Memories of the game

好投手の三条件――“勝てる投手”であるために、不可欠なもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先に結論を言う。コントロール、度胸、スタミナ――この三つを備えていれば、全国レベルの好投手と見て差し支えないと思う。

 極論に思われるかもしれない。投球フォーム、球威、決め球があること、体格(身長や手足の長さ)……その他の要素も、もちろん大切だ。ただ、これらは上記三つがなければ、まるで張子の虎である。

 例えば、投球フォーム。度胸がなければ、腕が縮こまったり力みがあったりして、簡単に崩れてしまう。

 例えば、球威。マシンが普及している現在、どんなに速くともコースに投げ分けられなければ、県大会レベルでさえ捉えられてしまう。まして高校野球は、金属バットだ。

 例えば、決め球。これもコントロールが悪ければ、そもそもカウントを作れないから、あっても宝の持ち腐れに終わる。

 ただここまでは、一般的によく言われている話でもある。そこで、もう少し踏み込んで考えてみたい。

 具体的なケースを挙げる――同点で迎えた九回裏、二死満塁のピンチ。相手打者は、4番。ヒットはもちろん、四死球さえ許されない場面だ。

 度胸のない、あるいはスタミナの切れた投手なら、ここでストライクが入らなくなる。

 ならば、思い切ってストライクを取りに行けば良いのか? 下位打線であれば、そうでなくても打者の力量が投手よりも明らかに下であれば、構わないだろう。しかし、4番打者ともなれば、バッティングには自信を持っている。この場合、簡単にストライクを取りにいけばどうなるか。

 今年の沖縄県大会でも、似たようなケースがあった。

 二回戦・八重山-美里工業の一戦だ。試合は5-5のまま、延長戦にもつれ込む。そのまま両チーム譲らず、迎えた十三回裏、八重山は先頭打者の二塁打を足掛かりに一死満塁のチャンスを掴んだ。打者は3番。この場面で、美里工業バッテリーは、初球にストライクの真っすぐを選択。

 果たして――八重山の3番打者は、初球を狙い打ち。二遊間をライナーで破るサヨナラタイムリーとなった。

 延長戦を一人で投げ抜いた主戦投手を責めるつもりはないのだが、どうすればよりベターだったのか、(美里工業ナインの今後のためにも)考察してみたい。

 美里工業の主戦・島袋投手は、球威で勝負するタイプではなかった。140キロ中盤以上の速球派投手であれば、外角へ投じて詰まらせるという手もある。しかし、これは球威で勝てなければ簡単に合わせられ、外野へ運ばれる危険性が高い。

であれば、答えは2パターンしかあるまい。

 一つ目は、死球覚悟で内角へ直球を投じること。二つ目は、これも死球あるいは暴投・パスボール覚悟で、内外角の際どいコースへ変化球を投じること。

「コイツ、この場面で……よくこんな球を放れるな。いい度胸じゃねぇか!」……打者のそんな呟きが聴こえてきそうではないか。

 ピンチを迎えてなお厳しいコースで勝負できる投手が相手であれば、打者の方がプレッシャーを感じることになる。

 下手に手を出せば、凡打に終わる。ここは慎重に、いや追い込まれてからじゃ厳しい。どうするか……そうやって迷わせることができれば、相手はベストなスイングができなくなる。

 ただ、1点も与えたくないピンチの場面で、際どいコースに狙って投げる。それは、言うほど容易なことではない。

 そう。だからこそ、先に述べた3条件――コントロール・度胸・スタミナ。これらの重要性が浮かび上がってくる。

 コントロールが悪ければ、そもそも際どいコースを狙って投げることはできない。コースを投げ分ける力はあっても、度胸がなければ、いざという場面でコントロールを乱してしまう。同様に、スタミナが切れてしまえば、これもコントロールを乱してしまう確率が高くなってしまう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
沖縄の高校野球
タグ:
飯田晴海
常総学院
興南
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

工藤が名電、江川が作新 意外な進学先決定への道!江川は早大を辞退!工藤は槙原をこう見ていた!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

今、日本では、熱中症で倒れることが大流行しております。気をつけましょう。【Armar know Jack Bigwild】

沖縄県大会、準決勝・決勝の展望【Memories of the game】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:5399
  • 累計のページビュー:92595

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  2. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  3. 一本のクリーンヒットよりも…… ~ 沖縄尚学、まさかの準々決勝敗退 ~
  4. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  5. 沖縄県大会、準決勝の戦評&決勝戦の展望
  6. “特別なこと”は必要ない――【Jリーグワールドチャレンジ】鹿島アントラーズ2-0セビージャ<戦評>
  7. ザッケローニの功績と、足りなかったもの――痛恨のブラジルW杯敗退から学ぶこと
  8. あまりにも明らかなサッカー日本代表の“攻略法”――「歴史」から見えてくる、戦い方のポイント
  9. 好投手の三条件――“勝てる投手”であるために、不可欠なもの
  10. あえて鹿島アントラーズの“死角”を探すなら――さらなる進化を遂げるための改善点

月別アーカイブ

2017
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss