ジャンル別一覧:DeNA(NPB)

検証 谷繁の発言から見えるもの。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

昨日、プロ野球ニュースを見ていた。 そこでは、巨人対横浜戦を詳しく伝えてた。 その中で、 谷繁が 「重要なカードと捉えてるのかなと思った。巨人をAクラス入りさせないためにも。 けど、ラミレス監督の采配を見ると、まだ勝負は先かなとも思えた」と分析した。 やっと、点と点が繋がった。 記事になる題材が揃ったと思った。(笑) 実は、これにも昨年の経験と、 タイガースのある傾向を考えてのことだ......続きを読む»

先週(17/08/16-17/08/20)の打撃成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週の成績:2勝3敗(-1)  先週の得点(試合別、勝敗つき):3○、4○、7●、1●、1●  総得点:16点 1試合あたりの平均得点:3.20点  週末にスイープを喫してしまう、というのは少々記事を書く気力を減じる出来事でしたが、 ともかくトータルでは2勝3敗。貯金は一つしか減らしていません。  ただ、打線全体で見ると平均3.2点と、少ない、と言ってしまって良い週でした。 それだけに、7点を......続きを読む»

109試合を終えて。

【ベイスターズファンの慟哭】

巨人戦3連敗。 なんとも不愉快な月曜日を過ごしています。 3連敗、4位と2ゲーム差となった、このタイミングで、振り返りを書きたいと思います。 今日は私見垂れ流しの長文となります。 どうかご容赦ください。 前回の振り返りが6月20日。 その時点で66試合消化、31勝33敗でした。 現在は8月21日。 109試合を消化。勝敗は54勝51敗です。 6月20日から数えると、43試合を、23勝18敗で......続きを読む»

倉本のいいところ+頑張りましょう!

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

何度か濱口の投球を見てきましたが昨日は今までで一番悪かったですね。 ストレートが全然走ってなかったです。 球速が140前後しか出ていなかったのであれではチェンジアップにも対応されてしまいます。 濱口は重いストレートでグイグイ押して相手にプレッシャーをかけつつチェンジアップで仕留めるタイプかと思いますので前提条件のストレートが良くないと厳しいです。 初回の四球が・・・と言われるかもしれませんが、あ......続きを読む»

ベイスターズはまだ挑戦者の立場ではないのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月18日 東京ドーム(ビジター) De1-6巨人 敗戦投手 濱口 (7勝5敗0S) 本塁打 梶谷15号(8回表ソロ)※Deのみ 首位から13ゲーム  3連敗…だよー。まいりましたねー。  初回筒香選手に対し、相手先発・畠投手がインコースのストレートのみで勝負して空振り三振を取りました。この打席がもしかしたら試合を決めたのかもしれないと思ってしまいました。  一方、濱口投手は立ち上がりが悪......続きを読む»

2017年8月20日 読売巨人vs横浜DeNA (横須賀) の感想

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 昨日に引き続き聖地横須賀スタジアムに行ってきました。昨日は突然の大雨で往生しましたので、今日はいつも以上に雨対策を整えて臨んだのですが、幸か不幸か、雨は試合中には降りませんでした。  後になって「雨で途中コールドになったほうが幸せだった」と思う瞬間が来るとは、その時の僕は知る由もありませんでした。  今日の先発ピッチャーはベイスターズが育成の田村選手、巨人は大竹寛選手......続きを読む»

初の同一カード3連敗…

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ついに、このときがやってきてしまいました。 全般、打線が強引過ぎました。 筒香やロペスは基本に帰って、センター返しを心掛けることです。 いいときというのは、引っ張っても無理な力なく引っ張れてる感じがします。 今日の畠に関しては高めの球ばかり振らされてました。 カットボールですが。 なので、対策としては ゾーンを下げることです。 よく、小川コーチの談話で「ゾーンを上げて」という表現を使......続きを読む»

メガホンさん、本日も声援ありがとうございました。

【大洋・柏戸・ウイスキー】

2017年8月20日(日) 横浜×-○読売 完封を逃れるのに精一杯でした。 1回裏 2者連続で四球の時点で同一カード三連敗を覚悟しました。 村田HRとなった投球は、狙われていましたね。勝敗は初回で決まりました。 この3連戦で印象に残った点は、 三振とポップフライを繰り返す主将 1アウト満塁で3ゴロゲッツーの4番 代打で出てきて三振を繰り返す背番号4、などなど。 次の広島東洋戦は、Z......続きを読む»

久々にラミレス監督を擁護してみようかと思いました

【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

皆さま こんばんは 久しぶりの投稿になります。。 中々昔みたいに頻繁に更新は出来ないのですが、書きたいことは多々あるのでいずれ時間が出来たらまた書いていこうと思ってます。 さて昨日と今日とネットのほうは凄いですね。。それだけ熱くなれるファンが増えたのは嬉しい反面。さすがにここまで監督を叩くのはちょっと異常だと思ってもいます。何だかんだと貯金をもっての3位という位置にいるのですから、これで叩くの......続きを読む»

勝敗を分けたもの

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 残念ながら負けてしまいましたね。 まあ、相手は菅野でしたし、普通の投球をされると厳しいと思ってましたが、果たして中盤まで、緊迫した投手戦でした。 井納は、試合前の談話で、菅野との対戦は意識せず、打者との勝負に集中すると話していた通り、リズム良くストレート、変化球ともコントロール良くキレもあり、巨人打線を抑えてました。 桑原が、三回表に大きなHRを放って先制した時は、井納の調子......続きを読む»

打たれても平田真吾を応援したくなっちゃう問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月18日 東京ドーム(ビジター) De1-6巨人 敗戦投手 井納 (4勝7敗0S) 本塁打 桑原13号(3回表ソロ)※Deのみ 首位から12ゲーム  負けた…だよー。5点差の大差で負けましたが、実際にはちょっとした運命のいたずらで負けたような気がしました。  動画をまだ見ていなくて、レフトスタンドからの印象で話しますね。  6回表、1死満塁のチャンスをつかめず、迎えた7回裏は1対2と......続きを読む»

2017年8月19日 読売巨人vs横浜DeNA (横須賀) の感想

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 1ヶ月ぶりくらいに横須賀スタジアムに行ってきました。  今日の1軍の試合はナイターだと勘違いし、試合を見ないで買い物に出掛けてしまいました。試合が終わって少し経ってからその事実に気付き、とりあえずヤフープロ野球で数字を追いました。  負けたのは仕方ないですが、僕が引っかかるのは、昨日といい今日といい、どうして試合途中でキャッチャーの嶺井選手を下げてしまうのか?という事に尽きます。......続きを読む»

今年は違うはず

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

なかなか書くチャンスが無かったので間が空いてしまいました。 昨日は石田と三上がね… 石田はせっかくの勝ち展開から嫌な流れを作ってしまったので残念です。 この流れで三上出した時点で嫌な予感をした横浜ファンは多いでしょうし、ある意味予想通りでしたね。 三上を終盤に向けて復調させたいという考えには賛成です。 ですがそれをやるのは巨人戦では無いと思います。 昨日は山崎を休ませるつもりだったとしても、エ......続きを読む»

サヨナラ負け… 

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

昨日のサヨナラ負けはどうなんでしょうね… 梶谷のホームランは、 バッテリーが敬遠しようと思ったのが、 田口がそれをいまいち把握出来ず、 スライダーが真ん中に来てしまい、それを梶谷が逃しませんでした。 石田は、もうちょっと長いイニング投げて欲しいです。 球威が落ちる、変化球が浮くことへの対策が必要ですが、 昨日はマルチヒット放って、そこで消耗した可能性もあります。 打てるに越したことは......続きを読む»

目を覆いたくなる最悪の展開

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 ※今日はキレているだけです。    本来ならば今回はエースとなった今永昇太をまとめる内容のブログを書くつもりだった。      昨日の20時30分ぐらいまではね。      目の前で繰り広げられた試合は、まあ心引き裂かれそうなものであった。       取ったら取り返される投手陣の姿。        心境でいえば今季ワースト試合と言っても差し支えないか。       打線の頑張りと裏腹というやつ......続きを読む»

気になる勝ちパターンと三上抹消と入れ替えで一軍に上がる投手

【温故知新ベイスターズ~2017】

 今日の試合は、勝てていれば4位巨人との差は6ゲームになり、ベテランの多い巨人の選手が諦めかかるようなゲーム差になる所だったのに、負けてしまったことで巨人のベテラン選手がまた士気が上がり、若手も宇佐美が打ったことで俺も、と上がってきそうなので、DeNAにとってはそういう意味で痛い負けでした。 ただ、投手継投としてはヤスアキがこの前の中日戦で無死満塁の大ピンチを無失点に抑え、プロ入り最高のピンチの凌ぎ......続きを読む»

三上朋也のアウトハイ問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月18日 東京ドーム(ビジター) De7-9×巨人 敗戦投手 砂田 (1勝2敗0S) 本塁打 梶谷14号(6回表3ラン) 首位から12ゲーム  負けた…だよー。勝てた試合だったのに辛い負け方でした。  ヒットのなかったG.後藤選手にタイムリーが出て、バットが湿りがちだった梶谷選手から3ランが飛び出して、打線に新たな明るい兆しが出てきたんですけどね。リリーフ陣が誤算でした。  なんとなく、......続きを読む»

負け方が酷いのはいつもの事、ここでちゃんとトゥモアナ出来るか

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

遂に三上が抹消となりました。結果から言えば残念ながら当然、しかしこれで去年からの勝ちリリーフの一人をまた失ってしまいました。リリーフというポジションの過酷さを思い知らされます。 ラミレス監督もこのゲームを三上復活の試合としたかったのでしょうが、采配は完全に裏目に出ました。木塚・篠原コーチの見立てにも狂いは無かったのか、など反省して欲しいです。 まあ、まず勝ち越した以上は選手達が落としてはいけないゲー......続きを読む»

今永10勝!? すごーい! わーい!!

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

今永10勝ッ!! 今永10勝ッ!! 今永10勝ッ!! 本日(昨日だけど)はこれで十分ではないかというくらい、ベイスターズにとっては特別な日なのであります! 去年、リリーフの不調やムエンゴにより石田に達成させてあげられなかった記録。それを今永がいともあっさりと破ってくれました。いや~、うーれしー! 試合はバルデスおじさんに対して、ラミレス監督がやりたかったであろう初回速攻も決まりました。......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/17、対中日ドラゴンズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ4-1ドラゴンズ 勝利投手:今永 敗戦投手:バルデス セーブ:山﨑康 ※今永選手が、全く心配のいらない投球を見せてくれました。打線も初回に3点を先制、 7回に1点を追加し、9回を3点リードで迎える、盤石の試合展開でした。 ピックアップ:08/17(木)、DB-CD 先発投手:今永(7回無自責、HQS) リリーフ:三上(パーフェクト)、山﨑康(無自責、無四球) 先発野手:桑原(3安打......続きを読む»

嶺井博希はレギュラーになれるのか、それともサポート役でプロ生活を終えるのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月17日 横浜スタジアム(ホーム) De4-1中日 勝利投手 今永 (10勝5敗0S) セーブ 山崎康 (3勝2敗19S) 首位から11ゲーム  勝った…だよー。今永投手は16勝いけると思いまーす。  そんな先発・今永投手でしたが、初回先頭打者は3-0から2ストライクとったもののレフト前ヒット。ゲッツーにとったものの、3番大島選手にストレートのフォアボール。ヒロインにも話がありましたが、ちょ......続きを読む»

今永昇太、二年目のジンクスなんのその!

【今宵もB@ystarsとともに】

『今年はイニング数をより意識してやっていく』 春先の教育リーグ。 JR東日本戦で今永昇太は9失点した。 開幕してからも、調子は上がらず。 交流戦に入ろうか、という時期には3勝3敗と傍目にも波に乗り切れていない、と感じていた。 しかし、メットライフドームで行われた西武戦。 負けはしたものの、8回1失点。 投げる姿は鬼神の如く。 ルーキーの良かった頃の投球が蘇った。 そこからは7勝......続きを読む»

* 今永クンが10勝目?って、別に驚かんよ(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って 昨年の 5月頃だったか ルーキーだった ベイスターズの 今永投手に “見るべきモンがある” って エントリー させてもらったわ(笑) その彼に 若干の疲れが 見え始めた時 6月頃だったか 思い切って 放牧させた ラミレス監督に “名将の匂いがする” って やらせてもらったわ(笑) 今年は 勝ち運との“相性”で ややマゴつきながら 始まったけれど(笑) 最近は ヤラれていない......続きを読む»

今永、自身5連勝で10勝到達!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

初回、バルデスの立ち上がりを攻めて 筒香、ロペス、嶺井のタイムリーで3点。 素晴らしい攻撃で先発今永を楽に投げさせることができました。 筒香は3-0から打って出てレフト線へテキサスヒット的な二塁打。 ロペス、嶺井はいずれも初球打ちと、ファーストストライクを狙う 積極的な打撃が結果につながりまさに速攻という感じでした。 この援護で今永はすいすいと投げて7回を100球で零封。 2回以降はほとんど危なげ......続きを読む»

接戦を制す。見事な逆転勝利!

【ベイスターズファンの慟哭】

対 中日戦 流れの存在を重く感じるゲームでした。 初回、田中のバスターエンドランがセカンドライナーになり併殺。 その直後、ウィーランドが二点本塁打を被弾。 ウイーランドが粘って6回、7回を抑え込むと、 6回裏に、筒香の強い当たりが京田選手の小さなミスを呼び好機を作成。ロペスがすかさず打って一点差。 7回には、白崎の幸運な2塁打、パスボールが絡んで同点。 9回表、無死満塁の大ピンチを山崎が凌ぎ......続きを読む»

拾えましたね

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

はっきり言って途中まで内容も雰囲気も敗色濃厚の試合をよく「勝ち」で締められたもんだ、ととても嬉しく思います。”7回2失点のウィーランドに勝ちがついてない”事は忘れないでいただきたいですが、ね。 被弾からよくランナーを出し、危なっかしいところもありましたが、よく試合を作ってくれました。 ロペスは雨の中、反撃の狼煙をよく上げてくれました。2死からの3連打は相手にも嫌なイメージを......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/16、対中日ドラゴンズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ3x-2ドラゴンズ 勝利投手:山﨑康 敗戦投手:岩瀬 ピックアップ:08/15(水)、DB-CD 先発投手:ウィーランド(7回2自責、HQS) リリーフ:エスコバー(パーフェクト)、山﨑康(無自責) 先発野手:ロペス(2安打、1打点)、倉本(2安打、1打点) 途中出場:白崎(二塁打)、嶺井(四球)、柴田(四球) ※8回までは荒天の中、ちょっとミスも出つつも投手戦の様相を呈していたの......続きを読む»

倉本選手のタイムリーで接戦をサヨナラ勝ち

【YOKOHAMA lover】

サヨナラ勝ち!!最高でした。個人的には、応援している倉本選手がヒーローになったのも嬉しかったです。先制点を許し、5回まで無得点。ここからウィーランド、エスコバー、山﨑投手が追加点を与えず、打線が粘って得点し、追いつき逆転して勝つとは、ベイスターズも本当に強くなりました。 ウィーランド投手は14試合に先発し、4月28日の広島戦で5回3失点だったのを除いて、残りの13試合でQS。QS率は実に92.9%......続きを読む»

山﨑康晃、無死満塁をしのいでその裏、倉本サヨナラタイムリー!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

先発の大野、ウィーランドが好投で投手戦。 ウィーランドは2回に失投を福田にとらえられて先制2ランを 浴びますが、そのほかはいつも通りの安定感あるピッチング。 7回を100球で2失点。素晴らしい内容でした。 打線は大野に苦戦しますが、 6回、2死から田中浩康、筒香、ロペスの3連打でまず1点。 さらに7回には代打白崎のラッキーな二塁打からチャンスを作り、 相手の捕逸で同点に追いつきます。 8回には2......続きを読む»

スリル満点の山崎劇場が倉本のサヨナラ打を呼んだ???

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 今日は、ウィーランドの数少ない失投を福田が捉え、先制ツーラン。 確かに真ん中付近の甘い球で、ちょっと差し込まれているかと思っだけど、バワーありますね。 なかなか覚醒できなかったドラゴンズの大砲ですが、恩師の渡辺元横浜高校監督の激励が効いたのかな? 今日は、二塁打と合わせナイスバッティングでした。 大野の好投もあってこのままズルズル行くかとハラハラしましたが、見事なサヨナラ。 ......続きを読む»

倉本寿彦という存在問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月16日 横浜スタジアム(ホーム) De3×-2中日 勝利投手 山崎康 (3勝2敗18S) 首位から12ゲーム  勝った…だよー。倉本選手がやってくれました。  先発ウィーランドVS大野の両投手、そして中継ぎのエスコバーVS又吉の両投手は五分の戦いでした。勝負は最終回。ヤマヤス投手は変化球が甘く入ったこともあり、無死満塁の大ピンチに陥ります。そこで迎えたのは高橋周平選手。なんか、あれですね。......続きを読む»

続 8月13日阪神戦の、濵口投手の投球と戸柱捕手のリード

【YOKOHAMA lover】

昨日の続きです。 5回表 ストレートの球速が落ちる。スライダーの意味、そしてチェンジアップとフォークのコンビ。 俊介 右 78 外 低 スライダー 121km/h 内 低 ボール[ワンバウンド] 79 外 低 ストレート 142km/h 外 高 見逃し 80 外 低 スライダー 116km/h 内 低 ボール[ワンバウンド] 81 内 高 ストレート 141km/h 中 中 ファウル 82 外......続きを読む»

最強への道

【毎日明日を信じる大洋ファンのブログ2】

「平成二十九年横浜  貴公が2度にわたり阪神の一投を打ち込んだことがいまだ納得できない!  その力とはいかなるものであるかを聞きたい!」 「最初の一投を打ち込めたのは天佑だろう  2度目の一撃を打った時にはこの試合の結果を決められるものかと思っていた  天佑をおのれの経験としたのだ  ただそれだけのことだ」 まあつまりは、「普通です」ってことですね(笑)       去る8月13日の日曜日......続きを読む»

8月13日阪神戦の、濵口投手の投球と戸柱捕手のリード

【YOKOHAMA lover】

今日の試合は雨で中止となりました。飯塚投手の投球は見たかったような、打たれるのが恐かったような、両方の思いがありますが、いずれにせよ天気には勝てません。飯塚投手は新潟での試合に続いて雨に祟られましたが、まだ高卒3年目です。1年目が故障手術であまり投げられませんでしたから、実質2年目かも知れません。今年無理をする必要はないでしょう。これからいくらでもチャンスがある投手です。 神宮の巨人ヤクルト戦も中......続きを読む»

先週(17/08/08-17/08/13)の投手成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週の成績:3勝3敗(0)  先週の失点(試合別、勝敗つき):8●、2○、1○、8●、2●、2○  総失点:23点 1試合あたりの平均失点:3.83点  先週は、3-3の五割で終えました。一試合あたりの失点で見ると、4点未満ですから 中々良い成績ですが、投手陣で勝つ、というには不十分でしたね。5失点以上を喫した、 投手陣で負けた、と言って良い試合が二試合。他の4試合は3点以下に失点を抑える、 ......続きを読む»

一昨日の濵口投手の好投に捕手のリードは関係したか?

【YOKOHAMA lover】

久しぶりの投稿です。この3週間の間も、いくつか書きかけた記事はあったのですが、忙しくて仕上げて投稿するまでに到りませんでした。また、睡眠時間を削っても書きたいと思うことも、この3週間はなかったと言えるかも知れません。 開幕前、今季のおおまかな見通しとして、3,4月は我慢を重ねて新チームの戦力を見極め、5月に調子を上げて、6月の交流戦も勝ち越し、そのまま昨年のように7月に攻勢をかけ、毎年疲れが出て調......続きを読む»

CS確定に向けて打順の再編を

【DeNAベイスターズウィークリー評論】

8/13 De8-2神 昨日の試合を快勝し、何とか当面のライバル・阪神相手の3タテを阻止しました。 私は前回のブログで「対阪神の苦手意識払拭」と言う記事を投稿しましたが、 相手投手が誰であれ阪神に対する苦手意識はまだ残っていたようです。 特に石田投手あたりは深刻です。 バッテリー共々、もうすこし攻め方を工夫すべきだと思います。 さて本題。 8月になり打線が活発になることを期待されましたが、......続きを読む»

先週(17/08/08-17/08/13)の打撃成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週の成績:3勝3敗(0)  先週の得点(試合別、勝敗つき):5●、7○、6○、1●、1●、8○  総得点:28点 1試合あたりの平均得点:4.67点  先週は3-3の五割で終えたベイスターズ。打線の状態で言うと、平均4.5点を超える ペースで得点していますから決して悪くはありませんが、打線で勝つ、というには少し足りず、 また1得点に抑えられた負け試合が二つ、というのは反省点かと思います。 ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/13、対阪神タイガース

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ8-2タイガース 勝利投手:濱口 敗戦投手:松田 ※まだ直接対決を8試合も残しているとはいえ、この時期に3連敗を喫して5ゲーム差を 付けられては、順位争いがどうの、などと言える状況ではなくなりますから、とにかく 一つ勝ててよかった、と言うべきでしょう。今週水曜日のスワローズ戦や先週金曜日のカープ戦、 また昨日の試合のように、相手チームがテスト的に先発投手を起用した試合は、マッチアップ......続きを読む»

今後の日程を考えるとDeNAにとっては非常に大きい昨日の勝利

【温故知新ベイスターズ~2017】

 昨日は久々の先発のルーキー濱口の好投と、打線の効果的な援護があった理想的な勝ち方でやっと浜スタでの阪神戦で2勝目を挙げました。  濱口が阪神戦に2勝していて防御率0点台と抜群の相性の良さがあったとはいえ、昨日の試合を相手先発が谷間、というチーム事情があっても、勝てたことは非常にDeNAにとっては大きかったです。  というのはDeNA対阪神の試合は、これまで一番雨で中止になった試合が多かったカードで......続きを読む»

* おっ、筒香クンが2発か(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って 今年初めて? そうだろうね(笑) ベイスターズの 筒香選手が 2発放り込んで チームも 3タテ阻止 一瞬の2位から ちょっと 時間が経って 残りも 少なくなって このまま “加速なし”で 終わりそうにも 思えて 「そんなわけない」 って “ひとり酒”に 酔っていた昨今(笑) 「今度こそ」 ってね(笑) 何が 今度こそかは ちょっと置いといて(笑) 濱口クン おかえり(笑......続きを読む»

【朗報】俺氏、ハマスタで勝つ方法に気付く

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

いやー実に簡単な事でしたね、要するに”長打を打てば良い”んです。 ハマスタでは外野も比較的狭いので、外野の間を抜くよりはロペスや戸柱の二塁打の様に塁線ギリギリに引っ張ったり、桑原の様にフェンスにぶつけましょう。勿論、筒香の様にスタンドに叩き込んでも構いません。 結局長打を打てるならその方が良いのです、タイガースはハマスタでそれを実践してます。だから強いんです。 シングルヒット......続きを読む»

ハマスタ阪神戦、アレが継続問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月12日 横浜スタジアム(ホーム) De1-2阪神 敗戦投手 砂田 (1勝1敗0S) 本塁打 筒香17号(4回裏ソロ)※Deのみ 8月13日 横浜スタジアム(ホーム) De8-2阪神 勝利投手 濱口 (7勝4敗0S) 本塁打 筒香18号(4回裏2ラン)、筒香19号(6回裏2ラン)  悔しい試合を2つ続けた後に大勝。とはいえ、プロ初先発の投手相手に快勝しても、阪神サイドとしてはそれほど痛くは......続きを読む»

濱口好投、筒香2発で連敗ストップ!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

同一カード3連敗は避けたいところ、 先発濱口の頑張りに打線が応えて大勝。 まぁ、昨日やられた福留がお休みだったということも 正直あったかもしれませんが、とにかく大事な勝利をつかみました。 約1ヶ月ぶりの登板となる濱口は、 以前と変わらず力のあるストレートに チェンジアップなどの変化球もよく切れていて安心感がありました。 6回を投げて四球も1つだけで奪三振8。見事7勝目となりました。 打線は2回、......続きを読む»

敗戦の要因は色々あるが、待たれる代打の切り札。

【1998の感動をもう一度】

皆様こんにちは。 私は、前にブログに書いた通り、今横須賀にいます。 昨日は、横須賀スタジアムでロッテとのファーム戦を観戦しました。 一年振りの横須賀ですが、やはり海辺にある球場は、内陸育ちの私にとっては開放感があり、リラックスできました。 交流戦のメットライフでのライオンズ戦でノックアウトされて以来、久しぶりに平良を見ましたが、七回をパラデスのソロHRの1失点に抑え好投し、3-1で勝利しました......続きを読む»

期待より不安が勝る今日の濱口と高城(出場しないかもですが)

【いろいろ所持雑感】

今日、濱口か復帰登板する予定です。 気になるのが、 バッテリーを組むかもしれない高城の事でしょうか? 濱口と言いますと、 阪神藤浪の1.5倍ほど悪い与四球率(昨年度比較)。 横浜クラインなみの数字ですが、 与四球率で5を超える投手です。 その結果、whipは1.6弱。 飯塚なみです。 勿論、飯塚より、勝負できる球がありますので試合を作れるから6勝を挙げているわけですが、 ともかく不安定。 ......続きを読む»

口惜しい敗戦。まだ遠いあと一歩。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 阪神戦。 ・・・・・いや、染み入る悔しさです。 息が詰まる展開でした。 勝利までもう一歩。 しかしその一歩が遠い。 そんな印象です。 筒香の本塁打で1点を先制。 しかし其の後は走者を出せども出せども点が入りません。 もう一押し、それで勝負を決することができる。 そうは思えど、其の一点を水際で防がれてしまいます。 ならば一点で逃げ切る・・・・ それを許さないのが阪神です。 福留選手の打球が......続きを読む»

【号外】惜敗でしたが、今季初の現地観戦でしたのでつれづれなるままに・・

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

今日は遅まきながら今季初観戦だったのです。 実は、5月にも予定していたのですが、雨で流れてしまったのです。 暑かったけど、ビールはおいしいし、筒香のすごい一発も 子どもと楽しみにしていた康晃ジャンプも見られて、 あとは勝ち星だけだったんだけどなぁ。 負けちゃったので、本来は更新しない日なのですが、 せっかくの今季初観戦でしたので、 現地で見ながら各選手に思ったことをつらつら書いてみたいと思います。 ......続きを読む»

9回ヤスが見えてて嶺井に代打荒波 あとやはりハマスタは狭い

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

 嶺井、盗塁死はアレでしたが今日打ってたんですがね。荒波にもチャンスをあげなきゃいけないでしょうがあそこはどうでしょうか? 荒波、内容も悪かったですし・・・・・・代えてなければ、と思わずにはいられませんでした。  まあヤスは抑えましたけどね。  阪神戦は全てがビハインドから始まってる様な、重苦しい試合ばかりな気がします。  別にパットンのせいでも砂田のせいでも戸柱のせいでも荒波のせいでもないでしょ......続きを読む»

1-0で勝てる広島、勝ちを逃す横浜

【素人目線のベイスターズ考察】

負けた 二桁安打を打って筒香のホームランしか、点が取れないと でもいい試合はしたが、、 今日は、二人、目に余る選手がいた ちなみに次点はパットン すっかりただの投げてみないとわからないリリーフになってしまった さて、2015年の後半からファンだった荒波 バットに当てることもできないとは、ガッカリした 転がせば、柴田のように転がせば、わからなかっただけに しばらく、荒波の応援のときは、見返してくれ......続きを読む»

ハマスタ 阪神戦、運にも見放される。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ここ数年来の課題、 「ハマスタ阪神戦なぜ勝てないのか?」は 組織としてしっかり対策する必要はあります。 甲子園では5勝3敗。 ハマスタだと1勝7敗。 もしかして、チームスタイルが合わないのか。 阪神タイガースの野球に水があってしまうのか。 両翼拡張出来ないかな… けど、今日の試合は 正直、これほどにも運が味方しなかった試合でした。 まず、倉本のヒットがベースに当たってシングルヒット......続きを読む»

戸柱の打撃について、その現在位置

【いろいろ所持雑感】

以前、戸柱について、今シーズン、二桁打てるのでは? っと評した事がありましたが(スイングが本当に力強くなりました)、 その期待通りに二桁に届きそうです。 打席÷ホームラン数でみますと、 戸柱は、 チーム4位です。 ロペス 17.7 筒香  21.7 梶谷  28.6 戸柱  33.6 桑原  35.3 宮崎  36.3 33.6という数字は、打席500ほどありますと、ホームラン数で15本ほ......続きを読む»

なんとなく雑感 桑原、戸柱他

【いろいろ所持雑感】

オカルトとしか思えない相性の悪さで、昨夜も阪神戦を落してしまいましたが、どうも宜しくないですね。 以前ほど、えいやっしてないのですが(煮詰まって最後、えいやっ気味で降板しています)、石田のコントロールが甘かったです。 もう少し、慎重に入って欲しかったとラミレス監督が談話していたようですが、嶺井のような安全重視型でも、どこまで耐えられたか・・・ リスクを負って攻めるケースの多い場合、調子が悪......続きを読む»

完敗。苦い日に光明は。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 阪神戦。 うん。。。見事なまでにやられました。 ヤクルト戦をしぶとく勝ち越して臨んだ今日の試合。 2位3位直接対決でもあり、重要な一戦だったのですが・・・・! 石田の調子が全てでしたね。 どうしても勝負所で球が高く浮いてしまいました。 2回の岩田投手を相手に、9球投げさせられたシーンが象徴的でしたね。 やはりそのあと痛打を浴びて、失点を繰り返します。 岩田投手の攻略もかなわずに、1対7.......続きを読む»

猪木の闘魂がタイガースにも注入されたか?メッセの思いを胸に秘めた手負いの虎に完敗。

【1998の感動をもう一度】

うーん悔しい。 今日は、タイガースを叩く絶好のチャンスだったのに。 苦手メッセの骨折による離脱。 ベイスターズにとっては、天敵で難敵なのだが、在籍期間も長く、福原引退後、今期はタイガースの投手陣のリーダーに立候補する程のタイガース愛に満ちたナイスガイ。 前々回の登板は、酷使してるリリーフ陣を休ませるため、金本監督の是非完投して欲しいというリクエストに見事に答えたタイガースの大黒柱。 影響は......続きを読む»

ベイスターズ、鬼門のハマスタ阪神戦問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月11日 横浜スタジアム(ホーム) De1-8阪神 敗戦投手 石田 (4勝5敗0S) 首位から10.5ゲーム  負けた…だよー。糸井選手も福留選手もいないのに。  先発の石田投手、立ち上がりは悪くなかったように思えます。2回表の筒香選手の落球からズルズルといってしまった感じがありました。上空、風が強かったんですかね。  そのズルズルなんですけども、中谷、ロジャース選手の本塁打はバッティング......続きを読む»

どじー!! ぜんぜんよわいー!!

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

 相変わらず苦手な投手はまるで打てませんね! いつも通りのベイスターズでした。  個々では一応ともかくとしても、チームとしてはバッテリーは打たれまくり石田が5回を投げられない、守備(筒香のアレは照明ではなく雨の空と混じったんでしょうか?)も締まらず打線は繋がる以前の問題、勝てる要素が全く無かったと言っても過言ではありませんでした。ひどいよ!!  うーんタイガースは主力が次々と怪我で離脱しているとい......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/10、対東京ヤクルトスワローズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

スワローズ1-6ベイスターズ 勝利投手:今永 敗戦投手:石山 ※最終的には5点差が付きましたが、7回までは非常に緊迫した投手戦でした。 今永選手も、スワローズの星選手も、集中した投球を見せ、両チーム、ミスのないゲームを 行えていました。先にミスした方が負ける、という展開で、スワローズ側に先にミスが 生まれたわけですが、そこに至るラミレス監督の打った布石が、しっかりと機能したからこその 逆転勝ちで......続きを読む»

ラミレス采配的中! そして今永に勝たせてもらったのだから

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

決勝点が完全にエラーだったのは反省して欲しい、それ以外の攻めは戸柱ヒット、梶谷四球、田中犠打、桑原スクイズと非常に良いものだったが……そして今度はチームが今永を勝たせなければいけない。 昨日はやはり7回まで恐怖のスワローズ打線を抑えてくれた今永のすっごーい!ピッチング、そして調子を見極め代え時を間違えなかったラミレス采配につきるだろう。 2014のジーモ、2016の石田にさせてあげられなかった10勝......続きを読む»

今永自身もベイスターズも昨季を超えていける

【1998の感動をもう一度】

皆様おはようございます。 生憎の曇り空ですが、心は晴れ渡っております。 昨日は、阪神戦に向け、絶対勝たなくてはならない試合。 先発今永の好投と宮崎の貴重な一発、終盤のスモールベースボールでの勝ち越し、万全の勝ちパターンの継投で接戦を制する。 これって、黄金期の西武とかがやっていた負けないチームの野球ですよね。 黄金期のライオンズって、秋山、清原、デストラーデのクリーンアップや東尾、渡邊、郭、工藤......続きを読む»

今永昇太はわざと逆球投げているんじゃないか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月10日 神宮球場(ビジター) De6-1ヤクルト 勝利投手 今永 (9勝5敗0S) 本塁打  宮崎9号(5回表ソロ)、ロペス23号(9回表ソロ) 首位から10.5ゲーム  勝っただよー。今永投手、ヤクルト戦の相性(防御率0.95)いいのですねー。  中盤戦までは投手戦だったこの試合。相手先発の星投手は立ち上がりから飛ばしていましたね。今永投手は尻上がりにキレを取り戻していきました。  ......続きを読む»

接戦を制してカード勝ち越し。内容のある勝利でした。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

今永と星の両先発の好投で1点を争う投手戦。 こういう試合をものにできるかどうか、 今後を占う上で大事な展開になりましたが、 8回、2番手石山から無死一、二塁のチャンスをつかむと、 代打田中浩康がしっかり送りバントを決め、 相手のエラーにセーフティースクイズで2点を勝ち越し。 さらに9回にはロペスのだめ押し23号ソロに 倉本の2点タイムリーで決定的な3得点。 今永からパットン、山﨑康晃の継投も決まって......続きを読む»

今が阪神戦の苦手意識を払拭するチャンスだ

【DeNAベイスターズウィークリー評論】

8/10 De6-1ヤ こんばんは。久々の投稿になります。 今日はヤクルトの星投手を打ちあぐね、厳しい試合でしたが ラッキーな形で決勝点が入り、あとは CSに向けての執念と言う形で、最終回に猛攻を仕掛けて勝利できました。 やはりCSを争っている以上、こういう形でも1勝は非常に大きいです。 さて本題。 明日から2位を争う阪神との直接対決です。 これまでは数年に渡りベイスターズは阪神相手には非......続きを読む»

8.10 連勝 采配的中して、今永9勝目。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今日は今永と星の投げ合いでした。 だが、8回に動き出しました。 先頭の戸柱がヒットで出塁、 次の梶谷はバントが上手くないのもあって強攻策に出る。 が、これがフォアボールとなり、結果的には成功する。 ベイスターズは代打率が極度に悪い。 なので、ピンチバンターを起用した。田中浩康だ。 ただ、今年はランナー2人いる場面でのバントを失敗しているので、どうかとも思った。 しかし、1球で、淡々と......続きを読む»

「皆さんのことが大好き」ジョー・ウィーランド問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月9日 神宮球場(ビジター) De7-2ヤクルト 勝利投手 ウィーランド (6勝2敗0S) 本塁打  戸柱8号(2回表2ラン)、ロペス22号(9回表2ラン)※Deのみ 首位から11.5ゲーム  勝った…だよー。相手のミス、四球が多かったものの、連敗脱出の大きな勝利だったように思います。先発のウィーランド投手はヤクルト・リベラ選手のソロ本塁打の1失点のみ。6回90球でしたが、もうちょっと投げら......続きを読む»

8月は打力の勝負

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

このところ横浜の中継ぎの調子は落ち気味かと思ってましたが、よく見れば他球団も結構苦しんでいるようですね。 当たり前ですが試合の前半に得点を取って試合を優位に進められるかが重要になります。 スーパー積極的打線なので上手くいくことも淡白になることもあるかと思いますが、昨日は荒れていた梅野からしっかり四球を選べていたので良かったですね。 倉本・戸柱の調子も良くなってきていますし、ロペス・宮崎も好調を......続きを読む»

阪神横浜巨人の3つ巴が熱くなる

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 前回から間が空いてしまい申し訳ありません。  ドラクエ11も無事クリアできたので、更新再開と行きたいと思います。      さて我らがDeNAベイスターズ、8月に入りここまで3勝3敗1分け1中止と5割行進で来ている。  ついに広島にマジックが点灯、さすがに逆転優勝は苦しくなり目線は一つ下の2位争奪戦に向かうわけだが、ここで現在2位の阪神が8月を5勝2敗1分けといい調子で来ているため、1度......続きを読む»

8月9日 ヤクルト×DeNA 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

2-7で勝ちました。 戸柱のツーランHRと倉本のタイムリーヒットで、幸先良く先制し、ウィーランドが不調ながら1失点でヤクルト打線を抑え勝ちました。 ウィーランドはQS率が9割を超えています。 打線の援護があればほぼほぼ勝てますね。 相手先発の高卒ルーキー相手に打てなかったらどうしようかと思いましたが、早めに攻略できて本当に良かったです。 来シーズンの契約延長を早めに出してほしいですね。 3年1.......続きを読む»

贅沢を言えば

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

スワローズ戦2試合目、「ムエンゴのジョー」こと(?)好投しながら、ちっとも援護に恵まれないウィーランドに3回までに5点の援護点が入る。 ウィーランドも序盤は制球乱れるも6回を1失点にとどめ危なげない勝利、打では戸柱(捕手で8号!)、ロペス(貫禄の22号!)、倉本が要所で打ち筒梶が四球を選びまくりで、今回も無事3タテ回避を決めた。 チームが疲弊している中でも大負けしないのは地力が付いてきた証拠であり、......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/09、対東京ヤクルトスワローズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

スワローズ2-7ベイスターズ 勝利投手:ウィーランド 敗戦投手:梅野 ※こちらの先発投手が最も安定感のあるウィーランド選手、スワローズが高卒ルーキーの梅野選手と いうことで、先発投手のマッチアップとしては、是が非でも勝ちたいゲームでしたが、 打線が7安打7得点と非常に効率のいい攻撃を見せ、危なげなく勝つことが出来ました。 今季、一度も同一カード3連敗を喫していない要因の一つには、こういった勝ちた......続きを読む»

復調が待たれるベイ三上

【人生で2回目のベイスターズの優勝を夢見て】

制球にこだわる必要はない。 三上朋也は勝ちパターンを任せられる投手。 だが、8日時点で防御率5.18。 早く本来の姿を取り戻したいところだ。 横浜DeNAベイスターズからドラフト2013年4位指名で入団。 新人ながらシーズン途中から守護神を任せられた。 スピードもあるが、球のキレで勝負するタイプ。 ストレートがきれいな軌道ではない。 スライダーもきれいに変化しない。 打者にまともに球をとらえさせ......続きを読む»

ウィーラントの安定感と神宮の解放感

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 11日から夏休みが始まるのですが、夏休み中のハマスタのチケットは完売。 残念ですが、やはりハマスタが満員になるのは、嬉しいので、去年と同じく横須賀の土日のファーム観戦をする予定です。 さて、昨日で3連敗。 今日は5時で仕事を終わり、立川からあずさに乗って新宿へ。 神宮に着いたのは、三回表梶谷の打席から。 ベイスターズは、幸先よく5点を挙げ5-1とリードでホット一息。 三回裏......続きを読む»

投打かみ合い連敗ストップ。明日が大事。

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

首位カープには結局カード負け越し。 そして昨日も空中戦の末敗れて3連敗。 踏みとどまらないといけないところでしたが、 相手の高卒ルーキー梅野の自滅にも救われて序盤で大量点。 先発ウィーランドも走者は許すものの要所は締めて6回1失点。 2回、梅野の当たりをライトゴロにした梶谷の好守備にも救われました。 9回にロペスの2ランも出て、投打かみ合うよい形で連敗をストップ。 8月の星も3勝3敗1分けと五分に戻......続きを読む»

ベイファンのみなさん、ネガティブすぎない?

【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

忙しいのと環境の変化で、なかなかブログが書けなかったりしてます。 なるべく、同志(ベイファン)のブログの方は拝見させていただいてますが。 それにしても、昨日の負け方が応えたのか、ネガティブな意見があまりにも多くて、自分のブログで書かずにいられなくなりました。 今現在、貯金3ですよ?近年で1番いいじゃないですか。 しかも、2位とも4位とも3ゲーム差の3位! どうも最終的な順位にガッカリしたくない......続きを読む»

因果応報。野球は甘くない。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 ヤクルト戦。 野球の厳しさをつくづく教えられるゲームでした。 広島戦での連敗を経て臨んだ昨日。 初回を見たとき、不覚にも「行ける」そう思ってしまいました。 筒香が先制のツーランをたたき込み、久保が鬼門の初回をすんなり抜ける。 これなら勝てる! そう思ってしまった瞬間、すでに敗戦ルートだったのかもしれません。 久保が3回に急に制球を乱して満塁となり、バレンティン選手のファールボールを宮崎が落球......続きを読む»

ベイスターズ、雨と猛暑でやられてない?問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月8日 神宮球場(ビジター) De5-8ヤクルト 敗戦投手  久保 (4勝2敗0S) 本塁打  筒香16号(1回表2ラン)、戸柱7号(6回表2ラン)、梶谷13号(6回表ソロ)※Deのみ 首位から12.5ゲーム  3連敗…だよー。  花火大会だっただよー。  試合前半は細かい雨がずっと降ってました。時々屋内に入っていたので、私比ではありますが、宮崎選手のエラーあたりが本日一番雨脚が......続きを読む»

8.8 3連敗・・・  野球の難しさ。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

何というか、難しさを改めて感じた試合でした。 1.初球ポップフライの多さ。 3回表2アウト、1塁、3塁。戸柱。あの場面は、「間」が生じました。ビデオ判定で。 だからこそ、その「間」を有効に使ってほしかったです。 それは、1点差に詰め寄った6回表の柴田にも言えます。 こればかりは、結果論なので何とでも塗り替えられるのも事実です。梶谷の初球ホームランなんか然り。 2.戸柱の配球。 バレン......続きを読む»

8月8日 ヤクルト×DeNA 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

8-5で負けました。 先発久保が5回6失点と試合を作ることができませんでした。追い上げムードを作るも、三上も被弾し駄目押しされてしまいました。 三上は登板間隔が空いていたにもかかわらず、結果を残すことが出来ませんでした。もう、わずかな休みでは回復出来ないほどに疲弊してしまってるのかもしれないですね。 今日は気をつけなければならない打者に三発をくらいました。作戦や配球に問題はなかったのでしょうか......続きを読む»

戸柱に喝!+Aクラスを勝ち取れ!

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

まあもったいない試合でしたね。 バレンティンの満塁打・山田の2ランの配球ですが、私でも予想できたので相手には完全に読まれていたと思います。 バレンティンのは宮崎の落球が痛かったのは確かですが、絶対もう一回釣り玉投げるだろうなと思ってました。 バレンティンは狙い玉を絞って集中した時はボール球だろうが関係なく打てますので素直に外で良かったはずです。 まあその前に久保が一点を惜しんで連続四球とか新人......続きを読む»

初球ポップフライの明暗

【素人目線のベイスターズ考察】

久保の悪口は書きたくない あの頃のベイスターズにFAできてくれた恩 あと4勝で100勝 だからこそこの前の亀井の同点3ランをうたれた砂田には複雑な感情だった だから何としても今シーズン達成してほしい だから相性の悪いヤクルトには・・・かつてヤクルトキラーだったことは知っている 今はランナーを出すとスーパークイックにこだわり四球となり、ランナーをためて長打を打たれる それを幾度となく見た ヤクルト戦で......続きを読む»

濱口くんの早期復帰は朗報も、どうなる起用法??

【Fight Our Heart Out YOKOHAMA DeNA】

7月中盤、DeNAのドラ1ルーキー濵口遥大くんが左肩機能不全という よく分からない症状で登録抹消なって早1ヶ月。 長期離脱で今期は難しいと思われていましたが、 予想外に回復し今週末の阪神戦で1軍復帰するかもしれません。 2軍で社会人チーム相手に登板して、 本塁打こそ打たれたものの6回2安打で抑え順調な回復をアピールしました。 個人的には、100球近くを無事に投げられたのが何よりの朗報でした。 ......続きを読む»

梶谷について

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

試合が無いので突然ですが梶谷について書きます。 横浜ファンの方からは総スカンをくらうかもしれませんがずっと疑問がありました。 ※ここから書くことは来期に向けてです インタビューで以前「タイミング合えば長打。合わない時は三振でも仕方ない」というような発言がありました。 これに対して梶谷だからということで擁護する意見が多いと思いますが、少し疑問に感じています。 というのはこのままでチームとして......続きを読む»

先週(17/08/02-17/08/06)の投手成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週の成績:2勝2敗1分(0)  先週の失点(試合別、勝敗つき):4△、3○、3○、7●、9●  総失点:26点 1試合あたりの平均失点:5.20点  先週は、ホームでドラゴンズ、カープと5連戦。2-2-1の五割で終えています。 勝ち越したかったところですが、ちょっと投手陣は失点が嵩んでしまいました。5失点以上 した試合は全敗ですが、やはりこの辺りが勝敗を分ける分水嶺でしょう。5点取られて、 ......続きを読む»

8月6日 DeNA×広島 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

4-9で負けました。 エスコバーが5回7失点と試合を作ることが出来ませんでした。 3回までの投球はワクワクする内容だったんですけどね。さすがに広島には通用しませんでした。( ͡° ͜ʖ ͡°) 4回の守備のミスが痛かったですね。 4回守備ミスと4回攻撃時ノーアウト満塁からのゲッツーが流れを広島へと傾けてしまったように感じます。 苦しい展開でしたが、8回の攻撃は見ていて楽しかったです。久しぶりに......続きを読む»

先週(17/08/02-17/08/06)の打撃成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週の成績:2勝2敗1分(0)  先週の得点(試合別、勝敗つき):4△、4○、13○、4●、4●  総得点:29点 1試合あたりの平均得点:5.80点  先週は、ドラゴンズ、カープとホームで5連戦を行い、2-2-1で五割の成績でした。 出来れば勝ち越したかったのですが、週の後半に先発投手が崩れてしまっては勝つのは難しいですね。 打線は、かなり調子の良い週でした。13点の大勝があるので平均得点が......続きを読む»

大体予想通り

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

広島との3連戦は残念ながらある意味予想通りだったと思います。 初戦は石田vs高橋でしたが、前日からの疲労+高橋初先発ということで「勝たなくてはいけない試合」をしっかり勝てたので良かったですね。 2戦目が井納vs薮田で、先発の力からするとここがこの3連戦での勝負の試合でした。 ここは「勝ちたい試合」って感じでしょうか。 敗戦後のインタビューで珍しくラミレスが井納に少し苦言をしていたのが正にその証拠......続きを読む»

エドウィン・エスコバー、先発ローテ入り問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月6日 横浜スタジアム(ホーム) De4-7広島 敗戦投手 エスコバー (0勝1敗0S) 本塁打  倉本2号(5回裏ソロ)※Deのみ 首位から12ゲーム  負けた…だよー。  イチかバチかのエスコバー投手が7失点(自責5)で敗戦だったようですね。というのは、本日、ほとんど見れてないので、試合展開がわからないまま書いているのです。  ただ、スポナビさんの一球速報とまとめ動画を確認したところ、......続きを読む»

結果は5回7失点であったものの、なかなか面白そうなエスコバー投手

【Fight Our Heart Out YOKOHAMA DeNA】

まずは、久しぶりの更新です。 今期トレードでの途中入団選手、エドウィン・エスコバーが初先発となりました。 結果は、5回107球8奪三振2四球7失点。 3回まではストレートで押し切れたものの、4回から粘られて崩れていきましたね。 まあ、広島打線が相手ですし ある程度の炎上は予想通りでしたが、良かった点もありました。 やっぱり、変化球の少なさと精度の低さが、先発としてやるには致命的でしょうかね......続きを読む»

つまらない試合でした。これCS出れてもダメなんじゃ

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

 今日ってラミレス監督的には「捨てゲー」ではなかったとは思うんですよ。  そりゃ今永やウィーランドの試合とは期待度は違うでしょうが、同郷のよしみもあって(元々先発だった事もあり)エスコバーにチャンスを与えたのでしょう。  比較的左投手が苦手なカープ打線に対し、CSで通用する裏ローテを探す事も兼ねていたのでしょうが、結果はこのありさま。速球そのものは威力がありましたのでまたリリーフに戻って1回を全力な......続きを読む»

8.5 敗戦 走塁意識。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

昨日の試合は、井納があまりいいとは言えませんでした。 長いイニング引っ張りたいのは、理解できます。今日がエスコバーなので。 消耗度が激しい中継ぎを無駄使いしたくないので。 バティスタのホームランに関しては、難しかったですね。 左投手の緩い球には滅法強いので、加賀を投入した意図は分かります。けど、右に弱いという性質が勝っちゃいましたね。 薮田は昨日は初回、かなりアップアップでした。 その......続きを読む»

逆転敗戦。食らいつこう。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 広島戦。 カープは本当に恐ろしい相手です。 強力極まりない打線は、他チームでレギュラーを張れるような打力を持った選手を10人超抱えていますし、 不安視されていた投手陣も、新戦力の台頭と、中堅陣の踏ん張りで、見事に整備されています。 昨日も松山選手、安部選手が負傷退場したのに、代役の新井選手、西川選手にやられてしまいました。 初戦の望外大勝の流れで、昨日のゲーム。 初回3点を奪った時には良い流......続きを読む»

ベイスターズの8月とハマスタの構造問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月5日 横浜スタジアム(ホーム) De4-7広島 敗戦投手 井納 (4勝6敗0S) 首位から11ゲーム  負けた…だよー。  本日観戦してきたのですが、FCチケットを使い切らねばと思い、慌てて取ったチケットがSTAR SIDEだったのです。BAY SIDEのチケットがなかったのかどうかも確認せずにとにかく急いで取っちゃったチケットがSTAR SIDEだったのです。広島戦でSTAR SIDE。......続きを読む»

イノウさ~ん、またやってしまったねぇ

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

 本日も野球のネット記事には「新井さんにお任せなのだ~!」との文字が踊り、またバティられるなどまさに打たせてはいけない人に打たれた敗戦となりました。負けた理由が分かり易くて良いですねハハハ  まあ2点目までは「不運」と言っても良いかも知れませんが、それ以降は内野安打も絡んだとはいえ打たれ過ぎでしたよ。これが明日登板予定のエスコバーであれば「ああ残念だったね、でもカープ相手に2軍調整1試合程度じゃどの......続きを読む»

8月5日 DeNA×広島 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

4-7で負けました。 今日は全てが足りない感じでした。 先発・中継ぎ共に打たれ、打線のつながりも中途半端でした。 井納はストレートが全然走っておらず、変化球の抜け球も多すぎでした。イニングも食えず、悪い内容と言っていいと思います。 加えて、加賀がタナケンに変わってツーアウト一塁から登板し、バティスタにホームランを打たれました。なんのためのワンポイントなのか全くわかりません。ホームラン以外ならの......続きを読む»

8月4日 DeNA×広島 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

13-3で勝ちました。 一回表広島の攻撃にて、菊池タイムリー・鈴木のツーランHRで3点を先制されました。 しかし、二回裏の攻撃で倉本のタイムリー・桑原のグランドスラムで逆転しました。 その後は一方的な展開で勝ちました。 勝ち継投を休ませることが出来ましたし、ベイスターズにとっては良い試合でしたね。 石田はどうしても立ち上がりが良くないですね。本人も自覚してか、慎重になりすぎてしまっているように......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/04、対広島東洋カープ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ13-3カープ 勝利投手:石田 敗戦投手:高橋樹 ※久々の大勝で、連勝です。初回早々に3点を先制されたときはどうなることか、と思いましたが、 打線が相手先発・高橋選手を捉えてくれました。昨日の記事で、なかなか5点以上取れていない、 という話をしたのですが、5点どころか10点以上取ってくれましたね。ここのところ 接戦続きでしたが、こういった大差のゲームがないと、どうしてもリリーフ陣の疲......続きを読む»

わーい!たーのしー!なたいりょーてん

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

あんだけ取りますと不満はない(シリアコさん普通の低めの送球くらい捕ってください)ですね、石田もカープ打線相手に試合は作りましたし、失礼ながら比較的勝つべき相手には勝てましたし、大勝と言って良いでしょう! しかし桑原田中宏康の二人で9点取りましたか、クワは最近イマイチだったんですが、倉本がボールから入った2球目をしぶとくセンター前に落として、その流れが切れないままボール先行、で「あれこれ桑原打てる流れ......続きを読む»

ガッツマンが勝利を呼び込む。大勝だが、浮かれている暇はない。

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 今日は早く家に帰り、テレビ観戦。 失礼だが、ウチは石田で、カープは、今期初先発の高橋。 昨日カープは長時間ゲームだったし、今日は絶対勝たなくてはと思ってたけど、初回いきなり3点のビハインド。 とても嫌な展開でした。 しかし、そんなムードを吹き飛ばしてくれたのが、ガッツマンでした。 倉本のタイムリーに続き、2-0からの満塁HR。 味方のエラー→四球→タイムリーで、しかも満塁で0......続きを読む»

結果、QSでも、石田に喝!

【素人目線のベイスターズ考察】

昨日の試合のあと、延長を戦ったカープ相手に石田なら、試合は壊すまいと、急遽見に行った試合 初回と2回は、本当にボッコボコだった 見に来た事を後悔仕掛けた試合 桑原と浩康が救ってくれたから、良かったが‥ ウィーランドが、すねちゃうよ 石田、3回以降は尻上がりに良くなったけどどうしたの? 今永に、遅れをとってしまうよ 今年は離脱期間があったから、尚更、、 去年は相手チームに、先発石田 それだけでかな......続きを読む»

ベイスターズ、大勝だからこそトゥモアナ問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月4日 横浜スタジアム(ホーム) De13-3広島 勝利投手 石田 (4勝4敗0S) 本塁打  桑原12号(2回裏満塁)、ロペス21号(6回裏2ラン)※Deのみ 首位から10ゲーム  大勝…だよー。  今季のハマスタ広島戦は1プレーで流れが変わって、大量点につながることが多いような気がします。しかも大量点を取ったチームが簡単に勝てるわけではない。何点取っても安心できないんです。  本日のタ......続きを読む»

桑原逆転満塁弾で大勝!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

首位カープをホームに迎え撃つ3連戦の初戦。 昨日の私の記事のお願いに応えてくれたのか、 桑原が逆転満塁弾を含む3安打5打点。 田中浩康も3安打4打点と打線爆発で大勝となりました。 初回、石田が田中・菊池にうまく打たれて あっという間に先制を許すと、4番鈴木にも 甘い変化球を左中間スタンドに運ばれて3失点。 プロ初先発の高橋相手に、一番まずいパターンかと思ったのですが、 2回裏、相手のエラーがらみで......続きを読む»

データをちょっと見てみよう

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

普段そこまでデータは見ないですが暇だったので見てみるとやっぱりという数字がいくつかありましたので紹介。  ※参照:データで楽しむプロ野球 前々から思っていたことについて調べました。 抜粋して紹介するので他のチームのデータを知りたい方は検索してみてください。 ①代打成功率が低い トップ: 広島 .289 ワースト:横浜 .156 ・・・これは予想通りとはいえ酷いですねw (昨年の横浜は.241......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/08/03、対中日ドラゴンズ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ4-3ドラゴンズ 勝利投手:今永 敗戦投手:吉見 セーブ:山﨑康 ※まずは、勝ててよかったです。初戦が雨で中止、一昨日が引き分けですから、 この一戦にカードの勝ち越しが掛かっていました。二戦で貯金1ですから、 三連戦を二勝一敗で乗り切ったのと同じことです。連敗も長期化させず、3で止める ことが出来ました。戦績が安定しているのは非常に良いことですね。 ピックアップ:08/03(木)、......続きを読む»

復活セーブ。スターナイト勝ち越し!

【ベイスターズファンの慟哭】

対 中日戦。 今年のスターナイトは、初戦が中止、2戦目が勝利目前の引き分け。 やや消化不良で臨んだ3戦目。 しっかりと星をあげてくれましたね。 先発の今永は一発癖が顔を出すものの、全体的には問題のない投球を見せてくれました。 ボールに力もあって、イニングも6回を投げてくれたことはポイント高いです。 狭いハマスタが合わなそうなところだけが珠に傷ですね。 打線は2点を先行されながらよく反撃してくれ......続きを読む»

8月3日 DeNA×中日 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

4-3で勝ちました。 2点を先制されましたが、その裏に戸柱と倉本のタイムリーヒットで同点とすると、次の回にはロペスのツーランHRで勝ち越しました。 一点差に迫られるも7回からは砂田、パットン、山﨑の継投で逃げ切りました。 今永に勝ちを付けられて良かったです。調子はあまり良くないようでしたが、しっかりとまとめてくれました。すでに、去年と並ぶ8勝目です。二桁に乗れるよう頑張ってほしいですね。 ロペ......続きを読む»

今永の人間力よ

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

インタビューで最初に「戸柱のおかげ」と話した時にやっぱ今永凄いわって思いました。 あれは単純に戸柱のリードが良かったとかではなく、9回交代させられて悔しい想いをしている戸柱に対しての思いやりの意味もあったはずです。 今永の人間力には感服します。 嶺井もプレッシャーはあったと思いますが期待に応えてくれましたね。 と同時に9回嶺井となると西森は代走で使いづらくなります。 (9回嶺井に何かあった時......続きを読む»

ハマスタが助けてくれたのかな

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

倉本のタイムリーとなった打球、「あー! 伸びすぎたー!」と思いましたが、捕りに行った中日の松井が突然ふらついたかの様に足を止め、その目前に打球が弾みました。 LED照明の影響で目が眩んでしまった、失礼ながらこちらにとってラッキーなヒットとなりました。 似た様な打球が筒香を襲いましたが、これはホームの利か筒香は倒れこみながらも捕球できていましたね。昨日の不運が還ってきた様な気がしました。ただ、あの照......続きを読む»

8.3 勝利。 スターナイトはとりあえず成功…

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

まあ、今年のベイスターズを象徴する試合でした。 今までのベイスターズとは違い、先発陣はQSをかなりの確率で達成する。 でも、追加点が奪えないから 苦しい展開ばかりの勝利が多い。 筒香はずーっと、今年はあんな感じですね。 (苦笑) なかなか、波に乗れない。 やっぱり、WBCの影響や、 ベイスターズの地位や人気も上がってきたことで 見られ方が変わったのもあるんでしょうね。 けど、一番......続きを読む»

ホセ・ロペスの打席のステップ問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月3日 横浜スタジアム(ホーム) De4-3中日 勝利投手 今永 (8勝5敗0S) セーブ 山崎康 (2勝2敗18S) 本塁打  ロペス20号(3回裏2ラン)※Deのみ 首位から11ゲーム  勝った…だよー。  STAR NIGHTで勝てて、広島3連戦を前に連敗もストップ。しかも、今永投手以外先発全員安打と打線も上向き。ホッとしたベイスターズファンの方も多かったのではないでしょうか。  一......続きを読む»

1点差逃げ切り連敗ストップ!頑張れ山﨑康晃!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

スターナイト3戦目。 1点差で逃げ切り成功で、 連敗を3で止めることができました。 とても大きな勝利です! 特にここ2試合、山﨑康晃が 9回2死から捕まる悪循環に陥っていただけに、 今日の9回、三者凡退で切り抜けられたことが 一番の安心材料だと思います。 昨年も8月、苦労しましたが、 そのときとはストレートの質も違うように思うので、 これでもう、大丈夫なのではないでしょうか。 やっぱりあなたが万全......続きを読む»

苦しい時こそ良い経験

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

2試合続いて運も悪かったとはいえ2死から山﨑が抑えられないのは「痛いとは」思います。 3連打を浴びたのは全部変化球でしたかね。 これはリードが悪いと言いたくなるかもしれませんが、打たれる高さに投げてしまっている山﨑が基本的に悪いと思います。 まあ昨日はストレートが良さそうだったのでもっと押していってもいいとは思いますけどね。 スライダーを使わないのはまだまだ自信のある球ではないからでしょう。(打......続きを読む»

ベイスターズ、勢いを取り戻せるか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

8月2日 横浜スタジアム(ホーム) De4-4中日 首位から11.5ゲーム  引き分けた…だよー。  ヤマヤス投手が2点リードを守り切れませんでした。今回も2アウトからでした。柴田選手への当たりももうちょっとでアウトでしたし、ヤマヤス投手がはじかなければ、ショートが捕っていたかもしれませんし、桑原選手の三塁送球もランナーに当たらなければ、1点リードで勝っていたかもしれません。って、かもしれない......続きを読む»

スターナイト、引き分け。 悪い流れが顕著に出た試合。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

気付けば、巨人と3ゲーム差… ちょっと、巨人戦のサヨナラ負けの影響が残ってますね。 打撃陣も不調ですね。 宮崎は復調傾向ですが。 ウィーランドに関しては、藤井が合っていたとはいえ、 あれをホームランにされたのは ハマスタ特有の打球ですね。 なかなか不運な当たりですね。 他の球場ならレフトフライだったと。 ヤマヤスも、ツーアウトからああ打たれるのは頂けないですが、 京田の当たりは不......続きを読む»

8月2日 DeNA×中日 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

4-4で引き分けました。 8回裏の攻撃時、宮崎の2点タイムリーヒットで勝ち越すも、9回表ツーアウトから同点に追いつかれました。 山﨑の球自体は全然悪くなかったんですが、ピッチャー返しの球をグローブで弾いてショートが取れなかったり、送球が走者に当たって球が逸れたりと不運が重なりすぎました。 山﨑には切り替えてほしいです。 同点に追いつかれてからは中継ぎがよく踏ん張ってくれました。特にタナケンと加......続きを読む»

ウィーランドに味方はいないのかよ、そしてチームに牙をむく魔城ハマスタ

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

 そりゃ相手は大野ですけどね、打てない点取れない。ファーストストライク狙いは好投手相手には積極的に行うべきですがちっともミートできず。というかなんか皆スイングが鈍いですね。  挙句の果てに(宮崎→梶谷でチャンスは作りましたが)ウィーランドの「ジエンゴ」とエラーだけの2点、僅差の苦しい投球が続き6回にはミートされたとはいえ明らかに球場の構造が原因のホームラン。  納得いきますかねこれ、ハマスタ改修では......続きを読む»

変な納得感

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

お久しぶりです。 先週末は連敗でしたが、強がりでもなくこの時期で良かったとしか思いませんでした。 土曜は菅野でしたし7月絶好調でしたのでまあ負けるだろうなと思っていました。 日曜はサヨナラ負けでいかにも嫌な負け方っぽいですが、今の中継ぎ陣の状況ですとそろそろあるだろうとは感じていました。 巨人に連敗で4ゲーム差(昨日で3.5ゲーム差)になりましたが、まだまだ焦るような状況ではないと思います。......続きを読む»

【号外】日程表を眺めつつ、いざ勝負の8月へ

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

いよいよ勝負の8月を迎えるにあたって、ちょっと号外で更新です。 日曜日のサヨナラ負けは痛かったですね。 登板が多いとはいえ、三上も山﨑康晃も休養十分での登板。 その中で三上の2被弾は多少ボールが甘かったとは言え、 石川も陽岱鋼もうまく打ったなぁという感想を持ちました。 一方、山﨑康晃は村田をあっさり追い込んだまではよかったのですが、 そのあと、おかしくなってしまいましたね。 土曜日、ジャイアンツ......続きを読む»

ツーアウト、ランナーなしから逆転負けを喫したヤスアキ・戸柱バッテリーについて雑感

【いろいろ所持雑感】

戸柱ファンに配慮して記事更新を取りやめようと思ってましたが、 コメントにまで、過剰な選手叩きと、指摘されるのなら、自分のプログで、正々堂々、異見(異なる考え)を述べたいと思います。 あのコメント以来、一部横浜ファンに配慮すべきなのか、悩んで来ましたが、 私が、こう思うの論拠に対し、その論拠を巡って野球談議をする事を望みます。 戸柱の現時点での課題を指摘しただけで、選手叩きと、捉えるファンもいる......続きを読む»

"死の8月”過去のデータを見て期待出来る選手と今後頑張ってもらいたい選手

【温故知新ベイスターズ~2017】

7月のベイスターズは最後に3連敗して悪い結末になってしまいましたが、7月全体で見ると、12勝8敗で4つの勝ち越し、チーム総得点はリーグ4位と振るわなかったものの、チーム総失点はリーグ1位と投手陣が頑張ってのこの成績でした。 特に7月は先発投手の頑張りが目立ち、先発投手の防御率は2.83と1位の巨人とほぼ同じで、QS率の71.43%は2位の広島の65.2%を凌ぐ断トツの1位で、今永、ウィーランドを筆頭......続きを読む»

最後まで走り抜けて欲しい。

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 昨日は、残念でしたか、勝ちパターンの投手起用で負けましたから、こんな日もあると割り切ることにしました。 これが後々響かなければいいがと思っていますが、、、 さて、私が目下一番心配してるのは、宮崎の打撃です。 本当にこれまでロペスとともに、ベイスターズの勝利に貢献した立役者ですからね。 ここにきて、打撃が下降線をたどり、心なしかスイングも鋭さを失いつつあり、タイミングも微妙なズ......続きを読む»

7月30日 巨人×DeNA 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

5-4で負けました。 1-4からまさか負けるとは思いませんでした。 8回三上、9回山﨑がそれぞれ2点づつ入れられ、サヨナラ負けを喫しました。 山﨑はツーアウトまで、完璧に投げていたんですが、村田・亀井・相川に三連打を浴びてしまいました。 三上も山﨑も球自体は悪くないように見えました。 ただ、配球はもう少しどうにかならないのかなとは感じました。 勝てる試合を落としてしまいましたが、三上・山﨑は勝......続きを読む»

悔敗。次こそが分岐点。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 巨人戦 週末にかけて、お仕事が非常に忙しく、ブログを更新する時間が取れませんでした。。 社会人としては全く正しいのですが、ベイスターズファンとしては噴飯ものです。 短報ですが記事を更新させていただきます。 昨日のゲーム。 痛かったですね。 悔しかったなあ・・・・・。 飯塚が水際で踏ん張って、チームも4点を奪い逆転に成功。 3点差で8回に望んだ時には行けると思ったのですが。。。。。 三上、......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/07/30、対読売ジャイアンツ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ジャイアンツ5x-4ベイスターズ 勝利投手:カミネロ 敗戦投手:山﨑康 ※8回までに3点リードの試合を落としたことは非常に痛いです。ただ、こういった 試合も年に数回は必ず起こり得るでしょう。大切なのは、この敗戦を引きずらないことです。 今季のチームは、そういったダメージの収拾は巧みになってきていると感じています。  ジャイアンツには連敗を喫しましたが、先週の頭と比較すると、ゲーム差は1しか縮まっ......続きを読む»

ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

7月30日 東京ドーム(ビジター) De4-5×巨人 敗戦投手 山崎康 (2勝2敗17S) 首位から11.5ゲーム  負けた…だよー。  4対3の1点リード9回裏2アウト2ストライクからのサヨナラ負けでした。ヤマヤス投手、スライダーを1球でも使ってほしかったなあと思ったのですけどね。嶺井選手だったら使ってくれたような気がするんですけどね。いや、もしかして、相川選手がサヨナラヒットを打ったボー......続きを読む»

ベイ倉本、内野手のリーダー的存在になるために

【人生で2回目のベイスターズの優勝を夢見て】

肘の位置を下げてみないか。 倉本寿彦はショートとして安定したプレーを続けている。 横浜DeNAベイスターズがさらに上の順位に行くために、中心選手になってほしい。 3年目の今季、順調に成長しているだけに、期待は高まる。 最初に、走塁が上達している。 昨季まで下手なイメージがあった。 1塁に出塁している場面。 昨季はヒット3本出ないと、ホームに戻ってこれないよ、と嘆かせるレベルだった。 今年は味方が......続きを読む»

あとアウト1つ それだから野球は面白い

【素人目線のベイスターズ考察】

やられたなあ・・・・桑原の2アウトからの逆転満塁ホームランのお返しをされてしまった それでも今週は2勝3敗 貯金は4 リリーフを悲観すればきりがないけれど、まあやられたらやり返すのがプロ野球  なにより、三上ヤスアキリレーで、ひっくり返されたんだ ラミレス監督の言葉どおり「ベストな投手のリリーフなら仕方がない」 あとアウト1つたらないのは飯塚からだった 陽に死球をあたえず加賀のリリーフを受けなけれ......続きを読む»

サヨナラ負け… 

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

まさか、オリックス対楽天戦が伝染するとは… ヤマヤスもですが、打線でしょう。 ここのところ、宮崎、桑原、ロペスの当たりが止まってます。 広島戦辺り休養を挟んではどうでしょうか⁉ 今年は僅差で勝つ試合が多いので、チーム力は上がってるのですが、筒香がいまいち不振なので、攻撃力がもう一つです。 なので、どうしてもリリーフ酷使になりがちです。 ただ、「優勝を目指す」と公言してる、 レギュラーと......続きを読む»

* ラミレス監督よ、このゲームは忘れちゃいけないよ。

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って まー あんまり ウダウダ やるつもりはないよ(笑) でも 山崎投手は 昨年の夏 どうだった?(笑) ここんとこは 3者連続三振とか あったけれど それまでは ランナーを出して凌ぐ “ヤマヤス劇場” ってのが 常だったんだし 前のゲームで 菅野クンにヤラれて その“余韻”の中でのゲーム そう 菅野クンは ジャイアンツの エース って言われるピッチャー だわね(笑) 自分自身の勝......続きを読む»

ぜんぜんよわいー!!

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

 ヤスと三上の事ではなく、チームです。やはり層が薄い、強いチームは控えが強く、不調の選手を引っ込めたり代役を立てる余裕があるんですよね。「9人」ではなく、ベンチの選手を含めた総数で戦えるチームの方が強いのは当たりまえでしょう。広島カープの様に。  とはいえヤスと三上は言わば「勝ちリリーフのレギュラー選手」。ウチの投手の中では強い投手です。  記録と記憶が物語るように、何度もチームの勝利に貢献し、信頼......続きを読む»

井納・戸柱 配球雑感と、捕手の経験について一般的な知己

【いろいろ所持雑感】

5対1、初回に4失点。 井納の状態が悪かったで、お終いでしょうか? 配球雑感と記事表題に書き込みながら、 私個人としては特に感想ないです。 基本的に投手が、今回で言いますと井納の状態が悪かったで済む話です。 高城が捕手をして打たれるますと、高城が強く批判されますが、その多くは投手側に問題が多いです。 その辺の事情は記事で書いている通りです。 一方で、捕手の責任が重そうと感じる時があったのは、......続きを読む»

レベルの高い投手との対戦はベイ打線を成長させると思いたい。

【1998の感動をもう一度】

皆様おはようございます。 昨日は、ずっとテレビ観戦してましたが、先発投手の出来が明暗を分けましたね。 菅野は、いつもの調子でしたが、井納は逆玉もありましたし、亀井の当たりはともかく、長野の球は失投だと思います。 あそこで抑えておけばなあ。 次は小林でしたし、菅野相手に4点のビハインドはきついです。 井納は期待してるのに、制球か甘くなるのはどうしてなのかな? フォームは安定してるように思うし、バ......続きを読む»

三嶋一輝はリリーフで復活するのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

7月29日 東京ドーム(ビジター) De1-5巨人 敗戦投手 井納 (4勝5敗0S) 首位から10.5ゲーム  負けた…だよー。  というか、すいません。本日の試合を全く見れてないうえでエントリーを書いてしまいました。多分、初回は井納投手の立ち上がりをやられたのでしょうね。2アウトを取って安心してしまったのでしょうかね。  見てない上でああだこうだいうのも、どうかと思うのですけども、投手の......続きを読む»

7月29日 巨人×DeNA 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

5-1で負けました。 先発の井納が6回5失点で試合を作ることが出来ませんでした。菅野相手に初回4失点は割と絶望的になります。 井納の悪い時のピッチングでしたね。 打線も、菅野に対応することが出来ませんでした。ヒットは8本も出ていますが、なかなか線にさせてもらえませんでしたね。 個人的に今日の菅野は前回ほどの圧倒的力は感じませんでした。高めの球も来ていましたし、明らかなボール球も多く見えました。......続きを読む»

俺氏、終盤戦のキーマンにシリアコ選手を指名

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 ベイスターズ1軍が抱えている喫緊の課題は投手陣だろうと思います。昨年と比べると手薄な感のある先発ローテ然り、疲労の色が隠しきれないリリーフ陣然り、決壊寸前のような雰囲気を感じずにはいられません。  そこは一つ、三嶋選手と国吉選手と平田選手が救世主となって獅子奮迅の大活躍をしてくれるであろう、という事にしたいと思います。  そもそも投手陣で苦しんでいるのは万国共通みたいな所がありまして(但......続きを読む»

ベイ田中健二朗の復調方法

【人生で2回目のベイスターズの優勝を夢見て】

1度原点に帰ろう。 横浜DeNAベイスターズは勝ち星を重ねていく上で、左のリリーフ投手が必要。 田中健二朗は、その役割が期待される投手だ。 今季の防御率は37試合登板の25日時点で3.73。 2015年にはオールスターに選ばれた投手だけに、復調が期待される。 1番の武器はキレのあるストレート。 130キロ台が出る時もある。 あのストレートがそんな遅いわけがない。 スピードガンが壊れているのではな......続きを読む»

7月27日 阪神×DeNA 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

10-3で負けました。 最終的には点差は大敗ですが、内容は悲観するものではなかったと思います。 石田の一球が悔やまれます。ストレートが得意な打者に打ちやすいコースと高さで投げてしまいましたね。完全なる失投です。 同点を作るチャンスも何度かありました。 そこで点が入らなかったも、敗因ですね。 心配なのが砂田です。 前回の試合もスリーランHRを打たれました。 登板過多の山﨑、三上と違い登板数も最近......続きを読む»

8月の過ごし方を考える。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

よく、8月の戦い方で屋外は暑いから不利と言われます。 確かにそうです。 けど、ちょっとしたスパイスと懐疑的な見方が必要だと思います。 ちょっとしたスパイスというのは、食事面です。 栄養士主導でもいいです。 メーカーとのタイアップでもいいです。 夏バテ防止のための食材、スタミナがつくものを 食堂のメニューに提供するということができるのではないかと思います。 フルーツを置いておくなどして......続きを読む»

いざ二位固めへ

【鯨の遺伝子】

二位攻防戦となった阪神との3連戦。 二勝一敗で見事二位タイに浮上しました。 昨日の試合も勝機はあったかと思いますが、取るべきところで点を取らないと、相手に流れがいってああいった結果になってしまいます。 今一度気を引き締めて、二位固めといきましょう。 それにしても先発陣の奮闘は本当に光ります。 一方で中継ぎ陣は疲れが見えるか。 エスコバーは先発へという報道もありましたが、やはり中継ぎのほうが需......続きを読む»

今日は残念な試合になりましたが、トータルで考えれば良い3連戦、ただ中継ぎの入れ替えは要かな

【温故知新ベイスターズ~2017】

この阪神との三連戦に関しては、ベイスターズが今永、ウィーランド、石田という表ローテで、阪神がメッセンジャー、秋山が出て来ない裏ローテだったので、あわよくば3タテ、という考えを持っていたファンが多かったでしょうけど、終わってみれば2勝1敗と勝ち越しに終わり、阪神とのゲーム差を1縮めるまでに留まりました。 阪神の場合は裏ローテと言っても、ウチの平良や熊原のような力的に一軍では厳しい、というレベルの投手が......続きを読む»

砂田毅樹、雨のブルペン準備問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

7月27日 甲子園球場(ビジター) De3-10阪神 敗戦投手 石田 (3勝4敗0S) 本塁打 桑原11号(9回表ソロ)※Deのみ 首位から10ゲーム  負けた…だよー。  7回裏の雨と8回表裏の攻防が全てでしたね。約30分の中断がありつつ、1点ビハインドで出迎えた8回表。相手中継ぎ投手は元横浜、ハマのオッパッピーこと桑原投手でした。宮崎、後藤の2選手がランナーに出て、嶺井選手が送りバント。......続きを読む»

今日は野球の神様が「勝ちリリーフを休ませろ」と仰せになったのでしょう

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

 相手は現在勝敗が同じくらいのチーム、勿体ない敗戦でしたが3戦戦ったらそりゃ1つくらい負けるのはおかしくないでしょう。  敗勢になってから大量点を奪われても(チーム防御率の見栄えが悪くなる程度で)でかい影響はないでしょう。強いて言えば雨の降る中遅くまで試合、これから関東ちほーまで急いで帰らなきゃいけないという疲れそうな状態になっているのは気になりますが、幸い明日が移動日になっていますので何とか身体を......続きを読む»

ビハインドの左のリリーフ

【素人目線のベイスターズ考察】

このカードは3タテを狙っている 相手のチーム状況と甲子園の大きさを活かして雰囲気に飲み込まれなければ、頭をとれれば行ける そう思っていた 試合前のスタメン ロペスがいない・・・・嫌な予感はした  本人のケガではなく奥様の体調不良とか いないのは痛いがらしくないエラーや三振が多くなっていたから、精神的には大変かもしれないけれど、肉体的に休むことができればいい もちろん奥様の快方が絶対だが 石田なら試......続きを読む»

ダメージの大きい負け方

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

今のチーム状況から考えられる嫌な負け方の中でもトップ3に入るくらいの負け方でした。 今日の試合はロペスが不在でしたし、カード勝ち越ししてましたし、勝ち継投は基本使いたくないという条件でしたので負けること自体は許容範囲内です。 最悪なのは勝ち継投をつぎ込んでの敗戦ですが、今日は3人とも休ませられたので最悪ではないです。 で今日の嫌な部分ですが、準勝ち継投の砂田がボコボコにされたことと、中継陣を助......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/07/26、対阪神タイガース

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

タイガース5-6ベイスターズ 勝利投手:ウィーランド 敗戦投手:小野 セーブ:山﨑康 ピックアップ:07/26(水)、T-DB 先発投手:ウィーランド(6.1回3自責、QS) リリーフ:砂田(パーフェクト)、加賀(無自責、無四球)、パットン(無四球)      山﨑康(無自責、無四球) 先発野手:柴田(1安打、1打点)、筒香(3出塁)、宮﨑(1安打、1打点)      戸柱(3安打)、梶谷(1安......続きを読む»

7月26日 阪神×DeNA 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

5-6で勝ちました。 昨日に引き続き、一点差での勝利です。 単独2位になることが出来ました。 2回に梶谷と倉本のタイムリーヒットから先制し、5回8回にも追加点をあげました。 山崎は味方のエラーもあった中、本当によくやってくれました。守護神の名にふさわしい働きをしてくれました。 ラミレス監督からもコメントがありましたが、三上・山崎の登板数がかなり多くなっていることが心配な点ですね。セーブ機会等じゃ......続きを読む»

示した粘り強さ。単独2位へ。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 阪神戦 ここまで2位3位直接対決を2戦消化。 初戦を1対0。 2戦目を6対5。 どちらもクロスゲームですが見事に勝ち切ってくれています。 素晴らしい、と表現してもいいでしょう。 阪神相手には、いつも僅差での敗北を重ねていました。 序盤に天敵鳥谷選手やゴメス選手、福留選手に痛打を浴びてリードを許し、中盤以降は盤石の中継ぎ陣に抑えられて敗戦。 点差は顕著に開きませんが、いつも点数以上の差を感じ......続きを読む»

阪神戦、課題があった戸柱と、その雑感(オカルト)

【いろいろ所持雑感】

戸柱ファンには数字上、ツラい、事実が書かれています。 その事実を受け止められない方は、読まれない事を、お勧めします。 以下、本論です。 現在、対戦中の阪神さん相手に、戸柱は数字上、大変相性が良くないです。 一時、対阪神戦におけるLOB率は70%を大きく下回り、60%台(最悪水準です)と、実に効率よく得点をされていました。 リスクを負って攻め過ぎるリードが原因だったと見ていますが、 阪神さ......続きを読む»

危険な守備固め

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

昨日も速報で見てました。 サード山下ですが本職とはいえ最近はセカンドをやっていましたし、先日もポカしたので「そもそも宮崎の守備良いんだから代えない方がいいんじゃない?」と思ってましたが、やっぱりでした。 8回3点差で筒香・宮崎を代えるのはリスクがあったと思います。 休ませたいというのは分かるのですが中継陣の状態を考えたら追いつかれる可能性もあるので危なかったと思います。 まあ賭けに勝って少し休......続きを読む»

7番打者梶谷隆幸問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

7月26日 甲子園球場(ビジター) De6-5阪神 勝利投手 ウィーランド (5勝2敗0S) セーブ 山崎康 (2勝1敗17S) 首位から10ゲーム  勝って、単独2位…だよー。    毎試合、見ごたえのある大変な試合をしておられますが、選手の皆さんご苦労様です。ちゃんとご飯を食べてくださいね。  夏場にご飯を食べれないことで知られているのは梶谷選手ですが、7月に入ってからは7番打者に座っ......続きを読む»

2017年7月26日 ヤクルトvs横浜DeNA (横須賀) の感想

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 暑いのと寒いのが苦手な僕ですが、皆様こんばんは。  「横浜横須賀道路が事故渋滞してた」レベルの小さな不幸せがマシンガンのように立て続けに発生して、ちょっとテンション低めです。  それはさておき、我らの聖地横須賀スタジアムに行ってきました。最後にブログに書いた試合は7/1、見に行ったけど書いてない試合を含めると7/8以来となります。いずれにせよスカスカスケジュールです。  今日は僕の......続きを読む»

7.26 6-5 勝利 守備力の重要さ。

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

采配に関しては、7回満塁の場面でウィーランドをそのまま行かせたこと、 8回にパットン投入は妥当な選択なので問題ない。 三上、ヤマヤスの負担を考慮すれば。 打線も効果的に追加点取れたのは素晴らしいです。 特に2回に倉本が引っ張ってタイムリーにした場面はさすがでした。 もっと言えば、宮崎のデッドボールは本人も痛かったでしょうが、相手も痛かったはず。 それ以降、小野がボール先行になったことから......続きを読む»

ヤスアキちゃんはすっごいんだよ! だから今日も大丈夫だったんだよー!!

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

これですよ! やはりウチのクローザーはヤスなんです、今日という試合のあの場面を抑えきれる、もう「すっごーい!」しか言うことがないじゃないですか! 打線の得点を、ウィーランドの勝ちを消さなかった! それだけで、今日は、まんぞくー…… ただ、登板過多に陥っているのは心配です。今日は下位からの得点パターン(宮崎戸柱の出塁を梶谷倉本で還す!すっごーい!)を見せるなど理想的な攻撃で打線が奮起、一時4点差を......続きを読む»

終盤もつれるがなんとか逃げ切り貯金7!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

安定感抜群のウィーランドが先発なだけに あとは打線の援護だけ、と願いましたが 期待に応えて2回、梶谷と倉本のタイムリーで3点を先制。 5回にも梶谷の犠牲フライで追加点を挙げてリードを広げると、 これまたウィーランドが期待通りのピッチングで6回までは1失点。 完全に勝ちパターンと思いましたが終盤もつれる展開に。 7回表、2死からつかんだ満塁のチャンス、 好投のウィーランドをそのまま打席に立たせたのは ......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/07/25、対阪神タイガース

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

タイガース0-1ベイスターズ 勝利投手:今永 敗戦投手:岩貞 セーブ:山﨑康 ピックアップ:07/25(火)、T-DB 先発投手:今永(7回無自責、HQS、無四球) リリーフ:三上(パーフェクト)、山﨑康(パーフェクト) 先発野手:筒香(2安打、1打点) 途中出場: 投手: ・今永選手は、ストレート、チェンジアップ、共に状態が良かったように思います。 であれば、7回を零封という結果にあまり驚き......続きを読む»

7月25日 阪神×DeNA 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

0-1で完封勝ちでした。 完全なる投手戦となりました。 今永、岩貞ともに好投を続けましたが、筒香の一振りの差で勝つことが出来ました。 筒香は2試合連続HRで試合をきめています。 去年はこうした筒香の活躍がたくさんありましたね。というより、ほぼ筒香で勝っていた記憶がありますので、チーム力としては去年より今年の方が上がっているように思います。 今永、三上、山崎のリレーで1点を守り切れたのは大きいです......続きを読む»

筒香のチーム+三嶋登録

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

昨日は速報を見ながらBSで巨人広島の試合を見ていました。 広島の脚の怖さがいかんなく発揮された先制点でやはり恐ろしいですね。 広島は打力もありますが、脚力もあるので好投手相手でもこういった得点を奪えるのが強みでしょう。 一方の横浜戦も投手戦でしたが横浜は脚が無いので勝てるとしたら桑原・筒香・ロペス・梶谷あたりに一発出るかどうかかな?と思ってました。 その期待に筒香が見事に応えてくれたので良かった......続きを読む»

すっごーい!! 今永7回無失点の快投!! そしてGOU砲で勝利だ!!

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

序盤からお互いに0が並び、4回のチャンスもモノに出来ず……岩貞の好投の前に絶望感すら覚えそうになる攻撃が続きました。 しかしその間も今永ー嶺井バッテリーはタイガースの攻撃に耐え続け、トップバッターに抜擢の上本、恐怖の新戦力ロジャース(1回に良い当たりをされましたが)を無出塁に抑え、スコアボードに「0」を並べ続けます。 そして7回表、直前の6回にノーアウトからヒットで出塁した倉本を進められず、という攻......続きを読む»

山﨑康晃のスライダーは夏場を乗り越えるための助けになるのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

7月25日 甲子園球場(ビジター) De1-0阪神 勝利投手 今永 (7勝5敗0S) セーブ 山崎康 (2勝1敗16S) 本塁打 筒香15号(7回表ソロ) 首位から10ゲーム  勝った上に同率2位…だよー。  今永投手は完全に一皮むけましたね。ストレート、変化球のキレ、コントロール、投球テンポ、間合いの取り方、どれをとっても一級品になりつつありますね。1点もらっても力みがない。安定感抜群でした。......続きを読む»

今後筒香は突き抜けるのではないか?

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 本日は、今永の好投と筒香の一発で阪神に快勝。 今日は、ゲームは見れてませんが、今永好投したようですね。 さて、筒香。 大贔屓の私ですが、先日の高木からのサヨナラHRは素晴らしかったですが、高木の球がずっとすっぽ抜けており、特に生命線であるカットボールはキレもコントロールもなかった。 桑原は、打ち損じてとても悔しい表情をしてたし、柴田はよく打ってくれましたが、筒香と対戦する時の高......続きを読む»

* ベイスターズ・ファンよ、呑み過ぎないようにね(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って 今頃 そんなこと言っても もう遅いだろうね(笑) 甲子園の夜空を 切り裂いた 主砲の1発 ピッチャー陣も 必死に放ってくれて 完封リレー ベイスターズが タイガースに並んで 遂に2位 そう 今の時期にね(笑) ん? って言っても カープとは 10ゲーム差? その通りだよ(笑) でも 2位まで来たのよ(笑) ん? 明日ヤラれたら?(笑) って まー ネガティブは 放って......続きを読む»

筒香の値千金の一発を完封リレーで守り貯金6!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

今日から甲子園で勝負の3連戦。 初戦、今永と岩貞の両左腕の投手戦となりましたが、 筒香のこれしかない一発で先制すると、 虎の子の1点を今永から三上、山﨑康晃と完璧なリレーで 守り切って快勝!貯金を6に伸ばしました。 映像で見られていないので細かくはわかりませんが、 今永、三上、山﨑康晃は本当に素晴らしい成績でした。 今永は先週に引き続き無失点の快投。 しかも今日は四球もなく、ほとんどタイガース打線......続きを読む»

先週(17/07/17-17/07/23)の投手成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週の成績:4勝1敗1分(+3)  先週の失点(試合別、勝敗つき):1○、0○、3○、3△、3●、6○  総失点:16点 1試合あたりの平均失点:2.67点  こちらの記事では先週の投手成績をまとめていきます。  横浜スタジアムで6試合を行い、平均失点が3点を割るのは非常に素晴らしい成績です。 貯金を三つ増やせたのは、投手陣の頑張りあってのものと言っても過言ではありません。  以下、個人成績......続きを読む»

先週(17/07/17-17/07/23)の打撃成績まとめ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

 先週の成績:4勝1敗1分(+3)  先週の得点(試合別、勝敗つき):2○、1○、5○、3△、1●、8○  総得点:17点 1試合あたりの平均得点:2.83点  ということで、この記事では先週の打撃成績をまとめてまいります。 ちなみに上記の通り、先週の得点能力はお世辞にも高いとはいえませんでした。 1試合平均3点未満の攻撃力で貯金を三つ増やせたのは、投手陣の頑張りに尽きる、と 言っても過言ではな......続きを読む»

DeNA包囲網を突破せよ

【すき間ベイスターズ】

カープを追い越すことが現実的でない状況では、3位のベイスターズを標的として包囲網を張られる心配がある。 阪神、巨人、中日とDeNAの先週の先発投手と9月前半までの対戦カードから、各チームのCS進出戦略を推測する。 阪神 包囲網参加度:低 7/17月 メッセンジャー 7/18火 岩貞 7/19水 小野 7/20木 7/21金 秋山 7/22土 能見 7/23日 メッセンジャー 7/25 横中......続きを読む»

2期目を迎えられそうなラミレス監督、そして不気味な阪神打線

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

南場オーナーがラミレス監督との契約更新・延長を前向きに考えている様です。この成績ならば当然でしょう、あまり早く確約してしまうとジンクス上良くないかもですが、ラミレス監督はクビを怖がった起用采配はしない男です。 会社からの信頼の証として、出来るだけ早いタイミングで伝えてあげて欲しいですね。 延長されれば3年目を迎えますが、任期としては2期目となりますね。2期、2期決定……うん、良い響きです。深い意味は......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/07/23、対読売ジャイアンツ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ8x-6ジャイアンツ 勝利投手:山﨑康 敗戦投手:高木勇 ピックアップ:07/23(日)、DB-YG 先発投手:久保(6回2自責、QS) リリーフ:パットン(無四球、無自責)、山﨑康(被安打0、無自責) 先発野手:桑原(2安打、1打点)、柴田(2安打、1打点)、筒香(2安打、2打点、3出塁)      ロペス(1打点)、宮﨑(3安打、1打点)、倉本(2安打) 途中出場: 投手: ・......続きを読む»

全てを繋いだ主砲の劇弾。筒香よくぞ。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 巨人戦 苦しく、熱いゲームでした。 両チームともに、この3戦目の持つ価値を良く理解している戦いぶりだったと思います。 巨人からしてみれば、勝利すればこの3戦を2勝1分け。3連戦で2ゲーム分の差を詰めることができれば上々の結果でしょう。 逆に我々からすれば、勝利できれば1勝1敗1分け。完全な五分でこの3連戦を終えることができます。 引き離すことこそできません。 しかし現状我々が上位にいること......続きを読む»

手が付けられない打者になりつつある桑原とシュートという変化球

【ベイスターズ談議】

7月23日巨人戦 桑原の打撃内容 第一打席、大竹-小林バッテリーの初球シュートを読み切って狙って打ったホームラン。 第二打席、一打席目と同じコースのボールでしたが、少し芯を外してしまいフェンス手前で失速 第三打席、1点ビハインドの無死一塁、ラミレス監督の采配もあるが、今の桑原は宮崎に次ぐ確実性に加え足がある分バントは無い。フルカウントから二球ファールを挟んで中前安打。スタートを切っていた倉本が......続きを読む»

急回復したチームLOB率と、戸柱について雑感

【いろいろ所持雑感】

一部、 戸柱ファンには不愉快と感じる記述があるかもです。 読みたくない人は読まないでください。 以下、本論です。 スラムダンクより 海南大付属高校監督・高頭力 「奇策といわれるあらゆる作戦・・・ そのほとんどは相手のことを考えすぎて 本来の自分を見失った姿にすぎない」 的な面が一時の戸柱にあったと思います。 特に平良への、あの配球は、ありえなかったと思いますが、 彼的には、あれを要......続きを読む»

巨人の表ローテにドロー! わーい! でも久保康に勝たせてあげたかったん……だよー

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

ロペスの犠牲フライで1度は逆転しながらも、8回コンビが崩れ、最後は我らが主砲、筒香がやってくれました。 その前に繋いだ柴田、 また、桑原の先頭打者ホームランは苦手投手を相手にする打線に勇気を与えた事でしょう。 ホームでドローはどうなのかとかありますがね、田口菅野の両巨頭に加え相性最悪の大竹相手にゲーム差そのままなんですから、巨人の思惑は完全に崩せたと言って良いでしょう。 また今週末には東京ドームで......続きを読む»

巨人戦を”裏ローテ”で乗り切る(セカンドレギュラー候補としての柴田選手)

【YOKOHAMA lover】

昨夜の試合は9回2死からの筒香選手のサヨナラホームランという劇的な幕切れで勝利しました。昨年は筒香選手のこんなホームランを何本も見ましたが、昨年の7月のスーパー筒香が、今年も少し時期が遅れましたが、またこれから見られるのかもしれません。 その筒香選手のホームランのお膳立てをしたのは、2番打者の柴田選手でした。倉本、桑原選手が倒れて2死となった後、ここで筒香選手につないでくれたら何かが起きるかも知れ......続きを読む»

またか。。。からの良くやった!

【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

巨人との3連戦は先発予想と打撃陣の調子からして1勝2敗でも「まあOKかな」って思ってましたが、初戦の引き分けが大きかったですね。 結果1勝1敗1分でゲーム差は縮まらずに消化できましたね。 タイトルの「またか・・・」は亀井のホームランのリードです。 あの場面でインコースのストライク要求が危ないことは前回のバレンティンで学んでくれたと思ったのですが、またやってしまいました。 次が小林だったこと、......続きを読む»

7月23日 DeNA×巨人 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

8-6の劇的サヨナラ勝ちを収めました。 桑原の初球先頭打者HRで、先制をすると3回に逆転を許すも6回裏に柴田のタイムリーヒット、ロペスの犠牲フライ、宮崎のタイムリーヒット、戸柱の2ランHRで一挙5得点で巨人を突き放します。 しかし、8回表巨人の攻撃。陽のタイムリーツーベース、亀井の3ランHRで一気に同点に追いつかれました。 同点で迎えた9回裏。2アウトながら柴田がセンターへのヒットで筒香につな......続きを読む»

倉本寿彦か柴田竜拓なのか問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

7月23日 横浜スタジアム(ホーム) De8×-6巨人 勝利投手 山崎康 (2勝1敗15S) 本塁打 桑原10号(1回裏ソロ)、戸柱6号(6回裏2ラン)、筒香14号(9回裏2ラン)※Deのみ  勝った…だよー。セリーグで今一番不気味な存在、巨人さんを1勝1敗1分でしのい…だよー。  久保康投手の好投を早いうちに助けたいベイスターズは6回、倉本選手のレフト前ヒットを皮切りに連打で5得点。6対2とす......続きを読む»

ベイ、柴田の成長力に期待

【人生で2回目のベイスターズの優勝を夢見て】

予想以上の伸びを見せている。 2年目の柴田竜拓が、今後の活躍を予感させるプレーを続けている。 横浜DeNAベイスターズの2015年のドラフト3位指名で入団。 ドラフト時の長所としては、守備がプロレベル。 1年目には厳しい洗礼を受けた。 ボテボテのゴロに対し、前に突っ込むことができず内野安打に。 普通の内野ゴロをジャッグルし、アウトにできないこともあった。 いくら守備の評価が高くても、プロのレベル......続きを読む»

柴田のヒット ~どんなシチュエーションで筒香に回すか~

【素人目線のベイスターズ考察】

現地観戦 良かった勝てて やはり自分の贔屓が一番いけない一発を浴びれば凹む あと100勝までカウントダウンではあるが、必死でかわしながら投げていた勝利を消せば沈む 砂田の失投かは観戦ではわからないけど、登板間隔も空いていたし、ヒットでも四球でもいいけれど本塁打は・・・・ 研究もされ、リリーフとして夏場まで来たことも初めてだけれど、田中健二朗といずれは入れ替えていいと思う 経験が違うわけだし砂田はま......続きを読む»

待っていました。筒香サヨナラ2ラン!!!

【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

待っていました。これぞ「4番」の仕事。 筒香のサヨナラ2ランで負けられない一戦をものにできました。 初回、大竹寛から桑原が初球ホームランで幸先よく先制。 先発の久保は3回に逆転を許しますが、 6回まで2失点と試合を作ると、 6回裏、倉本、桑原、柴田の三連打で同点。 さらにロペスが1死二、三塁でしっかり犠牲フライで勝ち越すと、 追加点のほしいところで 宮﨑が西村から痛烈なピッチャー返しのタイムリー。 ......続きを読む»

飯塚、戸柱バッテリー配球雑感 インを攻めるには理由がある

【いろいろ所持雑感】

阪神戦や、オリックス戦で見せた配球とは違っていた。 オリックス戦で、 イン中心の配球に相手がビックリして通用した面もあったように感じた飯塚だったが、阪神戦で相手に待たれ敗戦。 今回は、どんな配球かと思ったら、 阪神戦の反省を活かして、外目中心の配球だった。 外スラが高めに抜け村田には被弾したが、インコース中心(過ぎる)と違い、今の飯塚なら右打者相手には外目中心の方が長く投げやすいのだろう。 ......続きを読む»

あともう一歩。惜敗も収穫はある。

【ベイスターズファンの慟哭】

対 巨人戦 惜しいゲームでした。 飯塚は踏ん張りましたね。 初回に村田選手にスリーランを浴びてしまいましたが、そのあとを6回まで無失点に切り抜けたことは評価できます。 がっくりしたはずですが、気持ちを切り替えられたことは素晴らしい。 惜しむらくは相手先発が菅野投手だったことですね。 失点直後の1回裏こそ好機を作れましたが、そこを逃すとあとはつけいる隙が全くありませんでした。 それでも収穫はありま......続きを読む»

* その前に“継続”だわ(笑)

【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

って 夜通し掛けて 今年の ベイスターズ 筒香クンの打席を 振り返ってみたんだけれど ひとつ 気がついたんで そいつをエントリー ってわけね(笑) まー 物事ってのは 深く見なきゃね(笑) 昨年 筒香クンは 2冠だっただろ? てっきり そいつを 継続するのかと 思いきや 今年は “違うこと”を やっているんだわね(笑) いつまで経っても “重ならない”んで ん? そう オレの知っ......続きを読む»

いつかチームの命運を握るような投手になって欲しい。

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 きょうのゲームは投手陣が頑張ってくれました。 飯塚は不運な当たりから1、2塁となり、村田に先制スリーラン。 しかし、その後は自分の持ち味を出し、六回3失点。 しっかり、ゲームは作ったと思います。 エスコバー、平田としっかりつなぎ、最後はマシソンを引っ張りだしました。 一方、打線は菅野の前に、三安打10三振。 前半は行けるかもと思いましたが、さすが菅野ですね。 終盤は、ギアを上......続きを読む»

優秀なビハインドリリーフ達

【Re:Baseball De:Baystars】

皆さんこんにちは 巨人戦2試合目は3-1で敗北となってしまいました。元々菅野-飯塚という厳しいマッチアップでしたので苦戦は必須でしたが惜しかったですね。 初回の攻防の山下のミスと宮崎の併殺が全てでしたかね。山下は普段からスタメンでない故の連携ミスだと思います。宮崎に関してはこれからも併殺を恐がって消極的になるくらいならガンガン振っていってほしいです。 飯塚は自己最多の6回を投げて初回だけの3失......続きを読む»

やっぱり菅野投手すっごーい! ・・・・・・で、横浜はいつまでも菅野を打てないのかな?

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

 普通に負けました。菅野は立ち上がりだけ不安定でしたが宮崎が併殺をやらかし終わりました。宮崎はこういう打者ですしここまでどんだけ打ってくれたんだという話もありますのでしょうがないでしょう。  ただ、ショートに打ってはもうどうしようもないわけで、坂本と村田がいる方向ではなく、どうにか比較的弱いマギーと阿部が守る方向へ打って欲しかったですね。  そもそもその前に菅野相手に初回から3点ビハインドとか・・・......続きを読む»

7月22日 DeNA×巨人 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

1-3で負けました。 菅野の前に8回無失点で押さえ込まれました。 確かに今日の菅野はコントロール、キレ、球威ともに高いレベルでしたが、あまりにも無抵抗すぎです。 完全に完封ペースで、試合を運ばれていました。 球数を稼ぐ・配球を読むこの辺のことがもう少し出来ないものかと思ってしまいます。 先発の飯塚はよく頑張りましたね。初回にスリーランHRをくらいましたが、それも守備のミスからのものだったので、あ......続きを読む»

宮﨑敏郎へ伝えたい…「プーさん、ゴロはダメよ」問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

7月22日 横浜スタジアム(ホーム) De1-3巨人 敗戦投手 飯塚 (0勝2敗0S)  負けた…だよー。  失点は初回の村田選手の3ランのみ。相手先発投手は菅野投手ですから、一球、ワンプレーが勝負を分けますね。3点のうち1人のランナーは山下ムシ選手の記録はヒットだけどエラーによる出塁。フライがあがって、自分で手をあげながら、お見合いしちゃう。村田選手の3ランはアウトコース高めの変化球。浜風に乗......続きを読む»

レギュラーシーズン:17/07/21、対読売ジャイアンツ

【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ3-3ジャイアンツ ピックアップ:07/21(金)、DB-YG 先発投手:井納(6回3自責、QS) リリーフ:砂田(被安打0、無自責)、加賀(無四球、無自責)、パットン(無四球、無自責)      三上(パーフェクト)、田中健(無四球、無自責)、山﨑康(被安打0、無四球、無自責) 先発野手:桑原(2安打、3出塁)、ロペス(5安打、1打点)、宮﨑(1安打、1打点)      倉本(1安打......続きを読む»

7月21日 DeNA×巨人 試合結果

【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

3-3で引き分けました。 久しぶりの引き分けですね。 負けなかったと思う人が多いでしょうか。 勝てなかったと思う人が多いでしょうか。 相手先発が田口でしたので、負けなかっただけでもこちらとしては良かったと私は思います。ただ、中継ぎを大量に使ってしまいました。巨人もそこは同じですが、カード頭から苦しいですね。7回以降の中継ぎには感謝してます。 ロペスが冷えてきたかと思ったら5安打です。今年のロペ......続きを読む»

まさにイーブンだった引き分けではないか

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

お互いに助かった部分と、痛かった部分とがあり。 井納を、田口を使いながら勝てなかった、しかしお互い最低限の3失点に留め、負けずに済んだ。 リリーフを注ぎ込んだベイスターズ、マシソンとカミネロを跨がせたジャイアンツ。 不調と見られたロペスに当たりが戻ったベイスターズ、二番マギー打線が機能しているジャイアンツ…… ともあれ、これでまた最低限の「被3タテ回避」は達成。こういう事が継続できているのはやはり......続きを読む»

巨人戦と阪神戦の戦い方

【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

昨日は引き分けでした。 寝てしまって、後でチェックしましたが。 さて、ここからの5試合をどう戦うか。 後半戦に入ってから、先発陣は全員QSを達成してます。 だが、それはある程度計算できる人たちだから。 そして、ヤクルトとの3連戦でブレーキだったロペスが昨日は固め打ち。 去年なんかを見ても分かるように、不調に入ると長い印象があったが、今年はそれがない。 ただ、宮崎の3併殺が痛かった。 ......続きを読む»

勝ちに等しい引き分け

【Re:Baseball De:Baystars】

皆さんこんにちは 本日の試合は3-3の引き分けでした。 序盤に3点取られ、相手は防御率リーグトップの田口。この田口から3点取ってドローに持ち込んだのですから、勝ちに等しい引き分けと言っていいでしょう。 もちろん中盤以降何度かチャンスはありましたが、可能な限りの作戦は取りましたし、相手の巨人もかなり拙攻だったので助かりました。 宮崎が3併殺でしたが、元々コンタクト能力の高いゴロヒッターですから併......続きを読む»

がっぷり四つの総力戦、読売戦はやはりサヨナラのフィナーレが見たかった。

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 今日は久しぶりに定時で上がれたのに、同僚達との暑気払いで、久しぶりの飲み会。 今日からの読売戦は、好調読売だし、井納が投げるし、本当は早く帰ってゲームが見たいなと思いながらも、まあ付き合いで立川のか居酒屋へ。 生ビールをクビクビ飲んでいるうち、皆がハイテンションになり、会社の愚痴など出始める頃、そそくさとトイレへ。 スボナビを見ると、3-3になっていて、坂本のHRとロペスのタ......続きを読む»

荒波翔さんはベテランにもなれないのではないか@@@問題

【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

7月21日 横浜スタジアム(ホーム) De3-3巨人  勝てなかった…だよー。やっぱり、こういう試合で勝ち切らないと、優勝は遠いですよね。  リリーフ陣が踏ん張って迎えた12回裏、3対3同点。負けはありません。先頭打者の梶谷選手がサードエラーで出塁。流れは向いてきましたよ。そして、どうしてもランナー2塁に送りたいところです。次の打者は荒波選手。初球、ヒッティングの構えからバントしてファール。2球......続きを読む»

なぜベイスターズファームの試合日程はスカスカなのか

【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

 いつもより手短に問題提起したいと思います。 ※ 出典 スケジュール | 横浜DeNAベイスターズ  ベイスターズファームの7月と8月の試合日程は上記の通りです。  オールスターブレイクの7/12~16は良いとして、7/20~24の5日間がまるまる休みになってしまっている事と、8月は前半に休みが多い事が問題であると僕は思っています。  ちなみに8/14~17が空白になってい......続きを読む»

地力がついてきたように思う。

【星の集い】

後半戦スタートして、思った事は、地力がついてきたように思えます。 負けない野球ができていると思います。 大きな理由の一つが、先発投手陣の安定ですかね~! この投手なら、6回まで、2点ぐらいに抑えてくれる! そんな投手が増えてきたと思います。 中継ぎはまだまだ流動的で不安要素はありますが、山崎選手はここまでがんばってくれてると 思います。去年を考えると、夏場不安はありますが。。。 少々打......続きを読む»

今永昇太はまだ2年目なのだ

【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

目下の巨人戦、相手のローテは「田口!菅野!大竹(相性的にはマイコラスよりキツいです)!」というマジで今度こそベイスターズをぶっ潰すぞローテを組んできている様です。 対してこちらは裏ローテであり、濱口が抜けており失礼ながら井納以外は少々頼りない、こうなれば月曜に投げた今永を中5で投げさせれば…… などと考えていた私は浅はかだった様です。観ている側はつい目先の勝ちを欲しがってしまいます……こちらに......続きを読む»

マイコラス投手はベイスターズ戦回避

【YOKOHAMA lover】

オールスター後のヤクルト3連戦は、今永、ウィーランド、石田投手という”表ローテ”で臨み、第1戦の7回、加賀、田中、パットン投手の渾身の継投に象徴されるように、全力で3タテを狙い、そして狙い通り3つ勝つことができました。現在貯金5、2位阪神との差は0.5ゲームまで縮まりました。 しかし、その反動も想定しておかなければなりません。今日からの巨人戦は、井納、飯塚、久保投手の”裏ローテ”で戦わなければなら......続きを読む»

最高の後半戦スタート、しかし漠然とした不安がよぎる

【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

 これから書く内容は確証があるわけでもない、ただ一ファンとしての不安だ。      しかし同じ気持ちの方もいらっしゃるはずだと思い、あえて書き起こしたものである。      オールスターも終わり、いよいよペナントレースも後半戦へ突入。投手に疲れが出やすい夏場、某球団にとっては地獄のロードの季節でもある。とにかくセリーグの8月は荒れる。その中でも首位広島は安定の打撃力で他球団を圧倒。ジョンソンも帰って......続きを読む»

右腕トリオに期待!エースの意地と新星の輝きとベテランの妙味をそれぞれ見せて欲しい

【1998の感動をもう一度】

皆様こんばんは。 明日から好調読売との3連戦ですね。 菅野、田口らを相手にどんな戦いをするか楽しみです。 東京ドームでは3連勝しましたが、何とか二勝して欲しいです。 さて、昨日は先日観戦した鎌ヶ谷球場での観戦記を記事にしたのですが、朝チェックしたら、半分が保存されてなくて結局削除しました。 がっかりですが、気を取り直して、登板予定の右腕トリオの応援記事を書こうと思います。 まずは飯塚クン。 先......続きを読む»

表と裏 ローテと打線

【素人目線のベイスターズ考察】

今日が終わらなければいい そんな気さえしてしまう3連勝のあと 観戦連敗を7で止めたら今度はカード全部見に行ったら全部勝ち もれなくヤスアキジャンプ付き 思えば二年前に、同じカードの2戦目 8回から見に行って林投手が11点取られたことを思い出す まさに夢のような話・・・でも現実を見ると道険しである この3戦の先発は今永、ウィーランド、石田 井納を除けばまさにベスト だからどうしても次の週末のカードは投......続きを読む»

3タテの歓喜とヤスアキの憂鬱

【鯨の遺伝子】

後半戦最初のヤクルトとの3連戦。 大型連敗中の嫌な相手でしたが、結果は見事に3タテ。火ヤク庫を爆発させずに次に回すことが出来ました。 後半戦のスタートとしては申し分ない結果を得ることが出来ましたが、内容としては決して手放しに喜んでもいられないかなと感じました。 3試合とも状態の悪い相手だったので、何とか勝ちを拾えたという印象。 悪いときばかり名前を挙げて申し訳ないですが、その最たるものがヤス......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss