ベか舟と矢切の渡しとサッカーと

一瞬の怖さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

JFL1st10節、5/21、13時キックオフ
万博記念競技場、観衆496人

ブリオベッカ浦安0-1(0-0)(0-1)FC大阪

得点
後半8分川西

前節連敗を4で止めたブリオベッカ浦安。一方のFC大阪は首位八戸と対戦し激闘の末勝利し優勝争いを大混戦に持ち込んで見せた。
そんな勢いづいた両チームの対戦だけに好試合の期待は高かったのだが・・

試合開始。どうもFC大阪の攻撃に凄みが感じられない。好機はそれなりに作るのだがフィニッシュが雑・・
浦安がホントにヒヤッとしたシーンは2度。一度目は抜け出しから大阪選手がシュート、これを浦安GK大野が間一髪掻き出すが
そのボールがクロスバーを直撃!ほぼ真下に落ちたが大阪選手よりわずかに早く浦安選手がクリアーし事なきを得る。
もう一つは前半終了が近づきつつある時間帯PAギリギリ外で浦安がファール!限りなくPKに近い位置でのFK。
キッカーはFC大阪ジュニーニョ。絶好の位置から放たれた直接FKは蹴った瞬間クロスバーを大きく超えていく大外し・・
浦安はと言うと一応チャンスは演出するものの全く決まりそうな気配も無く前半はスコアレスで終了。

後半開始。やはり大阪が攻める。一度目の決定機は凌ぐが二度目の決定機、どういうワケか昨季得点王川西のヘディングに
GK大野を含む浦安守備陣誰もが一歩たりとも反応せずそのままボールが浦安ゴールに吸い込まれFC大阪が先制!
その後は浦安も反撃し清水のダイビングヘッドがこれまたクロスバーに当ってゴールならず・・
終了間際富塚がこの日二枚目の警告で退場になると勝負は決まった・・ロスタイム、攻め込むような1点を守るような
どっちでもいい成り行き任せ感満載のプレーのち試合終了。FC大阪が首位追撃に貴重な勝点3を確実に手中にした一戦だった。

FC大阪は前節の激闘の余韻を悪い意味で引きずっていたのだろうか?どうもしまりのない出だし感がぬぐえなかったが
その中でも唯一高いレベルで集中力を維持していた川西が浦安のスキを突いて絶妙な判断で頭を合わせるシュートで試合を決めた。
その辺りの冷静な判断力とここ一番で決めれるポテンシャルは健在!昨季得点王の完全復活は優勝争いをますますと混沌にするだろう。

一方の浦安、この試合、FC大阪のあの調子を考えたら引分には持ち込めた試合だった気がする。
決勝失点のシーンはほんの一瞬だけ全員の集中力が切れ相手のシュートに誰一人反応できない失点・・
わかりやすく言うと昨年6月鴻ノ池での奈良戦2失点目と全く同じ形。て事はそういう面ではあれから何一つ成長してないと言う事?
これでは今季の残留争いにまたしても不安材料が一つ積み重なったとしか形容できないなぁ・・
終了目前にして富塚か二枚目のイエローで退場、当然次節は出場停止。そんな状態でホーム柏の葉に迎えるのは
残留争い直接の対象となる栃木ウーヴァ!早くもやって来た関東勢同士の裏天王山!今季は八戸こそ有力だがそれ以外の
J3権利持ちがパッとしない現状を考えたら今季の最下位は降格の可能性が十分有り得る!これは双方絶対に負けらけない戦い!!

ps、FC大阪さんは万博開催の時はビジョンは使用しないみたい。JFLでもチーム、スタジアムによって
運営方法は異なるんだなぁと言うのを改めて実感。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

INAC神戸レオネッサvs日テレ・ベレーザ なでしこリーグ2017第9節【球マニアのBLOG】

今年の目標【走れ!!ソニー仙台FC】

「昇格組」和富大埔が大躍進したシーズン【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconssism

ブリオベッカ浦安を応援している一サポの端くれのブログ。
  • 昨日のページビュー:340
  • 累計のページビュー:487540

(07月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. シンデレラストーリー第一章、幕・・
  2. この一勝によっていろいろと
  3. 浦安SC、島原にて壮絶に散る・・
  4. クロス恐るべし・・
  5. 新入団選手第二弾と今季私的展望
  6. 2011浦安JSCアウォーズ(極私的)
  7. まさかの事態
  8. 明暗分けた「最後の一線における底力」
  9. 史上最大の大一番!
  10. 絶対活かせこの敗北・・

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss