ジャンル別一覧:新潟(J)

【白鳥城の騒霊】なぜ新潟は2013年のアルビスタイルを失ってしまったのか? ~アルビのJ2降格の原因を深掘りしてみた~

【白鳥城の騒霊】

「なぜ新潟は2013年のアルビスタイルを失ってしまったのか?」   騒霊にとって2013年のアルビは、今でも新潟が理想とすべきサッカーであると思っています。2013年はアルビ史上最高の勝ち点をゲット。ホーム不敗記録更新。その2013年スタイルがなぜ翌14年から今に至るまで繋がっていないのか?ここは今もって大きな疑問なのですが。私なりにそこをテーマに考察してみたいと思います。   2013年の翌年20......続きを読む»

J1新潟のJ2降格について 【J OKAYAMA】

【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【プロローグ】 先週、ずっと最下位だった新潟さんのJ2降格が決まりました。新潟さんは当ブログにとって、仙台さん、甲府さんと並ぶ理想的な市民クラブ「御三家」として、昔から評価が高いJ1クラブ。地元岡山にとっても、Jリーグを目指すのに真っ先に目標にした先輩クラブ。地元財界が当時のクラブ幹部と新潟まで視察へ行き、後援会組織等多くの先進事例を学んで来たのではないかという話を聞いています。それが本当なら、未だ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】俺たちのサッカーとは? ~四つの「俺」をつなげ「ひとつになる」アルビスタイルの構築を次期監督に期待する~

【白鳥城の騒霊】

「俺たちのサッカーって何?」 新潟に問われるものは、いつもそこにあります。   騒霊なりに「俺たちのサッカー」を解釈すると、「俺たち」は4つの俺に分類されます。 第一の「俺」とは、監督がやりたいサッカー。 第二の「俺」とは、選手(たち)がやりたいサッカー。 第三の「俺」とは、クラブ(強化部や育成部)が指導していきたいサッカー。 第四の「俺」とは、サポーターがまた見にきたい応援したいと思えるサッカー。......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】小川佳純による啐啄同時(そったくどうじ) ~はたしてアルビのヒナたちは殻を破ることができたのだろうか?~

【白鳥城の騒霊】

12月5日の新潟日報の「オレンジスタイル」。内田潤コーチと黒河コーチの対談コラムと、その前日の退任した呂比須さんのインタビュー記事は面白かったです。二つを重ねて読むと、なんとなく今年のアルビの「なぜ迷走したか」の部分と「なぜ迷走から立ち直れたか」の部分が、何となくだけど、理解できたような気がしました。   「なぜ迷走したか」について。 アルビは三浦体制で、1勝2分け8敗(11試合)。呂比須体制は9/......続きを読む»

最後のJ1

【no title】

昇格した日もこれくらい寒い日だっただろうか? そんな事も忘れるくらい、長く日本のトップリーグにいた新潟。 ただのクリアに声をあげ、可能性の少ないパスにも大きな拍手を送った。 昇格した時にはここまで長くいるとは思わなかったJ1も今日でひとまずお別れ。 ただの消化試合にならない事を祈りたい。 ...続きを読む»

Jリーグホームスタジアム訪問記~アルビレックス新潟~

【This is J-league】

 微かに灯されていたJ1残留という灯がついに消え、連続J1在籍記録が14シーズンで途切れることとなった。地方クラブの成功モデルと称されたクラブは、近年その勢いに陰りを見せ、その厳しい現状に追い打ちをかけるようにJ2降格という現実に直面することとなった。もうあの頃のビッグスワンの光景は戻って来ないのだろうか。そんな過渡期を迎えているアルビレックス新潟のホームスタジアムであるデンカビッグスワンスタジアム......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】風に吹かれてもなにも始まらない。どこかに運ばれていくだけ。選手だってサポだって移りゆくものでしょ? ~アルビJ2降格決定~

【白鳥城の騒霊】

来るべきものがついに来たというのが正直な思いです。数字上はほぼ絶望的だったのでこの時が来るのは理解していたので。騒霊はできるだけ言葉を選んでブログを書きたい(書ければ)と思っています。   さっそく今朝の新潟日報にはさっそく呂比須監督と神田強化部長の退任の報道がされてますね。 まあ当然そうだろうな、と思いますよ。一部には彼らは必要だという方々もいらっしゃるようですが、騒霊はそうは思いません。   リ......続きを読む»

ブログ移転のお知らせ

【アルビレックス新潟シンドローム】

http://albirexsaulo.hatenablog.com/ こちらへスポナビブログサービス終了につきはてなブログへ移転いたします。 ブックマーク等変更よろしくお願いいたします。 ...続きを読む»

10/14アルビレックス新潟VSガンバ大阪【Jリーグ第29節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 8 小泉 慶 27 堀米 悠斗 50 富澤 清太郎 4 ソン ジュフン MF 6 磯村 亮太 9 山崎 亮平 13 加藤 大 40 小川 佳純 7 ホニ FW 32 河田 篤秀 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟6.5 良かった点から… 今年のベストゲームと言っても良いのではないだろうか。 前半からチャンスが作れていたし、きちん......続きを読む»

9/30アルビレックス新潟VSヴィッセル神戸【Jリーグ第28節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 8 小泉 慶 27 堀米 悠斗 50 富澤 清太郎 4 ソン ジュフン MF 6 磯村 亮太 9 山崎 亮平 13 加藤 大 40 小川 佳純 7 ホニ FW 32 河田 篤秀 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟4 良かった点から… 攻撃の形は作れている。あとは決定力だけ。だがそこが一番大事なんだよなぁ…と。 堀米はオウンゴール......続きを読む»

9/23アルビレックス新潟VSコンサドーレ札幌【Jリーグ第27節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 8 小泉 慶 27 堀米 悠斗 50 富澤 清太郎 4 ソン ジュフン MF 6 磯村 亮太 9 山崎 亮平 13 加藤 大 40 小川 佳純 7 ホニ FW 39 富山 貴光 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟4 良かった点から… 酷評したい試合内容だったけど最後に維持をみせて引き分け。決して良くないけど最悪ではない。 河田の......続きを読む»

新潟vs鹿島(9月16日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る

【4thDayMarketCenter】

春に広島に行って、今回の新潟。これで2017シーズンのJ1に所属しているクラブの全ホームスタジアム制覇を達成しました。これまで広島と新潟には足を踏み入れたことがなかったのですね。J2だと、山形・金沢・山口・讃岐・愛媛・熊本が未踏。 マッチレポはコチラ     そんなわけでビッグスワン。デンカビッグスワンスタジアム。すぐ隣が立派な野球場なんですね。シャトルバスながら新幹線停車駅に30分......続きを読む»

9/16アルビレックス新潟VS鹿島アントラーズ【Jリーグ第26節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 8 小泉 慶 27 堀米 悠斗 50 富澤 清太郎 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 9 山崎 亮平 13 加藤 大 40 小川 佳純 7 ホニ FW 11 ドウグラス タンキ 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… タンキとホニのゴールシーンは本当に良かった。 タンキのゴールは起点になった山崎のスルーパスが......続きを読む»

9/9アルビレックス新潟VSサンフレッチェ広島【Jリーグ第25節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 8 小泉 慶 27 堀米 悠斗 50 富澤 清太郎 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 9 山崎 亮平 13 加藤 大 40 小川 佳純 7 ホニ FW 11 ドウグラス タンキ 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… チアゴが規律違反をして小川がスタメン。その小川が良かった。 献身的に動くし、何より感じ......続きを読む»

去年アルビを低迷させた吉田達磨監督はなぜヴァンフォーレで残留圏に留まっているのか?

【アルビレックス新潟シンドローム】

この前の日曜日にヴァンフォーレ甲府対川崎フロンターレの試合をダゾーン観戦しました。 かなり面白いゲームでした。 どちらのサポーターでも無いですが去年アルビの監督だった吉田監督の指揮が冴えていたので、なぜ去年吉田監督はアルビで失敗して、現在甲府ではそれなりにやれているのか?自分なりに考えてみました。 去年のアルビは皆さんご存知の通り、ギリギリでの残留を決めました。 またシーズン当初から指揮してい......続きを読む»

8/26アルビレックス新潟VS柏レイソル【Jリーグ第24節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 19 矢野 貴章 27 堀米 悠斗 4 ソン ジュフン 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 9 山崎 亮平 13 加藤 大 10 チアゴ ガリャルド 7 ホニ FW 11 ドウグラス タンキ 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5.5 良かった点から… タンキがボールを収められるし、突破もできるしかなり効いている。 もっとス......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】人間はできることなら、その人の個性にあった職業を選ぶべきだ ~アルビレックス新潟11戦連続勝利なし。ワースト記録更新中~

【白鳥城の騒霊】

ローマ時代の哲学者にキケローという人がいます。 彼は「人間はできることなら、その人の個性にあった職業を選ぶべきだ」と熱心に語っていたそうです。 あたりまえでしょ、なにを今更という人もいるでしょうけど。 むしろ今の世でもこれは大きな命題です。あなたのなかのあなたに聞いてみてください。 「あなたはあなたの個性にあった仕事についてますか?」 「あなたは与えられたポジションのなかでどのくらいあなたの個性を発......続きを読む»

今夏移籍選手を踏まえてスタメンを妄想

【アルビレックス新潟シンドローム】

今夏移籍加入選手が5人と、過去を見ても多い状況で、次節の仙台戦は鳥栖から加入した2人も出場が見込めそうだということから、完全に個人的主観でのスタメンを書いてみようと思います。 前回の記事で書いた通り、今のアルビはロングスロー、セットプレー、カウンターの3本柱が攻撃の軸となっています。 それをベースに現有戦力でのベストメンバーはどうなるか妄想してみました。 GK 大谷 DF 矢野 大武 富澤 堀......続きを読む»

8/13アルビレックス新潟VS大宮アルディージャ【Jリーグ第22節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 8 小泉 慶 27 堀米 悠斗 50 富澤 清太郎 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 9 山崎 亮平 13 加藤 大 10 チアゴ ガリャルド 19 矢野 貴章 FW 11 ドウグラス タンキ 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… チャンスは作れている。最後の精度だけ。 セットプレー、ロングスロー、カウ......続きを読む»

レンタル放出とレンタル獲得

【アルビレックス新潟シンドローム】

西村選手が山形へ、平松選手が長崎へレンタル移籍することが発表された数時間後、鳥栖から小川選手と富山選手をレンタル移籍で獲得したと発表がありました。 西村選手は、散々穴だとされたソン選手からスタメンを奪えない段階で武者修行リストには入っていたのかなと推察しています。 平松選手も同じくタンキ選手が加入した今、武蔵との2番手3番手争いに甘んじています。 彼らは片道切符だと思うくらいの覚悟で結果を出し......続きを読む»

8/9アルビレックス新潟VS川崎フロンターレ【Jリーグ第21節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 24 川口 尚紀 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 7 ホニ 8 小泉 慶 10 チアゴ ガリャルド 19 矢野 貴章 FW 11 ドウグラス タンキ 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… タンキのキープ力と、個人での打開、前からの守備はとても良いと感じた。あとは周......続きを読む»

8/5アルビレックス新潟VS横浜Fマリノス【Jリーグ第20節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 8 小泉 慶 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 7 ホニ 13 加藤 大 30 ロメロ フランク 19 矢野 貴章 FW 11 ドウグラス タンキ 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… タンキが結構身体張れるし、ボール奪取も出来るし、一人で突破できるし期待が持てる選手......続きを読む»

7/30アルビレックス新潟VSFC東京【Jリーグ第19節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 8 小泉 慶 44 大武 峻 MF 6 磯村 亮太 7 ホニ 10 チアゴ ガリャルド 30 ロメロ フランク 19 矢野 貴章 FW 16 平松 宗 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5.5 良かった点から… アウェーで勝ち点1を取れたのは大きい。 なにより今日は守田が少なく見積もっても......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~

【白鳥城の騒霊】

<月刊ラモス>柴崎よ太陽になれ プレミアリーグ創設提案(中日スポーツ) 2017年7月29日 ラモス瑠偉氏が吼えてますね。 秋春制議論が、これほど長く続いている理由は簡単です。 Jリーグを現在の春秋制から秋春制移行したいという人と春秋制のままでいいという人の意見で二分化されているからです。 「春秋制のままでいい」と秋春制移行に反対する人たちの多くは「寒冷地、雪の多い......続きを読む»

最下位フロントの致命的大失態!新加入選手の登録不備で出場出来ず!

【アルビレックス新潟シンドローム】

今朝のニュースで、新加入選手の外国人FWタンキ選手が、メキシコ側との書類の不備で明日のFC東京戦を欠場することがわかった。 アルビレックス新潟も一企業ではあるが、一般企業とは異なるプロサッカークラブという組織である。 試合は待ってくれないし、降格がほぼ決まりかけている状況で中断期間に獲得した選手を起用することが出来ないとは何事か? 私は常々今期のアルビの試合の記事を書くごとにフロント批判をして......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】新潟の失敗は「決断が遅かったこと」 ~甲府と新潟を比較してわかる戦略的布石の有無~

【白鳥城の騒霊】

【J1経営情報ランク】営業収益1位は浦和。伸び率では鹿島&G大阪が大幅アップ、その理由は… 甲府と新潟を比較。 ◆営業収益ランキング 12位 新潟 29億800万円(+3億9800万円) 18位 甲府 15億2300万円(-200万円) ◆広告料収入ランキング 14位 新潟 10億4900万円(+1100万円) 16位 甲府 7億3600万円(-1500万円) ◆入場......続きを読む»

7/9アルビレックス新潟VS浦和レッズ【Jリーグ第18節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 33 西村 竜馬 34 原 輝綺 MF 49 鈴木 武蔵 8 小泉 慶 10 チアゴ ガリャルド 13 加藤 大 19 矢野 貴章 FW 9 山崎 亮平 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… 何度も書いているが、小泉が攻撃参加するとリズムが良くなる。 実際、先制点もあの位置......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】NO PLAN NO VISION ~はたして呂比須監督は溺れるアルビの藁になれるのか?~

【白鳥城の騒霊】

なにから話しましょうか。まずは5連敗ですかね。リーグ戦は就任直後の1勝しただけ。1勝5敗。5連敗はアルビ史上初だそうです。 やっぱり監督経験はほとんどなしですね。ブラジルで監督やりました(ブラジルセリエCからBに昇格させました)とか言っても、所詮日本とブラジルは文化もサッカーもまったく違うわけで、どのくらい監督手腕があるのかは見てみないとわからないと思ってましたが、少なくとも結果を見る限りダメですよ......続きを読む»

7/1アルビレックス新潟VSジュビロ磐田【Jリーグ第17節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 33 西村 竜馬 34 原 輝綺 MF 7 ホニ 8 小泉 慶 10 チアゴ ガリャルド 13 加藤 大 19 矢野 貴章 FW 9 山崎 亮平 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… 15-30分の攻撃の感じは良かったのだが、J1だとさらに二段階くらい精度を上げる必要があると感じ......続きを読む»

アルビの不振の理由

【Viva La sports】

アルビとジュビロの試合を観て 今のアルビには組織戦術がない事が 最大の理由だと感じた。 まずはクラブの監督選びの一貫性の無さ。二年間で四人監督が変わった結果、何が起きたか? 混乱である。 攻めを重視した結果、 守りの緻密さがない。 だから、守備戦術を徹底する。 そして今季、三浦監督にして守備戦術を重視したが、勝てず、 フォワード出身の呂比須に変える。 これでは繋がりがなくなるに決まっている。何......続きを読む»

鹿島ー新潟

【no title】

大岩監督就任後、勝利が続いている鹿島 石井監督のもとでは殆ど出番のなかったレアンドロが躍動 監督交代はひとまずいい方向に向いている。 しかしこの試合の序盤、鹿島は酷かった パスのスピードが緩く、精度も低く危険な位置で何度も新潟にボールを渡してしまう いつゴールを割られてもおかしくない状況だったが、新潟のプレーに正確性がなく 鹿島を脅かすまでには至らない。 膠着状態で迎えたハーフタイム ......続きを読む»

6/25アルビレックス新潟VS鹿島アントラーズ【Jリーグ第16節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 34 原 輝綺 50 富澤 清太郎 MF 7 ホニ 8 小泉 慶 10 チアゴ ガリャルド 13 加藤 大 19 矢野 貴章 FW 9 山崎 亮平 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… 原と矢野の右サイドは機能しているし、堀米ホニももう1段良くなると攻撃の形が出来つつある。 決定力......続きを読む»

ドウグラス タンキ選手&大武 峻選手 移籍加入

【アルビレックス新潟シンドローム】

ブラジル人FWのタンキと名古屋からDF大武の獲得が発表されました。 ドウグラス タンキ選手 Da Silva Souza Douglas Willian(DOUGLAS TANQUE) ■ポジション FW ■生年月日 1993年10月27日(23歳) ■身長/体重 188cm/92kg ■特徴 強じんなフィジカルを活かして重戦車のようにゴールに突き進むストライカー。利き足の......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】一事が万事で凡事徹底せず ~これが今の新潟であると理解する事こそはじめの一歩になるかもしれない~

【白鳥城の騒霊】

大宮戦の敗戦は痛いですね。17位と18位のボトム同士の裏天王山の試合。いわゆる6ポイントゲームを落としてしまいました。 13節の仙台戦も6ポイントゲームだったわけで、二つ大事な試合を落としたのは、いまだチームは混乱している状況を脱してない。上昇機運を取り戻せてないという事でしょう。 負けちゃったので結果もいただけませんが、試合内容もほめられたものではありませんでしたね。「勝利とは相手より1点でも......続きを読む»

新潟−大宮

【no title】

試合は毎週見ているものの、筆不精になってしまいました。。 もし楽しみに見てくれている方がいたらすいません_(^^;)ゞ 今日もまとまりのない文章にお付き合い頂けたらありがたいです。 シーズン序盤から苦しい戦いが続いている18位と17位の直接対決 共に監督を交代し迎えたこの試合は、両クラブにとって絶対に落とせないものだった 特に監督交代が浮上のきっかけになっていない新潟にとっては、再びきっか......続きを読む»

6/17アルビレックス新潟VS大宮アルディージャ【Jリーグ第15節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 22 川浪 吾郎 DF 4 ソン ジュフン 27 堀米 悠斗 34 原 輝綺 50 富澤 清太郎 MF 7 ホニ 8 小泉 慶 10 チアゴ ガリャルド 19 矢野 貴章 30 ロメロ フランク FW 9 山崎 亮平 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟5 良かった点から… 右サイドからの攻撃が活性化していて、左サイドにホニがいることで攻撃の形が増えたのは大きいし、矢......続きを読む»

ジャンパトリック選手退団

【アルビレックス新潟シンドローム】

ジャンパトリック選手の契約解除のお知らせが公式に発表されました。 個人的にはルヴァン杯でのゴールが強烈なインパクトを持っていて、もっと見たかったなぁと言うのが正直なところ。 ぶっちゃけロメロに比べて守備は同じくらいの粗さで攻撃力はジャンの方があったので、外から見えてない色々な要因があっての契約解除なんだろうけど、最下位のチームのフロントのやることなので正当化し過ぎてもどうかと思うので、ジャンパト......続きを読む»

6/4アルビレックス新潟VSセレッソ大阪【Jリーグ第14節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 21 守田 達弥 DF 4 ソン ジュフン 24 川口 尚紀 27 堀米 悠斗 50 富澤 清太郎 MF 7 ホニ 8 小泉 慶 10 チアゴ ガリャルド 34 原 輝綺 49 鈴木 武蔵 FW 9 山崎 亮平 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟4.5 良かった点から… 60分までは守備が耐えられるのは三浦体制よりも良くなった点だと思う。 前半の小泉が攻撃のスイッ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】自分たちで決めたルールくらい守ろうよ。 ~Jリーグ規約第55条「アウェイゲーム3試合以上連続禁止」違反を放置しているJリーグチェアマンに厳罰を~

【白鳥城の騒霊】

Jリーグ開幕を2月第3週に早めるという記事がでてきました。 Jリーグ、来季2・17開幕へ!W杯イヤーで史上最も早く…(スポーツ報知)   2年前それまでの3月第1週だったJ開幕を2月第4週に前倒しをして、3年後の2018年にさらに1週間前倒しの予定だそうです。 なんだかなーって話ですよ。 2月第3週は、普通に考えて雪国ではまだ積雪があり、降雪もある時期です。 降雪地クラ......続きを読む»

5/31アルビレックス新潟VSヴィッセル神戸【ルヴァン杯第7節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

本日のスタメン GK 22 川浪 吾郎 DF 23 酒井 宣福 25 長谷川 巧 26 酒井 高聖 33 西村 竜馬 MF 15 本間 勲 17 伊藤 優汰 18 成岡 翔 20 端山 豪 29 森 俊介 FW 16 平松 宗 【こうずのチーム採点・寸評】 アルビレックス新潟 5.5 良かった点から。 長谷川が前回に引き続きよかった。前半の最初こそ相手の猛......続きを読む»

5/28アルビレックス新潟VSベガルタ仙台【Jリーグ第13節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 4 ソン ジュフン 24 川口 尚紀 27 堀米 悠斗 50 富澤 清太郎 MF 7 ホニ 8 小泉 慶 9 山崎 亮平 10 チアゴ ガリャルド 30 ロメロ フランク FW 49 鈴木 武蔵 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟6 良かった点から… まず、セットプレーの守備がかなり安定していた。全体的に守備面でソンと富澤は......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】天才から学ぶ天才でないクラブの立て直し方 ~努力逆転の法則に抗うために~

【白鳥城の騒霊】

将棋界の天才といえば藤井聡太(14)。 サッカー界の天才といえば久保建英(15)。 藤井四段が世間を驚かしたひとつが羽生善治三冠を破った対局。 羽生三冠が「全く隙がない将棋を指した」「どこが敗因かわからない」といわれるほど、藤井の出来でした。 たしかこのとき羽生三冠は、「(藤井四段が)まったくミスをしなかった。途中どこかでミスするものだけど、それもなかった」と言ってました。 ミスをしない。当たり......続きを読む»

5/24アルビレックス新潟VSヴァンフォーレ甲府【ルヴァン杯第6節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

本日のスタメン [GK] 21 守田 達弥 [DF] 25 長谷川 巧 33 西村 竜馬 2 大野 和成 26 酒井 高聖 [MF] 15 本間 勲 13 加藤 大 29 森 俊介 20 端山 豪 23 酒井 宣福 [FW] 16 平松 宗 【こうずのチーム採点・寸評】 アルビレックス新潟 5.5 良かった点から。 右SBの長谷川が非常に良かった。クロスの質、状況判断......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】けいこ不足を幕は待たない。勝負はいつでも初舞台。~小柳改め豊山の連敗と低迷アルビがダブルで~

【白鳥城の騒霊】

サッカーファンにとっては小柳といえばルミ子でしょうが、 新潟人にとっては小柳といえば「豊山」です。 今場所新入幕の力士、小柳改め豊山。ひさびさの幕内県人力士です。 前評判も高く期待いっぱいでしたが、今場所7連敗中。 悩んでますね。悩んでるところもアルビと同じです。 なんか消極的なんですよね。仕切りが低かったり、相手に合わせた相撲をしてたりと、完全に自分を見失ってる感じ。 解説者によると、どうやら弱点......続きを読む»

2017 Jリーグ 12節

【no title】

J1① 鹿島−川崎 お互いACLがあるとはいえ、金曜の夜には勿体ない試合 今シーズンより過密日程の影響を受けているのは鹿島の方だろうか?選手層は川崎よりも厚い気がするが、戦術の浸透度は川崎に分があるように思う。 この日はレアンドロ、金森が先発していたがこれといった活躍は出来ず。特にレアンドロはチームのブレーキになっていた 一番気になったのは粘りの無さ。先制点はカウンターだったので仕方ないとし......続きを読む»

5/20アルビレックス新潟VS北海道コンサドーレ札幌【Jリーグ第12節】

【アルビレックス新潟シンドローム】

スタメン GK 1 大谷 幸輝 DF 27 堀米悠斗 4 ソン ジュフン 24 川口 尚紀 50 富澤 清太郎 MF 8 小泉 慶 10 チアゴ ガリャルド 7 ホニ 30 ロメロ フランク 9 山崎 亮平 FW 49 鈴木 武蔵 【こうずのチーム採点・寸評】 新潟6.5 呂比須監督の初陣ということで期待を大きくしてDAZN観戦。 結果は1-0で勝利。ホームでの勝利......続きを読む»

呂比須監督初陣に向けて

【アルビレックス新潟シンドローム】

火曜日から着任してシステム変更含めて濃いトレーニングをしてきたと各メディアの報道を見たところ、どうやらシステムは4-4-2から4-2-3-1へと変更するようだ。 守備の安定というシステム変更というよりも個人的にはチアゴをトップ下、ホニをサイドで使う点で攻撃が以前よりやりやすくなるのでは?という感想を持った。 札幌とは終盤まで残留争いのライバルとなる可能性があるので、なんとしてでもここで勝利をして......続きを読む»

呂比須ワグナー 監督就任会見を見て

【アルビレックス新潟シンドローム】

メンタル的な部分から入っていく パスを繋いで攻撃をするサッカー いい選手はいる 俺が決めるというストライカーを使いたい 反町と親交がありアルビは気にしていたチーム 気になった部分を抜き出してみた。 守ってカウンターを掲げた三浦アルビは、その根幹の守備が崩壊して悲惨な状況であるので、パスサッカーがどうってことはないんだが、去年の吉田アルビで散々ポゼッションサッカーができずに低迷したチームだ......続きを読む»

新潟−東京

【no title】

ルヴァンカップを含めて今シーズン10試合目。 開幕当初に無かったコンビネーションが深まり、試合の中で出来ていなかった事が形になってくる頃、監督の指導力に差がでる時期とも言える。 序盤に勝ち点を重ねる事はもちろん大切だが、長いシーズンを戦う上では重ねた失敗を改善していく事が一番大事だと思う。 前節アウェイで初勝利を納めた新潟だったが、新潟がそれほど良かった印象はなく、甲府が新潟以上に物足りなかっ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】これがアルビの生きる道 ~J1第7節 甲府vs新潟戦~

【白鳥城の騒霊】

「美しいサッカー」か? 「勝つことだけに徹するサッカー」か? どっちが正しいか? 二者択一ならだれでもできるんですね。 「俺の美しいサッカーをやって負けたらしょうがない」と割り切るのはある意味で簡単なんです。 「勝つためだけ」というのであれば、理論上はやりやすいんですね。 データをとると、サッカーの全得点のうち、3割から4割はコーナーキックだとか、フリーキックといったセットプレーなんです。 ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】降雪地クラブのうえに存在する「ガラスの天井」とは。 ~Jクラブのキャンプコスト比較と秋春制移行を考察する~

【白鳥城の騒霊】

秋春制議論をする時、いつも思うのは「どうしたら雪国の冬の実態」を雪国に暮らしたことのない人に、雪国を想像の中でどう理解してもらえるのか?議論はそこに尽きると考えます。 もちろん秋春制推進派の中には、某学園理事長さんや某ゴスロリ大臣のように事実でないことを事実のように言って、事実がばれてから訂正すればいいみたいな感覚で、「冬」の実態を無視して「冬開催なしの秋春制」「1月~2月中旬までウィンターブレイク......続きを読む»

2017Jリーグ J1リーグ4節 J3リーグ2節

【no title】

J1 ①横浜−新潟 象徴でもあった中村俊が抜け、齋藤の移籍騒動もありチーム造りに不安が漂っていた横浜 CFG(シティフットボールグループ)の力もあってかデゲネク、バブンスキー、ヴィエイラと代表歴を持つ選手を獲得し、開幕戦では優勝候補の浦和に勝利。 鹿島には敗れたとはいえ、シーズン前の不安からすれば上々の滑り出し。そんなチームにアウェイで新潟は1-1の引き分け。現状を考えれば悪くはない 勝点1......続きを読む»

今野と同い年、田中達也が好きなんです

【千葉からスポーツを語る】

今シーズン、アルビレックスの最初の4点全てが田中達也から生まれている。今与えられている役割は2列目のワイド、の控え。限られた出場機会の中で、本来のポジションから1列下がっても、その決定力は特筆に値する。 もちろん、もともとの能力に疑いの余地はない。強い時代のレッズを攻撃的に牽引し、ワクワク感を与えてくれる選手。豊富な運動量に両足を使える高い決定力、小柄な体格ながらヘディングでの得点も多く、多彩な引......続きを読む»

2017 J1リーグ1節 J2リーグ1節

【no title】

初回なのでmixiでの日記をそのまま引用しますf(^^; 呟いてもすぐ消えてしまうし、たまには日記でも書こうとmixiを開く 最後に書いたのが2015年。…あれ、去年は全く書かなかったのか( ̄□ ̄;) 仙台行ったり、北海道行ったり、大阪行ったり珍しく遠出したのに..。すっかり筆不精になってしまった サッカーも以前ほど熱意を持って見れなくなってしまったなー。まあ応援してるクラブが振るわないって......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】2月開催によって札幌と山形は苦行を強いられている。 ~秋春制。我慢というなら降雪地クラブだけに強いるのではなく、Jリーグ全クラブに公平に強いるべきです~

【白鳥城の騒霊】

秋春制。なぜJリーグは秋春制移行を20年近く議論していて、いまだに移行が実現しないのでしょう? ここはいったん根本的な問題に立ち返ってみませんか。 なぜ秋春制が実現しないのかは、秋春制に反対する人たちが少なくない人数の単位で存在するからです。 反対する人たちには反対する人の理由と根拠があって、その問題となる根の部分を解決しない限り、反対する人たちの反対する声がなくなることはない。 だから秋春制移行は......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】やはり秋春制は厳しい。新潟の3月は「三寒四温」の時期。まだ「春遠からじ」の季節なのだ。 ~J1第3節 新潟vs清水戦~

【白鳥城の騒霊】

第3節ホーム、新潟vs清水戦。 清水戦は前半から76分の1点目の失点までは、イーブンの展開。新潟は悪くなかったと思います。 新潟も清水も、互いがプラン通りのサッカーがほぼほぼできていました。 あの失点前の清水の攻撃の前あたりから新潟の運動量が落ちたかなという印象。(結果論ですが) 清水にポゼッションされボールを回されマークがズレ始めました。 4-4-2の守備の約束事ができなくなった。 達也が下がって......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】我々はすごい逸材を手にした!  ~アルビ史上初、開幕スタメンの高卒ルーキー・原輝綺~

【白鳥城の騒霊】

「我々はすごい逸材を手にした! 」 昨日の某民放テレビ局「アルビ戦ニュース」でアルビOBで解説の内田潤氏のこの言葉がすべてを言い尽くしていましたね。 万年残留争いを繰り広げていたわけではなかった。伊達に14年間もJ1張ってない。14年間もJ1にしがみ付いていると思いがけないサッカーの神様からのギフトが贈られてくるということです。 簡単にいえば、城彰二がジェフでプロデビューしたとか、大久保嘉人がセレッ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】田村奈津枝さんの巻き込まれた不幸な事故をなくすためにも ~Jリーグの秋春制移行に反対します~

【白鳥城の騒霊】

Jリーグの秋春制移行のニュース。ひさびさの話題です。 2月14日、サッカー協会の田嶋会長とJリーグ村井チェアマンの両者同席のもとで、J1~J3の降雪地クラブ13クラブの代表者が集まってシーズン移行の話し合いがもたれたそうです。 【時事ドットコム】改めて「冬開催難しい」=降雪クラブの見解一致-Jリーグ秋春制 2017/02/14-20:12>降雪期間試合開催は難しい。出席者の一人は「これまで何......続きを読む»

前年度的中率72.2%!2017J1リーグ順位予想~アルビレックス新潟編 ~

【キキアシワアタマ】

昨シーズンのアルビレックス新潟順位予想 賞金の高額化は,すでにJ1クラブ間の格差を拡大させています。 狙う魚がデカくなった事で,持てるクラブは持たざるクラブから例年以上の札束をもって主力を引き抜いていき,昇格クラブたちもJ1仕様とは言い難い陣容で開幕を迎えそうです。 そのような流れのなか,最も戦力ダウンを強いられたのがこのクラブ。 【主な入退団】 in DF宋株熏←水戸(レンタル復帰) ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】手も足も出なかった2016年から何を学ぶか? ~アルビレックス新潟J1歴代監督の就任初年度の成績を分析する~

【白鳥城の騒霊】

アルビレックス新潟J1歴代監督の就任初年度の成績 【鈴木淳】   2006 J1 新潟 14位 勝点42 34試合 12勝 6分 16敗   01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 ● ○ ○ ● ● △ ○ ○ ● ○ △ ○ ○ ● ● ● ● (7勝 2分 8敗) 18 19 20 21 22 23 24 25 26 ......続きを読む»

INACの底力に新潟は力尽きる〜皇后杯決勝(12月25日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

実は皇后杯の決勝を生観戦するのは初めてなのではなかろうか。たぶん新潟Lの試合の生観戦も初めて。 ■前半 23日に行われた準決勝もテレビではぼんやり眺めていたので、なんとなくわかっていましたが、INACのシステムは433。インサイドハーフがかなり自由に動き回りますし、両ウイングも頻繁にゴール前に進入していきますので、非常に流動的。そして、ボールを奪ったら前へ前へと突進するサッカー。ロングボールもあ......続きを読む»

J1最終節、新潟へ祈りを込めて

【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

11/3は2016年のJ1最終節が行われます。現在15位のアルビレックス新潟はホームに6位の昨年王者サンフレッチェ広島を迎え残留をかけます。 最終節を残して降格の可能性があるのは4チーム チーム名 勝ち点 得失点 得点 最終節 磐田 33 -14 36 仙台(A) 甲府 31 -25 32 鳥栖(H) 新潟 30 -15 33 広島(H) 名古屋 30 -18 37 湘南(H) 新潟が残留できる......続きを読む»

シンガポールカップ決勝(vsタンピネス・ローバーズ)Singapore Cup Final, vs Tampines Rovers FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ決勝、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでタンピネス・ローバーズと対戦。 9月の準決勝でバレスティア・カルサを下して2年連続の3度目の決勝進出を決めたアルビS。 今季最終戦はコミュニティシールド、リーグカップ、Sリーグに続いて前人未到の4冠達成を懸けての大一番となる。 アルビSは7月のシンガポールカップ準々決勝第2戦以来の4バック、4-1-4-......続きを読む»

アルビがチームになれない理由

【Viva La sports】

アルビの浦和戦を観ていて、感じたのは、チームになっていないという事だった。 まず気になったのは、ボールがダイレクトで動かない事だった。 浦和はゴール前になればなるほど、 ワンタッチで崩そうとする。 当然である。 今のサッカーでスピードがない攻めでは、崩せない。 まずそれがないから、 崩せない。 そして、もう一点、 中盤でいい形で奪って中央を上がって、サイドにフリーがいても、 ボールを出さない。......続きを読む»

Sリーグ最終節(vsタンピネス・ローバーズ)S.League Final leg, vs Tampines Rovers FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ最終節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでタンピネス・ローバーズと対戦。 リーグ初優勝を決めたものの前節のアウェイ最終戦は今季初の3失点で完敗に終わったアルビS。 リーグ最終節は2位タンピネス・ローバーズとの直接対決となる。 アルビSは3-4-2-1のシステムでこの試合の臨む。 GKにはGK笠川永太が3試合ぶりの先発出場。 DFラインは右からDF山田幹......続きを読む»

Sリーグ第23節(vsホーム・ユナイテッド)S.League 23rd leg, vs Home United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第23節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はビシャンスタジアムでホーム・ユナイテッドと対戦。 前節の勝利で勝点を50(16勝2分4敗)へ伸ばし2試合を残して史上初のリーグ優勝を決めたアルビS。 この試合が今季アウェイ最終戦となる。 アルビSは前節に続き3-5-2のシステム。 GKは守護神のGK野澤洋輔が2試合連続の先発出場。 DFライン前節同様に右からDF藤原賢土、DF代田敦資......続きを読む»

Sリーグ第22節(vsホーガン・ユナイテッド)S.League 22nd leg, vs Hougang United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第22節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでホーガン・ユナイテッドと対戦。 21試合を終えて勝点47(15勝2分4敗)で首位に立つアルビS、この試合に勝利するとSリーグ加入から13シーズン目にして悲願のリーグ初制覇が決まる。 前節ウォーリアーズ戦は優勝へのプレッシャーから本来のアルビSらしいサッカーを見せられず完敗。 しかしながら今節も同じ失敗を繰り返す......続きを読む»

Sリーグ第21節(vsウォーリアーズ)S.League 21st leg, vs Warriors FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第21節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでウォーリアーズと対戦。 4試合を残して勝点47(15勝2分3敗)で首位に立つアルビS、いよいよクラブ史上初のリーグ制覇が見えてきた。 この試合に勝利し、明日2位のタンピネス・ローバーズがブルネイDPMMに敗れるとアルビSのリーグ優勝が決まる。 優勝へ向けてプレッシャーのかかる試合だがアルビSらしいサッカーで9月......続きを読む»

Sリーグ第20節(vsゲイラン・インターナショナル)S.League 20th leg, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第20節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでゲイラン・インターナショナルと対戦。 シンガポールカップ準決勝を挟んで1ヶ月ぶりの再開となるリーグ戦。 アルビSは5試合を残して勝点44(14勝2分3敗)の首位、2位のタンピネス・ローバーズとの勝ち点差は4となっている。 残り5試合で3勝を挙げれば自力でのSリーグ初制覇が決まるが、まずは1試合1試合集中して目......続きを読む»

シンガポールカップ準決勝第2戦(vsバレスティア・カルサ)Singapore Cup Semi Final 2nd leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ準決勝第2戦、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はトアパヨスタジアムでバレスティア・カルサと対戦。 9日(金)の第1戦を稲葉修土の今季初ゴールで1-0と制したアルビS。 この試合引き分け以上の結果で昨年に続いて2年連続のシンガポールカップ決勝進出が決まる。 アルビSのシステムは第1戦に引き続き3-4-2-1。 GKはGK笠川永太が2試合連続の先発出場。 DFラインは第1......続きを読む»

シンガポールカップ準決勝第1戦(vsバレスティア・カルサ)Singapore Cup Semi Final 1st leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ準決勝第1戦、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでバレスティア・カルサと対戦。 インターナショナルウィークによる中断期間明け初戦はリーグ戦でも前節顔を合わせたバレスティア・カルサとの再戦。 アルビSは2年連続、バレスティアは2014年以来2年ぶりのシンガポールカップ決勝進出を目指す。 アルビSはこの試合も引き続き3-4-2-1のシステムを採......続きを読む»

Sリーグ第19節(vsバレスティア・カルサ)S.League 19th leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第19節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでバレスティア・カルサと対戦。 前節リーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げ、勝点を41(13勝2分3敗)に伸ばし首位をキープしたアルビS。 8月最終戦はバレスティア・カルサとの今季4度目の対戦となる。 アルビSは前節に引き続き3-4-2-1のシステムを採用。 GKは守護神のGK野澤洋輔。 DFラインは右からDF免田朋己......続きを読む»

Sリーグ第18節(vsヤングライオンズ)S.League 18th leg, vs Young Lions

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第18節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでヤングライオンズと対戦。 アルビSはリーグ戦17試合を終えて勝点38(12勝2分3敗)で首位に立っているもののここ2試合はタンピネス・ローバーズ、ブルネイ・ディーピーエムエムに2連敗。 2位タンピネスとの勝点差を1まで縮められてしまった。 最下位に沈むヤングライオンズを相手に今季全勝中のホームで確実に勝利し、......続きを読む»

Sリーグ第17節(vsブルネイ・ディーピーエムエム)S.League 17th leg, vs Brunei DPMM FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第17節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はバンダルセリベガワンスタジアムでブルネイ・ディーピーエムエムと対戦。 カップ戦を挟み約1ヶ月半ぶりの再開となるリーグ戦はいよいよ残り8試合、最終クールへと入る。 最終クール初戦は先週のリーグカップ決勝戦に続きブルネイ・ディーピーエムエム。 会場をシンガポールからブルネイへと移し、アウェイでの一戦となる。 アルビSはリーグ戦ここまで16......続きを読む»

リーグカップ決勝(vsブルネイ・ディーピーエムエム)League Cup Final, vs Brunei DPMM FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

リーグカップ決勝、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでブルネイ・ディーピーエムエムと対戦。 リーグ優勝を争うタンピネス・ローバーズに快勝し2年連続の決勝進出を果たしたアルビS。 リーグカップ2連覇そして2011年、2015年に続く3度目の優勝を目指す。 アルビSは3-4-2-1のフォーメーションで決勝戦に臨む。 GKは準決勝でも好守でチームを救ったGK野澤洋輔。......続きを読む»

リーグカップ準決勝(vsタンピネス・ローバーズ)League Cup Semi Final, vs Tampines Rovers FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

リーグカップ準決勝、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでタンピネス・ローバーズと対戦。 グループステージを2勝1敗で準決勝に進出したアルビS、リーグカップ2連覇を目指してまずは2年連続の決勝進出を目指す。 グループステージ最終戦から中3日で行われる準決勝、アルビSは3-4-2-1のフォーメーションを採用する。 GKにはGK野澤洋輔がグループステージ初戦以来の先......続きを読む»

リーグカップグループステージ第3節(vsゲイラン・インターナショナル)League Cup Group Stage 3rd leg, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

リーグカップグループステージ第3節(グループB)、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はべドックスタジアムでゲイラン・インターナショナルと対戦。 グループステージ2連勝で既に準決勝進出を決めているアルビS、この試合に引き分け以上でグループステージ首位通過が決定する。 アルビSは中3日で行われる準決勝に向けてメンバーを入れ替え、3-4-2-1のフォーメーションでこの試合に臨む。 GKにはGK......続きを読む»

リーグカップグループステージ第2節(vsバレスティア・カルサ)League Cup Group Stage 2nd leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

リーグカップグループステージ第2節(グループB)、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでバレスティア・カルサと対戦。 リーグカップ開幕戦を2-0で制したアルビS、この試合に勝利すればグループステージ突破が大きく近づく一戦となる。 アルビSは前節からメンバーを入れ替え、3-5-2のフォーメーションでこの試合に臨む。 GKには今季アビスパ福岡から新加入したGK笠川永......続きを読む»

劇場!〜川崎vs新潟(7月13日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

【4thDayMarketCenter】

実は現在の自宅から最も近いJ1のスタジアムは等々力かも。 ■前半 フロンターレは風間さんになってから何年経つんですかね。いろいろ言われたりもしますが、安定政権です。その間、志向するスタイルに全くブレがない。いわゆる“パスサッカー”への道を着実に邁進しています。対する新潟は、吉田監督が就任して、これまでの柳下政権とは、やや趣の異なるスタイルを構築中。吉田監督が目指すのは、レイソル時代と同じく、主導......続きを読む»

リーグカップグループステージ第1節(vsホーム・ユナイテッド)League Cup Group Stage 1st leg, vs Home United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

リーグカップグループステージ第1節(グループB)、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はビシャンスタジアムでホーム・ユナイテッドと対戦。 2011年、2015年と2回の優勝を飾っているリーグカップが開幕。 今大会の開催期間は7月13日(水)〜30日(土)と18日間の超短期決戦となる。 大会方式はヤングライオンズを除くSリーグ8クラブが2つのグループに分かれて総当りのグループステージを対戦。......続きを読む»

シンガポールカップ準々決勝第2戦(vsゲイラン・インターナショナル)Singapore Cup Quarter Final 2nd leg, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ準々決勝第2戦、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでゲイラン・インターナショナルと対戦。 3日前の第1戦を2-0で制したアルビS、2点のアドバンテージを持って第2戦へ臨む。 アルビSは第1戦に続いて4バック、4-2-3-1のフォーメーションを採用する。 GKは第1戦も好守で完封勝利に貢献したGK野澤洋輔。 DFライン、右サイドバックにはDF免......続きを読む»

シンガポールカップ準々決勝第1戦(vsゲイラン・インターナショナル)Singapore Cup Quarter Final 1st leg, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ準々決勝第1戦、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでゲイラン・インターナショナルと対戦。 昨年、悲願の初制覇を果たしたシンガポールカップがいよいよ開幕。 昨シーズンの覇者アルビSは準々決勝から登場、大会2連覇を目指す。 アルビSは今季初めて試合開始から4バックを採用。 4-2-3-1のフォーメーションで大会初戦に臨む。 GKには今季16試合で......続きを読む»

Sリーグ第16節(vsタンピネス・ローバーズ)S.League 16th leg, vs Tampines Rovers FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第16節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンウェストスタジアムでタンピネス・ローバーズと対戦。 前節は3点を先取するも一時は1点差に迫られる展開。しかしながらMF長崎健人の鮮やかな2ゴールで終わってみれば5-2の快勝。 いよいよ連勝記録を10の大台へ乗せたアルビSは勝点を38(12勝2分1敗)へ伸ばし、2位タンピネスとの天王山を迎える。 アルビSは連勝中の勢いをそのまま......続きを読む»

Sリーグ第15節(vsホーム・ユナイテッド)S.League 15th leg, vs Home United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第15節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでホーム・ユナイテッドと対戦。 前節はアウェイで今季初めて前半にリードを奪われる苦しい展開ながらも後半の2ゴールで逆転勝利。 連勝記録を9、勝点を35(11勝2分1敗)へ伸ばし、首位を快走している。 中2日で迎える今節は3位につける相手との上位対決となる。 アルビSのシステムは今節も3-4-2-1。5試合連続で......続きを読む»

Sリーグ第14節(vsホーガン・ユナイテッド)S.League 14th leg, vs Hougang United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第14節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はホーガンスタジアムでホーガン・ユナイテッドと対戦。 中断明けとなった前節は2点差を追い付かれながらも終了間際のゴールでクラブ連勝記録を8へ伸ばしたアルビS。 10勝2分1敗(勝点32)で昨日の試合を勝利を挙げた2位のタンピネス・ローバーズ(勝点28)との勝点差は4となっている。 アルビSは3-4-2-1のシステムを継続して採用、スターテ......続きを読む»

Sリーグ第13節(vsウォーリアーズ)S.League 13th leg, vs Warriors FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第13節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでウォーリアーズと対戦。 前節クラブ記録となる7連勝を飾り、9勝2分1敗(勝点29)で首位に立つアルビS。 3週間の中断期間を終えて全24試合のリーグ戦は今節から後半戦へと入る。 アルビSは3-4-2-1のシステムを継続して採用。 GKは12試合中9試合で完封、リーグ最少の6失点の守護神GK野澤洋輔。 DFライ......続きを読む»

Sリーグ第12節(vsゲイラン・インターナショナル)S.League 12th leg, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第12節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでゲイラン・インターナショナルと対戦。 前節2012年以来4年ぶりの6連勝を飾り、8勝2分1敗(勝点26)で首位を走るアルビS。 5月最後のリーグ戦は、ゲイラン・インターナショナルを相手にクラブ新記録となるリーグ戦7連勝を目指す。 アルビSは3-4-2-1のシステムを採用、前節同様のイレブンが先発メンバーに並ぶ。......続きを読む»

Sリーグ第11節(vsバレスティア・カルサ)S.League 11th leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第11節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでバレスティア・カルサと対戦。 4月のリーグ戦は5戦全勝で5連勝。7勝2分1敗(勝点23)で首位を走るアルビS。 5月最初のリーグ戦は、バレスティア・カルサを相手に2012年以来4年ぶりの6連勝を目指す。 アルビSは今節も3-4-2-1のシステムを採用。 GKは4月の5試合で1失点と最後尾からチームを支えるGK......続きを読む»

Sリーグ第10節(vsヤングライオンズ)S.League 10th leg, vs Young Lions

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第10節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでヤングライオンズと対戦。 前節はアウェイでのブルネイ・ディーピーエムエム戦で今季初の逆転勝利。連勝を4へ伸ばし6勝2分1敗(勝点20)で首位を守ったアルビS。 4月最後となるリーグ戦はU-21シンガポール代表選手を中心に構成されたヤングライオンズをホームで迎え撃つ。 今節のアルビSは3人のメンバーが入れ替わっ......続きを読む»

Sリーグ第9節(vsブルネイ・ディーピーエムエム)S.League 9th leg, vs Brunei DPMM FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第9節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はバンダルセリベガワンスタジアムでブルネイ・ディーピーエムエムと対戦。 前節のタンピネス・ローバーズとの首位天王山を制し、今季初のリーグ戦3連勝、第1クール全8クラブとの対戦を終えて5勝2分1敗(勝点17)と首位に立つアルビS。 第2クール初戦は開幕戦で勝利を飾ったブルネイ・ディーピーエムエムとのアウェイでの試合となる。 アルビSは引き続き......続きを読む»

Sリーグ第8節(vsタンピネス・ローバーズ)S.League 8th leg, vs Tampines Rovers FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第8節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでタンピネス・ローバーズと対戦。 前節のホーム・ユナイテッド戦はFW河田篤秀の今季2度目のハットトリックで2連勝を飾り暫定首位を守ったアルビSは今季初のリーグ戦3連勝を目指す。 アルビSは今節も3-4-2-1のシステムを採用。 GKには7試合で5失点、リーグ最少失点を誇るGK野澤洋輔。 DFラインには前節同様に右......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】大井健太郎に拍手するってそんなにヘンなことなんでしょうか? ~ブーイングについて思うことあり、磐田戦~

【白鳥城の騒霊】

大井健太郎は「出ていった選手には拍手でなくブーイングしてもいいのではないか」と提案したことがある。・・・ Web静新: <J1磐田>DF大井、古巣完封に意欲 敵地新潟戦 https://t.co/QBE3eVjT37 #静岡新聞— 静岡新聞 (@shizushin) 2016年4月8日 「新潟は、良い意味でも悪い意味でも優しすぎる」。・・・   新潟時代の大井はそんな発言してたんでし......続きを読む»

Sリーグ第7節(vsホーム・ユナイテッド)S.League 7th leg, vs Home United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第7節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでホーム・ユナイテッドと対戦。 前節ホーガン・ユナイテッドとの上位決戦を制し、暫定首位に返り咲いたアルビSは今季2度目の連勝を目指す。 先発メンバーには前節同様の11人が並ぶ。 GKには6試合で5失点と開幕から安定したパフォーマンスを見せているGK野澤洋輔。 システムは引き続き3-4-2-1を採用し、DFラインには......続きを読む»

Sリーグ第6節(vsホーガン・ユナイテッド)S.League 6th leg, vs Hougang United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第6節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでホーガン・ユナイテッドと対戦。 前節のウォーリアーズ戦では今季初黒星を喫し、2勝2分1敗(勝点8)と順位を3位に落としたアルビS。 中断期間のトレーニングマッチではタンピネス・ローバーズとジョホール・ダルル・タクジムII(マレーシア)を相手に2連勝。 再び上昇気流に乗るために迎える一戦は人工芝への改修工事が完了し......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】報われない気持ちを整理して生きていきたいと思うのよ ~J1 1st第4節 新潟 vs 柏~

【白鳥城の騒霊】

高い、強いというのはもともと長所としてあったが、さらに期限付き移籍を繰り返し、ここ数年たくさん苦労してきたことで、動じない心を手に入れた。この日は試合のなかで起こるさまざまな出来事に対して、慌てることなく余裕をもってプレーしていた。自分のことをよく知り、整理できたのだろう。困ったときに立ち返れる原点(基本)を持っている選手は安定する。 内田潤氏は新潟日報の氏のコラムで柏戦で初先発のCB増......続きを読む»

Sリーグ第5節(vsウォーリアーズ)S.League 5th leg, vs Warriors FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第5節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでウォーリアーズと対戦。 前節のゲイラン・インターナショナル戦はアウェイで引き分けに終わったもののここまで2勝2分(勝点8)で首位に立つアルビS。 しかしながら2試合ドローゲームが続いているだけに3月最後のリーグ戦を勝利で飾って再び波に乗りたい。 アルビSは今節も3-4-2-1のシステムを採用。GKには野澤洋輔が入......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】協会はファーストペンギンを見殺しにする気なんでしょうか? ~W杯に出るためにJリーグはプロ化された。ならばなでしこジャパンを強化するためにやるべきことは単純。~

【白鳥城の騒霊】

なでしこはどうなっちゃうの?という問題をとりあげます。 騒霊はそんなに心配する必要ない、と考えてます。 次期監督が噂されてる高倉監督はアンダー世代で結果をだした監督ですし、カリスマ澤穂希も高倉監督を支えたいと言ってるとかいないとか。 それに宮間あやは絶対的キャプテンですし、大儀見優季は海外クラブで結果を出し続けているという点で女子歴代一のストライカーであることに間違いありません。 宮間と大儀見を中心......続きを読む»

Sリーグ第4節(vsゲイラン・インターナショナル)S.League 4th leg, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第4節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はべドックスタジアムでゲイラン・インターナショナルと対戦。 前節のバレスティア戦はアウェイで追い付かれ引き分けに終わったものの2月の3試合を2勝1分(勝点7)と無敗で終え首位に立つアルビS、3月初戦もいい形で勝利を掴み勢いに乗りたいところ。 アルビSはDF藤原賢土が今節も欠場。FW三根和起が前節に続き左CBに入る。中央には今節もDF代田敦資......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】なぜ日本は根拠もなく相手を見下すのか? ~ACLで勝てない問題も秋春制シーズン移行問題もそれが解決しない原因の根は同じである~

【白鳥城の騒霊】

昨日のACLは浦和は韓国の浦項に敗戦。ガンバは引き分け。 う~ん日本のクラブはACLでは「分が悪い」ですね。前日の対戦では下記のつぶやきがありました。 全北現代 2―1 FC東京広島   1―2 山東魯能リーグ開幕前のACLはJクラブの勝率が悪いと言うデータがありグループリーグ突破の足枷になっているこれはJ1の開幕の前倒しか、秋春制移行で解決出来る— りた (@returningman......続きを読む»

Sリーグ第3節(vsバレスティア・カルサ)S.League 3rd leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第3節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はトアパヨスタジアムでバレスティア・カルサと対戦。 3年ぶりの開幕2連勝で首位に立つアルビS、第3節も勝利で飾り気持ち良く2月最終戦を終えたい。 アルビSは前節同様にDF藤原賢土に代わりFW三根和起が左CBで出場。DF代田敦資、DF熊田瑠偉と3バックを形成する。 中盤、右サイドにはDF山田幹也が復帰し開幕戦以来の先発出場。左サイドにはDF田......続きを読む»

どこよりも当たりやすい!2016J1リーグ順位予想~アルビレックス新潟編~

【キキアシワアタマ】

ポゼッション率リーグ8位,ペナルティエリア進入回数リーグ4位,シュート数リーグ下位水準※。 昨シーズンは奇妙なデータを出した新潟。 なぜこんな数値が出たかと言うと,マリノス同様選手間の距離が遠いため。 マリノスは目指すサッカーに比べて横に遠かったですが,新潟はボールを繋げるけど縦の間延びが著明で,危険な場面をなかなか作れない。 ザックJapanが慢性的に抱えた課題でもあります。 〈主な入退団......続きを読む»

Sリーグ第2節(vsヤングライオンズ)S.League 2nd leg, vs Young Lions

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第2節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでヤングライオンズと対戦。 開幕戦では昨年のリーグ王者相手に素晴らしいサッカーを見せ、3年ぶりのリーグ戦白星スタートを飾ったアルビS。 対戦相手のヤングライオンズ、今季は21歳以下のシンガポール代表候補選手を中心としたチーム編成。 若いチームだけに苦戦が予想されたが開幕戦ではバレスティア・カルサ相手に1−0と完封勝......続きを読む»

Sリーグ第1節(vsブルネイ・ディーピーエムエム)S.League 1st leg, vs Brunei DPMM FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第1節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでブルネイ・ディーピーエムエム(DPMM)と対戦。 2016シーズンの開幕戦のカードは昨季のリーグ王者ブルネイ・ディーピーエムエムとシンガポールカップ王者のアルビS。 この試合はシンガポール・コミュニティ・シールドを兼ねているため、90分で決着がつかない場合はPK戦で勝者を決めるレギュレーションとなっている。 鳴尾......続きを読む»

トレーニングマッチ(vsホーガン・ユナイテッド) Training Match vs Hougang United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

2016シーズン開幕前最後のトレーニングマッチはホーガン・ユナイテッドと対戦。 昨シーズンは最下位に終わったが今季はアルビSからMF木暮郁哉、そしてFC岐阜やV・ファーレン長崎で活躍したFWスティッペを獲得し上位進出を狙う。 アルビSは学校行事のため一時帰国していたFW鎌田啓義が合流。今季初の全24選手が揃ってのトレーニングマッチとなる。 来週13日(土)の開幕戦に向けていい雰囲気でトレーニングマッ......続きを読む»

2016 Kick Off Party 開催!

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

2月3日(水)にアルビレックス新潟シンガポールを支えていただいている皆さまをご招待し、キックオフパーティーを開催しました。 約150名の皆さまにご来場いただき、2016シーズンの新ユニフォームのお披露目や選手との交流会など内容盛り沢山のパーティーとなりました! We held “2016 Kick Off Party” at Jalan Besar Stadium on Wednesday, 3......続きを読む»

トレーニングマッチ(vsセレス・ラ・サー(フィリピン)) Training Match vs Ceres-La Salle F.C.(Phillipines)

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

トレーニングマッチ第4戦はセレス・ラ・サーと対戦。 対戦相手はフィリピンの強豪でAFCカップ(アジアにおけるUEFAヨーロッパリーグに相当する大会)ではタンピネス・ローバーズと同組となっている。 開幕戦まであと10日、プレシーズンマッチもこの試合と6日(土)のホーガン・ユナイテッド戦と残り2試合。 チームとしていい雰囲気で開幕を迎えるために強豪相手に今季のアルビSらしいサッカーを見せたいところ。 開......続きを読む»

トレーニングマッチ(vsタンピネス・ローバーズ) Training Match vs Tampines Rovers FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

2016シーズン3試合目のトレーニングマッチはタンピネス・ローバーズと対戦。 今季はマレーシア・スーパーリーグからの撤退が決まったライオンズXIIから松本山雅の練習へも参加したGKイズワン・マーブドをはじめとしたシンガポール代表選手を大型補強。 さらにかつてアーセナルやリバプールでもプレーしたジャーメイン・ペナントを獲得するなど2013年以来のリーグ制覇へ盤石の態勢を整いている。 1月27日(水)に......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】会長選挙は「ステータスの約束を守って慎重にシーズン移行」という原さんと「ステータスの約束は関係なく早くシーズン移行しよう」という田嶋さんの戦い ~2019年までに降雪仕様の設備整備ができるのか~

【白鳥城の騒霊】

会長選挙において、田嶋氏と原氏の明確な違いは秋春制議論の現状認識の差ということになるでしょう。 どちらも秋春制賛成論者なのですが。 もし自分が会長になったら4年間の任期内で何をするかという命題に対して 田嶋氏は「2019年に秋春制にシーズン移行する」とし 原氏は「任期内には(シーズン移行は不可能だろう、)環境整備を準備していく」と発言しています。 ■先に読んでおいてほしい参考記事: 【全文掲載......続きを読む»

トレーニングマッチ(vsウォーリアーズ) Training Match vs Warriors FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

トレーニングマッチ第2戦はウォーリアーズと対戦。 昨シーズンのリーグ戦は5位に終わったものの過去8度のリーグ優勝、ACLでは鹿島アントラーズやガンバ大阪とも対戦経験のある強豪。 今季はゲイラン・インターナショナルよりアルビS卒業生の福田健人などを補強し、王座奪還を目指している。 1996年までウォーリアーズがホームスタジアムとして使用していたジュロンスタジアムでの試合となりました。 1 笠川 永......続きを読む»

トレーニングマッチ(vsヤングライオンズ) Training Match vs Young Lions

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

2016シーズン最初のトレーニングマッチは若手シンガポール代表選手主体のヤングライオンズと対戦。 新チーム始動からまもなく2週間だが2月13日(土)のリーグ開幕戦まで残り21日。 昨年より約2週間早い初戦に向けてしっかりと準備を整えたい。 クレメンティスタジアムで午前9時キックオフ、30分×3本での試合となりました。 1 笠川 永太 Eita KASAGAWA 2 山田 幹也 Mikiya......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】秋春制議論のジンテーゼ ~「シーズン移行の時期に関する現在のステータスについて」を読み解く~

【白鳥城の騒霊】

騒霊は秋春制問題について、ほぼほぼ9割がた「シーズン移行はない」と考えています。 その理由は「ステータス」にあります。 ステータスを読めばそのように書いてあるからです。 いまさらですが、ステータスとは「シーズン移行の時期に関する現在のステータスについて」のことです。 秋春制シーズン移行の議論が本格的に始まったのは今から7年前の犬飼元会長の頃です。その時から幾度か中断を挟みますが、秋春制に賛成するク......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】もし田嶋さんが会長になったら「秋春制ステータス」は守られるんだろうか? ~そもそもシーズン移行:積極派と慎重派の構図ってどうよ~

【白鳥城の騒霊】

サッカー協会の会長選挙。 日本サッカー協会の会長選に立候補した両氏が対談しました。互いの公約やビジョンの相違点とは(広)→日本サッカーどうする JFA会長選出馬表明2氏に聞く https://t.co/mnDJWoGqxd pic.twitter.com/78t8Mzensu— 朝日新聞サッカー担当 (@asahi_soccer1) 2016, 1月 5 秋春制の話題をすると自分のな......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】監督が代わるからこそ、選手の血の入れ替えを極力少なくする ~成岡、達也、レオシルバ、舞行龍。騒霊はあなたたちベテランの背中に期待する~

【白鳥城の騒霊】

ここまでのマイチームのストーブリーグを見ていると、チームの戦略を感じますね。レンタル組を呼び戻す一方で、残さなきゃいけない替えが効かない選手はほぼ残しているし、残せなかった選手の代わりも補強しているし、まだ1人か2人の補強もありそう。わくわくします。— ぐっちい(ラ式の人) (@satokoyamaguchi) 2016, 1月 2 今年の新潟は3年半続けたヤンツー体制を終了し吉田新体......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】次期会長選挙選に秋春制移行をアジェンダにして田嶋幸三立つ ~彼は真打ちなのか?それともトリックスターなのか?~

【白鳥城の騒霊】

JFA田嶋副会長 次期会長選へ立候補 FIFA理事と兼任覚悟 日本協会の田嶋幸三副会長(58)が都内で次期会長選挙へ立候補する意向を表明した。主な公約の一つとしてJリーグの秋春制へのシーズン移行を議論することを掲げた。 (出典:スポニチ) 犬飼基昭当時サッカー協会会長が始めた秋春制移行の話はもう丸7年続いている。議論の詳細は公開されていないが、報道によると、どの案も雪国クラブらにほ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】さらばコースケ ~得点のとれるミッドフィルダーこそ君のベストポジションだと思うぞ~

【白鳥城の騒霊】

コースケの磐田復帰が決定しました。 残念ですね。騒霊的には来年のリーダー候補筆頭と考えていたんで。。 まあ仕方ないです。もともとレンタルで一応こういう未来もあり得ると思っていたんで。 コースケにはありがとうと言いたいですね。 41試合出場はアルビの中で最多出場。 J1に残留できたのもコースケの頑張りがあったからだと思ってますから、ただただ感謝です。 今季のコースケの記録は 【山本康裕 2015......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】村井チェアマンははたして秋春制に賛成なのか反対なのか ~ウインターブレークからみえるショー・ザ・フラッグの必要性~

【白鳥城の騒霊】

村井チェアマンインタビューの秋春制の部分だけ書き起こしてみました。 日本中でスポーツを楽しむためには冬場でも練習ができる試合ができる環境を整えておくことがぜったい大事と思う。 冬でもサッカーができるようになること、施設面を強化することを目指すべきで、 現状はウインターブレークがドイツとかそんなながくなくても、日本でも「1月2月」2か月サッカーができないわけで。 シーズンくぎりを開始を、春に......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】脱ポリバレントという思考 ~広島流の、みんなちがってみんないい~

【白鳥城の騒霊】

CSからCWCにかけての広島の戦い方をみてて、おもしろいなぁ思いましたよ。 なにが?っていうと。。。 それは「選手のチョイス」です。 編成っていいってもいいのですが、それを含めてスタメンの選び方、そのチョイスです。   広島のやり方は、これまでのJリーグっていうか日本サッカーの文法とちょっと違う選手の選択のしかたのような気がします。   一番象徴的なのはセンターバックの3人ですよね。 千葉和彦。塩谷......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】雪国A県に住む人に聞いてみたい。雪国A県で秋春制シーズン移行は可能なのでしょうか? ~村井チェアマンの秋春制の認識を問いたい~

【白鳥城の騒霊】

村井さん、あなたは日本の降雪時期をいつからいつまでとお考えなのでしょうか。 昨日のセッション22でチェアマンが秋春制について「冬でもスポーツの練習や観戦ができる施設を整備することは必要だが、現状では全くできていない。いまは施設が使える時期にスケジュールを入れていくしかない」というような趣旨の話をしていた。 https://t.co/tZWs4oYCXv— kamijun (@kamij......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~

【白鳥城の騒霊】

サンデーモーニングをみる。 あいかわらずの張本さんですね。でも、彼の言ってる「日本代表監督は日本人であるべき」という主張は同感です。 サッカーはその国の文化に立脚しています。ボスニア出身でフランスサッカーの中で薫陶を受けた東欧のボナパルト。彼の思考と行動に、ユーゴの混沌とフランスの美学と合理思想と中華主義が見え隠れします。就任して約1年、やっと日本人の気質はヨーロッパ人と違うということを理解できたく......続きを読む»

サンフレッチェ広島が強い、これだけの理由

【Viva La sports】

広島は強い。 財力があるチームではなく、 毎年、選手を引き抜かれる。 しかし、この四年で三度の優勝である。 まずは広島の強さは、 育成がしっかりしている事。 これだけ引き抜かれても、 決勝ゴールを決めた浅野のような選手が出てくる。 そして、ピンポイントな補強。 大物ではない、 だが必要な選手を補強する。 この二つに言えるのは、 クラブ全体に選手を見る眼があるという事でもある。 つまり、監督、フ......続きを読む»

Singapore Cup Final vs Home United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ決勝。Home United FCとの対戦。 いよいよシンガポールカップ決勝戦。この大会は日本でいう天皇杯にあたる由緒ある大会。 リーグ戦の合間に行われる厳しい日程の中、長い道のりを経てここまでやってきた。 対戦相手はHome United FC。 今季リーグ戦・カップ戦合わせて4試合を戦っており2勝2分、相性は悪く無い。 しかし、どの試合も僅差の白熱した展開となっており、一瞬足......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】札幌ドカ雪、62年ぶり40センチ ~秋春制原理主義の拡大とJリーグの歴史~

【白鳥城の騒霊】

11月24日、札幌は雪が降ったそうですね。(新潟はまだです) 札幌ドカ雪、62年ぶり40センチ 68地点で気温最低   Jリーグは23日で終了。 この日の札幌は晴れてたみたいで。とはいえ最高気温が5°。まあ試合は札幌ドームですから寒さは関係ないでしょうが。やぱり雪が降れば、移動式のピッチもメンテが大変になるでしょうし、交通機関が乱れるでしょうし、やっぱり大変。   今年は、チャンピオ......続きを読む»

Singapore Cup Semi Final 2nd leg, vs Global FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ準決勝第2戦(HOME)。Global FCとの対戦。 リーグ戦を第3位で終了したアルビS。 史上初のシーズン2冠を目指し今季残された最後のタイトル、シンポールカップ準決勝第2戦を戦う。 10月に開催されたアウェイでの第1戦を1-0で勝利しているため、この試合を引き分け以上で決勝進出となる。 この試合は今季のジュロンイーストスタジアムでの最後の試合。 有終の美を飾り決勝進出を果たす......続きを読む»

S.League Final leg, vs Hougang United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ最終節(HOME)。Hougang United FCとの対戦。 前節の敗戦によりクラブ史上最高位の2位の可能性が消滅してしまったアルビS。 しかしながら最終節に勝利することで最高位タイの3位の可能性を残すことが出来る。 リーグ戦ホーム最終戦、サポーターに勝利をプレゼントして有終の美を飾りたい。 リーグ最終戦をチアダンススクールが盛り上げる! 熊田瑠偉が9試合ぶりに先発復帰! ......続きを読む»

S.League 19th leg, vs Tampines Rovers FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第19節(HOME)。Tampines Rovers FCとの対戦。 前節のアウェイ最終戦では鮮やかな逆転勝利を飾ったアルビS。 他チームの結果によりリーグ優勝の可能性は途絶えてしまったもののクラブ史上最高位の2位を目指してリーグ戦もいよいよ残り2試合。 4位以上は確定しているだけに少しでも上位でシーズンを終えるために負けるわけにはいかない。 試合前にはちょんまげ隊長による東日本大震災の......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ヤンツーアルビの終わり ~要は監督をどれだけ信頼できるかって話なわけです~

【白鳥城の騒霊】

ぶっちゃけ。騒霊はヤンツーサッカーの完成形を見たかったですね。。 プロトタイプは13年の後半で見せてもらったんで、あれがまた見たかった。 あれを1年間続けれたら優勝はどうか知らないけど、けっこういい勝負を見せてもらえると思ってましたからね。 13年後半の主力メンバーで今シーズン在籍していない選手は、川又、亜土夢、三門、征也、ジンス、クナン、東口などなど。 いま現在も在籍してるのがレオシルバに、達......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】新潟4シーズン超の在籍選手数は?(深掘りブラック体質) ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探るpart2~ 

【白鳥城の騒霊】

ヤンツー監督解任です。 今日の新潟日報の見出しは「勝負の年 結果残せず」「12年奇跡の残留 功績も」でした。 昨季は12位ながら内容的にこれまでの堅守速攻からの脱却を図る方向性が評価され、今季も1年契約で続投。 結果を残そうとクラブとしても勝負に出た。 資金を投入して昨季主力選手のほとんどを維持し、積極的補強も行った。 しかし期待とは裏腹にチームは序盤から低迷した。 特に昨年からの課題だっ......続きを読む»

S.League 26th leg, vs Home United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第26節(AWAY)。Home United FCとの対戦。 リーグ初優勝を目指すアルビSは、5試合連続勝ち星のなかった後で2連勝。 前節も勝って3連勝としたかったが、若いYoung Lionsにホームで手痛い敗戦、首位との勝点差を縮められず悲願のリーグ優勝は遠のいてしまった。 ただ、他力本願ではあるものの可能性はゼロではない。 今日の試合はFW河田篤秀が先発に復帰。自慢の突破力やシュート力......続きを読む»

S.League 25th leg, vs Young Lions

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第25節(HOME)。Young Lionsとの対戦。 5試合未勝利の状況を脱出し、その後2連勝で勢いに乗るアルビS。 前節は昨季王者のWarriors FCを相手にMF向井勇祐、MF木暮郁哉のゴールで2-1と快勝。 安定した守りをベースに持ち前のパスワークで相手を翻弄、中でもここ2試合連続ゴールをあげているMF向井勇祐は絶好調。 今日も豊富な運動量で相手をかきまわしてほしい。 新曲で......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】2月は雪の季節。自然の摂理は変えられない ~J1、リーグ発足後初めて2月に開幕へ~

【白鳥城の騒霊】

サッカーJ1 来季は初の2月開幕へ https://t.co/pVv8UyNHxI #nhk_news— NHKニュース (@nhk_news) 2015, 10月 28 サッカーのJリーグ1部、J1は、来シーズンの開幕日を2月27日として、リーグ発足後初めて2月に開幕する方針を固めたことが、関係者への取材で分かりました。 Jリーグのリーグ戦が2月に開幕するの......続きを読む»

S.League 21st leg, vs Warriors FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第21節(AWAY)。Warriors FCとの対戦。 前節、6試合ぶりにリーグ戦勝利を飾ったアルビS。 先発するMF向井勇祐やMF長崎健人らがそれぞれしっかり役割をこなし、安定した戦いを見せた。 今節の相手はアルビSと同勝点で順位は1つ下のWarriors FC。 一時調子を落としていたが、昨年のリーグ王者で地力はあるチーム。 今日も勝利のために熱いプレーを見せてほしい。 前節公式戦......続きを読む»

S.League 24th leg, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第24節(HOME)。Geylang International FCとの対戦。 リーグ戦では8月のYoung Lions戦に勝利してから5試合連続勝ち星なく、順位を4位に落としてしまったアルビS。 押しながらも勝ち切れず勝点を取りこぼした試合が続いている。 ヘイズ(煙害)による影響で試合数に差があるとはいえ、首位Brunei DPMM FCとは勝点差が13に開き、優勝は苦しくなってしまった......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】J3来ないで。セカンドチームごっこをしたいだけなら迷惑だよ。 ~サッカー羊はセカンドチームの夢を見るか~

【白鳥城の騒霊】

Jリーグのセカンドチーム構想。 いろいろ情報が錯綜していますね。 どうやら育成マッチデーなるものが新設されるようです。若手を中心としたサテライトリーグのような感じになるもよう。 ハリル監督「若手出てこい」Jリーグが“育成マッチデー”新設へ(スポーツ報知)   リーグ戦の合間に指定日を設け、年10試合前後を実施。遠征費を少なくするため、地理的に近いクラブ同士による対戦が組まれる予定で、けが......続きを読む»

S.League 23rd leg, vs Harimau Muda

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第23節(AWAY)。Harimau Mudaとの対戦。 リーグ戦ではここ4試合を1敗3分と勝ち星がないアルビS。 前節のBalestier Khalsa FC戦は終始試合を支配しながらも終了間際に一発を決められて痛恨の敗戦。 優勝争いへ踏みとどまるためにも連敗は許されない。 前節から中2日、マレーシアのマラッカ州まで長距離移動のためコンディションが心配されるアルビSだが、今節はFW多木理......続きを読む»

S.League 22nd leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第22節(AWAY)。Balestier Khalsa FCとの対戦。 ここまでアルビSはリーグ戦19試合を戦い9勝5敗5分の暫定4位。 第19節と第21節がヘイズ(煙害)のため延期、他チームより試合数は少ないものの、20試合を消化している首位Brunei DPMM FCとの勝点差は7。 今日の試合に勝利しBrunei DPMM FCと消化試合数が同じになると勝点差は4。 優勝を狙うチームに......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】プッシング(相手競技者を押す)=ファールであるというのは間違い ~J1 2nd第13節 甲府 vs 新潟~

【白鳥城の騒霊】

冒頭は、いま話題のラグビーの話をします。 南アフリカ戦ロスタイムのヘスケスの逆転決勝トライ。あのシーンは何度見てもワクワクしますよね。 でもあそこもいいんですが、サッカー的にみると あのシーンより、おっと思ったシーンがそのひとつ前のシーンですよ。 マフィーのハンドオフ。 あのシーンに騒霊はドキっとしました。 ハンド‐オフ(hand-off) ラグビーで、ボールを持った選手が、タックル......続きを読む»

【多木理音選手&日高裕貴選手】Paris Miki 一日店長イベント開催!  【Rion Taki & Yuki Hidaka】One-Day Shop Manager in Paris Miki!!

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

10月11日(日)にアルビSをスポンサードしていただいているParis Miki様のLiang Court店にて、一日店長イベントが行われました。 毎年恒例の一日店長イベント、今回はFW多木理音選手とGK日高裕貴選手が参加いたしました! One-Day Shop Manager event was held in Paris Miki at Liang Court on Sun, 11 Octob......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】遠藤保仁対アルビの対戦成績は・・・ ~ナビスコ杯 準決勝 G大阪 vs 新潟~

【白鳥城の騒霊】

残念でした。ナビスコ敗退。 悔しいですけど、切り返しましょう。 賞金二千万もらえましたし、それでよしとしましょう><   といいつつですけど また遠藤にやられてしまいましたね。 だんだん遠藤が仙道に思えてきてます。 「まだあわてるような時間じゃない」(仙道が湘北戦でチームメイトを落ち着かせるために言った言葉) 「俺を倒すつもりなら…死ぬほど練習してこい」(対戦後、会場......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】Jリーグ初の2月開幕へ! ~秋春制のための、ちょっと微妙なムービング・ゴールポスト~

【白鳥城の騒霊】

J1が初の2月開幕提案、雪懸念も過密日程緩和へ Jリーグが6日、各クラブの代表者によるJ1、J2、J3合同実行委員会で、2016年のJ1開幕戦を来年2月27、28日に行う日程を提案したことが複数の関係者の話で分かった。これまでは早くても3月第1週の実施で、2月なら1993年のリーグ開幕以来初。 年末のクラブワールドカップ(W杯)開催の影響による過密日程を緩和することが目的。例年通り3月に開......続きを読む»

ラファエル・シルバの美しき世界観

【猫に小判】

先日のナビスコカップセミファイナル1stレグから、ラファエル・シルバの美しい世界観を見てみたい。 いざ出陣!! っと思いきや、早速やらかす!! あっ!! あからさまに守備サボりやがった!! これはヤンツー激オコだぞ!! かと思ったら ウワっ!! クールに決めやがった!! 中学とかに必ずいる、「勉強していなかった」とか言っておきながらテス......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ラファエル・シルバ 二桁得点達成しました ~ナビスコ杯 準決勝 新潟 vs G大阪~

【白鳥城の騒霊】

ラファエル・シルバ選手。ナビ杯ガンバ戦で公式戦通算10ゴールを達成しました。 【ラファエル・シルバ】10G1A1被PKF(24試合)   出場試合24試合で10ゴールですから、ほぼ2試合に1ゴールの高決定率の選手です。 昨日のガンバ戦みたいにアディショナルタイムの決勝点みたいな印象的なゴールを決めてくれる選手なので、まぎれもないポテンシャルを持ってる選手です。   今季初ゴールはリーグ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】サッカーはコンタクトスポーツである ~Jリーグ審判のガラパゴス化について~

【白鳥城の騒霊】

サッカーはコンタクトスポーツか?   う~ん。。。 コンタクトスポーツではない!という人がいらっしゃいますね。 でも「~ではない」という人を「~である」と納得させれることって、そもそもできるんでしょうか?? 騒霊は「納得させることできないよね」と思ってる人間です。 「コンタクトスポーツだよね」という問題はある意味、感性の問題です。生まれてきた環境や育ってきた経験でまったく異なる認識の話です。 だから......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】家本ジャッジに見るJリーグ審判のガラパゴス化 ~J1 2nd第5節 新潟vsG大阪~

【白鳥城の騒霊】

ガンバ戦の審判の話を続けます。   参照: ①【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~ ②【白鳥城の騒霊】PKが成立する正しい手順 ~家本主審のPK判定についての考察~ ③【白鳥城の騒霊】家本主審のPK判定についての考察から、なぜかブログ運営方法の考察になってしまいますが・・・ ~コメンターに求められる資質とは~   やっぱ......続きを読む»

Singapore Cup Semi Final 1st leg, vs Global FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ準決勝第1戦(AWAY)。Global FCとの対戦。 連日のヘイズ(煙害)の影響により3度目の延期で迎えた準決勝第1戦。 外国人枠に日本人選手3人を擁するGlobal FCはDF柳川雅樹とMF星出悠が先発出場。 FW鈴木規郎とフィリピン代表にも名を連ねる浦和レッズユース出身のMF佐藤大介は累積警告のため出場停止となっている。 大気汚染が続き、なかなかトレーニングが行えないためコン......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】二の矢・三の矢という「動きの質」の問題 ~J1 2nd第12節 新潟 vs 川崎F~

【白鳥城の騒霊】

ヤンツーさんが吠えたようですね。 「“甘さ”がある選手が何人かいると、今日のような厳しいゲームで勝点を失う。私の目には、前線の守備がすごく緩く映った。そのせいで中盤や最終ラインの守備を難しくさせてしまっていた」   「1失点目はビックリした。ミスは仕方ない。しかし、一番危険なエリアにいる選手をマークしていないのは、私は信じられない。(得点を決めた川崎の)小林君もビックリした......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】チームは生き物です ~旬なラグビーに乗っかって、つれづれにアルビを思う~

【白鳥城の騒霊】

騒霊はラグビーは全く知らないです。ルールも知りません。 それでもそこここで話題になってるので、ちゃっかり乗っかちゃいます。 やっぱり話題の中心は五郎丸くんでしょう。 拝みポーズ。ルーティン。メンタルコーチ。 心技体プラスイケメン。 ここまでキャッチーなポイントがあれば素人もすんなり入ってこれます。(←ここ重要) このブログはサッカーブログなのでサッカーに何が役に立つかという視点で五郎丸......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】好き好き大好きイブスキー 二桁得点達成しました ~J1 2nd第11節 神戸 vs 新潟~

【白鳥城の騒霊】

指宿洋史選手。神戸戦で公式戦通算10ゴールを達成しました。 【指宿洋史】10G1A1被PKF(33試合) 今季初ゴールが5/27のナビスコ杯湘南戦、今季15試合目で出たゴールでした。 意外と遅めでしたね。 7月あたりからどんどんエンジンが掛かってきて、夏場はもう絶好調でしたねぇ。 某応援番組によると、どうやら理由はここらへんにあるようです この度、結婚致しました。 ようやく皆さんに報告......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】マシャルデス二桁アシスト達成しました ~J1 2nd第10節 新潟 vs 横浜FM~

【白鳥城の騒霊】

横浜戦での加藤大の退場。 新潟日報の内田潤氏のコラムでもしっかり怒られてましたので、マシャルデスも、もうしないんじゃないかなと思います。 え~とこの試合は。 じつは退場というネガティブなことばかりじゃなくポジティブなこともありました。 この試合の大井の先制点をアシストで、めでたく10アシスト、2桁アシストをクリアしました。(拍手) 【加藤大】1G10A1被PKF(23試合) (※......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】禍福は糾える縄の如し ~J1 2nd第10節 新潟 vs 横浜FM~

【白鳥城の騒霊】

1-1。まあこんなもんかなと思います。 禍福は糾える縄の如し、といいます。 ひとつの試合の中に好いことも悪いこともどっちも含まれている、そんな試合。 いいことはたくさんありました。 第一に「勝ち点1」がとれたこと。新潟は残留争いをしているチーム。ベストは勝ち点3ですが、最低でも勝ち点1をとることはとても大事。最低限の仕事ができたことは、勝ち点0よりも何十倍もいいことです。最終戦のときあの横浜戦の......続きを読む»

S.League 20th leg, vs Brunei DPMM FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第20節(HOME)。Brunei DPMM FCとの対戦。 アルビSは、前節のTampines Rovers FC戦がヘイズ(煙害)による大気汚染のため延期となり、1試合空いた形で今節を迎える。 選手のコンディション調整が難しい中での試合となるが、ここは気を引き締めて戦ってほしい。 リーグ戦では2試合続けてドローと最近勝利から遠のいているが、前回のBrunei DPMM FCとの戦いでは死......続きを読む»

S.League 18th leg, vs Hougang United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第18節(AWAY)。Hougang United FCとの対戦。 前節、ジュロンイーストスタジアムでのHome United FC戦では、両チーム譲らずスコアレスドローで勝点1を得る結果に終わった。 順位は変わらず勝点30の2位につけている。 試合数に差はあるものの首位Brunei DPMM FCとは勝点差2と、この試合に勝利すれば再び暫定首位返り咲くことができるだけに、アウェイだが今節は......続きを読む»

S.League 17th leg, vs Home United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第17節(HOME)。Home United FCとの対戦。 シンガポールカップから中2日で迎える2週間ぶりのリーグ戦。 戦前の予想を覆し一方的な試合となったシンガポールカップ準々決勝第2戦では攻撃陣が爆発、4点を奪って快勝した。 この勢いをそのままに今日も勝点3を奪い、サポーターと共に勝利を喜びたい。 夏休み特別企画、うちわ作り教室には野澤洋輔選手、藤原賢土選手がサプライズで登場!! ......続きを読む»

Singapore Cup Quarter Final 2nd leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ準々決勝第2戦(AWAY)。Balestier Khalsa FCとの対戦。 第1戦を1-0で制したアルビS。Balestier Khalsa FCとは今季5度目の顔合わせとなる。 これまでの対戦は3勝1敗と勝ち越してはいるもののいずれも1点差と接戦。 お互い手の内を知っているだけに、今日も厳しい戦いになることは必至だ。 出場停止からMF稲葉旬が復帰! ■Starting......続きを読む»

Singapore Cup Quarter Final 1st leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ準々決勝第1戦(HOME)。Balestier Khalsa FCとの対戦。 2試合をホーム&アウェイで戦う準々決勝の相手は今季4試合目の顔合わせとなるBalestier Khalsa FC。 ここ2試合を完封している守備陣の安定した守りでまずはリズムを作り、しっかりとボールをつなぐ形で今日もアルビSらしい戦いを見せてもらいたい。 ホームで迎える第1戦をしっかりと勝利し、有......続きを読む»

S.League 16th leg, vs Young Lions

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第16節(AWAY)。Young Lionsとの対戦。 前節2-0で勝利しリーグ戦の連敗を3で止めたアルビS。 リーグ戦再開後は良い試合をしながらも決定力を欠き得点を奪えず、逆に相手の一発にやられてしまう試合が続いた。 しかし前節は、勝負どころでしっかりと決めて相手を寄せ付けず快勝。 アルビSらしい試合を見せることができた。 今日の対戦相手は、現在9位ながらここ3試合を2勝1分と好調のYou......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~

【白鳥城の騒霊】

開幕前。新潟のフロントは「今年は主力選手をほぼ残留させることができた」と安堵の声を上げていました。 騒霊もそう思ってました。 だってこれまで新潟は毎年主力の数名が他チームに移籍し、毎年チームを一から作り直すということを繰り返してきましたからね。 だから今年は「開幕ダッシュあるよ」「タイトル狙えるよ」と安心しきっていたんですけど。 これが間違えでしたね。。   あれれ??と思ったのが【田中亜土......続きを読む»

S.League 15th leg, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第15節(AWAY)。Geylang International FCとの対戦。 前節から中2日と厳しいスケジュールで迎えた第15節。 中断期間を挟んでリーグ戦では3連敗中のアルビS。 優勝争いに踏みとどまるためにもこれ以上の連敗は許されない。 対戦相手は現在リーグ8位のGeylang International FC。 アルビS卒業生の福田健人、市川祐樹、乾達朗、ブルーノ・カスタニェイラの......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】PKが成立する正しい手順 ~家本主審のPK判定についての考察~

【白鳥城の騒霊】

ちょっとまだ話したらないので、PKの話を続けさせてください。 前回記事の内容と重複するところありますがお許しくださいませ。 新潟のCBマイケルはホールディング。たしかに抱えているように見える。審判のネガティブな印象は強いです。 一方ガンバのCB岩下。自分から向かって行っている。新潟とガンバの複数選手が入り乱れてのポジションの争奪戦。そもそもその時点で体を押し合いっこしてるわけで双方にチャージ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~

【白鳥城の騒霊】

問題のPKシーンは、画面上で52:03(02:02頃のプレー)です。 あれれ?と思ったのは騒霊だけじゃなく、いろいろな人もそう思ったみたいです。 ネットを見てみると新潟のファンだけじゃなくガンバのファンの方も、ブレたジャッジにコメントを残されてました。 スカパー!ハイライト 2015/7/29 J1 2nd第5節 新潟 vs G大阪  ガンバは明らかに重たい状態で、チェッ......続きを読む»

S.League 14th leg, vs Harimau Muda

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第14節(HOME)。Harimau Mudaとの対戦。 リーグ戦再開後の初戦を惜しくも0−1で落としたアルビS。 上位チームの足踏み状態が続き、混戦模様の今季のリーグ戦。 全27節の折り返しとなる第14節、ここで確実に勝点3を上積みし、後半戦へ弾みをつけたい。 前節に引き続き地元幼稚園と合同でのパフォーマンス! 木暮郁哉&井畑翔太郎が先発に復帰! ■Starting Memb......続きを読む»

S.League 13th leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第13節(HOME)。Balestier Khalsa FCとの対戦。 2週間前のリーグカップ優勝から余韻が冷めやらぬ中、Sリーグは2ヶ月の中断を経て再開する。 リーグカップ優勝の勢いをそのままリーグ戦にも持ち込み、首位を狙うアルビS。 しかし慢心はなく、厳しく長いリーグ戦に向けてコンディションを整えてきた。 今シーズンこれまで見せてきた集中した攻守と最後まで走り切る戦いで臨みたい。 ......続きを読む»

2泊3日新潟遠征の旅(2) @デンカビッグスワンスタジアム

【ROM専ですが何か?】

関東圏のJ1・J2クラブはあらかた一度は行ったのですが(行っていないのは日立台、等々力と回収後のKsスタくらいかな?)、関東外のスタジアムに行くのはこれが初めて。 一度は行ってみたいと思っていた、ビッグスワンに3連休中日の2日目にやって参りました。 新潟駅からバスに揺られて15分、HARD OFF ECOスタジアム新潟と道路を挟んで隣接する形でビッグスワンがありました。 さて、2ndステージの第2......続きを読む»

アルビが勝つためのサッカー

【Viva La sports】

アルビが四ヶ月ぶりのホームの勝利である。 未だに謎なのは、これだけ不振なのに、監督交代がなかった事。田中亜土夢が去り、レオが怪我。中盤の構成力が何より問題なのに、FW過多のチーム構成は、誰がみてもバランスが悪い。これの責任は監督ではなく、クラブ側にあるとしたら、それはそれでもっと根深い問題だといえる。 そんな降格圏のアルビ。 この試合は、このまま降格へズルズル行くのを、ストップさせるか否かの分岐点......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】大きな力士が大きな相撲を取ると、小兵の力士は手も足も出なくなる ~2nd第2節 東京vs新潟~

【白鳥城の騒霊】

「早い時間帯に得点ができてよかった」と太田。最初のチャンスを生かし、前のめりの新潟の士気をくじいた。   昨季就任したフィッカデンティ監督が来る前は、ボール支配重視のチームだった。エース武藤がマインツ(ドイツ)に移籍したが、日本代表や経験者がひしめく。今でもボールを持とうと思えば持つ力はある。だが、あえてそうしなくなった。MF米本は「現代サッカーは、ポゼッション(ボール支配率)が高いから勝つ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】このプレーがいいねと君が言ったから7月11日はマシャルデス記念日 ~2nd第1節 新潟vs鹿島~

【白鳥城の騒霊】

7月11日。鹿島戦。 思い出したくない試合です。アディショナルタイムで立て続けに2失点で勝ち点3を失う大逆転負けでした。 あまり記憶にない負け方なので心臓が止まった方も何人かいたはず。 まあ、あんまりここでネガティブなことを言いたくないので、よかったこと探しをしますね。 よかったこと。 なんといってもマシャルデスですね。これしかないでしょう。 加藤大の覚醒。 アルビサポならまずこれをブ......続きを読む»

League Cup Final, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

リーグカップ決勝。Balestier Khalsa FCとの対戦。 さあいよいよリーグカップ決勝戦。 苦しみながらも集中した守りとここ一発を決めきる得点力で決勝まで勝ち進んだアルビS。4年ぶりのタイトル奪取まであと1つ! 対するは、2013年の同大会チャンピオン、Balestier Khalsa FC。 Warriors FC、Tampines Roversと同組のグループBを制すると準決勝ではHo......続きを読む»

League Cup Semi Final, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

リーグカップ準決勝(AWAY)。Geylang International FCとの対戦。 グループCを1位で勝ち抜いたアルビSとグループAを1位で突破したGeylang International FCとの戦い。 Geylang International FCはグループステージ最終戦で強豪Brunei DPMM FCに対し4ゴールを挙げており今一番勢いがあるチーム。 足元の技術のあるMF乾達朗や......続きを読む»

League Cup 2nd leg, vs Sporting Westlake FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

リーグカップグループステージ第2節(HOME)。Sporting Westlake FCとの対戦。 中3日で迎えるグループステージ第2節。開幕戦は相手にペースを握られ苦しい展開ながらも、粘り強い攻守で終盤に2点を奪い結果的には快勝。 悪いながらもゲームをものにすることができたのは好材料だ。 今日の相手はシンガポール2部リーグ相当のナショナルフットボールリーグに所属するSporting Westlak......続きを読む»

League Cup 1st leg, vs Home United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

リーグカップグループステージ第1節(HOME)。Home United FCとの対戦。 約3週間で優勝を決定してしまう超短期決戦のリーグカップ。チームの勢いが非常に大事なカップ戦である。 今日の対戦相手であるHome United FCとは、2ヶ月前の4月22日にリーグ戦で対戦、押しながらも得点を奪えずスコアレスドローで終えている。 しかし、その試合で出場していなかった主力選手が数名復帰しており、決......続きを読む»

CharaExpo2015 キャプテン翼、高橋陽一先生のトークショーに荻野賢次郎選手が出演!

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

6月20日(土)・21日(日)にシンガポールエキスポで開催の「CharaExpo2015」。 「日本のコンテンツの作り手とアジアのファンがお互いの想いをぶつけ合って、もっと深く理解し合う」ことをコンセプトとしたこのイベントにはキャプテン翼の作者である高橋陽一先生が登場、トークショーを開催いたしました。 そしてこのイベントに特別ゲストとして荻野賢次郎選手が登場しました! 会場はシンガポールの玄関口......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】なんでこうなったのか、よくわからないのですが、はっきりしているのは、現在最下位ってことです。 ~2015J1・1stステージ雑感~

【白鳥城の騒霊】

新潟は2勝8敗5分け。18位。最下位です。あと2試合残してますが、1stステージの総括をします。 開幕前は「タイトルを取る」って明言してて、なおかつ主力も約1名を除きほぼ残留。今年はやれるって思っていました。ヤンツー体制も3年目で戦術の浸透度も深まっている、もうちょっと上位の力があると思っていたのですが、どうもチームが噛み合いません。。 ただ今の新潟の低迷の原因ははっきりしています。 一にも二......続きを読む»

Training Match vs Hougang United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

まもなく開幕するリーグカップに向けてのトレーニングマッチはHougang United FCと対戦。 グループリーグ突破のためには初戦が重要となるだけに万全の準備で開幕戦を迎えたい。 1 荻野 賢次郎 Kenjiro Ogino 2 山田 幹也 Mikiya Yamada 3 藤原 賢土 Kento Fujihara 4 斉藤 孝裕 Takahiro Saito 5 向井 勇祐 ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】いつもどこかぬけている原博実理事のことば ~どうやらこれでJリーグの2月開幕はなしなった(らしい)~

【白鳥城の騒霊】

ひさびさに秋春制関連の記事が登場しましたね。メインは天皇杯ですが、Jリーグのカレンダーが少し変わるというニュースです。 天皇杯、17年から4月開幕 日本サッカー協会 http://t.co/nLBU1cBjka— 47NEWS (@47news) 2015, 6月 11 17年以降は12月末までJ開催へ 天皇杯開幕4月に前倒し ― スポニチ Sponichi Annex サッカー......続きを読む»

Training Match vs Warriors FC (Prime League)

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールで開催中のSEA Games(東南アジア競技大会)によるリーグ戦中断期間、最初のトレーニングマッチはWarriors FC (Prime League)との対戦。 リザーブリーグ所属のチームとの対戦となるが6月19日開幕予定のリーグカップ、7月23日再開のリーグ戦に向けて貴重な実践の機会。 長いシーズンを乗り切るには全選手が重要となるだけに後半戦に向けて各選手の奮起に期待したい。 ......続きを読む»

【侍青の風】Jリーグの各スタジアムでのファンサービスで嬉しかったこと

【サムライブルーの風】

今シーズン、あちこちのJリーグのスタジアムに行って 「これいいな♪」って思ったことを、いくつか紹介したいと思う。 川崎フロンターレの等々力陸上競技場では サポーターの応援歌の歌詞カードを無料で配布してくれた。 この歌詞カードがあるおかげで、 初めて聞くと何を言っているのか聞き取りづらい応援歌も 何を言っているのか一目で分かった。 熱心なサポーターだけでなく、 バックスタンド中央に座......続きを読む»

Singapore Cup Preliminary Round vs Svay Rieng FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

シンガポールカップ1回戦(HOME)。Svay Rieng FCとの対戦。 シンガポールカップは日本で言うところの天皇杯に位置するが、海外チームも参戦する国際色豊かな大会。 今年はカンボジア、フィリピン、ラオスからそれぞれ1チームずつ参加し、Sリーグチームに混ざってトーナメント戦を戦う。 アルビSが戦う初戦の相手は、昨年も同大会で戦ったカンボジアのSvay Rieng FC。 昨年はジャランベサルス......続きを読む»

S.League 12th leg, vs Warriors FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第12節(HOME)。Warriors FCとの対戦。 前節は、上位同士の激しい戦いの末、先制された試合をひっくり返して逆転勝利。 昨シーズン1度も勝利できなかったBrunei DPMM FCを相手に、全員一丸となっての痺れる勝利。チーム全体が勢いに乗っている。 対するWarriors FCは、リーグ戦では前節Balestier Khalsa FC相手に2-1で勝利し勝点21の第2位につけて......続きを読む»

S.League 11th leg, vs Brunei DPMM FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第11節(HOME)。Brunei DPMM FCとの対戦。 第1クールでの戦いは、アウェイ・ブルネイの地で0−1の敗戦。今日は絶対に雪辱を晴らしたいところ。 10試合を消化して勝点20のアルビSに対し、8試合を終えて勝点19のBrunei DPMM FC。 優勝を目指すチームとしては、ここで必ず勝利し勝点3をゲットしなくてはならない。 第6節以来、5試合ぶりにFW多木理音とFW河......続きを読む»

Sリーグ初観戦! -アルビレックス新潟シンガポールがホウガン・ユナイテッドFCを下しリーグ首位に-

【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

 世界で一番人気のあるスポーツといわれるサッカー - FOOTBALL。  ということは、世界中どこへ行ってもサッカーは(ほぼ)在るわけで。  このGWに訪れたシンガポールにもSリーグが存在する…となれば、蹴球ジャンキーとしては足を伸ばさないわけにはいかない!  5月1日、アルビレックス新潟シンガポールvsホウガン・ユナイテッドFCの試合を観戦してきた。スタジアムはアルビレックスホームのジュロ......続きを読む»

S.League 10th leg, vs Tampines Rovers FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第10節(AWAY)。Tampines Rovers FCとの対戦。 第1クールを終え、開幕から2試合を落としたもののその後は調子をあげて7戦無敗、6勝2敗1分で暫定首位をキープしているアルビS。 その2敗のうちの1敗、開幕戦で敗戦を喫したのが今節の相手となるTampines。 前節Balestier戦では1−1のドロー、アルビSより2試合少なくまだ7試合しか終えていないが勝点10の暫定5位......続きを読む»

S.League 9th leg, vs Hougang United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第9節(HOME)。Hougang United FCとの対戦。 前節は押しながらも得点を奪えず悔しいスコアレスドロー、勝点1を得るに留まった。 しかし守備は変わらず安定しており、無失点を継続中。 対戦相手のHougang United FCは、前節は10人のHarimau Mudaに終盤で2点差を追いつかれ3−3のドロー。 ここまで未勝利、勝点4で9位。下位に低迷する相手をしっかりホームで......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】マッシモ・フィッカデンティ。さりとての監督 ~マンツーマンか、ゾーンか、未来はどっち(第8節 新潟vs東京)~

【白鳥城の騒霊】

先日の東京戦は、ヤンツーvsマッシモ・フィッカデンティ。 それぞれの戦術の戦いでもありました。 帰ってから東京目線で録画した試合を見てみると、なるほどマッシモ戦術に嵌った試合になってしまったようです。。 ■相手はガチのイタリア人監督だった><; マッシモの狙いは明白。東京にとってアウェーな試合。アグレッシブに攻めてくる新潟をいなしながら勝ち点をゲットする。勝ち点1で万々歳。勝ち点3なら人生丸......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】あしひきの枕詞に係る問題はメンタルではなく技術の問題です ~第8節 新潟vs東京~

【白鳥城の騒霊】

くれちかみ 風やいでけむ あしひきの 山べの桜 みだれちる見ゆ 今朝の新潟日報の1面題字横の相馬御風の歌です。 意味は「夕方になり少し風が出てたのか、静かに散っていた山桜の花びらが、急に激しく舞うようになった」 ひとことでいえば、行く春を惜しむ歌です。 ちなみに「あしひき」は「山」にかかる枕詞だそうです。 昨日の新潟vs東京の試合が終わったあと、とぼとぼとビッグスワンを後にする新潟サポたち......続きを読む»

厳しさか愛情か 守護神守田の痛恨のミスから考えるアルビサポ論

【越後橙】

子供の活動時間と範囲が拡大して試合のレビューが更に書けなくなりました(´・ω・`) === さてさて目下絶不調でシーズン序盤戦を戦っている我らがアルビですがついに衝撃的な出来事がありました。 こんなブログ読んでる人は全員ご存知だと思いますが、 GKの守田が手で持っていたボールをポンと置いた瞬間、真後ろに潜んでいた宇佐美にボールをかっさらわれゴールを奪われたんですね。 ゲームの流れとは全く無......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチの脱ポゼションサッカー宣言 ~失われたアイデンティティー(自分たちのサッカー)を求めて~

【白鳥城の騒霊】

ハリルホジッチ日本代表監督は現在欧州クラブに所属する選手を視察していますが、渡欧前の15日に記者を集めて合同インタビューを行ったらしいですね。 その中になかなか興味深い言葉があったので、日本代表ハリルホジッチのサッカーとわれらアルビのサッカーと比較して私感を交えてご紹介します。 現状や課題は。--- 「プレミアリーグとJリーグは大きな違いがある。球際の戦いだ。日本の審判は体が触れると......続きを読む»

S.League 8th leg, vs Home United FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第8節(AWAY)。Home United FCとの対戦。 5試合連続完封勝利で、暫定2位のアルビS。 対戦相手Home United FCは、ここまで2勝2敗3分、勝点9で5位につけている。 昨シーズンの前回対戦ではアルビS相手に4-2と勝利しており、我々に対して悪いイメージを持っていないはず。 昨年の雪辱を晴らし、2012シーズン以来3年ぶりの6連勝を飾るべくしっかり勝点3を重ねたい。 ......続きを読む»

S.League 7th leg, vs Young Lions

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第7節(HOME)。Young Lionsとの対戦。 前節、ホーム・ジュロンイーストスタジアムでの初勝利と4連勝を飾ったアルビS。 前節は何度も決定機を作りながらも1点にとどまったものの、4試合連続の完封と守備の安定感は抜群。 対戦相手のYoung Lionsはこれまで4試合を戦い1分3敗、勝点1で最下位。 調子の上がってないチーム相手にホームでしっかりと叩き勝点3を積み上げたい。 ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】百獣の王レオ・シルバと白鳥王アルビレックス新潟の幸せな邂逅 ~第5節 鹿島vs新潟~

【白鳥城の騒霊】

いまさらレオ・シルバを褒め称えるのもなんなのですが、やっぱりレオ様は素晴らしいですね~(ホクホク)。 鹿島戦。ラファエル・シルバのゴール見ました? ラファのカウンターの反応、インテンシティー、ゴール前の冷静さ。どれも素晴らしかったんですけど。 やっぱりその前に注目したいのはレオ・シルバのボール狩りですよね。 鹿島選手の縦パスを待ってましたとばかりにレオ様がボール狩りを行います。相手の選手は背......続きを読む»

S.League 6th leg, vs Geylang International FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第6節(HOME)。Geylang International FCとの対戦。 現在3連勝中と勢いのあるアルビS。 このままの勢いで前節と全く同じ布陣でホーム初勝利を目指す。 Geylang International FCには過去にアルビSに在籍した日本人選手4人が先発に名を連ねている。 こちらも前節首位のTampines Rovers FCを破り勢いのあるチームだが負けるわけにはいかない......続きを読む»

S.League 5th leg, vs Harimau Muda

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第5節(AWAY)。Harimau Mudaとの対戦。 シンガポールから陸路で6時間、マレーシアのマラッカ州で開催されたこの試合。 長距離の移動によりコンディションが心配されるアルビSだが連勝中の勢いをそのままに今節も勝利を目指す。 前節同様の先発メンバー、サブにはDF丁野大河が今季初のベンチ入り ■Starting Members■ 《スターティングメンバー》 21 野澤洋輔 Yos......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】柳下監督のサッカーで勝てると思っている ~第3節 新潟vs柏~

【白鳥城の騒霊】

「(初勝利に)感動したというよりも、柳下監督のサッカーで勝てると思っていたので、当然というか、点を取ればこうなると思っていた。次の試合に向けて、昨日以上にアグレッシブに表現できたらと思う」 ルーキーの平松宗は柏戦後、このように話したそうです。 騒霊は以前からヤンツーさんの話には合理性がある。こうやればこうなる。こうなればこう勝てると思っていたので、平松の「勝って当然」発言は納得です。 ......続きを読む»

S.League 4th leg, vs Balestier Khalsa FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第4節(AWAY)。Balestier Khalsa FCとの対戦。 前節に引き続き落雷警報により21時キックオフとなるものの、 昨年の王者相手にアウェイで大勝し勢いのあるアルビSにその影響はない。 今季初の連勝でさらに勢いをつけたいところ。 アウェイでの試合となりましたがアルビSチアダンススクール生がパフォーマンスを披露! 前節と同様のメンバーで今季初の連勝へ! ■Startin......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】山本康裕がダブルを取る ~パンがなければお菓子を食べればいいじゃない:マリー・アントワネット理論~

【白鳥城の騒霊】

結果結果って言ってるサポーター多いけど、そんなに結果でそうな内容にも見えてないのでべつにあせってません。チャレンジをマスト(ーーせねばならない)で捉えると途端に面白くなくなるのであんまりキャッチフレーズにまどわされないほうがいいとおもいます。今日の試合は見てないんですがw— 浜崎一 (@hama_ichi) March 18, 2015 騒霊も昨日の試合(東京戦)は見てないので、とくに......続きを読む»

S.League 3rd leg, vs Warriors FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

Sリーグ第3節(AWAY)。Warriors FCとの対戦。 ここまで勝利のないアルビS、今節はアウェイで昨年の優勝チームとの一戦。 試合は落雷警報により1時間半遅れの21時キックオフ。 集中を切らすことなく、今日こそは攻撃陣が力を発揮しアウェイながらも勝点を持ち帰りたい。 ここ2試合と同様のメンバーで王者に挑む! ■Starting Members■ 《スターティングメンバー》 21 野澤洋......続きを読む»

【契約社員募集!】アルビレックス新潟後援会

【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

アルビレックス新潟後援会では、契約社員を募集しています。 ●勤務地 アルビレックス新潟後援会 〒950-0954新潟市中央区美咲町2-1-10 ●業務内容 個人および法人営業 ●採用予定人数 1名 ●募集条件 営業経験3年以上あり(男女不問) ★詳細のご確認およびご応募はこちらをご覧ください。 ⇒http://www.albirex.co.jp/club/recruit.h......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】苦痛を直視しろ ~開幕戦 新潟vs鳥栖~

【白鳥城の騒霊】

まずはサガン鳥栖にエールを贈ります。鳥栖は素晴らしいパフォーマンスでした。新潟は完敗です。 なんか3年前の優勝争いをした時の仙台のようなチームの完成度の高さを感じました。あの時の仙台は震災直後で。開幕戦は仙台vs鹿島だったと思いますが。なんか鳥栖の気合いにあの時の仙台の気合いを思い出しましたよ。 一年の計は元日にあるといいます。スポーツに例えれば一年の計は開幕戦にあります。その意味で今年の鳥栖はタ......続きを読む»

S.League 2nd leg, vs Brunei DPMM FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

2015シーズン、Sリーグ第2節(AWAY)。Brunei DPMM FCとの対戦。 昨シーズン1度も勝利を上げることのできなかった相手に今季初勝利を目指す。 開幕戦同様のメンバーで試合に臨む。 ■Starting Members■ 《スターティングメンバー》 21 野澤洋輔 Yosuke Nozawa 2 山田幹也 Mikiya Yamada 3 藤原賢土 Kento Fujihara 4 ......続きを読む»

S.League 1st leg, vs Tampines Rovers FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

2015シーズン、Sリーグ開幕戦(HOME)。Tampines Rovers FCとの対戦。 2年連続でホーム、ジュロンイーストスタジアムで迎える開幕戦。 クラブ史上初のリーグ制覇へ向けて開幕ダッシュを狙いたい。 アルビSチアダンススクールによるパフォーマンス! メインスポンサーのCanon Singapore様の小西社長による始球式! 新潟サポーターではお馴染みのビッグフラッグがジュロ......続きを読む»

Training Match vs Warriors FC

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

昨シーズンの王者Warriors FCとのトレーニングマッチ。 開幕まで残り2週間、昨季のチャンピオン相手にここまでの仕上がりを確認したい。 3 藤原 賢土 Kento Fujihara 4 斉藤 孝裕 Takahiro Saito 5 向井 勇祐 Yusuke Mukai 6 山田 樹 Itsuki Yamada 7 水野 輝 Hikaru Mizuno 8 木暮 郁哉 F......続きを読む»

サポーターズクラブ&スクールイベント開催! First Supporters and School Event 2015!!

【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

2月14日(土)にアルビS選手とサポーターズクラブ会員、サッカースクール生、チアダンススクール生の皆さまが交流するサポーターズクラブ&スクールイベントがジュロンイーストスタジアムにて開催されました。 2015シーズン最初のイベント、ミニゲームやサッカー教室など内容盛り沢山の1時間となりました! We held our Supporters and School Event at Jurong Ea......続きを読む»

  • ブログを書く - ログイン画面へ

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

注目タグ

スポーツナビ最新コラム

rss