Memories of the game

言説を疑う――「世界に通用するサッカー」って、本当にあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカー日本代表を巡る言説において、よく「世界に通用するサッカー」というフレーズが使われる。この事項について、今回は問題提起したい。

 果たして「世界に通用するサッカー」というものが、本当にあるのだろうかと。

 W杯本大会へ初出場を果たした頃からだろうか。この「世界に通用する(もしくは、通用しない)サッカー」というフレーズが、しばしば聞かれるようになった。

 あれから日本は五大会連続出場を果たし、うち二回はグループリーグも突破した。実績だけを見れば、十分「世界レベル」に達していると言って良いと思うのだが、未だに「世界に通用する・しない」というフレーズが、日本サッカーを語る際に使われることがある。

 極端な言い方かもしれないが、ここアジアだって“世界”ではないか。

 現在、208の国と地域がFIFAに加盟している。アジアも“世界”と見るのならば――例えば今回の最終予選なりアジア杯なりで、イラクでもオーストラリアでも、どこかの国を下せば、ある意味で「世界に通用した」と言えるはずだ。

 ニュアンスが違う? ならば、一体どこの国に勝てば(あるいは善戦すれば)「世界に通用した」と言えるのか。月並みな表現だが、「世界は広い」のである。範囲が広すぎて、よく分からない。

 W杯本大会には、32の多種多様な国と地域が集う。それを“世界”という言葉で一括りにしてしまうから、日本サッカーは「一つの戦術」に囚われてしまうのではないか。

 前回大会を指揮したザッケローニにも、現監督のハリルホジッチにも、私は批判的である。理由は単純で、「勝つべき試合に勝てなかった」からだ(具体的に取り上げるなら、ザッケローニはブラジルW杯初戦のコートジボワール戦、ハリルホジッチは最終予選初戦のUAE戦)。

 もっとも矛盾するようだが、二人の考え方はいずれも「正しい」と思っている。ザッケローニは、大まかに言えば“日本の良さ”を引き出そうとした。これに対して、ハリルホジッチは“日本の弱点”を克服させようとしている。長所を伸ばすことと、短所を克服すること。どちらも間違いではない。

 しかし、二人に共通して欠落している点がある。それは、サッカーのスタイルを「相手チームとの力関係」という視点で捉えられていないことだ。

 そもそも“間違った戦術”“間違ったサッカー”などというものはない。ポゼッションにしてもカウンターにしてもデュエルにしても、すべて正しい……と言えば、正しい。

 問題は、その戦術が「相手・状況に対して効果的なのか」どうかということだ。

 繰り返すが、W杯本大会には32の多種多様な国と地域が集う。さらに言えば、出場国は次のようなレベルに分けられる。

A:W杯本大会で、ベスト4~優勝を狙える力がある。 B:W杯本大会で、ベスト8~ベスト4辺りを狙える力がある。 C:W杯本大会で、毎回グループリーグを突破しベスト8辺りまで狙える力がある。 D:W杯本大会に出る力はあるが、グループリーグを突破できるかどうかは五分五分。 E:W杯本大会出場を狙える力はあるが、グループリーグで勝ち点を挙げるのがやっと。

 一口に「W杯出場国」といっても、これだけの幅があるのだ。それを“世界”と一括りにしてしまうことが、いかに現実離れしているか、分かっていただけるのではないだろうか。

 ちなみに日本は、過去2回のグループリーグ突破の経験があることから、上のランクで言えばDに入る。アジアのライバル、韓国やオーストラリアもその辺りだろう。

 さて、ここで注目していただきたいデータがある。過去のW杯本大会で、日本が「複数失点を喫して敗れた相手」を挙げてみることとする。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表
タグ:
W杯
コロンビア
クロアチア
コートジボワール
アルゼンチン
ブラジル
ザッケローニ
ハリルホジッチ
サッカー日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロシアW杯出場権獲得寸前!歴代監督緊急座談会【「読裏クラブ」のワンツー通し】

勝たなければ意味がない日本VS負けだけは許されないオーストラリア【蹴球梵天】

予想は引き分け、だけど勝っていただきたい日本代表【当てtoto】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:479
  • 累計のページビュー:278244

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  7. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  8. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2017
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss