも自惚れでもありません。

この悔しい経験があったからこそ今がある、と言える来シーズンにしたいですね。いや、そうならなければならない!そのためにも、今後も自分たちは懸命にサポートしていきます。


話は変わりますが、ピッチの記憶さんともこの場で多くの意見を交わさせていただきました。またどこかでお話が出来るといいですね。本当にありがとうございました。

こんな記事も読みたい

『グランパス』プレーオフ決勝 VS 福岡戦~12人で勝ち取った昇格!~【赤の血潮と、青の魂】

2017シーズンを終えて【ピッチに紫の風が吹く】

2017:J1昇格プレーオフ:決勝:名古屋グランパスエイトvsアビスパ福岡「史上初のスコアレスでJ1昇格チームが決まった死闘」【蹴鞠談議2】

【鹿島】連覇ならず。甘さを捨てなければ再びのタイトルはない【常勝紅鹿】

鹿族だから【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

上げられなかったギア、変わらなかった“空気”――鹿島アントラーズ、無念の最終節“逆転負け”【Memories of the game】

連覇か、初タイトルか。2017、J1最終節。今までにない嫌な予感。【二つの歓喜をもう一度!】

やっと・・・・ダンコたる決意【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:384008

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  7. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss