Memories of the game

「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>

このエントリーをはてなブックマークに追加

 その刹那、あっ……と声を上げていた。

 1-0。九回裏、ツーアウト・ランナーなし。ほぼ勝敗は決しかけていた。二死から仙台育英の3番・杉山拓海がセンター前ヒットで出塁しても、大勢に影響はないように思われた。

 あぁ、シングルか。長打は許さないんだよな。よく粘ったけど、ここまでか。この大阪桐蔭を倒せるチーム、あるのかな――私自身、こんなことを考えていた。準々決勝の組み合わせをチェックしながら。

 この時だった。一塁走者の杉山が、スタートを切る。あと一死でも取られれば敗戦という、まさに崖っぷちにまで追い詰められた状況での“決死の盗塁”。しかも後のインタビュー記事によれば、これはベンチからのサインではなく、本人の判断だったという。

 意表を突かれたのか、それまで幾度となく正確なスローイングを見せ付けていた大阪桐蔭のキャッチャー・福井章吾にしては珍しく、送球が高く逸れてしまう。盗塁成功。二死ながらランナー二塁。一打同点、がらりと局面が変わる。

 今にも閉ざされようとしていた、勝利への扉。扉の僅かな隙間に手を開け、残された力で懸命にこじ開けようとする。俺達は最後まで諦めない――そんな意思の込められた、勇気ある盗塁敢行だった。

 このまま1-0で終わっても、今大会の好ゲームの一つとして数えられていた試合だったろう。そして、たとえ敗れたとしても、ここまで“王者”を苦しめた仙台育英ナインの健闘は、称えられてしかるべきだと思った。

 とりわけ長谷川拓帆-渡部夏史バッテリーのコーナーワークは見事だった。徹底して、内外角低めの際どいコースを突いていく。この配球が功を奏し、長打を2本に抑える。強打を誇る相手打線に対し、僅か1失点。これ以上を求めるのは酷というものだろう。

 しかし、大阪桐蔭はさすがに「勝つために鍛えられたチーム」だと感じた。特にこの日は、バッテリーを中心とした“守備力”に何度も感嘆せられる。

 まず、先発の柿木蓮。二回戦の智弁和歌山戦で完投した主戦・徳山壮磨にも同じことを感じたが、高めに浮いた甘い球がほとんどない。そして球速は140キロ前後だが、伸びがあり、こちらも打力には定評のある仙台育英の各打者がことごとく詰まらされていた。

 さらには、内外野の“鉄壁の守り”。圧巻は八回裏、二死一・二塁の場面だろう。レフト前ヒットで一気に本塁を狙った二塁走者・長谷川を、レフトの山本ダンテ武蔵が、ワンバウンドのストライク返球で刺す。まるでマシンのように正確な送球だった。

 終盤の緊迫した場面で、こんなプレーが飛び出してしまうのである。この八回表裏の攻防で、仙台育英ナインの誰もが「やられた」と思ったことだろう。普通に考えれば、ここでほぼ勝負は決した流れだ。実際、九回裏もあっさり二者が打ち取られる。

 100年近い球史の中でも、僅か7校しか成し遂げていない春夏連覇という快挙が、一つの学校によっていとも簡単に、二度も達成されてしまう。個人的には、そのことに内心複雑な思いもあった。それでも、ここまでの強さを目の当たりにすれば、それも納得するしかないのだろうなと。

 だが試合は、まだ終わっていなかった。

 盗塁成功、ツーアウト二塁。続く4番渡部に対し、ここまでコントロール抜群だった柿木の制球が定まらない。四球。さらには内野守備のミスも重なり、ついに満塁。

 そして迎えた、馬目郁也の一振り。打球が、センター頭上を破る……

 大阪桐蔭の力が足りなかった、のではない。彼らには十分、快挙を達成するだけの強さがあった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球・甲子園
タグ:
盗塁
杉山拓海
仙台育英
大阪桐蔭
甲子園
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察>【プロ野球浪漫派宣言】

8月20日(日)夏の甲子園・準々決勝【不惑を過ぎて惑うおっさんのブログ】

【「A+・A-枠」甲子園2017夏 プロが欲しい投手は誰だ?】~ドラフト的視点で見る甲子園~【埼玉県に2つ目のプロ野球チームがあったなら】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:479
  • 累計のページビュー:278244

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  7. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  8. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2017
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss