気まぐれフットボール

サウジ戦がうまくいった理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

単純な話で適材適所、選手がバランスよく配置されていたから。

まずボランチ

守備力の高い山口と、攻守に動ける長谷部の組み合わせは守備面でバランスが取れている。カウンターサッカーってのはまず守備が安定してなければいけない。これを長谷部に柏木のようなパサータイプの配置では守備面でのバランスが悪くなる。 長谷部、山口の組み合わせにより中盤の守備が安定した。

次にトップ下

ハリルの戦術におけるこのポジションはパサーとしての役割が強い。いかにウィング、ワントップを使えるか。清武はパサータイプのトップ下なので役割に合っている。香川は一応パサーとしてもそれなりにはできるが、基本は受け手としてプレーしたいタイプ。パスを出してもリターンをもらいに行き、自分で点を取りたい。トップ下でもパサーではなくシャドウとしての役割の方があっている。出し手より受け手で輝くタイプなのでハリルの戦術におけるトップ下はあまり合わない。

ウィング

ハリルの戦術は縦に速いカウンターなので、スピードがあり、キープ力が高く、ボールを縦に運べる選手が求められている。特に個の力が求められるポジション。 なので、ドリブラータイプの原口のような選手が輝く。本田みたいなスピードがなく、元々サイドではないセンタープレーヤーがウィングをやる場合はフォローがいないと厳しいので、カウンターサッカーではなかなか力を発揮しづらい。そもそもウィングというポジションが本田に合っていない。先発した久保もウィングの適性はない。 サウジ戦で唯一適材適所のなされていなかった場所。

ワントップ

ワントップというポジションは飛び出しやポストプレーなど万能な力が求められる。特にカウンターサッカーにおけるワントップはポストプレー、溜めを作れないとなかなか厳しい。 岡崎は裏を狙うことができても、溜めを作れないのでワントップにはあまり向かない。ツートップで輝くタイプ。 大迫は万能型なのでワントップの適性がある。久保も万能型だからワントップの方が合っている。

適材適所もそうだが、戦術自体もうまくできていた。今までディフェンスのラインコントロールが全然できていなかったが、この試合はラインを下げないよう意識していたのが良かった。 はっきりいってサウジ戦のような戦いをすればアジアレベルなら安定して負けないサッカーが日本ならできるだろう。

ただハリルジャパンのサッカーは個の力に頼る部分が大きいので、アジアレベルなら出来ても、相手のレベルが上がった時にうまくいくかどうかはわからない。大迫が溜めを作れず、原口のドリブルが通用しなくなった時どうなるか。

とにかく早いうちにレベルの高い相手とガチな試合をしないとハリルの本当の評価はできない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016.11.15 VSサウジアラビア ~アンチであっても流石にハリルホジッチを褒めざるを得ない~【生意気くらいが丁度いい。】

こうあるべきだ、という事が重要なのではない。そして、トレンドは、守備的な戦術の中で活きるのか、どう活きるのか、という事がポイントになっている。【FCKSA66】

ここに来られなかった梨紗(清水)の分まで全員で優勝を届けたくて(涙)【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconssoccerr

  • 昨日のページビュー:1411
  • 累計のページビュー:12002

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. カンボジア戦 ―ハリルの人選―
  2. 東アジア杯 ―敗因は監督―
  3. サウジ戦がうまくいった理由

月別アーカイブ

2016
11
2015
09
08
2013
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss