ベか舟と矢切の渡しとサッカーと

歓喜と追憶の90分

このエントリーをはてなブックマークに追加

JFL2st第3節、7/22、14時キックオフ、柏の葉公園総合競技場、観衆369人

ブリオベッカ浦安2-1(2-0)(0-1)FC大阪

得点、
前半33分清水(PK)
36分南部
後半18分川西

関東地方も梅雨が明け首都圏の小中高の学校が一斉に夏休みに突入した日本で一番暑い時期、JFLもアツく盛り上がる!
この日の相手はFC大阪。2014地域決勝で初対決して以来公式戦で4連敗中の相性が悪いチーム・・
この試合FC大阪のゴールマウスを守るのは永井文也!御存知のとおり2011年当時浦安JSCが5か年計画でJFL昇格を
視野に入れたチーム改革を行った際長谷川太郎、清水康也と共に移籍してきた選手。以降浦安の守護神として少年達の「セーブ×2永井!」
のコールと共に浦安のゴールを6シーズン守り続け今季FC大阪に移籍。当初はレベルの高いFC大阪GK陣の前になかなか試合に
出場できない状態が続いていたがセカンドステージより大阪のゴールマウスを守る事になりそして柏の葉に凱旋!と言う事に・・
スタメン発表の際浦安側応援席から大拍手、昨年までコーチを受けてた少年達から「セーブ×2永井!」のコールで迎えられる熱烈歓迎!
「ちなみに応援席声出しゾーンは拍手はしたけどセーブ永井コールはやってません、悪しからず・・」
それだけなら少年達と永井選手の微笑ましい心温まる美談だけで終ったのだが試合が進むにつれ想像を絶する運命が待ち構えていようとは・・

試合開始。柴田改革も3戦目に突入し監督の意図するところが着実に浸透してきつつあるのがわかる。
ただそれをもってしても今やJFLでもすっかり上位常連となったFC大阪の牙城はそう簡単には崩せない・・
やはり押される時間が長くなるのは致し方ない・・しかしこの日の浦安は粘り強く辛抱強く戦った。それが実ったのが33分。
田中貴大のクロスに瞬時に反応した南部がPA内で倒されPK!これを蹴るのが何と清水康也!!
2011年!東日本大震災の影響で全社予選を戦う事無く全社出場権ならびJFL昇格の可能性すら戦わずして奪われたあの年!
しかし両選手そして他の選手達も腐る事無く浦安JSCのサッカーを全うしその年の県リーグ決勝大会優勝で関東リーグに昇格した!
そのシーズンのゲームキャプテンだった清水康也と不動の正GKだった永井文也!何という運命の悪戯か6年後JFLの公式戦で
PKを蹴る者&PKに際しゴールを守る者として真剣勝負と言う名の下に再会する事になろうとは!!こんな事誰が予想できた!!!!
基本PK時は声を出さずに決まった瞬間一気に歌いだすと言うルーティンで応援してるけどそれを抜きにしてもオレ、声が出なかった・・
この日の会場に浦安JSC時代を知る者がどれ位いたかはわからない。(皆無ではないのは確実。何故ならオレがいるから・・)
果たしてその数少ない人達(選手、関係者、お客様)はこの瞬間どんな感慨を抱いたのだろう・・
浦安JSCを知る者達をイッキに6年前にタイムスリップさせた至高の空間は清水のPK成功で現実に戻る事となった・・
この歴史的PK対決で勢いに乗った浦安、その3分後田中貴大のスローインに菊島が反応し十八番の(トホホ?)潰れ楔びプレー!
そこから混戦になり最後はたまたま?そこにいた南部にボールが渡り持ち直しフルスイングと言った意味不明のカッコつける事も無く
かかとで軽く合わせてゴール!(そのシュートたるや邪道外道ヒロ斉藤の急所蹴りを彷彿とさせる「爆」)貴重な追加点ゲット!
それ以降は押される展開になったがなんとかしのいで前半を2-0で折り返す誰も予想できなかった展開で終了。

ただ全体的にはやはり大阪やや優勢だったのは否めない。それが気になったのだろうか?HT浦安側のミーティングが通常よりかなり長い。
4審がしびれを切らして「浦安さん、早くお願いします!」と数度掛け声かけてようやくピッチに戻ってきた位・・
さらに前半はメイン視線から左にやや強い風が吹いていた。それが浦安にある程度幸運をもたらしたが後半は逆に大阪風上状態・・
後半開始、その予感が大的中・・まるで某前監督時代を見ているかのような劣勢に次ぐ劣勢・・
ここで浦安ゴールの前に立ちはだかったのは浦安JSC、浦安SCを知らない男、本吉勇貴!ある時は右腕一本またある時は右足一本で
強烈なFC大阪勢のシュートを弾き返す!時にポストまで使って!!しかしそのようなGKが相手の時はド肝を抜く超豪快且つ華麗な
シュートで!という鉄則通り18分右サイド2~30メートルあたりから川西が超豪快なミドルシュート!これが芸術的に決まり
大阪が一点返す。1点差にした事で大阪はさらに攻勢を強める。後半だけでなんと12本ものCKを獲得する程攻めに攻めた大阪。
某前監督時代だったら即座に弱気の虫が走りアッと言う間に逆転されてた・・しかし柴田監督の意識改革は我々の想像を凌駕していた!
全員が意識を統一し耐えに耐え抜きそしてタイムアップ!5度目の挑戦にして遂に浦安が対FC大阪初勝利をあげた試合だった。

過去二戦と異なり内容的には特に後半はほとんど攻める事も出来ず相手の圧倒的大猛攻に晒される事になった。しかしこれを耐え抜き
勝利を掴めた事は物凄く大きい!この勝利で選手達は「オレ達やれそうだ!」て自信につながるだろう。
そして柴田改革に間違いの無かったことも併せて証明された!ここまでの過程を考えたら答えは一つ!「柴田改革絶対支持!!」
次節は7/30、灼熱の栃木でウーヴァとの裏天王山!今のオレ達は若林一人の気迫に圧倒されたあの時の浦安じゃない!
戦う気持ちを!闘志を!目的意識をしっかりと再認識させて、アウェー決戦の地に乗り込む!!

ps、いつもは試合後足早に帰るオレが珍しく?選手お見送りタイムで何人かの選手に話しかけた。清水、都並智也、富塚の三選手。
気付いた人もいるだろうがこの三人こそ浦安JSCからの生き残り(秋葉もJSC経験者だが2011年はヴェルディ所属なので割愛)
やはりあのPKシーンに関し三人とも想う所はあった模様。やはり長く見てるとこういう事があるんだなぁと今改めて痛感・・

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

PR活動【走れ!!ソニー仙台FC】

【新企画】Dialogue with Yuto Nakamura No.01 4of4 〜ダイアログ with 中村祐人〜【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

【新企画】Dialogue with Yuto Nakamura No.01 3of4 〜ダイアログ with 中村祐人〜【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconssism

ブリオベッカ浦安を応援している一サポの端くれのブログ。
  • 昨日のページビュー:150
  • 累計のページビュー:496445

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. シンデレラストーリー第一章、幕・・
  2. この一勝によっていろいろと
  3. 浦安SC、島原にて壮絶に散る・・
  4. クロス恐るべし・・
  5. 新入団選手第二弾と今季私的展望
  6. 2011浦安JSCアウォーズ(極私的)
  7. まさかの事態
  8. 史上最大の大一番!
  9. 明暗分けた「最後の一線における底力」
  10. 絶対活かせこの敗北・・

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss