Memories of the game

沖縄県大会、準決勝の戦評&決勝戦の展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

【第一試合】興南2-0糸満

 引き締まった好ゲームだった。とはいえ要所でベストプレーをした興南と、ミスが出てしまった糸満の、小さいようで埋めがたい“差”が勝敗を分けたように思う。

 最初のポイントは四回裏。一死一・三塁の場面で、糸満はスクイズを敢行するが、打者が空振り。三塁走者が飛び出し、タッチアウトとなった。結局、この回無得点。

 スクイズを選択したことは、かえって興南を助けてしまったと感じる――作戦の成否は関係ない。もし成功していたとしても、スクイズだと1点止まりだからだ。

 過去の戦績から、興南の現チームはロースコアの試合に強く、打ち合いに持ち込まれると弱い。糸満が勝とうと思えば、あの場面はスクイズではなく、強行策が良かったと私は思う。 「1点ずつ確実に」ではなく、一気に畳みかける姿勢の方が、興南バッテリーにとっては脅威だったはずだ。同じ無得点だったとしても、相手投手はより疲労しただろう。

 続く五回表。奇しくも四回裏の糸満と同じ、一死一・三塁のチャンスを今度は興南が作る。ここで糸満が、痛恨のバッテリーミスで三塁走者が生還。更に8番・里のライト前タイムリーヒットで2点目。やはり“ここ”という時には、高い集中力を発揮した。

 ただ、興南の方にも一つ“計算違い”があったように思う。それは、先発した主戦・川満大翔が、予想以上の好投を見せたことだ。

 ベンチも継投のタイミングに苦慮したのではないか。結果として、九回一死一塁という難しい場面で、宮城大弥を登板させることとなる。その宮城も四球を与えてしまい、一死一・二塁とピンチが広がる。

 しかし、ここで途中出場していた金城が、三遊間を抜けそうな当たりを好捕し、三塁フォースアウト。

 このシビアな場面で、しかも交替で出た選手にベストプレーが飛び出すというのが、興南の底力なのだ。普段からこういう場面を想定した練習に取り組んでいるのだろう。数字には表れない、野村克也氏の言葉を借りればこれが“無形の力”ということだと思う。

【第2試合】美里工業8-0八重山農林 ※七回コールド

 代打の選手が、満塁ホームランを放つとは……。実績では現世代ナンバー1のチームなだけあって、さすがに選手層が厚い。美来工科が終始ペースを握る展開になるだろうと思っていたが、それにしても、予想を上回る圧勝劇だった。

 八重山農林が、そこまで弱いチームだったとは思わない。選手個々の能力というよりも、やはり高いレベルの試合の“経験値の差”というものが大きかったように感じる。

 美来工科は、八重山農林にとって今大会初めて対戦する、明らかな“格上のチーム”だった。点を取られるにしても、何とか2~3点差で抑え、終盤の反撃に望みを託す……そういう展開に持ち込めればまだチャンスはあったが、如何せん“凌ぎ方”が身に付いていないように感じた。

 バッティングにしても、速球派投手(山内慧)とアンダースロー投手(比嘉太陽)への備えが不十分だったように見受けられた。

特に、先発の山内は全体的のボールが浮き気味で、高さを見極めベルト付近に入ってきた球を狙い打ちすれば、十分攻略できたと思うのだが。どうも速球自体に目が慣れていないようだった。離島で練習試合が組みにくいというハンデもあったかもしれない。

 美来工科にとっては、コールドゲームで終わらせたことで、翌日へ向けて体力を温存することはできたはずだ。

 ただ個人的には、もう少しピンチを迎えた場面も見たかった。その上で、どのように凌いでいくかということも、経験した方が望ましかったかもしれない。拮抗した展開で、自分達のペースを掴んでいく。それができれば、全国でも勝てるチームになれるだろう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
沖縄の高校野球
タグ:
甲子園
美来工科
糸満
興南
沖縄の高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

好投手の三条件――“勝てる投手”であるために、不可欠なもの【Memories of the game】

工藤が名電、江川が作新 意外な進学先決定への道!江川は早大を辞退!工藤は槙原をこう見ていた!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

今、日本では、熱中症で倒れることが大流行しております。気をつけましょう。【Armar know Jack Bigwild】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:371726

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  7. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss