ベか舟と矢切の渡しとサッカーと

2011浦安JSCアウォーズ(極私的)

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて・・今年も残すところ一週を切りました。そろそろ‘激動’の2011を振り返ってみようかなぁと思いますが

まず、今季の浦安JSC版アウォーズを自己満足的にやってみようかなぁと・・もっとも表彰ネタは二つのみですが・・

最優秀選手富塚隼

特別功労賞佐々木竜太

まず、トミーこと富塚。浦安JSCを初めて見た時に一番驚愕したのが彼。
完成されたフィジカル、卓越した突破力、視野の広さ、キックの正確さ。
そして何よりも驚かされたのが元JでもなくJユース等の経験ナシ、つまり浦安JSCで生まれ育った選手だと言う事。
これはオレ個人の意見なんだけどこれだけの逸材だし関東昇格にも大いに貢献してくれたワケだから・・
「Jチームのテストを受けてみたらどうだろう?」
間違いなくJ2の中位~下位チームで同じポジションの選手層が手薄なチームならレギュラー奪えるしチームの順位も多少上げれる!
J1に挑戦させても面白いんだけどヘタに強豪系に行っちゃうとロクに見もせず試合に使ってもらえない危険性がある・・
例をあげれば・・名古屋に花井聖て選手がいるんだけどユース上がりで2008年あたりから
凄く思いっきりのいいプレーをして動きもキレキレで戦術理解力や視野の広さもなかなかで
多分同時期に有名になった同世代の松浦(磐田→福岡)より上なんじゃないかな?
このまま育てば代表級になると思ってたんだけど2年位前だったかな?
怪我して完治したはいいけどどーゆーワケかピクシーに全く使ってもらえなくなって今季はとうとうカップ戦ですらほとんど出番なし・・
こういった可能性があるからJ1、特に強豪ないし人気チームは止めておいた方がいい気がする。
かといってJ1下位系だと残留争いの渦中の中理想より現実を重視したサッカーを一年中強いられる可能性がある。
もっともJ1下位だと逆に途中辺りから使われだして逆転残留に大いに貢献して‘救世主’になれる可能性も無くはないが・・
やはり一選手としてレベルアップを狙うならJ2で試合に出れそうな所から始めるのがベターかな?
高校大学と花道を歩いてきた大型ルーキーならいきなりJ1強豪でもできるけどトミーは典型的な
ハングリー雑草型だと思うので(そこへさらに天才型の素質を兼ね備えている)J2で揉まれる事で素質を開花させてほしいな。

特別功労賞は26歳の若さで(苦笑)引退する彼に・・とは言っても竜太なりの信念に基づいての結論だから尊重します。
印象としてはどーゆーワケかここ一番にめっぽう強い選手。天皇杯予選vsジェフリザの決勝ゴールは有名だけど
その前にもチームのピンチを決勝ゴールで救った事がある(6/5、vsJSCCHIBA)DFの選手なんだけど(爆)
それと・・まあ少年達の人気が凄い事(苦笑)間違いなく長谷川太郎や清水康也より上な気がする
(これより少年の応援が凄いのはセーブセーブ永井位か?)
彼なりの信念とそして愛情がJSCの子供達に伝わっているからだろうね。
オレは見た事無いけど試合後の優しい雰囲気だけじゃなく練習中は当然厳しい一面もあるハズなんだけど
それでも子供達が「竜太コーチ!」と言って真っ先に駆け寄る光景がそれを如実にあらわしている。
現役生活お疲れ様でした。これからはコーチとして富塚隼みたいな逸材をどんどん育てていってほしいですね。

はいっ!極私的アウォーズはこれにてオシマイ。賞状並び商品?期待しないように(超爆)
賞金は・・そうだ、一億・・・‘エア’円で(超爆)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2011を振り返る
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

これから【サッカー・フットサル大好き!】

【天皇杯 準々決勝、結果と(動画)】【GO'S Heaven's Door*soccer*】

覚醒【サッカー・フットサル大好き!】

ブロガープロフィール

profile-iconssism

ブリオベッカ浦安を応援している一サポの端くれのブログ。
  • 昨日のページビュー:161
  • 累計のページビュー:503982

(12月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. シンデレラストーリー第一章、幕・・
  2. この一勝によっていろいろと
  3. 浦安SC、島原にて壮絶に散る・・
  4. クロス恐るべし・・
  5. 新入団選手第二弾と今季私的展望
  6. 2011浦安JSCアウォーズ(極私的)
  7. まさかの事態
  8. 史上最大の大一番!
  9. 明暗分けた「最後の一線における底力」
  10. 絶対活かせこの敗北・・

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss