Memories of the game

“誰を選ぶか”よりも重要なこと――サッカー日本代表・メンバー発表について

このエントリーをはてなブックマークに追加

 誰を招集するか・しないかということは、さほど重要だと思わない。問題は、ワールドカップ出場が懸かるオーストラリア、サウジアラビアとの二連戦を如何に戦い、勝利を手にするのか。そのプランニングがしっかりできているかということである。

 個人的には、負傷上がりの大迫勇也を招集するのはリスクが大きい気がする。また、金崎夢生のゴール前でのキープ力と闘争心は、大一番向きだとも思う。

 しかし、今回のプランニングにおいては、この人選が適しているということなのだろう。私のような素人には分からない、相手との相性や戦術その他諸条件を勘案した上での、今回の27名の選出だったと願いたい。

 一つ皮肉を言わせてもらうなら――金崎を招集しなかった理由が、まさか「所属チームで前監督に逆らったから」などという理由でないことを祈る。金崎の実力がまだ代表レベルではなかった、もしくはこの二連戦での戦術には合わなかったからなのだと。

 もっともそうであるなら。今後は記者会見の場で、特定の選手を招集外にした理由について、うだうだと述べるべきではない。選手の所属チームをいたずらに動揺させるだけでなく、「私は(金崎のように)クセのある選手を指導する力はありません」と自ら口外するのに等しいからだ。この監督、意外に気が小さいな……と、招集した選手さらには対戦相手にまで、舐められてしまう。

 ハリルホジッチ監督に期待したいのは、オーストラリア戦・サウジアラビア戦の二試合とも、「90分間を通したゲームプラン」をしっかりと練ることだ。それさえできれば、プランニングに適した選手起用・交代メンバーのシミュレーションまで行える。

 はっきり言って、私はハリルホジッチ監督のゲームのプランニング能力に、大きな疑念を抱いている。その根拠は、1-1の引き分けに終わったアウェーのイラク戦だ。

 猛暑で、選手達の動きが鈍るのは分かる。さらには怪我上がりで、数人の選手のコンディションが万全でないことも不運だった。

 だが、それならなぜ……あんな何度もボールを前へと蹴り出し、いとも簡単にボールを相手に渡してしまったのか。ディフェンスラインでじっくりボールを回したりして、極力体力の消耗を避けるプレーをどうして選択しなかったのか。

 ビハインドを負っていたのなら、まだ分かる。しかしあの試合、日本は先取点を奪い、1点リードしていたのである。焦る必要はなかった。おいおい、少しは頭を使えよ……と、正直かなり呆れてしまった。

 オーストラリアにしても、サウジアラビアにしても、楽に勝てる相手ではない。

 だからこそ、「耐える時間」「やり過ごす時間」「仕掛ける時間」というふうに、チームとして意思統一を図ることが不可欠である。どうしても押されてしまう時間、上手くいかない時間が出てくるからだ。

 想定さえしていれば、どんな状況でも落ち着いて対処できる。怖いのは、上手くいかないことで慌ててしまい、チーム全体が浮き足立ってしまうことだ。無理に流れを変えようとすれば、失点のリスクが高まる。

 極論すれば、「間違った戦術」というものは……ない。ポゼッションもカウンターも、守備的サッカーも攻撃的サッカーも、すべて正しいといえば正しい。    問題は、その戦術が相手と状況に適しているか。それだけである。

 記者会見で正直に話すわけにもいかなかっただろうが、ハリルホジッチ監督とサッカー日本代表のコーチングスタッフは、次のような問いに答えられるだろうか。

・オーストラリアのストロングポイントとウィークポイントは、それぞれ何か。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表
タグ:
W杯アジア最終予選
サウジアラビア
オーストラリア
柴埼岳
大迫勇也
秋田豊
金崎夢生
ハリルホジッチ
サッカー日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

“誰を選ぶか”よりも重要なこと――サッカー日本代表・メンバー発表について

自信を持って堂々と戦え との趣旨らしい。
これまでの日本代表監督は 日本の良さを生かそうとする監督が多かったが、ハリル氏は日本を世界基準に持ち上げようとして苦労している。
日本は 身体が無いフィジカルが弱いことを前提して 弱い日本がせめての長所で戦う戦略だったし、Jリーグでは今でのそうであるが、日本選手もフィジカルを鍛えて世界基準の通用しそうな選手が 以前より増えてきた。 アジアでも豪州・イラン・イラクは別として フィジカルを重視するのは 韓国中国に遅れている。背は低い選手でも チリやメキシコの様にフィジカルで負けない国もある。
サッカーは フィジカルが物を言うフットボールであって、華麗なパス回しは亜流である。タイ・ベトナムは侮れないがフィジカルが弱くて通用しない。
ハリル監督の 世界基準の世界で通用するサッカーを目指すのは 好きである。マスゴミや選手の方が追い付いていない。
ただ、相手は強い。先日も1枚で通用するとは限らない。いろいろな局面に うろたえず 変化して良いからベストな戦術で臨んでほしい。

こんな記事も読みたい

呼びも呼んだり27人【「読裏クラブ」のワンツー通し】

8/23 <ユニバーシアード2017> 日本 vs. ウルグアイ【POOH - San の蹴球見聞録】

今週の乾/柴崎/久保/森岡/小林/堂安/南野/奥川/関根(8/22)【POOH - San の蹴球見聞録】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:276
  • 累計のページビュー:336152

(11月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  7. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss