ベか舟と矢切の渡しとサッカーと

希望の光は見えたか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

JFL2st第一節、7/8、13時キックオフ
柏の葉公園総合競技場、観衆464人

ブリオベッカ浦安1-3(1-0)(0-3)ヴァンラーレ八戸

得点、前半8分笠松
後半3分村上(PK)
6分金久保(PK)
32分吉川

柴田新監督の元新たなるスタートを切る事になったブリオベッカ浦安。一方5/7浦安戦を最後に勝利の無い八戸。
まさに両チームにとって仕切り直しと言う言葉がピッタリの環境の中試合開始。
注目の柴田監督のスタメンチョイス。メンバー自体は齋藤時代と大差ないもののあの頃とシステムが明らかに違う!
CDF系を三人(矢部純也、笠松、髙)SB系を二人(秋葉、田中貴大)ウイング系が南部と清水、DMF系が矢部と上松。
FWは菊島のワントップ気味。3-5-2にも見えるし5-4-1にも見えるし3-4-3にも見えるし普通に4-4-2かもしれない。
この良く言えば変幻自在悪く言えばごった煮のシステムに八戸が戸惑ったのか?浦安、試合の入り方は今季屈指!そして8分
CK、田中貴大からの絶妙なボールに笠松が頭で合わせて先制!実に458分ぶりのゴールに沸き返る浦安側。
その後もいつも以上に守備意識を高く保ち隙あらば攻め込む姿勢を崩さない。しかし追加点は取れず前半終了。
今年一番の猛暑に八戸イレブンの体が馴染んでいないのだろうか?それとも別の問題があるのだろうか?
しかし後半開始と共に浦安を最下位の現実が覆う・・早々の3分八戸の攻撃に秋葉がPA内で痛恨のファール。
このPKを八戸が確実に決め同点。その3分後にはまたしても秋葉がPA内マッチアップでファール。短時間で二度のPKは
やりづらいと判断したか?違う選手が蹴りこれが決まって逆転。
ただ浦安の選手達に悲壮感は感じられず押されながらも反撃の姿勢も見せる。しかし32分この姿勢が前掛かりカウンターを食らい
痛恨の3失点目・・これで万事休す。1-3で柴田新監督の初陣は惜しくも敗れる事になった。

八戸は正直精彩を欠いたと表現してもおかしくない状態ではあったがそれでも勝点3を得られたのは底力と言うべきか?

さて、浦安ですが・・
柴田監督はわりとリアリティータイプなのかもしれない。この試合浦安は守備的な布陣で臨み内容的にも前監督が拘った
パスワークは少なめにロングボールも多用するなど現在における自分達の立場を受け入れその中で勝つ為の最善策を探ろうとしていた。
今の状態にはもしかしたらピッタリの人材なのかもしれない。初陣のわりに手探り感をあまり感じられなかったのも
いざやるとなったら腹をくくって覚悟を決めて試合に臨むタイプなのだろう。あくまでも‘‘現段階では’’と言う注釈付きだが
柴田峡監督、信頼していいだろう!本人も試合後の決意表明公開インタビューで力強く自信のポリシーを述べ
その後サポーター席へこれまた力強く手を振っていた姿を信じてみる価値は十分あると見た!
そういう姿を見せてくれたらいちサポーターとしても応援のやり甲斐があると言うモノだ!!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

熱き守護神/鈴木悦史選手・プロ契約のお知らせ!【世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)】

厄年【走れ!!ソニー仙台FC】

北京国安のユルマズに5試合出場停止の処分!【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconssism

ブリオベッカ浦安を応援している一サポの端くれのブログ。
  • 昨日のページビュー:133
  • 累計のページビュー:500890

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. シンデレラストーリー第一章、幕・・
  2. この一勝によっていろいろと
  3. 浦安SC、島原にて壮絶に散る・・
  4. クロス恐るべし・・
  5. 新入団選手第二弾と今季私的展望
  6. 2011浦安JSCアウォーズ(極私的)
  7. まさかの事態
  8. 史上最大の大一番!
  9. 明暗分けた「最後の一線における底力」
  10. 絶対活かせこの敗北・・

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss