Memories of the game

<秋季沖縄県大会・決勝>沖縄尚学4-1興南【戦評】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 九回表二死まで、沖縄尚学は僅か3安打。それでも2-1とリードを奪っていたのは、決して偶然ではない。

 良い当たりが野手の正面を突いたり好守に阻まれたりして、なかなかヒットにこそ結び付かなかったが、いつ捉え出してもおかしくないように見えた。何というか沖尚の各打者の方が、より自信をもって打席に立っている雰囲気があったのだ。

 一方の興南は、八回までに8安打を放っていたものの、根路銘太希の本塁打を除けば“捉えた打球”はさほど多くなかった。根路銘を除けば、沖尚の先発・知念大成の緩急を付けた投球にタイミングが合わず、走者を得点圏に進めても点の入る気配がしなかった。

 何とか1点差で持ちこたえていたのは、継投策で相手の目先を変えることに成功していたからだろう。先発した藤木も、六回から登板した仲松も、丁寧にコースを突く投球で大量点は許さなかった。

 ただ個人的には、沖尚が最終回に突き放して勝利したという結果は、双方にとって良かったと思う。

 沖尚としては、あのまま3安打で終わっていれば、勝ったとしてもすっきりしなかったのではないか。九州大会へ向けて、不安を残していたはずだ。あの九回表二死からの3連続長打で挙げた2点で、はっきりと自分達の力を証明することができたと言えるだろう。

 興南にとっても「3点差の完敗」という形の方が、今の自分達の現状を素直に受け入れられるのではないだろうか。1点差の惜敗だと、課題が見えにくくなってしまう。

 はっきり言って、現時点ではスコア以上の差があるように感じた。今日の決勝戦をもう一度やり直したとしても、ほぼ同じ点差になると思う。「宮城大弥を温存したから」と見る向きもあるかもしれないが、個人能力の高い選手の揃う沖尚打線を抑えることは、今の彼では難しいだろう。

 では、この“差”とは何なのか。それは「エースと四番の差」に他ならない。

 沖尚は、知念大成が背番号こそ9だったものの、大会通じてエース級の働きを見せた。投手陣では、今後も彼を中心に回していくことになるだろう。一方の打線では、“期待の1年生”水谷瑠佳が、決勝戦まで4番の座を守り通した。まだ彼本来の調子ではなかったようだが、復調すれば他校にとって脅威となるはずだ。

 対して興南は、投手陣にしても打者陣にしても、未だ「誰が中心なのか」ということが見えない。

 投手陣については、九州大会の懸かる準決勝で宮城大弥を先発させたことから、彼が中心になりそうではあるのだが、“背番号1”を与えられていないということは、まだそこまでの信頼がないということなのだろう。かといって、藤木にしても仲松にしても、少なくとも今日の投球を見る限りは、県代表クラスを相手にすると心許ない(よく抑えてはいたが、肝心な場面で持ち堪えられなかった)。

 打者陣については、當山尚志が4番を務めていたが、何を期待されて中軸に据えているのかが分からない。パワーなのか? ミート力なのか? それとも勝負強さなのか? すぐに結果は出せなくても我慢して使っていく方針なのかと思いきや……今日の試合では、五回で交代させられてしまった。途中で下げるくらいなら、重圧の掛かる4番には置かない方が良いと思うのだが。

 はっきり言って、沖尚もまだ物足りない。県内屈指の戦力を誇るチームが、コールド勝ちが1回で本塁打0というのは、やはり寂しい。それでも「エースと4番」はしっかりしているので、点を取る形・守る形が明確になってきたことは強みである。九州大会では、例えば秀岳館(熊本)のような全国上位クラスと序盤で当たると厳しいだろうが、多少籤運に恵まれれば4強入りは狙えるはずだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
沖縄の高校野球
タグ:
沖縄尚学
興南
沖縄の高校野球

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「<秋季沖縄県大会・決勝>沖縄尚学4-1興南【戦評】」へのコメント

當山尚志君は2年生だと思うのですが…

こんな記事も読みたい

東大の勝ち点を...東大のHR数は衝撃!最下位脱出は超現実的!明治に1つ勝って決められるか!岩見をプロはどう見る?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

選抜への道〜県大会10.1【人生広島カープと共に】

2017年秋季埼玉県大会準決勝(花咲徳栄×山村学園 市立川越×上尾)【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:118
  • 累計のページビュー:384258

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  7. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss