Memories of the game

結果としては5連勝――鹿島アントラーズ2-1ガンバ大阪【雑感】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 前後半通じて、シュート数は実に30本を数える。後半に入ってからは、ほぼ一方的に相手を押し込んだが、あまり点が入る気はしなかった。正直、引き分けだろうなと。

 もちろんガンバ大阪の井手口陽介や三浦弦太の守備対応が素晴らしく、最後まで体を寄せなかなかフリーにさせてもらえなかった面はある。ただそれ以上に、シュートにしてもパスやクロスにしても、今一つ精度を欠いていたからだ。

 やはり、中二日という過密日程の影響は少なくないと感じた。

 一瞬の隙を突かれて先取点を奪われた場面が象徴的だったが、GK曽ヶ端準のフィードに反応する選手がいなかったり、何でもないショートパスがずれてしまったりするなど、どこかエアポケットに入ってしまったようなシーンが目に付く。

 この試合に限らず、鹿島アントラーズのここ数試合に見られる傾向だ。選手達は絶対口にしないだろうが、やはり心身の疲労が蓄積しているように思う。特に昌子源、植田直通はW杯予選で日本代表にも召集されていたから(とりわけ昌子は二試合フル出場している)、休む暇がなかった。こういう時は、ミスも出やすい。

 逆に言えば、本来のパフォーマンスでないながら、よく勝っている。結果としては5連勝。二位との勝ち点差を8に広げた。天皇杯でも準々決勝へ駒を進め、昨年に続く二冠も十分射程圏内だ。

 どこかで取りこぼしてもおかしくなかったが、それでも勝ち切ってしまうところは、やはり「強くなった」と思う。開幕前に鈴木満強化部長が言っていた、「今年は“力”で勝つ」ということが形作られているのではないだろうか。

 次の鳥栖戦を乗り切れば、二週間空く。そこで一度リフレッシュして、また本来のパフォーマンスが取り戻せるようにして欲しい(昌子と植田は代表招集される可能性が高いが、特に昌子はどこかで休ませられないだろうか)。

 そして、あと七試合……ではなく、“目の前の試合”を一つ一つ勝っていく。他のどのチームよりも「勝負の怖さ」を知っている彼らに、慢心ということはないだろうが、優勝への重圧や過密日程による疲労といった厳しい状況をどう乗り越えていけるか。若干の心配はありながらも、期待して引き続き見守っていきたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:
三浦弦太
井手口陽介
曽ヶ端準
昌子源
植田直通
ガンバ大阪
鹿島アントラーズ
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

鳥栖戦の浦和はプロじゃない【地球は青い!】

【17/9/23:清水対広島】精神的ダメージが大きい敗戦【1Q92】

J2リーグ 第34節 岡山x讃岐(0:1)【J2にしがみつく】

安部裕葵にやっと気づいた?【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

結果の前にやるべきこと【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

天皇杯【残されたタイトルは二つ】【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

控え目に言って末期症状〜新潟vs鹿島(9月16日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

今週の乾/柴崎/久保/森岡/小林/堂安/奥川/内田/宇佐美/中島(9/18)【POOH - San の蹴球見聞録】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:1810
  • 累計のページビュー:303488

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  7. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss