Memories of the game

楽観的な予想――サッカー日本代表、W杯最終予選ラストの2連戦へ……

このエントリーをはてなブックマークに追加

 過去のエントリーにおいて、私は再三、ハリルホジッチ監督とサッカー日本代表の現体制について批判してきた。

それでも、このアジア最終予選を突破できるかどうかという点に関しては、かなり楽観視している。終わってみれば2位以内で、“普通に”W杯本大会出場を決めるだろうと。

 日本代表の底力を信じているわけではない。日本、オーストラリアと2位通過ラインを争うサウジアラビアが、おそらく“やらかす”だろうと思っているからだ。

 日本-オーストラリアの試合に先立ち、サウジアラビアはUAEとアウェーで対戦する。得失点差でかなり厳しい状況に追い込まれているとはいえ、UAEも第一戦で日本を下しており、明らかに力が劣るチームではない。

 ホームではサウジアラビアが3-0と快勝しているが、本大会出場が懸かるプレッシャーの中、しかも敵地で同じような試合ができるだろうか。過去2大会、彼らは予選敗退を喫している。経験不足が響いてくるのではないかと思う。

 最終戦まで、日本はサウジアラビアに勝ち点差を詰められなければ良い。サウジアラビアがUAE戦で引き分け以下に終われば、日本はオーストラリア戦で無理して勝ちにいく必要はなくなる。

 運が良ければ、日本は2引き分けでも突破できる。もしサウジアラビアがUAEを下したとしても、最終戦できっちり叩けば何の問題もない――それくらいの余裕は持っていいだろう。たとえ敵地でも、しばらく本大会で(出場していないことも含めて)結果を残していないサウジアラビアに勝てないようなら、W杯へ行く資格はない。

 さて、肝心のオーストラリア戦である。この試合で勝ち点を挙げられないようだと(「1」で済むか「3」が必要になるかは状況によるが)、サウジアラビアの結果に関わらず、本大会出場は厳しくなってしまう。

 あまり序盤から、攻勢に出ない方が良いと思う。こちらの攻撃パターンに慣れられてしまうからだ。前半でリードできれば良いか、後半勝負になった場合、慣れられると点を取るのが難しくなる。焦って前掛かりになれば、カウンターの危険も増える。

 前半は、オーストラリアにボールを持たせる展開で良い。彼らは「ボールをつなぐサッカー」への切り替えを図っているそうだから、それがどのレベルまで達しているのか前半のうちに見極めておきたい。ただし、ディフェンスラインは下げすぎない方が良い。クロスボールのこぼれ球を拾われると、即シュートを打たれてしまう。

 攻勢をかけるなら、むしろ「後半の立ち上がり」だと思う。相手は引き分けでも良い。スコアレスで前半を折り返せば、後半どのように戦うのか多少迷いも生じるだろう。その隙を突くのである。

 なるべく「終盤まで同点」という展開には、持ち込みたくない。オーストラリアが守りに徹してくる。こうなると、点を取るのは難しい。ただし、サウジアラビアがUAEと引き分け以下に終わっていれば、そのまま“お付き合い”しても良いのだが。

 サウジアラビア戦も、同様に“後半勝負”の方がベターだと思う。もし「引き分けでも突破」という条件であれば、無理に点を取りにいくこともない。勝たなくてはならないにしても、序盤から仕掛ける必要はない。じっくりと相手の攻撃パターン、そして守備網の穴を見定めてから、確実に仕留める。

 特に最終戦は、暑さとの戦いにもなる。前半から飛ばし、体力を消耗してしまうと、終盤にミスが出やすくなる。そこを付け込まれれば、取り返しがつかない。

 二戦に共通して言えるのは、“無理なプレー”をしてはいけないということ。例えば自陣でボールを持っている時、パスコースがないのに無理してつなごうとする。あるいは、相手に押し込まれている時間が続いているからと、焦って押し返そうとする。すべて、失点を招くだけだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表
タグ:
W杯アジア最終予選
サウジアラビア
オーストラリア
ハリルホジッチ
サッカー日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

楽観的な予想――サッカー日本代表、W杯最終予選ラストの2連戦へ……

 ひこばえ様、コメントありがとうございます。

 やっぱり、W杯本大会から遠ざかっている国は、肝心な所で取りこぼしてしまいますよね。UAEも日本が苦戦させられただけあって、地力がありました。

 あとは日本が、“普通に”戦うだけだと思います。2引き分け以上で出場権が手に入るのですから、余裕を持って冷静にプレーして欲しいですね。

 

サウジ本当にやらかしましたね。

ここ大一番、自分もつい悲観的な見方をしていましたが、久々に腑に落ちるというか納得できる記事を見つけた思いです。

何より、本当にサウジがやらかしたことにはびっくり。
豊かな産油国の代表は全体に、ここ一番でのふんばりがきかない国が多いですね。サウジはもともとホームだと異常に強い中東らしいチームではありますが、UAE相手にやらかすとは。。。しかしUAEもいまひとつ安定して力を出せない国ではありますね。

こんな記事も読みたい

サッカーW杯アジア最終予選 / 注目すべき『8/30』の試合 / オーストラリアとの決戦の前に【ネットの時代 - 言いたいことをありがたく発信させて頂きます- 】

最後はグダグダ〜栃木vs盛岡(8月26日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

いざオーストラリア&サウジ戦!日本代表にインサイドハーフ導入を!!【蹴球オタクの古今東西】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:131
  • 累計のページビュー:336436

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  7. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss