ジャンル別一覧:柏(J)

攻撃の形 - 2017 J1 第23節 vsガンバ大阪@吹田スタ

【太陽王発電観測所】

ガンバの選手の並びから、左サイドから攻めてくるのが想像できる。 ■ 柏の両サイドからの攻撃 立ち上がり、柏のロングパスをカットされピンチを迎える。ハモンは前線で、ユンソギョンも高い位置をとっており、左サイドがガラ空きになる。アデミウソン、ファンフィジョとダイレクトで繋ぎ、倉田のシュートは航輔がセーブ。 仕切り直して、レイソルのビルドアップ。前節清水戦の後半と同じく、大谷が最終ラインの真ん中......続きを読む»

試合後の独り言「下平監督のやりくり上手術」2017リーグ第22節 清水エスパルス1-4柏レイソル@IAIスタジアム日本平

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

中3日、真夏の連戦、最終戦。 しかも前節退場となったディエゴ、ボギョンがいません。 とは言え、手塚だけ怪我でいませんが、連勝時のメンバーはほぼ揃っています。 相手清水は3連勝、さらに上位セレッソを逆転で倒して勢いに乗っています。 さらに言うのであれば、首位鹿島と勝ち点7差があります。これ以上離されると優勝は厳しくなります。 テレ朝的に言うと、「絶対に負けられない試合」なわけです。 私は現地参戦......続きを読む»

優勝する為の得点力を優勝時と比較してみる

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

鳥栖戦では1点が遠く、得点力不足を感じました。 優勝するには確実にもう少し得点アップが必要になります。 それが、負け試合を引き分けに、引き分けを勝ちに持って行く決定的な差だからです! そーいや優勝した年の得点はどんなもんだったんだろう?と思ってちょっと調べてみました。 優勝した時は レアンドロ15点 TJ13点 ジョルジ11点 キタジ9点 工藤7点 10点、1桁後半とる選手が何人かいたんですよね......続きを読む»

試合後の独り言「苦しい試合でも確実に積み上がっているチーム力」2017リーグ第21節 柏レイソル0-0サガン鳥栖@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

最近はアウェイも参戦しつつ、ホーム皆勤賞が続いておりますが、お陰でゴール裏から見えないプレイを確認する為にダゾーンで見直しているのでブログが中々進みません。 と言い訳をしてみたりしましたが、単に文章能力が乏しくて遅いだけです。すみません!! ただ、私が書いてないセレッソ、ベガルタ、神戸、鳥栖を 太陽王発電観測所さんがしっかりと書いております! 太陽王発電観測所さんがの記事はしっかりと分析がされてお......続きを読む»

柏vs鳥栖(8月9日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

柏のチケットはローソンチケットで買うべきとを最近になって知りました。 マッチレポはコチラ     平日だったので、確実に電車に座ろうと、16時台に品川始発の常磐線に乗りました。必然的に夕食は柏で食べることになるのですが、こってりしたラーメンが食べたくて仕方なかったので、駅周辺徘徊の果てに、がっつり食べさせていただきました。     レイソルといえば、昔からヨネックス。お付き......続きを読む»

攻撃的に - 2017 J1 第22節 vs清水エスパルス@アイスタ

【太陽王発電観測所】

チアゴ・アウベスとチョンテセがいないと思って清水の怪我人情報を調べたら、結構多いのね。シーズン序盤に河合がアキレス腱断裂の重症、DFでは犬飼、前線は冒頭の二人に加え白崎と、辛い台所事情の模様。柏は、前節退場によりディエゴ・オリベイラとキムボギョンが欠場。 ■ 清水の左サイド 立ち上がりは、柏がビルドアップから、クリスや武富が顔を出して受けて、攻撃のチャンスを伺う。攻撃の狙いが見られたの......続きを読む»

両者仕損じる - 2017 J1 第21節 vsサガン鳥栖@日立台

【太陽王発電観測所】

手塚が怪我により長期離脱となった。手塚が抜けたボランチは、小林がスタメン。 立ち上がり、柏がボールを保持するも、アタッキングサードからの攻撃が思うように進まない。逆に、鳥栖が奪ってから、豊田・イバルボを起点に決定機をつくる。原川が二列目から飛び出し、小林のディフェンスを振り切って、サイドを抉ってからグラウンダーのクロス。ゴール前のおそらく1mもないところで合わせたイバルボのシュートは枠上に......続きを読む»

ポルディ不発 - 2017 J1 第20節 vsヴィッセル神戸@日立台

【太陽王発電観測所】

いつも同じ席で観戦するのだけど、この試合はあまりの人気から、その座席が取れなくて、いつもと違うところからの観戦となった。観る角度が変わると、いつものピッチの風景も新鮮に見える。試合前のアップから、やはりポドルスキを追いかけてしまう。シュート練習は思わず笑った。その凄さに。蹴ったなと思ったら、ゴールしたボールがネットから跳ね返ってきてた(笑)。シュートしたボールのスピードがエグい。こんなん撃たれたら止......続きを読む»

痛恨のドロー - 2017 J1 第19節 vsベガルタ仙台@ユアスタ

【太陽王発電観測所】

仙台に勝てない…。 この試合を含めて、6試合で2分4敗。今季に限っては、3月のリーグ前半戦、5月のルヴァンGL、そしてこの試合と、3試合連続で後半ATに失点。相性ではなく、仙台が柏をいつもうまく抑えている。しかし、なぜこうも、後半ATに失点するのか… ■仙台ペースの前半 立ち上がりこそ、勢い良くシュートまで行く攻撃があったものの、次第に仙台の守備に圧され、思うように攻められなくなる。......続きを読む»

失速 〜ハイプレスの陰に隠れている何か - 2017 J1 第18節 vsセレッソ大阪@金鳥スタ

【太陽王発電観測所】

本当に強いチームは連敗しない(キリッ そう思ってワクワクしていた数日前が、遠く懐かしい思い出のように感じる。金鳥の夏、日本の夏。 (追記) そういえばシーズン序盤に既に3連敗していました(テヘペロ レイソルは左サイドを大津とユンソギョンに。おそらくセットプレーの高さ対策だろう。武富のトップ下は、ディエゴ・オリベイラの投入を考えてのことかもしれない。 ■徐々にペースを掴んだ前半 ......続きを読む»

勝利の神は細部に宿る - 2017 J1 第17節 vs鹿島アントラーズ@日立台

【太陽王発電観測所】

負けてしまったので良い試合だったとは言い難いが、白熱した試合だった。 ■一進一退 序盤、柏の方が先にペースを掴んだように思う。柏のビルドアップに対し、鹿島はレオシルバが手塚について、中盤をダイヤモンドのかたちにして守っていた。その空いたスペースで受けようとする中川には永木がつく。すると、反対サイドの空いたスペースで武富がうまく受けて前を向き、ボールの前進を助けていた。 そして、2......続きを読む»

試合後の独り言「11戦ぶりの敗戦の味」2017リーグ第17節 柏レイソル2-3鹿島アントラーズ@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

負けたあとだったので筆が中々進みませんでした・・・ 中断期間が長くて勝利という薬もなく、仙台戦の前日にやっと筆をとりました。 さて、鹿島戦です。 今回は友人が来るまでヒマだったので、ビックフラッグの準備の手伝いをしてみました。 改めて見るとスタジアムにエンブレムがしっかりとついているのってカッコイイよな〜。 他のクラブは自前のスタジアムじゃないから難しそう。 準備したビックフラッグも出て......続きを読む»

試合後の独り言「噛み合った歯車」2017リーグ第16節 柏レイソル2-1コンサドーレ札幌@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

前節に引き続き、5バックのチーム、札幌とホーム日立台で試合です! 今回は友人を無理やり誘って、バックスタンドで観戦。 バックスタンドで人目を憚らずに応援していたら後ほど友人から、お前はゴール裏の席行かないとダメだろって言われました笑 札幌サポも遠いので結構きていました。 ビックフラッグも出てきて、準備万端です!!! ◼︎後手を踏んだ守備 前半PKで先制しますが、後半フリーキックで決められ......続きを読む»

辛勝 - 2017 J1 第16節 vsコンサドーレ札幌@日立台

【太陽王発電観測所】

ギリギリの勝利。記事タイトルを言い直しただけなんだけど、ホントにこれ。 ■相手守備5-3-2再び 立ち上がり、札幌は兵働が攻守において目立った動きを見せる。単純に都倉をターゲットに蹴ってくるだけでなく、繋いで攻める。札幌は、中盤の荒野・宮沢・兵働がしっかり受けられるので繋いで前進させられる。 さて、一方の柏は、相手の守備が5−3−2。スコアレスに終わった前節甲府戦から改善を見せたいとこ......続きを読む»

試合後の独り言「レイソルの弱点をついた戦い」2017リーグ第15節 ヴァンフォーレ甲府0-0柏レイソル@山梨中銀スタジアム

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

◼︎柏対策 まず前半、柏は5バック対策をとっていた印象でした。 固めている相手の裏をとろうという動きが多く、伊東、クリスが何度も裏を狙う。 そして、相手のカウンターでは輪湖とドゥドゥの競合いがかなり激しかったです。 流行りの言葉で言うのであれば、激しいデュエルでした。 そして甲府の2列のDFブロックの間で中川がボールを受け始めるとボールが回り始めます。 そこから始まる中央突破に加え、サイドから裏......続きを読む»

連勝ストップ - 2017 J1 第15節 vsヴァンフォーレ甲府@中銀スタ

【太陽王発電観測所】

結果から言うとスコアレスドロー。攻撃の部分で、自分たちの不得手なところを露呈した試合だった。 ■柏のプレスに対する甲府の手 甲府のシステムは3-5-2。中盤は兵働をアンカーにオリヴァーと新井をISHとしたかたち。攻撃は、ウィルソンとドゥドゥが裏を狙い、サイドに流れてボールを受けて、時間を作り、他の選手が勢い良く上がってくるというのが一つのかたち。 柏はいつもと同じように前から勢い......続きを読む»

試合後の独り言「前半の大一番!」2017リーグ第14節 柏レイソル1-0浦和レッズ@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

中断期間中に次節が始まる前に更新しようと思っておりましたが、間に合わず・・・。 なんとか下書きまではいったんですけどね。 直すとまた時間かかっちゃうので、甲府戦前の気持ちで読んでください(笑) 次こそは間に合うように頑張ります! さて、浦和戦!! 前半の大一番です! 日立台に参戦です! 今節は隣の芝を解放しており、子供がいっぱいでした。 こんなゴールターゲットもあって 子供づれには楽......続きを読む»

J1柏の快進撃について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】 日曜日に開催されたホーム浦和戦に1-0で勝ち、暫定首位から単独首位に変わりました。外出後、帰宅してからDAZN観戦でしたが、引き締まったいい試合でした。さすが浦和さん、足元も上手いし、全体的にプレーの質が高く、最初はかなり攻め込まれました。途中から本来のペースを取り戻し、155cmの中川選手の得点で先制。PK献上で同点かと思われましたが、代表合宿に合流している航輔選手の気迫で、興梠選......続きを読む»

8連勝! - 2017 J1 第14節 vs浦和レッズ@日立台

【太陽王発電観測所】

一つ一つの勝ちを積み重ねて7連勝。そして今節、浦和に勝って8連勝になった。 開幕戦は勝ったものの、そのあと躓いて降格圏まで落ちた。そこから立て直して…ここまで来た。 その立て直しも最初からバッチリハマっていたというわけではなく、修正をしながら勝ちを重ねたという感じ。 なんか最初からまとめ風な書き出しになったが、さて、試合はというと。 ■ 柏のプレスと浦和の攻撃 立ち上がりから柏が勢い......続きを読む»

試合後の独り言「逆転勝利でまた一歩成長」2017リーグ第13節 柏レイソル4-2大宮アルディージャ@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

さて、試合は次節の浦和戦まで終わってしまっていますが、忙しくて書けなかったので1つ前の大宮戦から。 日立台で埼玉勢2連戦、大宮とのホーム試合、今までの先制されると勝ちにもっていけない精神的な弱さは、この逆転勝利によってまた一歩成長したのではないでしょうか?! ◼︎杞憂に終わる夏場の失速の理由 これでとりあえず、発表されてる8月までデイゲームはありません。 太陽王とはいえ、太陽カンカン照りの中での......続きを読む»

試合後の独り言「死角なし!」2017リーグ第12節 ジュビロ磐田0-2柏レイソル@ヤマハスタジアム(磐田)

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

更新が遅くなってしまいましたが、見事に6連勝を飾りました! もうここまで来たら勢いだけではなく、本物でしょう! 去年も連勝はありましたが、夏場の疲れから失速感は否めなかったですね。 ただ、今節の暑さでも走りきって完勝です! 試合当日、現地は夏日だったらしく、相当な暑さの中、柏のサッカーで走りきって勝つのは気持ちいいですね! 去年も暑さで走れなくなって失速と言いますが、 実は走行距離自体は 201......続きを読む»

試合後の独り言「名将の匂い」2017リーグ第11節 FC東京1-2柏レイソル@味の素スタジアム

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

第11節は4位FC東京と5位柏レイソルによる上位直接対決でした!! しかもお互いに3連勝、4連勝と調子が上がっているチーム同士の対決です。 俗に言う勝ち点6の価値がある戦いです!! 試合結果は1-2でアウェーの柏が勝ちました!!! 下平監督が >FC東京さんの真ん中の骨格を打ち砕いていくようなサッカーを今日はできたと思うので、 と言っていた通り終始柏のペースでした。 後半のアディショナルで1......続きを読む»

試合後の独り言「確実な力」2017リーグ第10節 柏レイソル1-0セレッソ大阪@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

今節の日立台の観客動員数は、今シーズン最高の1万4015人でホーム開幕戦のガンバ以来のソールドアウトでした。 私は残念ながら行けませんでしたが、満員の日立台の雰囲気は選手の背中を確実にあと一歩押したことでしょう! 得点シーンでは、クリスティアーノが諦めずに走って詰め、相手のクリアがクリスの体に当たりゴールに吸い込まれていきました。 ボールが跳ね返った方向はラッキーだったのかもしれませんが、あと一歩......続きを読む»

試合後の独り言「レイソルの新しい色」2017リーグ第9節 アルビレックス新潟0-1柏レイソル@デンカビッグスワンスタジアム

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

GWの連戦、初っ端ということで新潟まで遠征してきました!! 新潟はとても良い所で、見所もたくさんあるし、市街地を離れると一気に田んぼになり、お米生産が盛んなんだなぁと思わせる独特の景色で県内を車で走っているだけで楽しかったです。 ビックスワンは初めてきましたが、良いスタジアムですね。 陸上競技場と併設ですが傾斜があるので見やすいですし 屋根も羨ましい そして大型ビジョンもあり アウェイか......続きを読む»

運も実力のうち  柏レイソル1-0セレッソ大阪

【弱くてもドラゴンズファン続けます】

サッカーの記事は初投稿となります。 あまりサッカーに関しては詳しくないので、非常に内容が薄っぺらいものになるのをご了承ください。 まず前半ですが、両チームプレスをきっちりしていくチーム同士ということとあり、決定機が生まれない試合でした。 その中では、セレッソが押していました。レイソルに関してはボールを自陣前→中盤→前線へとつないでいく形が作れず、開幕直後の調子がつかない時期と同じような形。レイソル......続きを読む»

手動でレイソル記事集め!2017年4月

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

私はコラムが好きなんです。特に 宇都宮徹壱さんのコラムが面白くて好きです。 コラムだけじゃなくて、レイソル関連のニュースを見たり、キュレーションサイトに「レイソル」のキーワードで登録して色々読んだりしています。 レイソル関連の記事読むの楽しんですよね(笑) ただ、全部を拾ってくれるキュレーションもないので、複数のキュレーションサイトに登録しているんですが、結構面倒なのでここに自分の備忘録もかねて......続きを読む»

試合後の独り言「完勝!!連勝!!!」2017リーグ第8節 柏レイソル2-0横浜FM@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

まずは皆さんご存知の通り、ホーム初勝利です!!! そして今季初の連勝です!! 今季、私はガンバ、清水、横浜と3回日立台に来ていたので、三度目の正直でした! ゴール裏の熱気はやっぱりいいですね〜! 最初の2度は友人と来ていたので勝利を見せれず残念でしたが、この横浜戦のサッカーなら来て楽しんでもらえるだろうなーと思い、早速友人を6月の浦和戦に誘いました! でも浦和か、、、、 いや!勝ちますよ!今......続きを読む»

試合後の独り言「背番号10の反撃の狼煙」2017リーグ第7節 ヴィッセル神戸1-2柏レイソル@ノエビアスタジアム神戸

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

仕事をなんとか終わらせて、自宅でパソコンでDAZNをつける。 パソコンとテレビをケーブルで繋げ、テレビの大きな画面でついた瞬間に家のWi-Fiが切れる。 なんでーーーー!? ネット業者に電話で問い合わせるも時間がかかり、とりあえずスマホからテザリングを飛ばして見ることに。(パソコンで色々つけてたせいか5ギガもとられました(涙)) そしてスタメンを確認するとまさかのディエゴがいない。ベンチにもいな......続きを読む»

データで見る前線の機能不全の原因、「選手の感覚と実際の数値ズレ」

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

2017年4月14日現在、リーグ第6節、ルヴァンカップは第2節が終わったところです。 リーグは2勝1敗1分、ルヴァンは1勝1分です。総得点8点、総失点9点です。 年間3位を目指している柏にとって納得のいく成績ではなく、苦しい時間を過ごしています。 一番の問題は得点力不足という前線の機能不全です。 厳密に言うと得点だけじゃないのですが、とにかく得点不足が際立っているので、ここでちょっと整理してみます......続きを読む»

Jリーグホームスタジアム訪問記~柏レイソル~

【This is J-league】

 育成の柏。ここ数年における実績で、今や柏レイソルの代名詞とも言えるほどのインパクトを残しているレイソルの育成。Jリーグにおいてこの育成に関して、レイソルの右に出る者はいない。そんな、“育成”という築きあげたスタイルで2011年シーズン以来の優勝を目指すレイソル。ホームスタジアムである日立柏サッカー場(以下日立台)に訪れ、サポーターへの取材を通して、下部組織出身選手がサポーターにもたらす心理的効果、......続きを読む»

試合後の独り言「ラストピース細貝」2017リーグ第6節 柏レイソル0-2清水エスパルス@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

桜が満開の日立台。 大谷300試合記念、今年は大谷のユニを買ったのでこれは行かねば!と思い日立台に参戦してきました! あいにくの雨でしたがキックオフとともに雨もあがり、こりゃ太陽王の降臨か! 前半はとても良い連動した攻撃と守備、広島戦を見ているようで清水を完全に圧倒しました。 こりゃいつ点が入ってもおかしくないのですが、なんとも最後の精度が悪い。 煮え切らない前半が終わり、後半開始。 疲れ......続きを読む»

試合後の独り言「監督の判断」2017リーグ第5節 サンフレッチェ広島0-2柏レイソル@エディオンスタジアム広島

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

今節は前節からスタメンを4人入れ替えた。 3トップ気味になっていた攻撃陣をディエゴのワントップに変えて、調子の上がらないクリス、単調になっていた伊東などをベンチスタートに。 中川がスイッチになって連動する前線からの守備がとても効果的だった。 ただ、これが通用したのは、相手が調子を落としている広島だからなのか、それとも大谷が開始1分で入れた先制点のおかげなのか、 それはまだ分からないけれど、泥沼の......続きを読む»

試合後の独り言「勝者のメンタリティ」2017リーグ第4節 柏レイソル0-1ベガルタ仙台@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

ブログを更新した気になってましたけど、メモに書き終わってたけで更新するのを忘れていました(笑) もう次節が終わってしまいましたが、せっかく書いたので前節の記事を更新します。 絶対に勝つ!!!リーグ3連敗だけはあってはならない!! そう思って、仕事を抜け出しスマホでDAZNをつけるとちょうど後半が始まりました。 この「どこにいてもJリーグが観れる環境」っていいですね。 まだ0-0の硬直状態でしたが......続きを読む»

連敗脱出!- 2017 J1 第5節 vsサンフレッチェ広島@Eスタ

【太陽王発電観測所】

■ 開始直後の先制 開始直後に大谷のロングシュートが決まり、柏が先制。 林のクリアが大津に当たっていたこともあり、広島からすれば不運だったと思う。 広島の前線の守備が厳しくないこともあって、柏のボランチが容易に前を向ける。 味方のフリーランによって相手の2列目の陣形を動かしスペースが出来る。そのため、バイタルに縦パスを通しやすくなった。 また、ディエゴにボールが収まり、ポストをこ......続きを読む»

2017 J1 第4節 柏レイソルvsベガルタ仙台@日立台

【太陽王発電観測所】

そんなに強く来ないベガルタ。けれども、前へ運ぶのに苦労するレイソル。 効果的な縦パスを入れられず、外から攻めざるを得ない。 ならばと、ディエゴとクリスの外国人パワーを前面にして仙台ゴールに襲いかかる。 が、ゴールを割るには至らず。 守備では、中川をはじめとした前線からの献身的な動きにより、ベガルタに思うように攻撃させていなかった。 後半序盤、ベガルタ永戸のロングスローや奥埜のダイア......続きを読む»

2017 ルヴァン杯 GS 第1節 柏レイソルvs清水エスパルス@日立台

【太陽王発電観測所】

リーグ2連敗でいろいろ課題が見えた中、迎えたルヴァン杯緒戦。 レイソルのスタメンは、 GK:桐畑 DF: 小池、中谷、中山、古賀 MF:ドゥドゥ、栗澤、手塚、大津 FW:大島、中川 小池、手塚、大島がどんなプレーをするか期待していた。 一方のエスパルスは、リーグ戦から10人を入れ替えた模様。 試合は、開始3分にペナルティアーク付近からの手塚のボレーが決まり早々に先制。 その後も、レイソル......続きを読む»

試合後の独り言「一歩前進、前を向いて進みましょう」2017リーグ第3節 川崎フロンターレ2-1柏レイソル@等々力

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

第3節のJリーグはしっかり力のあるチームが勝った。 そんな印象でした。 新加入選手が結果を出して若い勢いがあった横浜を王者鹿島が下し。 浦和が甲府をホームでしっかりと勝利。 大型補強のFC東京を前年勝ち点4位のガンバが3-0で撃破。 そして、前年勝ち点2位の川崎が、我らが柏レイソルに勝ち切る。 番狂わせなし、といったところでしょうか。 こうなるとtotoとか当てやすいんじゃないかな!? 私もt......続きを読む»

低レベルのメディアに意思表示

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

サッカーダイジェストWebの【蹴球日本を考える】スペインでは俊輔も対象に… Jにはない期待に応えられぬ選手への意思表示で我ら柏サポーターへの批判の記事がありました。 調子が上がらない鎌田に対して、南米やヨーロッパの観客なら確実に厳しい拒否反応をするので、柏のサポーターも意思表示をするべきだと言うのがこの記事のライターの主張だ。 南米やヨーロッパのサッカー文化はそうなのであろう。 サッカーでなくて......続きを読む»

2017 J1 第2節 柏レイソルvsガンバ大阪@日立台

【太陽王発電観測所】

ホーム開幕戦。チケット完売。舞台は整った。 (※記憶で書いているので、ガンバの選手の並びは違うかもしれない) ■ 今野のポジショニング まず目についたのは、ガンバ攻撃時の今野のポジショニング。前線左サイドに位置している。 ディフェンスラインに目をやると3バック。攻撃のシステムは 3-4-3 だった。 今野が右SBの鎌田を引き付けて、藤春を活かしたいんだろうなというのは分かった。 ......続きを読む»

試合後の独り言「完敗」2017リーグ第2節 柏レイソル1-3ガンバ大阪@日立台

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

ホーム開幕戦、完売のチケット、第一節の逆転勝利。 ここで勝てたら文句なしに上昇気流に乗れるような、そんな気さえする重要な1戦でした。 私も日立台に参戦! 友人を連れて行ったのでゴール裏ではなくAL席に。 ガンバサポもよく声が出てました。 肝心の試合の方はですが、まとめると気迫で負けた感じですね。 現地で見ている限りでは、ガンバの守備が安定していて、柏の良さが出なかった。 クリスもま......続きを読む»

試合後の独り言 2017リーグ第1節 サガン鳥栖1-3柏レイソル@ベアスタ

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

短い記事でもいいから更新を目指していこう!と思いまして、投稿させて頂きます。 やっとシーズンが始まりました! いやー、楽しいですね! 試合が始まる直前にDAZNに入って視聴したんですが、たまにカクカクするのとロードの停止がちょっとイライラしましたが、 安定すると気にならずに見れます。 1750円だし、これなら十分かな!?と思います。 さて、肝心の試合はアウェイで3得点と最高の結果になりました。 ......続きを読む»

2017シーズン予想

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

お久しぶりです。今年はもっと短い記事を沢山書いていこうと思います。 しっかり書きこもうと思うと、時間がとられ、気づけば次の試合が始まっていて・・・・ と書けないので、サクサク書けるサイズで書いていこうと思います。 今年もシーズンが始まりました!!いやー、楽しみですね!! しかも柏レイソルは初戦を勝って、現在首位です!!!(爆笑) さて、リーグが始まる前に順位予想をしました。(ホントに始まる前です......続きを読む»

ちばぎんカップ(2月11日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

泣くも黙る千葉ダービー。市立船橋vs流経柏くらい盛り上がるのです!そんなビッグマッチにデジカメを忘れという痛恨事。iPhoneのズーム全開で撮影したので、全体的にボヨヨ~ンとした画質になっております。 マッチレポはコチラ     ってなわけで、ちばぎんカップですよ。一部では“世界3大カップ”と言われております。だいたいの問題として、「世界3大〇〇」とか「日本3大〇〇」ってのは、三......続きを読む»

前年度的中率72.2%!2017J1リーグ順位予想~柏レイソル編 ~

【キキアシワアタマ】

攻守分業つながりで、今回は柏レイソル。 昨シーズンの柏レイソル順位予想 本企画での順位予想では、よっぽどな逸材でない限り若手の台頭を予測考慮しません。それができたらどこかのチームにスカウトとして養ってもらいます。 2016年の柏レイソルなんてのはその点では究極でした。誰が21歳の守護神の前で19歳と20歳のセンターバックコンビが躍動するとシーズン前に予想できたでしょうか。 柏も基本的には攻守分業......続きを読む»

海外で活躍する日本人プロサッカー選手「斉藤誠司」~後編

【海外で夢を叶えた日本人】

FOURFOURTWO BRAZIL株式会社です。第2回目は斉藤誠司選手の物語【後編】についてインタビューしていきたいと思います。 【プロフィール】 埼玉県さいたま市出身である。日本時代は柏レイソルに所属でユース日本代表選手でもある。16歳で単身ブラジルに渡り18歳でプロ契約を結び海外にて10年以上プロサッカー選手として活躍されている。 【—ブラジルでのプロデビュー戦について聞かせてください......続きを読む»

海外で活躍する日本人プロサッカー選手「斉藤誠司」~前編

【海外で夢を叶えた日本人】

FOURFOURTWO BRAZIL株式会社です。第1回目は斉藤誠司選手の物語についてインタビューしていきたいと思います。 【プロフィール】 埼玉県さいたま市出身である。日本時代は柏レイソルに所属でユース日本代表選手でもある。16歳で単身ブラジルに渡り18歳でプロ契約を結び海外にて10年以上プロサッカー選手として活躍されている。 【—なぜ、ブラジルへ行こうと思ったのですか?】 三浦知良選手......続きを読む»

2nd 第16節 柏レイソルvs大宮アルディージャ@日立台

【太陽王発電観測所】

前節の鳥栖戦に続き2連敗…。 鳥栖にホームで敗れて今節こそはと思っていたが、16、19分に立て続けに失点。 1失点目は、FKのリスタートから、家長が柏DFラインの裏に入れたロビングに、江坂が胸トラップしてシュート。集中力が欠けてた?気の緩み?…う〜ん…。ボールを見つつ戻りながら落下点を見極めて競り合う、という難しい状況ではあったが、そこまで及ばず、完全に頭を越されていた。 2失点目は、自分たち......続きを読む»

機を逸する -2nd 第14節 湘南ベルマーレvs柏レイソル@BMWス

【太陽王発電観測所】

■スタイルのぶつかり合い 曺貴裁監督のコメントにあるように、湘南は柏に対して自分たちのスタイルをぶつけてくる。そして、柏もまた、そんな湘南に対して自分たちのスタイルで向かい合う。 湘南の攻撃は人数をかけて、CBが大外からオーバーラップしてくる。守備では引いて守るのではなく、前からプレスをかけにくる。それに対して柏は、後ろから繋いで相手のプレスをかわして前線にボールを運ぶ。また、後ろからのロ......続きを読む»

2nd 第13節 柏レイソルvsヴァンフォーレ甲府@日立台

【太陽王発電観測所】

■保持すれどシュート少なし 序盤から柏が保持して、甲府が5-4-1で守る展開。 柏は幅を使い、甲府の中盤4枚を動かして、空いた間に縦パスを通してバイタルに進入したいという意図が見受けられた。そして、前が空いたときには、積極的にミドルを打つシーンも見られた。しかし、甲府DFが身体を張ってブロックする。 柏はボールを失っても切り替えを速くして、出来る限り甲府のカウンターの芽を摘み、再び自分達の......続きを読む»

【神戸vs柏】勝ちを確信した柏。スナイパーの一撃に足元すくわれる

【Jリーグ好き大学生のつぶやき】

試合総括 柏、神戸ともに前に強烈なブラジル人選手がいるので、お互いの攻撃陣がどれだけ相手の脅威になれるかがポイントと予想された。 逆に言えば、おれをお互いの守備陣がどれだけ抑えられるかというのも見どころだった。 前半は、柏がボールを支配する。 素早い攻守の切り替えから、すぐにボールを奪取することができていた。また、遅攻と速攻もチームとして使い分けられていた。 一方神戸は個人個人の役割があいまいで、......続きを読む»

2nd 第12節 ヴィッセル神戸vs柏レイソル@ユニバ

【太陽王発電観測所】

■上手く抑えた前半 序盤は互いにゴール前まで迫る。 柏の攻撃は大きく分けると二つ。 一つは、ロングパスを受けたウイングによる個の仕掛け、 もう一つは、ウイングが相手SBを釣り出し、空いた裏のスペースにSBやISHがインナーラップで走り込む。 23分の先制も、茨田が駆け上がって得たCKからだった。 先制後、神戸が積極的に奪いに来ないこともあってか、柏は後ろでボ......続きを読む»

2nd 第11節 柏レイソルvs鹿島アントラーズ@日立台

【太陽王発電観測所】

■中盤を飛ばす鹿島と繋ぐ柏 鹿島の攻撃時のシステムは5−1−4。永木or柴崎が最終ラインに落ちて、SBが高い位置をとる。 土居と鈴木が前線にポジショニング。金崎・赤崎を含めて4人が前線に位置する。 序盤、のみならず前半を通じて、鹿島は柏SBの裏へロングボールを蹴ってきた。 特に柏の左サイド。鈴木を使って収めようという狙いか。 しかし、ロングボールは鈴木の頭を越えてラインを割る回数......続きを読む»

2nd 第10節 川崎フロンターレvs柏レイソル@等々力

【太陽王発電観測所】

■予期せぬ立ち上がり 試合開始から5分まででレイソルが立て続けに2得点。 CKと、前線から相手陣内深くまで追いボールを奪って決めた。 川崎のシステムはエドゥアルド・ネットがDFラインに落ちてSBが高い位置を取る。 そして、エドゥアルド・ネット、大島、中村憲剛がボールによく絡んで攻め上がっていく。 川崎は中盤での斜めのパスを繋いでチャンスを作る。 中村憲剛が間で受けて前を向き、攻撃のリズムを生む......続きを読む»

浦安vs岡山セカンド(7月23日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

JFLとかの選手は7月下旬でもデーゲームが多いですから大変ですよね。ナイター照明を使用すると、経営的に厳しかったり、そもそも照明設備がなかったり、これが等身大の日本サッカー界です。 マッチレポはコチラ     柏の葉競技場といえば、千葉県がレイソルのために作ってあげた競技場。レイソルとしては別に「作ってくれ」と頼んだ覚えもない上に、スタジアムとしてのクオリティもアクセスの便利さも日......続きを読む»

柏vsG大阪(7月23日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

日立台のスタンドは、良くも悪くも「問答無用にレイソルのホーム!」感が強い。スタジアム全体に「レイソルの応援をしないヤツなんているわけないでしょ」って空気が流れていて、ワタクシみたいな中立派には少し居心地が悪かったりもしますが、それだけ地域密着が素晴らしいと言うことです。 マッチレポはコチラ     この日は柏の葉で浦安vs岡山ネクストを観戦してから日立台に移動しました。柏の葉競技場......続きを読む»

2016/7/2 柏レイソル vs アルビレックス新潟

【柏レイソルファンブログ】

久しぶりの更新です。試合もほとんどチェックしていましたし、日立台にも結構足を運んでいるのですが、記事は投稿していませんでした。もちろん、応援はしてました。 2ndシーズン開幕ということで、日立台に足を運びました。満員ではなかったですが、柏熱地帯も、ビジター席もたくさんのサポーターで、気合の入った応援が素晴らしかったです。雰囲気が良いと応援していて楽しいです。皆さんありがとうございました。特にクリ......続きを読む»

柏の19歳、中山雄太に期待しようぜ!!

【素人の戯言】

中山 雄太(なかやま ゆうた、1997年2月16日 - )は、茨城県出身のサッカー選手。Jリーグ・柏レイソル所属。ポジションはディフェンダー(CB, SB)、ミッドフィールダー(CH, DH)。 引用元:wikipedhia-中山雄太 URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E9%9B%84%E5%A4%AA 彼に注目し......続きを読む»

柏レイソルに貢献できること。

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

今回は試合のレビューではなく、柏レイソルがどうやったらもっと強くなっていくのか。 僕個人が柏レイソルに対して貢献できる事はなんだろうか。 レイソルが強くなる為に何が出来るのか。 そういった観点から記事を書いてみようと思います。 まずクラブが強くなる為にサポーターができる事とはなんだろうか。 それは応援に行く、ファンクラブに入る、グッズの購入、が主な事になると思います。 試合に人が入る事でクラブが潤......続きを読む»

2016/5/8 柏レイソル vs 川崎フロンターレ

【柏レイソルファンブログ】

最近、ブログはお休みしていましたが、レイソルの応援はいつも通り。休日の日立台の試合は、結構な頻度で応援に行っています。もちろん、先日のvs 川崎フロンターレ戦もです。 試合結果は残念でしたし、内容もレイソルファンとしては微妙なところでしたが、サッカー観戦の環境としては最高でした。 まずはとても良い天気でした。暑すぎず、寒すぎず。そして、満員の日立台。柏熱地帯は立ち見もたくさんでるくらいでした......続きを読む»

柏vs神戸(04/30)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

ゴールデンウィーク2日目の4月30日、常磐線に揺られて柏まで。 マッチレポはコチラ     日立台でのレイソル戦って、圧巻ですよね。もともとキャパがそれほど大きくないことの影響もあるんでしょうが、アウェイゾーン以外、ホント、黄色一色になる。ライトなワタクシにはなかなかハードルが高かったりもしますけど。     日本平同様、水撒きは人力です。清水戦のエントリで教えていただいたのですが、......続きを読む»

試合後の独り言 2016リーグ第8節 鹿島アントラーズ0-2柏レイソル@県立カシマサッカースタジアム

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

【リーグ戦 第8節】アウェーで鹿島アントラーズと対戦。 前半のアディショナルタイムでカウンターから伊東の見事なドリブルで1点、後半18分に中川のパスからまたもや伊東が抜け出して中に折り返し、武富が落ち着いて決めて2点目。 守備は完封して、敵地鹿島で快勝となった。 以下、別サイト引用 (ページ下部にリンクがあります) 【下平監督の的確な采配】 ◼︎下平 隆宏監督 >「まずセンターバックタイプ......続きを読む»

試合後の独り言 2016ナビスコ第4節 川崎フロンターレ1-2柏レイソル@柏

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

ナビスコ杯第4節 ホームで川崎と対戦。 リーグ戦と同様に高い位置で前からプレスをかける。相手陣内深くでのパスミスを誘い、そのミスからディエゴオリヴェイラが落ち着いて決めてディエゴの公式戦2連発! 前半を1-0で折り返すも後半セットプレーで同点にされる。 このまま試合終了かと思われたが、ロスタイムにカウンターからクロスを上げ、相手GKとDFが重なりミスして溢れたボールを武富のヘッドで勝ち越しゴール! ......続きを読む»

ナビスコ川崎戦

【柏レイソル応援記(仮)】

初めてブログを書きます。柏レイソル好きなサラリーマンです。仕事で書いているわけではないので備忘録的な位置付けですが、読んでいただける方に思いが伝わるものを書きたいです。 さて、 ナビスコカップ、ホーム川崎戦をテレビ観戦しました。 結果 2―1勝利。 得点者 ディエゴ・オリベイラ、武富孝介(柏)、エドゥアルド・ネット(川) 雑感 両者ともに直近のリーグ戦から大幅なメンバー変更をしていたこともあ......続きを読む»

いくらいい劇場でも三文芝居では観客はすぐに来なくなる。

【毎日フットボール】

 2016J1第7節ガンバvs柏が市立吹田スタジアムで行われた。やっとスタジアムに駆けつけることができた。15日まだ地震の大きさがわからなかった、またこんなにも続くとは思ってもみなかった夜である。 金曜のナイトゲーム、残念ながら客足は伸びなかったが、スタジアムの中はよかった。いいチケットをとるために妻がガンバのファンクラブに入り、バックスタンドの前から9列目、臨場感あることこの上なし。しかも......続きを読む»

試合後の独り言 2016リーグ第7節 ガンバ大阪0-1柏レイソル@吹田S

【柏から世界へ 〜ビッグクラブへの道〜】

第7節アウェーでガンバ大阪と対戦。 前半を0−0で折り返し、後半26分に後半から入った田中順也のパスをディエゴオリヴェイラが決め、そのまま逃げ切った。 【チームが戻った】 今週のJリーグタイムでも言われていたが、監督が変わってチームが戻ったという感じ。 メンデス前監督の時は監督のやりたいサッカーと選手が効果的だと思うサッカーが一緒ではなかったが、今は監督、選手皆がやりたい事、やるべき事を理解して共......続きを読む»

VS鳥栖ベアスタ

【太陽王の僕】

 今日はアウェー鳥栖戦。ナビスコ挟んでのリーグ戦です。レイソルは相変わらずの勝ち星なし。さすがにそろそろ勝ってもらわないと。対する鳥栖も波に乗り切れていないようです。鳥栖らしい堅守がまだまだみたいです。レイソルはさらに失点していますが。。。 元レイソルの藤田の息子、そっくりでかわいい(笑) スタメンです。  ディエゴ      ディエゴ小林 武富大谷小林TJ    武富秋野大谷TJ   秋野 輪......続きを読む»

2016/3/27 柏レイソル vs ベガルタ仙台

【柏レイソルファンブログ】

ナビスコカップ予選、今シーズン初勝利を求めて、日立台に応援に行きました。少し寒さは感じましたが、思っていたよりは良い天気でした。子供たちは、サブグラウンドで行われているナビスコのイベントに参加し、楽しくボールを蹴り、お菓子を貰ってきました。残念ながら、入場者数は今季最低でした(おそらく、ですが)。観戦が終わった後の混雑具合の無さが嬉しいやら、悲しいやらです。 試合は、0-1の惜敗。前半を無失点......続きを読む»

VS新潟ビックスワン

【太陽王の僕】

 今日はアウェー新潟戦。昨シーズンレイソルの監督だった吉田達磨監督の新潟です。レイソル同様まだ波には乗り切れず攻撃陣は調子よさそうなものの守備の面でまだ不安が残っているようです。現在得点ランキングトップのラファエルシルバが出場停止なのは好材料。対するレイソルは開幕からいまだに勝ち星なしで今節が新生下平レイソルの初戦になります。システムやスタメンはどうなるのか。  試合前新潟吉田達磨監督、北嶋コーチ......続きを読む»

頑張れ、ミルトン・メンデス!

【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

ミルトン・メンデス・柏レイソル監督、ブラジルにいる両親が体調不良のため辞任。 最後の試合となったJ1 柏レイソルージュビロ磐田の試合後に、電話をかけた。 小生は、開口一番、こう尋ねた。 「あなたの辞任は、サプライズの一言。なぜ辞任しなければいけなかったのですか?」 ミルトン・メンデス監督は、以下のように語った。 「もし可能ならば指揮を執り続けたかった。でも、癌で苦しむ父親を看病しなけ......続きを読む»

メンデス監督辞任と下平監督就任

【柏レイソルファンブログ】

ジュビロ磐田戦終了後、メンデス監督の辞任が発表されました。「母国ブラジルに住む両親が体調不良」というのが主な理由ですが、「事実上の解任」という報道も多いです。 ただ、ここまでリーグで2敗1分で成績が良くないとはいえ、昨年の前半シーズン、負け続けている時にも我慢したこと、吉田監督交代の際も「成績を含めた総合的な判断」と理由を濁して説明していたことを考えると(成績以外の理由もあっての交代でした)、......続きを読む»

VS磐田

【太陽王の僕】

 今日はホーム磐田戦。名波監督は好きです。なぜかというと解説者時代の何年か前に優勝チームとしてレイソルを予想していたからです。それ以来応援させていただいてます。ちなみにレイソルはその年は優勝していません。そんな名波監督率いる磐田ですが前節なんとあの浦和を撃破。さすが名波監督。磐田には大宮ドラガンムルジャに続いて別格のジェイ選手がいます。解説者の方々いわくジェイの出来によって磐田の順位が左右されるとの......続きを読む»

「失った機能を数えるな、残った機能を最大限に生かせ」

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

パラリンピックの創始者グッドマン博士の言葉です。 とりあえずそんな気分です。 スタートアップミーティングから期待は高まるばかりでしたが 千葉、浦和、大宮と近郊勢に負け続け 満を持して磐田戦に臨むも引き分け。 先制されるも後半2枚替えで逆転というネル時代のいい思いを彷彿させるような攻撃に数十分興奮させて頂きました。 終了直前にあれだけ人がいる中、後ろからの飛びだしに気付かず失点しスタジアムの雰囲......続きを読む»

レイソルコアサポーターの皆様へ(2016/3/12)

【柏レイソルファンブログ】

レイソルコアサポーターの皆様へ いつもレイソル及びサポーターの応援サポート、ありがとうございます。コアサポーターの皆さんのおかげでスタジアムに行くのが楽しく、間違いなく、観戦回数が増えています。子供はSS席よりも柏熱地帯の方が好きです。一緒に応援するのが楽しいんだそうです。安くすんでありがたい反面、今日なんかは席取りの時間が寒くて泣きそうでした。 けれど、今日のジュビロ磐田戦は、ダメでし......続きを読む»

VS大宮79.5

【太陽王の僕】

 今日の対戦相手は大宮。J2優勝で昇格。ムルジャは別格らしい。なんといっても開幕戦Jトップクラスの東京に勝利しています。強力な攻撃陣を堅守で跳ね返した。評判も良いですよね。レイソルは浦和との敗戦を生かせるのか。スカパー観戦です。チケットは完売したみたいですね。  ディエゴ 大津バラエデ タニ秋野 ワコ中谷増嶋IJ  中村 サブ 桐畑 鎌田 大田 小林 武富 山中 TJ  スタメンは開幕と一緒......続きを読む»

2016/3/5 柏レイソル vs 大宮アルディージャ

【柏レイソルファンブログ】

寒い中、スタジアムに足を運んだレイソル及びアルディージャサポーターの皆様、お疲れ様でした。スタジアムは満員でした。レイソルは2週連続で素晴らしい雰囲気の中でプレイでき、嬉しい事です。結果がついてこなくて残念でしたが・・・。 試合はというと、序盤に2得点をあげたアルディージャがそのまま逃げ切りました。0-2での敗戦です。 前半15分の時点で0-2となってしまい、これで勝負あり、でしたね。しっか......続きを読む»

明日(今日)は大宮戦

【柏レイソルファンブログ】

明日は、運命のと言ってもいいかもしれません、大宮アルディージャ戦です。アルディージャに勝てるかどうかで、前半戦の結果がある程度見えてくるような気がするからです。 お天気もいいようですし、大宮アルディージャのサポーターが多数観戦にいらっしゃるはずで、とても良い雰囲気のスタジアムになるのではないでしょうか。残念ながら私は参戦できませんが、行ける方は頑張って応援&試合を楽しんできて下さい。 相手の大宮ア......続きを読む»

【浦和戦】まだまだな感じでした。

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

祝開幕! 開幕戦が浦和ってさ。 2016シーズンの初っ端は浦和レッズが相手、数年前は集客を見込めるお相手なので国立開催でしたが、ここ数年は日立台に響き渡るレッズサポの声も慣れたものです。 ただでさえ集客が見込める開幕戦に、チケットが足らなくなる浦和とは日程くんも罪なことをしてくれるものです。どうせなら新潟とかが良かったですね。 昼時の開催ならちょっと早めの開場もありかと 開始3時間以上前には......続きを読む»

2016/2/27 柏レイソル vs 浦和レッズ

【柏レイソルファンブログ】

開幕戦、結果はレイソル1-2レッズで、残念ながら敗戦となりました。現地観戦してきました。思っていたよりも風が強く、とても寒かったですが、応援頑張ってきました。 スタジアムは満員でした。アウェイ席のレッズサポーターも気合が入っていて、お互いの応援が凄い音量。とても良い雰囲気でした。毎試合これだけの入場者数があると、素敵です。 ただ、レイソルの応援としては、ちょっと違和感もありました。グッズを着用で......続きを読む»

明日Jリーグ開幕&ちばぎんカップ

【柏レイソルファンブログ】

いよいよ、明日、Jリーグ開幕です。お天気も良いようで何よりです。 先々週の話になりますが、『ちばぎんカップ』にも行ってきました。出発時点では、結構な雨が降っていたし、強風により電車も遅延で、びしょ濡れでの観戦も覚悟していましたが、試合開始前には雨はやみ、ハーフタイム前には太陽がしっかりと出て、水撒きでは虹も見えたりしました。 厳しいコンディションの中、会場に足を運んだたくさんのレイソル及びジェフサ......続きを読む»

どこよりも当たりやすい!2016J1リーグ順位予想~柏レイソル編~

【キキアシワアタマ】

吉田監督つながりで今度はレイソル編です。 〈主な入退団〉 IN GK 中村 航輔 ←福岡(レンタル復帰) DF 鎌田 次郎 ←仙台 MF ジュリアーノ・ミネイロ ←チョンブリ/タイ MF 手塚 康平 ←オネハンガ スポーツ/ニュージーランド FW 伊東 純也 ←甲府 FW ディエゴ・オリヴェイラ ←ノボリゾンチーノ/ブラジル※昨季はポンチプレッタ/ブラジルにレンタル FW 田中 順也 ←スポル......続きを読む»

VS浦和開幕戦

【太陽王の僕】

 とうとうやってきました開幕戦。相手は人気、実力Jトップクラスで今シーズンの優勝候補浦和レッズであります。相手にとって不足なし。 昨シーズンは日立台で無敗記録を止められるかと思った矢先アディショナルタイムで同点に追いつかれ試合終了。セカンドステージは優勝圏内で対戦。ここで勝って勢いをつけたいところ、5バックで浦和の猛攻をしのいでいたのですが最後に高木のシュートがゴール前でイレギュラーのバウンドで不運......続きを読む»

ちばぎんカップ

【太陽王の僕】

 2月14日ちばぎんカップが2年ぶりに開催されました。昨年はレイソルがACLのプレーオフのため開催されず。今年はフクダ電子アリーナで、天気が心配されましたが風が強く、交通機関の乱れがあったようですが、晴れて気温も22度まで上がりよかったです。 私は仕事のためにスカパーで録画観戦です。  ジェフは同じ千葉県として仲間でありライバルでもあります。サポータとしては新しいところでいえばタオマフ事件があり負......続きを読む»

明日はちばぎんカップ

【柏レイソルファンブログ】

いよいよ、明日はちばぎんカップです。雨の予報があるのがちょっと気になりましたが、チケットを購入しました。現地で応援したいと思います。 新チームがどんなサッカーをするのか、今から楽しみです。ジェフもかなり良い感じでトレーニングマッチを積んできているようですから、結構ガチガチな戦いになるのではないでしょうか。 ちなみに、「今シーズン、レイソルは降格の可能性もあるんじゃないか」そういう予想をする人もいる......続きを読む»

2016始動

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

いやぁ久しぶりの投稿です。 去年はブログ書いてるとネガティブな発言が多くなってしまい 投稿するのをやめること多々ありまして疎遠状態に・・・ 今年も色々ありますが、明日からチームも始動! じゃあ新たな気持ちでブログも再開ということにします。どーぞよろしく スタートミーティングも3階席ですが当選しましたので たっぷり楽しみたいと思います。 とりあえず明日の朝イベント「ミルトンと遊ぼう」に参加......続きを読む»

2016 柏レイソル

【太陽王の僕】

 初めまして。柏レイソルが好きなおっちゃんです。サッカーはど素人でファン歴も浅いので気軽に読んでください。  先日、スタートミーティングが行われました。主力がごっそりといなくなってしまい、寂しくなってしまいましたが今期の柏レイソルが始動しました。 メンデス監督の明るい性格で私の心も明るくなりました。メンデス監督のおかげで「モチベーター」という言葉を知りました。人にやる気をださせてくれる人みたい......続きを読む»

柏レイソル 2015シーズンを終えて

【柏レイソルファンブログ】

2015シーズンが終わりました。 選手、監督、チーム関係者、サポーターの皆様、お疲れ様でした。最終戦である天皇杯準決勝を含めて、5-7試合くらい、現地に参戦しました。残りはTVで応援したり、できなかったりでした。獲得タイトルがなかった&勝った回数が少なかったので、物足りなかった面はありましたが、なんだかんだで、サッカーを一年楽しませてもらいました。本当にありがとうございました。 今年のレイソルは......続きを読む»

工藤壮人選手のMLS移籍について

【蹴球ふつつか】

柏レイソルの工藤壮人選手がバンクーバー・ホワイトキャップスへ移籍しました。現在欧州以外で盛り上がっているリーグは、恐らく中国超級リーグとメジャーリーグサッカー(以下MLS)でしょう。でも、工藤選手が移籍するバンクーバーはカナダですよね?MLSはアメリカのリーグですよね?という疑問をもたれる方もいると思われます。そこで、工藤選手が移籍するバンクーバー・ホワイトキャップスとMLSの紹介をします。 ......続きを読む»

頑張れ、近藤直也選手

【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

13年間柏レイソルで最高のプレーを披露した近藤直也選手の柏レイソル退団が発表された。 昨年、今年と怪我の影響で試合出場数が少なかった。柏レイソル新監督ミルトン・メンデスの下で、どのように変貌を遂げるのか興味深かっただけに、ショッキングなニュースであることは否定できない。 オフト監督が指揮を執っていたときの浦和レッズで通訳を務めていた手島淳氏が、近藤直也選手について以下のように語っていたのが......続きを読む»

柏レイソル アルビレックス新潟 小感

【ニコ小鉢その2(仮)】

●柏レイソル 吉田達磨監督のサッカーは、柏ユースのスタイルと全く同じです。それは当然と言われればそれまでですが、しかしそれが「ポゼッション」という大括りな部分だけではなく、細部にまで渡っていることが筆者には気になりました。 吉田サッカーのキーワードは、恐らく「リターン」。ホルダーに一人の選手が近づいて、楔の型でパスを受けて、リターンで戻して、ホルダーの選手をフリーにする。2人のCBとアンカー(秋野央......続きを読む»

Jリーグアンダー22選抜とは本当に意味がなかったのか?

【北海道とともに世界へ(J2発関東経由東南アジア行き)】

正確には「意味がなかった」ではなく「効果が小さかった」と捉えるべき。 そもそもJリーグアンダー22選抜とは何のために設立されたのか。 これについては、設立に携わった当事者の言葉を改めて振り返るべきだろう。 宇都宮徹壱さんによる原博美さんへのインタビュー記事がよいかな。 【宇都宮徹壱】 「若手育成の場」として語られるJ3 “U-22選抜チームありき”への違和感 http://sports.yah......続きを読む»

柏の監督人事に見え隠れするきな臭さの周辺をウロウロと…

【4thDayMarketCenter】

■官僚的思考法 レイソルの吉田監督が事実上の解任だそうで。新たに招聘されることとなったミルトン・メンデスさんは、ブラジルの名将だとか。監督に限らず人事というのは、結果論でしか語れないものですから、吉と出るか凶と出るかは来シーズンの戦いぶりをみるまでわかりません。ただ、どうも、この監督交代には、フロント界隈のあまり宜しくないパターンが背景にありそうな気がしないでもない。     歴史を紐解くと、名門......続きを読む»

柏レイソル新監督ミルトン・メンデス!

【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

ミルトン・メンデス氏が、メディアにて柏レイソル新監督候補と報道されています。 ミルトン・メンデス氏は、アミーゴ! 2008年から知っており、一緒に食事に出かけ、様々なことをフランクに話します。 当時は、中東カタールSCのサテライトの監督をしていました。 「Jリーグのチームを指揮したい。J1で優勝をしたい!」 カタールの中堅チームのサテライト監督ですから、「無理」とダメ出しをしました。 ......続きを読む»

「ACL取材はやめられない」 Photo 徳丸篤史

【AJPS オフィシャル・ブログ】

フォトギャラリーをAJPS公式サイトで見る ...続きを読む»

【J1リーグ・6】2013 Jリーグヤマザキナビスコカップ・決勝/浦和レッズ vs 柏レイソル/2013年11月2日/国立競技場(東京都新宿区)

【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

私が初めて国立競技場で観戦した試合は、2013年のナビスコカップ決勝だ。2014年5月で閉鎖されることがすでに決定しており、これが国立競技場で開催される最後の決勝戦だった。取り壊される前に一度でいいから国立競技場でサッカーを見ておきたいと思い、わざわざ東京までやって来た。 試合開始30分前に到着。競技場の周辺は人が多い。バックスタンド側の青山門から入場した。見上げるように巨大なスタジアムだ。......続きを読む»

広州恒大キャプテン「柏戦ゴールは練習通り」

【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

サッカーコラムニスト松本忠之が「まるでコネクティッドカー」と表現した天才フットボーラー中村祐人 ACLベスト8 柏(ホーム)1-3広州恒大 柏にとってはいきなりのオウンゴールが試合の流れとメンタルを大きく左右させたことであろう。ある選手は「流れの中からゴールを取られていないこと」を敗戦中のわずかな成果として挙げていた。確かに、広州は流れの中からはゴールできなかった。しかし、それは想定内でもあった......続きを読む»

2015/8/25 柏レイソル vs 広州恒大

【柏レイソルファンブログ】

現地で観戦しました。頑張って応援しましたが、結果は1-3の惨敗でした。何はともあれ、選手の皆さん、サポーターの皆さん、お疲れ様でした。楽しい時間を過ごさせてもらいました。負けて帰宅の疲れは倍増ですが、これもサッカーなわけで、これがあるから次の勝利がより嬉しかったりもするわけで。また観戦に行きたいと思います。 広州恒大のサポーターの皆様もお疲れ様でした。爆買いの影響もあるのでしょうけれど、アウェイ......続きを読む»

まあ落ち着こう 柏vs広州恒大

【毎日フットボール】

 ACL広州戦、残念ながら柏は1-3の敗戦に終わった。次のアゥェイで3点以上取って2点以上離さなくてはいけなくなった。ただまだ次に進むチャンスはわずかであるが残されている。悲観していてもしかたがない。相手は2年前よりは弱い。あの時程の実力差は感じられなかった。  1点目は鈴木のOGである。FKからのクロスに漫然とヘディングに行っているようにみえる。鈴木は湘南戦でも安易なプレーでOGをしている。彼は......続きを読む»

敬意?皮肉?スコラーリ発言「柏は一番強かった」

【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

サッカーコラムニスト松本忠之が「まるでコネクティッドカー」と表現した天才フットボーラー中村祐人 ACLベスト8 柏(ホーム)1-3広州恒大 結果、内容ともに完勝だった。中国王者が格の違いを見せつけた。アウェイゴールを3つ奪って2ndレグを迎えることができる。 にもかかわらず、スコラーリ監督は試合後に語った。「今 まで広州の監督として12試合指揮したが、柏が一番強かった」 この発言に、様々な憶......続きを読む»

2015/8/16 サンフレッチェ広島 vs 柏レイソル

【柏レイソルファンブログ】

アウェイ、そして、試合開始時点でJ1首位の広島相手ということで、厳しい試合が予想されましたが、見事勝利を得ることができました。応援に行ったサポーターの皆様お疲れ様でした。また、広島の選手、サポーターの方々も、会場を盛り上げてくれて、ありがとうございました。 私は、テレビでの観戦でした。 結果は3-0で圧勝。やはり先制点が大きかったですね。お互いのプレイスタイルからして、先制点を取った方がより大き......続きを読む»

2015/7/29 湘南ベルマーレ vs 柏レイソル

【柏レイソルファンブログ】

0-3で敗北。結果も内容も完敗でした。とはいえ、内容的にはこれまでの3連勝と大差がないというか、なんともやるせない負け方となりました。TV観戦の私がこんなにがっくりしているのですから、現地に応援に行ったサポーターの皆さんは、なおのことでしょう。 前半に関して言えば、太田選手のミスが多かったですね。それから、今井選手がうまく適応できてなかった感がありました。プレイが悪いというよりは、息が合ってない、......続きを読む»

工藤選手クラブのJ1最多得点記録

【柏レイソルファンブログ】

久しぶりの投稿です。 今シーズンになってほとんど書いていませんでした。 柏レイソルのエースNo.9を背負う工藤選手が、北嶋選手を抜いて、クラブのJ1最多得点記録を更新しました。昨シーズンから、ポジションに変わり、苦労しながらも地味に得点を重ねてきた結果です。おめでとうございます! 工藤選手と同じくらいに自分のクラブを愛し、より上手い選手はたくさんいます。工藤選手に関して言えば、他クラブのエースと......続きを読む»

【2015中超リーグ第17節】広州恒大VS重慶力帆 〜先日のブログには大きな誤りがありました〜

【生意気くらいが丁度いい。】

つい先日、リーグ戦は不調で柏に勝機は十分あると自信満々にお伝えした広州恒大。 ところが先日迎えたリーグ折り返し後のホーム戦で強烈な7発を沈め快勝しました。 もちろん8月25日開催のACL準々決勝までは時間がありますが。。。 今期昇格した重慶力帆とは明らかな実力差がありそうですが、先日苦戦した石家庄永昌が8位で勝ち点が2差なので、単純比較はできないものの侮れない中堅から下位のチームといった位置づ......続きを読む»

【2015中超リーグ第16節 石家庄永昌VS広州恒大 ~ACL準々決勝前分析~

【生意気くらいが丁度いい。】

またまた時間があってTVを見ていたら広州恒大の一戦を観戦しました。 それにしても、日本のメディアは本当にACLには悲しいほど扱いがしょぼい。 というか、JFAのホームページを見られたことがあるでしょうか。 誰がどこのチームと対戦して、誰が先発、ベンチに入り、どんな戦いだったのか、ほとんど情報がありません。 これは本当に声を大にして言いたいです。 愛用しているスポーツナビでも、タブレットだと......続きを読む»

なぜブンデスリーガの人気は伸びているのか その要因

【ベルリンからブンデス観察】

世界一の平均観客動員を誇るブンデスリーガ1部だけでなく、2部以下でも観客動員を増やしているドイツの各リーグについて前回書いた。先週末行われた5部北東リーグ所属、ロック・ライプチヒのホームゲームには4400人以上のファンが集まった。注1)なぜブンデスリーガの人気はこれほどまでに高まっているのか、読者のみなさんにもその要因について考えていただきたかったのだが、今日はその大きな要因の一つである立ち見自由席......続きを読む»

【広島戦】今年も試される時期到来ですね

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

負けた時はネガティブな発言が出てしまうので気持ちよくホームで勝ったことを書きたいなぁと思いつつ気がつくと1stシーズンが終わりそうです。 見る、へこむ、書きかけてやめるという徒労パターンではいかんと思い久々更新。 ホームは残すところあと1試合、相手はACLで共に決勝を勝ち上がったガンバ大阪 ACLを共に勝ち上がってしまったので、ACLの日程が大変なのでリーグ戦はちょっと・・・との言い訳は通用しない......続きを読む»

J1 第10節 柏レイソルvs浦和レッズ@日立台

【太陽王発電観測所】

日程をずらしたACL出場チーム同士の対戦。ホームに迎えるは首位独走中のレッズ。 ■ 開始早々の失点から… 試合開始してすぐにレッズが先制。左サイド宇賀神からDFラインの裏に入れたパスに梅崎が飛び出してGKをかわしシュート。公式記録では1分だった。 レイソルは気を取り直して反撃に出る。レアンドロが大谷に落としてクリスティアーノが裏に抜ける良い形の攻撃が見られる。 そして、6分に西川のキック......続きを読む»

J1 第14節 FC東京vs柏レイソル@味スタ

【太陽王発電観測所】

水原三星を倒しACLベスト16を突破した。この勢いでリーグ戦も、とはいかない今季のレイソル。アウェイでのFC東京戦。FC東京はリーグでは3連敗と近頃うまくいっていない様子。レイソルは中川が初先発。 ■前半 序盤、中川が間で受けて前を向き、レイソルに良いリズムを生む。 FC東京は太田のクロスからチャンスを作る。 FC東京の守備は4-4-2。 米本がアクシデントで交代。 レイソルは大谷と......続きを読む»

J1 第11節 モンテディオ山形vs柏レイソル@NDスタ 〜完敗〜

【太陽王発電観測所】

レイソルは中8日でフレッシュだったのだが、結果は0-3の完敗。 ■前半 ピッチには風が強く吹いていた。風下で勢いのある山形。山形の守備は、レイソルの前線を警戒してか5バックの形をとり、レイソルのSBにボールが入った時に、WBが猛然とプレスにいく。レイソルは繋いでいこうとするも前に進めないため、エドゥアルドのロングボールを多用。しかし前線でおさめられない。 一方、山形は栗澤が出て空......続きを読む»

J1 第12節 柏レイソルvs湘南ベルマーレ@日立台

【太陽王発電観測所】

ACLの日程により第12節唯一の平日開催となった試合。レイソルは前節完敗した山形戦から立て直せるか。レアンドロをベンチに置き、トップに工藤、右SBに藤田を起用した。 ■ 前半 立ち上がりから前からプレスにくる湘南。狙いはレイソルのビルドアップの縦パス。 攻撃ではファーへのクロスを折り返して合わせる、というのを狙っているようだった。 序盤レイソルはクリスティアーノが1人でゴリゴリ抜い......続きを読む»

アウェイの地で逆転勝利。しかし守備と試合運びには大きな課題有り。 【 水原三星ブルーウィングス vs 柏レイソル 】

【FCKSA66】

試合 :ACL 決勝T 1回戦 1st.leg 開催日:2015年5月19日 結果 :柏レイソル勝利 スコア:「2-3」 得点者:ヨム・ギフン 茨田陽生 レアンドロ(PK) レアンドロ チョン・テセ 【 柏レイソル 】 FW 武富孝介 レアンドロ クリスティアーノ MF 大谷秀和 栗澤僚一 MF 茨田陽生 DF 輪湖直樹 エドゥアルド 鈴木大輔 キム・チャンス GK 菅野孝憲 ......続きを読む»

J1 第8節 川崎フロンターレvs柏レイソル@等々力

【太陽王発電観測所】

先制されたけど、前半終了間際の武富のゴールが大きかった。 後半の序盤、工藤が立て続けに得点したのも効いた。 守備でも憲剛と大島に自由にさせなかったし、キム・チャンスがレナトをよく抑えてくれた。途中から縦をあからさまに切ってカットインをさせるようにディフェンスしていた。それもそれで怖かったが、左足ほどの脅威はなかった。 クリスティアーノを投入してダメ押しの4点目と采配も当たった。 などなど色々あ......続きを読む»

J1 第9節 柏レイソルvs清水エスパルス@日立台

【太陽王発電観測所】

日差しはあるが風が吹いてて涼しく、観戦日和だった。 前半の入りは、個人的にどこかふわっとした印象を受けた。ボールは保持するが、チームとしてどこをどう狙っていくのか探るボール回しの時間が多かった。そうこうしているうちに失うこともあった。 チャンスもあるにはあったのだが、相手ゴールを脅かすシーンはほぼなかった。 後半はほぼレイソルペース。カウンターや低い位置で奪われてピンチもあったが、レイソル......続きを読む»

J1 第7節 サガン鳥栖vs柏レイソル@ベアスタ

【太陽王発電観測所】

昨季はACL出場権を争った両チーム。今季、鳥栖は上位につけているが、レイソルは振るわない。レイソルのスタメンは山中・秋野・太田がリーグ初先発。 ■前半 ▼保持するレイソル、狙う鳥栖 序盤からレイソルがボールを保持し、鳥栖が前線からの守備で高い位置でボールを奪おうとする展開。立ち上がりにエドゥアルドの縦パスが2度カットされる。読まれているというより誘われているようだった。ビルドアップの縦パス......続きを読む»

ACL出場権は天皇杯優勝チームよりJ1・4位チームが相応しい

【スポーツ えっせい】

 先日行われたアジアチャンピオンズリーグのグループステージの 第5節で柏はホームで韓国の全北に3-2で勝ち決勝ラウンド進出を 決めた。  ホームで全勝しただけでなく中国&韓国でのアウェーでは引き分 けという理想的な戦い方で5節までに勝ち点11を挙げ、最終戦を 残しての決勝ラウンド進出は最近のACLでの戦いで苦戦している 日本のクラブチームでは出色だ。  問題は柏が下手するとACLに出場で......続きを読む»

ACL グループE 柏レイソルvs全北現代 柏2点目

【怒りのDF】

ACLグループステージ グループE 柏の2点目を見る。 フォーメーション 柏(黄)433→ ←全北現代(緑)442  柏の中盤3人と全北の2ボランチを菱形で表す。 1)後方でパス交換。 図の白い部分はテレビに映ってないため、想像。 2)柏MF#28→MF#8→MF#7 3)MF#7→CB#13 全北前からチェックに行く。 4)CB#13→SB#22 全北SB#4が柏......続きを読む»

【全北戦】グループリーグ首位通過

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

雨の中現地行かれた方々お疲れさまでした。未だ安静中の田中です。 ガンバが大量得点で勝とうが、宇佐美が点を決めようが、日本勢で唯一最終戦を残してのグループリーグ突破ということでメディアの扱いも多くレイソルサポとして誇らしいですね。 マスの誕生日を祝うチームメイトにも感動しました。こんなにも仲間思いのチームのサポであることも嬉しいです。 試合も前半のリードをヒヤヒヤしながら追いつかれる結果となりま......続きを読む»

鹿島戦(リーグ)~武富はイニエスタでメッシがいなけりゃ~

【愛息子と日立台へ】

試合内容は、常に得点の匂いのするワクワク出来る試合で、相手が鹿嶋という事もあり、柏熱地帯もバチバチしていた。 コンディションの問題から、キーマンである茨田が欠場。 代わりに栗澤が入り、タニクリコンビでの2ボランチとシステムもチェンジ。 武富がイニエスタばりに神出鬼没に動き回り、クルクルと相手をかわす姿はもはや達磨レイソルの見どころの一つでもある。 クリスティアーノのドリブル突破や輪湖との連携、レアン......続きを読む»

【鹿島戦】負けて感動はできませんが

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

今回はスカパー!観戦。珍しい木曜日開催 & A代表監督観戦、そしてキーマンのバラは体調不良で休み。 本人が一番残念がっていると思うのでそこは置いておいてですね。後半エドゥアルドの1点で追いついたところでこれは逆転かと思ったのですが、曽ヶ端のスーパーセーブもあり、今回は鹿島が勝利の美酒を引き寄せてしまいましたね。 ホームでの勝ちが無いのが残念ですが、攻め手が無い状態での負けでは無いので、明......続きを読む»

J1 第6節 柏レイソルvs鹿島アントラーズ@日立台

【太陽王発電観測所】

ACLの日程調整のため、1試合だけ平日開催となった試合。結果は1-3で負け。それほど悲観する内容ではないのだが、監督のようにポジティヴにはなれない。ちょっと先行きが暗い感じ。 ■前半 立ち上がりは鹿島が攻勢に出てチャンスをつくる。レイソルは10分過ぎあたりからボールを保持して攻撃できるようになる。が、武富やキム・チャンスが裏や縦を狙っているけれども見えていない場面があったり、また、縦パス......続きを読む»

J1 第5節 松本山雅vs柏レイソル@アルウィン

【太陽王発電観測所】

序盤は松本山雅ペース。両サイドからクロス、ロングスロー、CKと勢いをもってレイソルゴールを脅かす。 15分過ぎあたりからレイソルがボールを保持できるようになる。茨田がFWとボランチの間でボールを受けて前を向く。また、レアンドロがDFとボランチの間に下りてボールを受けて攻撃の繋ぎを担う。 山雅の守備ブロックは5-4-1。前線のオビナはそれほど追わない。池元が積極的にCBへプレスにいくが、連動し......続きを読む»

【松本山雅戦】アウェイでの勝ち点3

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

最高の雰囲気での勝利 お久しぶりです、神戸との開幕戦後、入院手術自宅療養と続き更新が滞っておりました。 なんでしょうね、そんな時にチームがボコボコに負けたり、絶対勝ったと思ったら逆転されたりすると 気力も落ちて書く気も失せる。そんな1ヶ月でした。 なのでマスが暇なのも看護師さん感謝な気持ちも良くわかる田中です。 桜満開のアルウィンで緑一色の一角に黄色がバッチリ映え素敵な色合いでありました。 ......続きを読む»

3点差を追いついて万歳?4得点はすごい?山東のDFを問う

【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

※当ブログでは、中国1部リーグの呼称を中国で一般的に使われている「中超」に統一いたします。「中超」は中国語の「中国超級聯賽」(中国プレミアリーグ)の略で、日本でいうJ1に相当します。 また、香港プレミアリーグについては「香港超級聯賽」と記します。 ACLグループE 第4節 山東魯能(H)4-4柏レイソル 山東がホームで柏を迎えたこの一戦。ここで柏をたたけば勝ち点で並ぶ非常に重要な試合で、4得点を......続きを読む»

J1 第4節 柏レイソルvs横浜Fマリノス@日立台

【太陽王発電観測所】

レイソルとしては代表戦を挟んで約2週間空いたリーグ戦。ホームに迎えるは横浜Fマリノス。出場停止の茨田に代わり小林を起用。大谷がアンカーに入った。 ■攻めのかたちを作れない 立ち上がり、前からプレスにくるマリノス。レイソルは相手のプレスに引っ掛かって、奪われてからの攻撃でシュートまで持ち込まれる。ならばと、ビルドアップ時の最終ラインを低くしてスペースを作って組み立てようとするも、パスがズ......続きを読む»

横浜戦(リーグ)

【愛息子と日立台へ】

1年ぶりの日立台敗戦も、横浜戦敗戦も、どちらもどうでもいい。 とにかく負ける事が悔しい。 「Vitoria」の精神はサポにも十分浸透している。 だから、コールリーダーの言葉は納得いかない。 「次!次!」 一度の敗戦を糧に次につなげる。 それはもっともな事で、監督や選手が立ち止まるのはマイナスでしかない。 当然、引きずって連敗は許されない。 しかし、負ける事になれる事は勝者のメンタリティに反する。 も......続きを読む»

新潟戦(リーグ)~負けるべくして負けた、その後が大事~

【愛息子と日立台へ】

今更ですが、負けました。 久々の負けは正直、精神的にダメージを受けました。 って程ではなかったのですが、やはり負ける時はこう負けるという試合となりました。 ボールが落ち着かない展開になると高いDFラインを保つのも難しくなる上に、増嶋の不在も大きかった。 やはりこの高いライン設定でやるとなると、出来る限りCBは固定できないと厳しい。 とは言え、増嶋の怪我を今更悔いても仕方がないし、不在じゃなくてもラ......続きを読む»

J1 第3節 アルビレックス新潟vs柏レイソル@デンカS

【太陽王発電観測所】

輪湖のヘッドによる後半AT決勝ゴールで沸いたホーム山東戦からのアウェイ新潟。レイソルはレアンドロがベンチ外で大津が先発。一方の新潟は前節と同じメンバー。 ■新潟の圧力 立ち上がりから新潟が前線からの守備で、レイソルのビルドアップを封じる。新潟の2トップのプレスを交わそうとするも、ミスもあったり、相手SHやボランチが狙って飛び出して来たりと、思うようにボールを運べない。そうなると、CBか......続きを読む»

Jリーグ第三節VS新潟(A) 第一クールのラストゲーム

【太陽王見習い】

**やっかいな相手 ACLプレーオフを皮切りに、ACL本戦3試合、Jリーグ2試合とハイペースで試合を重ねてきた達磨レイソルですが、この試合が終われば少しの中断が待っています。レイソルからは代表メンバー召集がなかった(大輔はバックアップに入りました&山中は五輪代表に選ばれましたが)ことにより、チーム全体で休養に練習に向かうことができます。(皮肉) しかし、中断前のラストゲームの相手は非常にやっかいでし......続きを読む»

仙台戦(リーグ)・山東魯能戦(ACL)~メンタリティ

【愛息子と日立台へ】

メンタル弱いですねぇ。 私の事です。 実は山東戦は体調不良で自宅観戦。 劇的な場面に立ち会えませんでした。 しかしそのおかげで、レイソルという存在の大きさを再確認する事が出来た。 で、こんな遅れてでも仙台戦を振り返る理由はと言えば、工藤。 この試合、結果としては退場者が出たり怪我人が出たりして荒れた試合になった。 特に増嶋の怪我は大きなものとなってしまった。 一方の輪湖は、無事だったようで、その結......続きを読む»

J1 第2節 柏レイソルvsベガルタ仙台@日立台

【太陽王発電観測所】

17日にACLがあるため、金曜開催となった一戦。レイソルは開幕戦スタメンだったレアンドロと武富はベンチ外で太田と栗澤を起用。仙台は野沢が開幕戦で退場したため出場停止。開幕戦で2トップの一角を担っていた奥埜が左MFに入り、FWには金園を置いた。野沢欠場でレイソル有利と楽観視していたが、試合は辛くも引き分けという結果。 ■ボールは回せるけれども… 序盤からレイソルがボールを保持して試合を進......続きを読む»

2015/3/7 柏レイソル vs ヴィッセル神戸

【柏レイソルファンブログ】

柏レイソルのリーグ開幕戦。対するは、あのネルシーニョ監督率いるヴィッセル神戸。面白い開幕戦になること間違いなしです。 結果は、1-0での勝利でした!しかも、工藤選手のゴール!レイソルの優勝には、9番のゴールが欠かせません。 前半は完全に柏レイソルペースで、終始ボールをコントロールしていました。加えて、相手に打たせたシュートは0。満点と言っても良い出来だったと思います。ネルシーニョの狙いを上手くか......続きを読む»

神戸戦(リーグ)~吉田達磨とネルシーニョ~

【愛息子と日立台へ】

アウェーにてJリーグが開幕。 試合前も試合後も、「ネルシーニョ」の合言葉以外ではほとんど記事になってませんでした。 でももう、それでいいと思う。 そして、ネルシーニョがレイソルに対して打った策についても、特に触れない。 おそらく今現在、Jチームの監督で最もリアクションサッカーを得意とするネルシーニョ神戸と、開幕戦でアウェーで戦えたのはレイソルにとってはラッキーだった。 そして、他チームより先に公式戦......続きを読む»

J1 第1節 ヴィッセル神戸vs柏レイソル@ノエスタ

【太陽王発電観測所】

さて、J1が開幕した。緒戦はアウェイでネルシーニョ率いるヴィッセル神戸。神戸はDFに大宮から高橋祥平を獲得。ネルシーニョは相手の長所を消すのが巧い監督なので、レイソルの中盤に仕事をさせないために、前からガンガンプレスを掛けてくると個人的に予想していた。なので、DFにはスピードのある岩波・高橋祥平を揃えてくると思っていたがスタメンは岩波・増川。新加入の渡邉千真と安田も顔を揃えた。 ■レアン......続きを読む»

【神戸戦】開幕戦色々楽しめました

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

待ちに待った開幕戦 ビン・ズオン戦を観に行って不覚にも風邪を引いてしまい 更新ができないまま開幕を迎えてしまいました。 開幕直前に社長交代とか普通の企業なら結構なことだと思うのですが 今のチームは社長が代わろうが、開幕戦の相手がネルシーニョだろうが デジっちを楽しみにしていた柏サポ全員を肩透かししようが、ブレることはありません。 開幕戦を終え、吉田達磨監督就任決定した時から待ち望んでいた......続きを読む»

ビン・ズオン戦(ACL)~色々見えてきた1戦~

【愛息子と日立台へ】

やはり日立台では強いレイソル。 相手はベトナムのチームとは言えチャンピオン。 例え格下だろうと言っても、5点獲った事は強さの証でしょう。 強いならば1失点は無いだろうとは思いますが、過信しない為にはいい薬だったのではないでしょうか。 何はともあれ、平日の日立台に行ってきました。 小雨降る予報もちらほら聞こえましたが、その聞く耳は持たずに出撃。 いつもは工藤、或いはキタジの9番のレプリカを着て行くと......続きを読む»

【ACL】よそは散々な初戦ですが

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

相変わらすメディアの取扱が低いACL ニュースでもチラッと流す程度のようです。 A代表の新監督騒ぎとなでしこのニュースが先行し肝心の結果もガンバと鹿島がホームでの敗戦とあっては致し方ないところ。 通常であればPSMの時期、新メンバーとのコンビネーションも調整中では仕方が無いといったところか・・・では無い。 突然、「YOU来週ACL出てくんない?」とか言ってるわけでは無く、昨シーズン終了した段階......続きを読む»

2015/2/24 柏レイソル vs 全北現代モータース

【柏レイソルファンブログ】

柏レイソルのACLグループリーグの第1戦は、昨年韓国リーグで優勝した全北現代モータースとの、敵地での戦いとなりました。現地では試合当日「ほこり」などの天気予報も出ていたそうで、アウェイでは色々ありますね。 で、結果は0-0での引き分け。勝てるに越したことはないのですが、敵地での勝ち点1ですから、まずまずの結果です。 正直なところ、勝ち点1を取れてよかった・・・そういった試合内容でした。 守備は比較......続きを読む»

全北現代戦(ACL)~レイソルの評価が低すぎるんじゃないすか~

【愛息子と日立台へ】

柏hubにて観戦予定だったが、前日にキャンセル。 結果としては、店側のミラクルでガンバ戦を見る事になったらしいので結果オーライ。 それにしても、どの記事を見ても柏レイソルの評価が低すぎる…と言うか、雑すぎませんか? 工藤もインタビューで言っていますが、おそらく出場4チームのうち、レイソルが最もACLに対する思いが強いんですが、むしろACLは捨てて…みたいな記事もあったりして、ちょっとがっかりです。......続きを読む»

2/22 <Sporting CP> vs. Gil Vicente

【POOH - San の蹴球見聞録】

中2日の過密日程で迎えたリーグ戦で、田中順也が今季リーグ戦初先発。そのチャンスで、田中は先制ゴールを決めて、Sportingの勝利に大きく貢献。ますます田中の評価は上がる一方だ。 ■ 試合:Primeira Liga 第22節 ■ 日時:2015年2月22日(日) ■ 会場:Estádio José Alvalade (Lisboa) ■ 観客数:42098人 Sporting CP 2......続きを読む»

2015/2/17 柏レイソル vs チョンブリFC

【柏レイソルファンブログ】

シーズンが始まりました! 吉田新監督のレイソルの初戦は、ACL本戦をかけた負けられない一戦から。昨年の怒涛の7連勝で奇跡的に手に入れたACL出場の可能性ですから、その重みは新監督が一番感じていたのではないでしょうか。とても寒い中、たくさんのレイソルサポーターがいました。現地で応援した皆様、お疲れ様でした。 結果は延長戦の末、3-2での勝利。辛勝でした。勝てて良かった・・・というのが正直なところで......続きを読む»

チョンブリFC戦(ACLプレーオフ)~あの有名なクリスティアーノ?~

【愛息子と日立台へ】

例年であればちばぎんカップの時期。 そして、ネルシーニョのサッカーから180度転換すると言いつつ、1か月しかない準備期間。 それでも、不安よりも期待を胸に久々の日立台へ行ってきました。 平日開催の為、愛息子は自宅待機…で、仕事帰りに日立台に直行。 生憎の雨、そして凍える様な寒さも忘れ、意気揚々と歩くレイソルロード、懐かしい。 ほんと、こんなに早く公式戦を戦えるのにもかかわらず、こんなに待ち遠しいと......続きを読む»

ACL 柏  チョンブリの健闘に拍手

【毎日フットボール】

 たーーけとみこーすけ たーーけとみこーすけ  湘南で使われていた武富のチャントです。すごくリズムがよくて気に入ってたのに、武富は柏に帰っていきました。まあ、レンタルなんだから仕方なけど。2年間ありがとう。感謝しかない。  というわけでACLプレーオフ柏対チョンブリ戦を興味を持って見ていました。選手入場で孝介の姿を見てガッツポーズ。最初からキレキレ。さっそくシュートのこぼれ球を詰めて先制ゴール。......続きを読む»

【チョンブリ戦】さぁ始まった

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

今年最初の日立台はあいにくの雨 仕事を早めに切り上げ合羽に着替え いざ柏熱へと思ったら ACLには珍しくレイ君に会った。 新ユニは着ていないのである意味下着状態 子供達とじゃれあった後で目が合う 親指を出してグーサイン(今日はやるぜ、勝つぜ) レイ君も同じくグーサイン(もちろんだとも) レイ君に手招きされて強制ハイタッチ うーん積極的だ。 そういえばマスコット総選挙やってますね。 レイ君の順......続きを読む»

スカパー!

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

衛生放送はスカパー! そしてJリーグクラブサポーターが選ぶセットNo.1は 「JリーグMAX 2,962円/月」ですが・・・ スカパーに加入してJリーグを見たいと思っている人は 「自分の好きなチームだけ見られればそれでいいのに・・・」 なんて思っていないのでしょうか? あんなチームやこんなチームの対戦カードを 結果のわかっている試合を果たして本当に見たいのでしょうか? ふむふむ、う......続きを読む»

ACLがはじまるよー

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

一月以上何も書いていない状態でサボっておりました。 このブログはある程度の量というか質を書かないと 非公開扱いになってしまうという素敵な管理下におかれております。 そりゃあさ 「新ユニ見た、これは買いですね。アツシ」+画像 これで良ければ毎日更新できますが(笑)そうもいかない。 まぁ無料でここまでのことが出来るのに甘えていますので致し方ないかなと。 うだうだしてる間に今年最初の公式戦当日に......続きを読む»

【ACL・1】AFCチャンピオンズリーグ2013・準々決勝・第1戦/2013年8月21日/柏レイソル(日本) vs アル・シャバブ(サウジアラビア)/日立柏サッカー場(千葉県柏市)

【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

夕立が上がり、日中とは比べものにならないほど涼しくなった。柏駅からの細い道(通称レイソルロード)を歩いて、ライトアップされた日立柏サッカー場に到着したのは試合開始10分前。 平日のナイトゲームにもかかわらず、レイソルロードとスタジアム周辺は柏レイソルのサポーターであふれていた。準々決勝ともなると注目度が違うようだ。スタジアムのきれいな外観にも目を奪われた。じっくり見たかったが、もうすぐ試合だ......続きを読む»

1/18 <Sporting CP> vs. Rio Ave

【POOH - San の蹴球見聞録】

ポルトガル1部のSportingに所属する元柏レイソルの田中順也が、前節に続いて第17節の試合で途中出場して、公式戦3戦連続となるチーム4点目を決めて、チーム8連勝に貢献した。 ■ 試合:Primeira Liga 第17節 ■ 日時:2015年1月18日(日) ■ 会場:Estádio José Alvalade (Lisboa) ■ 観客数:27919人 Sporting CP 4 ......続きを読む»

柏レイソル2015始動

【愛息子と日立台へ】

今年のスローガンは「MORE」。 って事で、最低でも1冠は必須ですね。 そして、バルサ型の育成クラブとなるべく大きく舵を切った事が、大きな期待を抱かせてくれます。 補強に関しては、大津、山中、武富…と、即戦力が帰ってきて、クリスティアーノも加入。 中川、中山、大島と、若手も入って、秋野、小林、中谷達も今年こそは主力としての活躍を再確認しているんじゃないでしょうか。 ただ、愛されていた橋本、渡部、......続きを読む»

ウクライナの英雄との男の約束

【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

Promise with Anatoliy Tymoshchuk(Zenit)!!! 昨年1月、アルカス・インターナショナルカップ(柏レイソルU-15参加)視察でカタールを訪れたときに、ロシアの名門ゼニトが、カタールで合宿していました。 ゼニト VS レッドブル・ザルツブルク(南野拓実選手移籍)のテストマッチ後に、ゼニトの攻守の要、アナトリー・ティモシュク(ウクライナ代表/元バイエルン・ミ......続きを読む»

Jリーグ2015年 戦力チェック 柏レイソル編

【football life】

ちばけんです。 今回は柏レイソル編です。 新体制 監督 吉田 達磨 日本 GK 1 桐畑 和繁 1987/6/30 187/77 日本 GK 16 稲田 康志 1985/6/19 187/82 日本 GK 21 菅野 孝憲 1984/5/3 179/75 元日本代表 DF 2 藤田 優人 1986/5/8 176/75 日本 DF 3 近藤 直也 1983/10/3 ......続きを読む»

柏戦隊レイソルジャー

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

始動です! 新体制も確定しユース出身者を多く揃えたレイソル軍 新メンバー達が新しいジャージに身を包み登場しました。 ん!ん!これは! 「そのもの青き衣をまといて金色の野に降り立つべし失われし大地との絆を結びついに人々を青き清浄の地へ導かん」 なんとかレンジャーに見えて仕方ないです。 日立台の緑に映える青ということにしておきましょうかね。 胸には黄色で良く見ればVサインが8本 Vit......続きを読む»

1/11 <Sporting CP> vs. Sporting Braga

【POOH - San の蹴球見聞録】

ポルトガル1部のSportingに所属する元柏レイソルの田中順也が、第16節の試合で途中出場して、移籍後リーグ戦初ゴールをFKから直接決めて、チームを6連勝に導いた。 ■ 試合:Primeira Liga 第16節 ■ 日時:2015年1月11日(日) ■ 会場:Estádio AXA (Braga) ■ 観客数:15876人 Sporting Braga 0 - 1 (0-0) Spo......続きを読む»

2015柏レイソル スタートミーティング

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

高山がぁ・・・スタートミーティング来たぁ! 湘南に戻ってしまうのは寂しいですが 前半戦は高山大活躍でしたね。 モンちゃん、工藤、高山の3人で 外から入って来て1年目でチャントもらえて活躍してと 移籍組としてはなかなか珍しいかなと。 後半の失速は夏のファッションショーで疲労したからでしょうか・・・ そして高山のことを忘れてしまうほど 気になっていたスタートミーティングが発表 場......続きを読む»

吉田達磨監督就任

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

アジア杯にも選出ならず ベストイレブンにもアジア杯にも選出されないレイソル パッパラさんのブログにも書いてあるとおり **「強いとこ見せるのが遅すぎた」 ということですね。 物事は期限があり大抵早く決まってしまいます。 今年の10大ニュース、W杯でのメッシのMVPしかりです。 流行語大賞だって、私からしたら昨日発表された「魂の限界」これにつきます! プレーオフ出場で忙しいレイソルの......続きを読む»

【祝!】ACLプレーオフ出場権獲得

【のこJournal】

天皇杯のガンバ大阪の優勝により、我が柏レイソルのACLプレーオフ出場権獲得が決まりました。 正直上手くいきすぎて怖いです…。 新監督のもとでの初戦がACLプレーオフという不安は大いにありますが、アジアカップに選出される選出もおそらくいない(鈴木くらいでしょうか?)だろうし、何より我々には蓄積されたアジアでの経験があるので気にしていません。 不安視されることはホームとはいえ一発勝負ということでしょうか......続きを読む»

ACLプレーオフがかかった天皇杯決勝戦

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

今日は天皇杯決勝戦 ガンバが勝つとACLの予選出場権が得られます。 まだ出るとは決まっていないのですが かなり楽しみでワクワクしますね。 今年のガンバはW杯中断明け以降は 勝って勝ってかちまくり(ウチには負けてますけどねフフフ) ナビスコ獲って、リーグ優勝獲って、そして天皇杯獲ってしまおうかという勢い。 未だかつて1シーズンで賜杯を3回掲げたのはキャプテンは本田(鹿島)のみ それを......続きを読む»

2014/12/8 アルビレックス新潟 vs 柏レイソル

【柏レイソルファンブログ】

新潟は雪の予報がでていましたが、まさかの延期で、カシマサッカースタジアムでの最終戦となりました。新潟からも、柏からも遠く、月曜日のナイターゲーム。寒い上に、試合が終わって帰宅できるのか、という問題もある中、かけつけた柏及び新潟のサポーターの皆様、本当にお疲れ様でした。また、カシマサッカースタジアム関係者の皆様もありがとうございました。残念ながら、というか、当然というか、私もテレビ観戦となりました。 ......続きを読む»

新潟戦(Jリーグ)~劇的なフィニッシュ~

【愛息子と日立台へ】

まさかの宇都宮出張からの鹿嶋スタジアム参戦と言うハードスケジュールも吹き飛んだ。 まだ決まっていないにもかかわらず、ロスタイムの大輔のゴールの瞬間、泣いちゃいました。 ACL… 今シーズン封印してきた思いが、他力ながらも手の届くところにまで来た。 試合後の選手の涙。 特に和の後ろ姿は今思い出しても泣けてくる。 泣くなら残留しろよ…っていう声がゴール裏から数多聞こえた。 入場者数2104人のスタ......続きを読む»

【新潟vs柏】4位フィニッシュ!

【のこJournal】

雪のため延期となった最終節。 結果は0-2で勝利。 2点差での勝利というミッションを完璧にクリアしました。 いやー、素晴らしかった。 終盤に来ての7連勝で他力ながらACL出場の可能性が残る4位フィニッシュとは誰が予想したでしょうか。 精神面の充実さは試合後の選手の涙からも伝わってきました。 監督や仲間との惜別の涙なのか、目標をクリアできた安堵感の涙なのか、私もグッとくるものがありました。 控えの選......続きを読む»

【新潟戦】VITORIA

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

最後に魅せたレイソルの真骨頂 まずは鹿島アントラーズ関係者の皆様、スタジアムありがとうございました。 おかげさまで気持ち良くシーズンを終えることが出来ました。 新潟も柏もテレビの前の皆さんも、ACLというキーワードを幾度と無く口にした実況も やりにくさはあったかと思います。レオシルバ VS 小林、指宿 VS 中谷と熱いバトルも見逃せない試合ではありましたが 途中ヒヤヒヤものでした。 新潟の決定......続きを読む»

2015シーズンに向けて【第四弾 柏レイソル】

【生意気くらいが丁度いい。】

残念ながら降格をしてしまった大宮は後ほどで、柏レイソルから。 良い意味でも悪い意味でも中位をさまよいながら最終的にはなんだかんだで5位までのし上げたレイソル。 チームの中心だったレアンドロ・ドミンゲスがシーズン途中でチームを去ったり、田中が海外移籍するなど当初のチーム構想から思いがけないマイナス要素が発生してしまったものの、総合力で乗り切るどころか後半に失速するチームを尻目に順位を上げてフィニッ......続きを読む»

【新潟戦】最終節は延期!場所はカシワじゃなくてカシマ

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

終わってるのに終わった感じがしないJリーグ。だって終わってないんだもん。 まさかの最終節に延期とは・・・日程くんも罪なことをします。 Jリーグ公式サイトより >本日12月6日(土)に大雪のため中止となりました、Jリーグディビジョン1 第34節 アルビレックス新潟 vs 柏レイソル(15:30キックオフ/デンカビッグスワンスタジアム)は、12月8日(月)県立カシマサッカースタジアムにて代替......続きを読む»

ネルシーニョ代表監督?

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

寝る前にスカパー!のネルシーニョのセレモニーシーンを見てしまいます。 そしてファンモンの「ありがとう」が耳から離れなくて困っています。 そんなネルロスな僕に朗報なのか、ガセネタなのか アギーレの代わりにネルシーニョが代表監督に!なんて話がチラホラ どうやらアギュィーレ監督が過去に八百長をした疑いとかで、世間(主に日本と スペイン)はざわついており、本当なら辞任してもらって代わりの監督候補にネルが......続きを読む»

【柏vs清水】10勝5分1敗

【のこJournal】

聖地日立台でのネルシーニョラストゲーム。 結果は3-1で勝利。 ホームで勝点38。今シーズンの日立台の戦績は誇れる数字で終わりました。 そして終盤に来ての6連勝はこのチームのポテンシャルの高さを改めて示しました。 惜しむらくはシーズン序盤から中盤の取りこぼしの多さですか。 まあそれを含めての今シーズンですが、今はシーズン前に優勝候補に挙げられていた力を遺憾なく発揮できていますね。 次は最終節新潟戦......続きを読む»

11/30 <プレミアリーグ2014> 柏レイソルU-18 vs. 青森山田高校

【POOH - San の蹴球見聞録】

本日は、残り2節の高円宮杯U-18 プレミアイーストから、リーグ首位の柏レイソルU-18とリーグ6位の青森山田高校の対戦。優勝争いがかかった一戦です。 ■ 試合:高円宮杯U-18サッカーリーグ2014プレミアリーグイースト第17節     柏レイソルU-18 vs. 青森山田高校 ■ 日時:2014年11月30日(日) ■ 会場:日立柏サッカー場 ■ 天候:晴れ時々曇り ■ ピッチ:天然芝......続きを読む»

【清水戦】勝利!あと1つ

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

開門間近に雨が強くなり、雨具無しではいられない状態に。 アフラックデーということで募金してアヒルのぬいぐるみを頂きました。 ネルにとって、いや、公表されていないだけで、今年でレイソルを去る人々にとってラストのホームである。しかも5連勝中なのでACLへまっしぐら!清水さんの事情なんか知ったこっちゃ無い。最高の雰囲気を作りましょうという一体感を皆が纏って試合が始まりました。 ガツガツと激しい試合になる......続きを読む»

J1 第32節 大宮アルディージャvs柏レイソル@NACK

【太陽王発電観測所】

ナビスコや代表戦があり、しばらく間が空いたJリーグ。このブログもかなり久しぶりな感じ。試合が終わってから随分経つのだけども今更更新(苦笑)。レイソルの相手はシーズン終盤に脅威の強さを誇る残留力の大宮アルディージャ。スタメンには若い中谷を中央CBに抜擢。 ■前半 立ち上がりはレイソルがボールを保持する展開で試合が進むが、大宮がしっかり守って跳ね返すと、徐々に大宮が攻勢に出るようになる。今井が......続きを読む»

2014/11/22 柏レイソル vs 大宮アルディージャ

【柏レイソルファンブログ】

柏レイソル vs 大宮アルディージャをテレビで観戦。ほぼ満員のスタジアムは、とても良い雰囲気でした。ホームの大宮側はもちろんですが、アウェイの柏側も埋まっていたのは嬉しかったです。その雰囲気は選手たちにも伝わったのでしょう、派手さはなかったものの、気合の入った試合になりました。 攻めの中心はいつも通りレアンドロ選手ですが、それを支えたのは橋本選手でした。先制点のパスもそうですが、ワンタッチでゴール......続きを読む»

【大宮vs柏】衰えない指揮官の采配

【のこJournal】

アウェイ大宮での一戦を宮崎でオンデマンド観戦。 そうです、出張中です。 後半茨田と栗澤を交代させた采配には痺れました。 前半は五分五分の展開で主導権がなかなか取れないなと思っていましたが、なるほどなるほどさすがのネルシーニョ采配。 ボランチを変更してペースを掴む采配ってなかなか日本人の監督では見られないですよね。 その結果後半は終始レイソルペースになり、ドゥドゥの決勝ゴールへと繋がりました。 昨年......続きを読む»

【大宮戦】5連勝!あと2つ!

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

5連勝は2011年以来だそうです いやぁ予定通り勝ち進んでいるレイソル!NACK5へ出向きましたが代表戦も関係無く海外からも浮いた話も無かったせいか勝負に飢えた人達が大勢かけつけておりました。試合は見事に勝利!前半終了間近に追いつかれ、緊張感を持ったまま後半となりましたが、ネル絶賛のクリの捌きで終始安心してみていられました。 失点こそしましたが、センターの中谷がユース仕込みの安定した「止める ......続きを読む»

J1 第31節 柏レイソルvs徳島ヴォルティス@日立台

【太陽王発電観測所】

リーグ3連勝中で良い雰囲気でホームに迎えるは徳島。出場停止の鈴木・渡部に代わり中谷・秋野を起用。シャドーはドゥドゥと太田。若い両サイドのCBが前線にどれだけ良い縦パスを供給できるかに期待していた。右WBにはこのところ出番のなかった高山。 結果は2-0の勝利。シュート数17本で決定機も多かったのに2点というのは寂しい気もするが、長谷川の好セーブを考慮すると悪くはない。ミスもあったが、概ね試合を......続きを読む»

【柏vs徳島】4連勝

【のこJournal】

日立台で徳島と対戦。 2-0の勝利で4連勝となりました。 降格が決まっていた徳島との対戦は終始柏が試合を支配しました。 シュートの割にゴールが少ないかもしれませんが、この試合の狙いはあくまでも勝ち点3。 無失点で勝ちきったことを評価しましょう。 若い中谷と秋野を増嶋がうまく統率できてましたし、左利き2人がかみ合っていた左サイドからの2得点も素晴らしかったです。 レアンドロのポストプレーも秀逸の一言......続きを読む»

2014/11/02 柏レイソル vs 徳島ヴォルティス

【柏レイソルファンブログ】

風が強いものの気温は高く、サッカー観戦日和でした。出かけにドタバタしてしまい、日立台についたのは、キックオフ5分前。柏熱地帯の二階席はほぼ満員で、一階席の端っこに陣取っての応援となりました。 入場者数は9,200人くらいで、いつも通り。でも、ホーム側はいつもより人が多く、不思議に思っていたんですが、ビジター側の数が少なめだったからでしょうか。 でも、十分に徳島のサポーターが駆けつけていたように思......続きを読む»

J1柏の来季監督について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】 某黄色いチームについて、少し前のスポーツニュースに「来季新監督に吉田達磨強化ダイレクター就任が決定的?」というニュースが出ました。黄金時代を築き、黄色いファン・サポーターに6年間夢を見させてくれたネルシーニョ監督の後任監督ですが、初めて名前が出てきました。今朝の山陽新聞にも記事が出ていたので、ある程度信憑性があるのかな。正式発表まではわかりませんが、今日現在の各報道をまとめてお届け......続きを読む»

徳島さんとしてはどうなのでしょう

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

さぁいよいよ残すところ4試合 徳島、大宮、清水、新潟となるわけですが、次の徳島は降格決定でホームでの勝ち星無し状態 サポとしては是が非でもJ1ホームで勝って次のシーズンへといったところだと思います。自分がサポだとして徳島から出ない(アウェイ)行けないとしたら、やっぱりホームで勝ってほしいと思う。そうなると徳島さん的にはレイソル戦よりも次の鳥栖戦、そして最終節のガンバ戦に力が入るというもの。 こ......続きを読む»

J1 第30節 ベガルタ仙台vs柏レイソル@ユアスタ

【太陽王発電観測所】

仙台のスタメンは怪我のウィルソンに代わり武藤、右SBはゴール前神出鬼没の菅井ではなく村上を起用。一方のレイソルは出場停止の大谷・体調不良の茨田に代わり、栗澤と秋野を起用。 ■前半 先にペースを掴んだのは仙台。攻撃の狙いはWBの裏、あるいは釣り出したCBの裏。前線の選手が積極的に走り込んでボールを要求する。レイソルは10分頃からようやくボールを保持して攻撃できるようになる。レイソルの......続きを読む»

【仙台vs柏】足りないピース

【のこJournal】

アウェイ仙台戦、レアンドロの劇的弾で勝利。 ACL圏内まで勝ち点差3まで来ました。 選手たちはようやく思い出したのでしょうか。 目の前の試合を全力で戦うことを。 そして自分たちが弱くないことを。 仙台戦は出た選手が全員戦ってました。 ただ、工藤1人をを除いては。 後半早い時間での交代はネルシーニョによる最後通告かもしれません。 今やワントップのレアンドロのポストプレーなくしては柏の躍進は語れません......続きを読む»

【仙台戦】よっしゃ!ACL通り越して優勝だ

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

まるで2011年のような勝負強さ 本日は徹郎さんでは無く、モンちゃんからアディショナルタイムの決勝弾。 激しい攻防ではありましたが、最後の最後に勝利を掴み取りました。 本日デビューの大島君も初出場が勝利で終わって感慨深いことでしょう。 次節は鈴木、渡部と累積による出場停止ですが、評価の高い中谷君もいますし なんとかなる!と思ってます。一番心配なのは相手は徳島なので相手に合わせてしまうことくらい......続きを読む»

J1 第29節 柏レイソルvsガンバ大阪@日立台

【太陽王発電観測所】

7連勝中とリーグで一番ノッているガンバ。対するレイソルもホームでは12試合負けなし。レイソルはU-19アジア選手権で健闘した中谷がプロ初スタメンのデビュー戦。一方のガンバは明神をアンカー、遠藤をトップ下に置いた中盤ダイアモンドの布陣。 ■前半 ガンバのアンカーは明神だが、主に今野が中盤の底で受けてボールを散らす。序盤、遠藤がバイタルのいい位置でフリーでいるのだが、パスが入ってこない。佐藤......続きを読む»

2014/10/22 柏レイソル vs ガンバ大阪

【柏レイソルファンブログ】

雨の日立台。さぞかし寒かったことでしょう。応援に行ったレイソルサポーター、ガンバサポーターの皆様、お疲れ様でした。 結果は1-0でレイソルの勝利。日立台ブーストです。これだけホームで勝ってくれると応援に行くのが楽しみになります。事実、今年は5回日立台に行きましたが、4勝1分です。 とはいえ、平日しかも雨ともなると、諸所の事情で私は応援にいけず。テレビでの観戦です。 試合内容はというと。雨、日立......続きを読む»

【柏vsG大阪】劇的弾で勝利

【のこJournal】

7連勝中のガンバとホームで対戦。 1-0での勝利。 またしても菅野と橋本はベンチスタート。 近藤もベンチ外でルーキー中谷が初スタメンとなりました。 素晴らしい出来だったのは言うまでもありませんが。 輪湖は2試合連続のスタメンでしたがどうでしょう。 突破ができるわけでもなく、守備での強さがあるわけでもなく橋本を差し置いてのスタメンは疑問でした。 後半から出てきた橋本が何回もサイドを突破するのを見る......続きを読む»

【G大阪戦】やはりスタジアムは素晴らしい

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

久しぶりの日立台 私事ですが、夏に入院して手術なんぞしてましたので全然レイソル観に行ってなかったんですね。 そうこうしている間にホームの試合数もあと僅か。 残りのホームはG大阪、徳島、清水と3試合。先週鹿島に劇的な勝利をしたレイソル 相手が強ければ強いほど本領発揮してくれると思いガンバ戦に参戦。 当然雨は止まず、風は吹く、気温も下がる。 うーんでもこれ以上の時はいくらでもあったので、特......続きを読む»

J1 第28節 鹿島アントラーズvs柏レイソル@カシマ

【太陽王発電観測所】

前節ガンバに終了間際に逆転されたアントラーズ。優勝戦線に踏み止まるにはこの試合勝ち点3が必要。一方のレイソルはナビスコで敗退して元気のない?状態。輪湖が今季リーグ初スタメン。 ■先行するアントラーズ、追い付くレイソル 序盤からアントラーズペース。レイソルは前半20分までアタッキングサードに進めない。20分以降ようやくボールを持ってアタッキングサードまで運べるようになるがPA内でのシュー......続きを読む»

【鹿島vs柏】久々のアウェイ勝利だが

【のこJournal】

アウェイ鹿島戦は2-3で逆転勝ち。 半年ぶりのアウェイ勝利となりました。 試合は、2回追いついて最後に突き放すという、見てる分には大変面白い内容でした。 が、この試合プレッシャーがかかっていたのは優勝争いをしていた鹿島です。 今年は失うものがなくならないとアウェイで勝てなかったのは悲しいところです。 レアンドロとドゥドゥが噛み合ってきて、決勝点は太田。 結果を残したのは、来季の生き残りを意識してい......続きを読む»

ナビスコカップ 準決勝 第一戦 サンフレッチェ広島vs柏レイソル@Eスタ

【太陽王発電観測所】

もう今さらな感じがあるのだが、備忘録として書き記しておく。 広島は水本と塩谷が代表で抜けた。代わりはファン・ソッコと清水。レイソルからしたら清水のところチャンスじゃん、と思ったが結果的にはよく抑えられてしまった。第一戦は2-0で負け。 180分の戦いとは言いつつも、第二戦が不安になる内容だった。一番気になったのは、中盤がスカスカで空いた状態になること。前からプレスをかけて高い位置でボ......続きを読む»

上っ面な知識だけの解説者は7歳児をもイラつかせる・・・の巻

【愛息子と日立台へ】

久々の更新になります。 愛息子と日立台へと言うブログタイトル通り、日立台へは行っております。 その間、愛息子の大好きな順也の移籍がありました。 これは一大事。 ただ、愛息子にも黄色い血が脈々と受け継がれておりまして、 今では順也より工藤・・・だそうです。 で、なぜ久々に更新するかと言うと、 先日の日本代表vsブラジル戦で、あまりにも解説者が愛息子をイラつかせたからであります。 ではなぜ、愛息子......続きを読む»

【広島戦】終わったのであれこれ

【No Reysol, No Life.って訳でも無い】

久しぶりの更新 ちょっと患っておりまして・・・日立台へも行けず スマホ面倒だなぁという理由で更新を怠けておりました。 広島とのナビスコは2試合とも工藤ちゃんノーゴールだったのは大きい。 それに尽きるのかなと。やっぱサッカーはゴールですね。 自分達のボールを大事にするのもわかりますが、肉食系ゴールハンター見たいっす。 でも看板蹴っ飛ばしたり、DFに噛みついたりして欲しくは無いです{笑 怠けている......続きを読む»

【柏vs広島】アウェイでの弱さが全て

【のこJournal】

ナビスコ杯準決勝第2戦は2-1での勝利。 しかしトータルスコア2-3で敗退となりました。 桐畑のファンブル。 この試合の命運を分けたのはそこなのですが、おそらく本質的なところはネルシーニョの言うようにアウェイでの0-2の敗北なのでしょう。 この試合に限らず今年はアウェイで全く勝ててませんよね。 いくらホームで無類の強さを発揮できるとしても、アウェイで負けを分けに・分けを勝ちに持っていけないチームで......続きを読む»

ナビスコ杯2年連続決勝進出は阻止されるのでは? 第727回toto予想

【当てtoto】

フットボール・フリークの皆さん、新井孝裕です。 明日は10/10。旧体育の日です。体育の日といえば、50年前の10月10日に東京オリンピックの開会式が行われた日です。当時、日本にプロリーグが創設され、ワールドカップに出場するなど夢にも出てこなかったのではないかと思います。 明日は日本代表vsジャマイカ代表の親善試合が行われる予定ですが、誰がスターティングメンバーとなるか楽しみにしております。ブラ......続きを読む»

J1 第27節 柏レイソルvsサンフレッチェ広島@日立台

【太陽王発電観測所】

台風の影響で強い雨が降る日立台。ピッチには所々水溜まりがある。田んぼの中でサッカーをするような、いわゆる田ッカーという状態。ボールが芝生の上を走らず途中で止まってしまうので、両チームともリスクは冒さず蹴り合う展開。 広島はロングボールで相手の背後のスペースを狙う攻撃。その狙いが立ち上がりに現れ、佐藤寿人の裏への抜け出しでチャンスを作った。WBの柏はサイドを上がって攻撃に絡んだが、清水はあまり上がら......続きを読む»

【柏vs広島】痛み分け

【のこJournal】

リーグ・ナビスコと続く3連戦初戦はスコアレスドロー。 ピッチが雨で最悪の状況で、両チームリスクをなるべく回避しようと前に蹴り出すサッカーを展開してました。 よって内容はあまり見るべきものがなく、お互い負けなくてよかったという感じでしょうか。 あのピッチ状況でも小林の判断力や球際の強さは際立ってましたね。 取捨選択に間違いがない選手なので監督は使いやすい選手に成長してきたと思います。 今後は大谷のよ......続きを読む»

J1 第26節 FC東京vs柏レイソル@味スタ 〜状況判断という個人技術〜

【太陽王発電観測所】

アウェイでのFC東京戦。レイソルのスタメンGK、DFは前節と同じ。前節鳥栖に快勝しクリーンシートに貢献した後ろの選手たち。いいときは無闇に変えないネルシーニョ。ボランチには栗澤を起用。茨田がどこか痛めたのか、それとも戦術的な狙いがあるのか。 ■早すぎる失点と不可解な守備 レイソルは開始4分に失点する。それも不可解な守備によって。 米本がダイアゴナルに走る動きを見せてから引き返した......続きを読む»

FC東京らしさ全開についてアレやコレや褒めちぎってみる~【FC東京vs柏】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★

【4thDayMarketCenter】

■FC東京 4 vs 0 柏レイソル[J1第26節 09月27日] 守備が安定しているチームというのは、往々にして最初の一発で得点を奪って、そのまま逃げ切ってしまいますが、最近のFC東京は、そういうことができるらしい。キックオフ直後だというのに徳永が謎のオラオラオーバーラップを仕掛けると、そのクロスにカラダごと飛び込んだ武藤が膝で押し込んで先制点。3分とか、そういう時間帯。“ラッキーパンチ”ではな......続きを読む»

【FC東京vs柏】勢いの差

【のこJournal】

アウェイ味スタでの戦いは0-4の完敗。 目を覆いたくなるような試合でした。 現役日本代表の武藤が引っ張る好調なチームと、ネルシーニョの退任が決定している下降線にあるチームとの戦い。 現時点での勢いの差、さらには実力差が如実に表れた試合になりました。 悲しいほどのコントラストがピッチ上にはありましたね。 いいところは…正直見つからなかったです。 ナビスコ杯のためにどう切り替えるか、まずは週末広島との......続きを読む»

J1 第25節 柏レイソルvsサガン鳥栖@日立台

【太陽王発電観測所】

失意のレッズ戦から中二日でのホーム鳥栖戦。出場停止の菅野・増嶋・エドゥアルドに代わって桐畑・近藤・渡部が先発。結果から言うと2-0の勝利だった。ネルシーニョの言葉で言えば、全体的にオーガナイズできていて勝利に値するプレーをしていたと思う。 ■チャンスメーカーの存在 この試合はレアンドロが効いていた。相手DFラインとボランチの間でボールを受けて、攻撃をスムーズにし、ボランチと前線・サイド......続きを読む»

J1 第24節 浦和レッズvs柏レイソル@埼スタ

【太陽王発電観測所】

週中にネルシーニョが今季限りでの退団を発表した。まぁ驚きはしたが、昨年の辞任騒動で心の準備のようなものができていて、この時が来たかという感じ。これまでを振り返るとネルシーニョには感謝の気持ちでいっぱい。願わくば最後にタイトルを獲ってお別れしたい。リーグは正直難しいのでナビスコをなんとか。 スタメンはレアンドロが怪我のため欠場。工藤がワントップに入り、ドゥドゥがシャドーに。 ■ポゼッションv......続きを読む»

ネルシーニョ監督のFC東京の武藤対策は如何に? 第724回toto予想。

【当てtoto】

フットボール・フリークの皆さん、新井孝裕です。 まだ9月だというのに、すでにネットではハロウィーン関連の記事や広告を目にすることが多くなりましたね。 第724回totoの3試合を以下の通り予想してみました。 (1)広島  vs 神戸   2 神戸の勝ち 前節は格下の甲府に敗れましたが、広島の皆川VS神戸の外国人FWを比較した場合、やはりまだ皆川の方が見劣りしますので神戸のアウェイ勝ちを予想。......続きを読む»

【U-21】途中出場の左SB秋野央樹に注目してみた。アジア大会ネパール戦4-0。

【サッカー鍋【石に立つ矢】】

傷んだ山中亮輔に代わって左サイドバックに入ったのは秋野央樹だった。 アジア競技大会2014仁川大会の男子サッカーB組の第3戦の9月21日、U-23ネパール代表との試合で山中がピッチに倒れた。 前半33分に野津田岳人の左足の豪快なミドルシュートが決まり、U-21日本代表は有利な展開となったが、山中を失ってバランスが崩れることを危惧した。しかし、それは杞憂であることが、秋野のプレーを見てわかった。 ......続きを読む»

【浦和vs柏】またしても…

【のこJournal】

アウェイ浦和戦。3-1で力負け。 ネルシーニョショックも選手には通じませんでした。 アウェイで早い時間に2点取られて勝てるほど今のうちは強くない。 ネルシーニョが考えてる戦術を選手が遂行できなくなってるのでしょう。 もう少しやれると思っていたのですが残念です。 佐藤主審のジャッジも確かに不可解なところはありました。 中継の中で実況の倉敷さんもその点は指摘していました。 それでも負けは負け。 あの......続きを読む»

ネルシーニョ監督の退任について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】  先日、大きなニュースが飛び込んできました。他のサポーターにとっては、そうなの?というニュースですが、某黄色いチームを長く紹介してきた当ブログにとってはやはり大きいニュースですね。ネルシーニョ監督との契約を今季限りとするとの発表があったのです。まずは、J1柏の公式HPで発表された情報です。 【J1柏公式発表】     J1柏の萩原社長より、契約満了に伴う退任で、ネルシーニョ監督と......続きを読む»

【柏レイソル】次の時代は黄金か、暗黒か?・・・ネルシーニョ、契約満了

【カンプ・ノウと日立台と東京ドーム return】

■いままで・・・ 時は来た!それだけだ・・・ ネルシーニョ辞任のニュースを聞いた時、そんなふうに思った(笑) J1復帰以降、毎年タイトルを獲得するというレイソルにとっては クラブ史に燦然と輝く黄金時代、その舵取り役を見事に 果たしてくれた名将の去り際としては妙にあっさりした 感覚だったかもしれない。 去年の辞任騒動以降・・・いや、もっと前からネルシーニョが いなくなる事に対して覚悟ができてい......続きを読む»

  • ブログを作る - 新規ブログ開設
  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss