Memories of the game

もう一度ギアを上げられるか――サガン鳥栖1-0鹿島アントラーズ【雑感】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 頼むから、“独走態勢”などというフレーズを使わないで欲しい……と、メディア等の報道を見て思っていた。

 勝ち点差8など、まだまだ安心できる数字ではない。現に07年、鹿島アントラーズは浦和レッズと最大勝ち点10の差をひっくり返して優勝を果たしている。

 鹿島は「勝負強いから大丈夫」などという楽観も、適当ではない。09年には、結果的に3連覇を達成したものの、八月末から十月初旬にかけて5連敗を喫し、一時川崎フロンターレに逆転を許している(そう、今まさに首位争いを演じている川崎に、である)。たまたま川崎が大分トリニータに取りこぼしたから再逆転できたものの、それがなければ失意のシーズンに終わっていたはずだ。

 勝負は下駄を履くまで分からない――使い古された表現だが、それが真実であることは歴史が証明している。長年の鹿島ファンの方であれば、まさに骨身に沁みて痛感してきたはずだ。

 残り7試合も残した時点での勝ち点差8など、何の保証もない。こちらが3連敗して、2位のチームが3連勝すれば、ひっくり返る程度の差なのだ。

 より重要なことは、チームとしてもう一度「ギアを上げられるか」どうか、である。

 ここ数試合を見ていて、近いうちに連勝は止まるだろうと予想していた。もっと言えば、「そろそろ負けた方が良い」とさえ思っていた。

 なぜなら、いつ負けてもおかしくない試合が続いていたからである。具体的に言えば、敵陣でのラストパス及びシュートの精度、自陣付近での対人守備といった、まさに「得点に直結する部分」でのプレー精度が、好調時と比べて明らかに落ちていた。

 顕著だったのが、前節のガンバ大阪戦である。昌子源の相手FWファン・イジョに対する寄せの甘さ、GK曽ヶ端の判断ミスが絡んで簡単に先取点を献上し、再三チャンスを作るも攻めあぐねた。ロスタイムの劇的な決勝弾でぼやけてしまったが、とても会心の試合と呼べるものではないと感じていた。

 迎えた今節のサガン鳥栖戦――やはり、「プレー精度の低さ」が敗因だったように思う。

 クロスボールが上げられた直後。福田晃斗は、ほぼフリーでジャンプし、難なくボールを叩き付ける。この日再三の好セーブを見せていた曽ヶ端も、さすがに成す術がなかった。

 はっきり言って、最悪である。失点した時間帯も、取られた形も。

 両チーム無得点で迎えた、後半35分。この時点で1点勝負だということは、ほぼ確定だ。そんな状況下で、自陣に走り込んだ相手選手のマークを外してしまうなど、大きな失態である。集中力を欠いていたと言われても、仕方がない。

 とはいえ、昌子源を始め鹿島のDF陣を責める気にはなれない。おそらく目に見えない疲労が溜まってきているのだろう。だから次節までの二週間はリフレッシュを図って欲しかったのだが、昌子も植田直通も、日本代表メンバーに選出されてしまった。二人のコンディション具合が、終盤へ向けて小さくない不安材料となる。

 ただ連勝が止まったことで、少なくともチームの引き締めを図る“きっかけ”は得られた。あのまま勝ち続けていたら、問題点がなおざりにされていた可能性もある。そこを優勝の掛かった終盤戦で露呈してしまうと、もう取り返しが付かなくなる。

 繰り返すが、どこかでもう一度「ギアを上げる」必要がある。それを成す力が鹿島にあるかどうかが、今シーズンの結末を決めることとなるだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:
曽ヶ端準
植田直通
昌子源
ガンバ大阪
サガン鳥栖
鹿島アントラーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

持ち腐れ【コラム風ブログ】

アピールせよ!!新戦力!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

2017ACL準決勝1st 上海上港VS浦和レッズ【生意気くらいが丁度いい。】

ACL 準決勝第1戦 上海☓浦和 ホームで勝って決めたい!【浦和な生活】

これがACL VS上海【パルシェン】

ACL、物語はまだまだ続く・・・【地球は青い!】

レッズにとって、ACLは特別!【サッカーバカのブログ】

浦和☓鳥栖 同じミスの繰り返し【浦和な生活】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:371726

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  7. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss