Memories of the game

金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ご周知の通り、W杯アジア最終予選にて、日本はオーストラリアに2-0で完勝。6大会連続の本大会出場を決めた。

 試合内容についての分析は、既に多くの方がなされているから、改めてここで触れることもないと思う。それよりも興味深かったのは、日本が従来の“ポゼッション”ではなく堅守+速攻スタイルで戦ったのに対し、オーストラリアは本来日本が得意としていた(とされる)ショートパスを主体とする“ポゼッション”サッカーで臨んだことから、サッカーの「スタイル」ということがメディア等で様々な意見が述べられるようになってきたことだ。

 例えば、スポーツライターとして著名な金子達仁氏は、次のように述べている。

―― なぜあれほど効果的だった日本相手のパワープレーをオーストラリアは捨てたのか。日本には通用しても、世界には通用しないと考えたからではなかったか。結果だけにこだわる外国人監督がやらなかったことを、現在だけでなく未来も視野に入れた自国出身の監督がやってみたいと考えたからではなかったか。

 今回の勝利で、ハリルホジッチ監督は一躍名将と祭り上げられるだろう。主体性のサッカーではなく、対策のサッカーこそが正しいと考える人も増える。長くポゼッションにこだわってきた日本サッカーは、大きな転換期を迎えるかもしれない。W杯出場はむろん喜ばしいことながら、今後の迷走の可能性も予感させる、今回の勝利である。

【スポニチアネックス・H29年9月1日付のコラムより】

 私は、「勝つためにはあらゆる手段を講じるべき」だと考えている。したがって金子氏の論には賛成できない――ただし、一部同意できる部分もあるのだが。

 本大会を意識した戦術を採用して、予選で躓いてしまうなど、本末転倒である。また「対策のサッカーで勝っても未来がない」というのも、いわゆるサッカーの識者達がよく使う言い回しだが、この“未来”というのも何を指すのかよく分からない。

 まず、金子氏の言う「主体性のサッカー」をしている国とは、どこを指しているのだろうか。スペインかブラジルか、それともドイツか。あるいは“トータルフットボール”のオランダか。

 Jリーグ創設前からサッカーを取材している氏なら承知のはずだが、彼ら強国とて少しずつスタイルを変化させている。ブラジルでさえオランダの影響から逃れられなかったことは有名な話だし、そのオランダも堅守+カウンターを組み合わせることで近年復活の兆しを見せ始めている。

 特に強豪国であれば、相手国のマークも厳しくなる。従来の“スタイル”だけでは、通用しない場面も多々あったのだろう。その「対策」として、強豪国であっても一部“スタイル”を変えたのだろうが――その後、彼らは弱くなったか。答えは否である。

 さらに言えば、日本の“ポゼッション”“パスサッカー”もオリジナルではなく、Jリーグ黎明期に数多くの助っ人選手を招いたブラジル、最近ではFCバルセロナの影響が大きい。そこに、オランダ人であるハンス=オフトの組織サッカー、総力を重視するイビツァ=オシムらとの邂逅が作用し合い、現在の「日本サッカー」と言われる形がある。

 従来の“スタイル”に、新しい形を取り入れることは、何も今に始まったことではない。日本は、そうやって強くなっていったではないか。

 もっとも、金子氏の危惧も分からなくはない。確かに「対策」ばかり考えてプレーすると、いつの間にか自分達の“スタイル”を見失い、長期的にはチームの低迷につながるということも、ままあるものだ。

 ただ、金子氏は「なぜあれほど効果的だった日本相手のパワープレーをオーストラリアは捨てたのか。日本には通用しても、世界には通用しないと考えたからではなかったか」と述べているように、オーストラリアのサッカー“スタイル”の転換を肯定的に捉えている。それなら、なぜ日本のサッカースタイルの変化も同様にして肯定できないのだろうか。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表
タグ:
金子達仁
ハリルホジッチ
オーストラリア
サッカー日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017:A代表:ワールドカップアジア最終予選:9戦目:H:vsオーストラリア「采配ずばり若手とベテランが持ち味を発揮しW杯出場権獲得」【蹴鞠談議2】

第26節 一つの到達点。 VSオーストラリア【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

中村航輔へ謝罪【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:943
  • 累計のページビュー:283557

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  7. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  8. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2017
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss