ベか舟と矢切の渡しとサッカーと

最後の差は何なのか・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

JFL1st第三節、3/18、13時キックオフ
柏の葉公園総合競技場、観衆234人

ブリオベッカ浦安0-1(0-0)(0-1)ラインメール青森

得点
後半39分横野

何の因果か今年も春の三連休中にに対戦する事になった昇格同期の浦安と青森。
この時期の青森市はまだ雪も残り屋外でのサッカー練習に制限があるという話を某氏から聞いたが
(フィジカルないし簡単な個人技練習は市内の屋内でできるが戦術確認連携など広い場所が必要な実戦系練習は八戸市で行ってるらしい)
一方の浦安、震災直後はともかく今は選手の就職先のご好意もあって思う存分練習ができる状況。そう考えると本来ならむしろ
浦安の完成度の方が上回らなければならないハズなのだがご存知の通り似たような状況で行われた昨年のリーグ戦は青森の圧勝!
浦安にとって名誉挽回となるのか恥の上塗りとなるのか?そんな中で試合開始。
思った以上に互角の展開内容で試合は進んでいく。浦安にも青森にも均等に訪れる決定機。好守も目まぐるしく入れ替わり
普通にいい試合となっている。この日の観客数は3連休初日かつ極端に寒くない環境にしてはかなり寂しい入り(234人)だったが
ご来場なさったお客様は面白い試合を堪能できたのではないでしょうか。前半はこのままスコアレスで終了。

後半も似たような展開なのだが前半と違うのは決定機の数。ハッキリ言って浦安の方が多かった!
特に25分ごろ枠を完璧に捉えたミドルシュートが味方選手に当って最終的に枠を外れる不運も・・押しながら点を取れず
悪夢が訪れる・・後半39分攻撃に出る青森、必死に守る浦安。クリアボールを中筋が奪い横野につなぎシュート!?のハズが
タイミングを誤ったのかどう見てもミスショットとしか思えない弾道だったがこれが逆に本吉を惑わせたようで反応しきれず
コロコロ転がりゴールイン!青森が泥臭く且つ死に物狂いのゴールで先制!結局これが決勝点となり試合終了。
1-0で青森の勝利となり対青森初勝利はまたしてもお預けとなってしまった・・

こうしてみると昨年とは打って変わってJFLにわりと馴染んできた感はある浦安。なのに何故こうまでも勝てないのか?
監督の質の差はもはや当然すぎて言うまでもないが結局この日までの両雄の道のりに結構差があるんじゃないかという疑念が出てくる。
この季節青森の過酷な練習環境は前記の通り。そして浦安は今JFLの企業&準会員資格を持つJ志望クラブ以外ではJFLで一番
練習環境に恵まれていると言っても過言ではない。ホームスタジアムでは県内巡業を強いられてるのとは対照的なのが微妙に笑えるが・・
浦安市内の立派なグラウンド、人を育てる事は超一流の齋藤監督に豊富な経験と能力で選手を指導する都並敏史TD。
手弁当で甲斐甲斐しく選手をケアする医療&トレーナースタッフ、選手が普段働いている企業様の温かいご理解と熱い応援。
「縁の下の力持ち」「痒い所に手が届く」を地で行く健気な仕事ぶりかつ笑顔がチャーミングな森島くるみマネージャー
(まだまだたくさんいるけどこれ以上書くときりがないので以下割愛)
これらが揃った結果何が起こったかと言うと・・選手の名誉のために言うとまずは「力量アップ」これは間違いない。
しかしながらここまでで一番目立っているのは皮肉な事にいろいろ至れり尽くせりが揃った事による「慢心」である・・
齋藤監督の厳しい練習を日々乗り越えた事で皮肉にも逆に「これだけキツイ練習してるんだから負けるワケがない」
これを「自信」とせずに「過信」として受け止めてしまっている選手の方が多いようだ・・言うまでもなくこの二つは似て異なる・・
今回の青森戦、前回と違って実力の差はほとんどなかった!負け惜しみ言ってる様感じるかもしれないが本当にそうなのだから仕方ない。
だが2つ、下手すりゃ監督の力量以上に大きな差があったのにお気づきの方はいますか?それはズバリ「ハングリー」そして「執念」!
青森は前記の通り恵まれない環境の中においてもめげる事無く自分達のチームの未来を信じ健気に現実を受け入れ練習してきた!
浦安も密度の濃い激しい練習をしているのは事実!しかし環境に恵まれすぎた・・故にハングリーさは感じにくい現状がある・・
昨年の大量離脱の際危機感はいくらか感じたのかもしれないがそれを恵まれた周辺環境が覆い隠してしまっているのが皮肉・・
震災後早朝4時半に起きて都内のグランドに練習しに行った後仕事と言う時代があったが今その頃を知る選手は清水、都並智也、富塚くらい
(秋葉はこの頃ヴェルディに所属していた)(永井もそうだけど彼は今季FC大阪に移籍済み)
今の恵まれた環境の中であの頃の気持ちを忘れるな!と言うのは難しい。これは解るけどかと言ってあまりにもその頃の記憶を
過去のモノとして風化させすぎたり伝説としての認識しかできないようだとこれからも最後の最後で相手に気迫負けして敗北と言う
悪循環は続いていく事だろう・・この三試合判で押したように終盤で追いつかれたりリードされたりが続くのは気持ちの問題!!
これからの残り27試合、一刻も早くそれに気づく選手が現れてほしい!残された時間は多いようで多くない!!

ps、不思議な事にこの試合、齋藤監督の挙動采配、特におかしなところはなかったけどね(苦笑)後半40分過ぎにDF笠松に代えて
MF後藤を投入したけど1点負けてる状況だから2失点目のリスクを背負ってでも守備を一枚減らしてでも攻撃の選手を投入と言うのは
当然の事。相馬、清水投入のタイミングも悪くなかった。
ただ逆に言うと何故開幕戦ではこれがわからなかったのか?痛い目にあったから気づいたのか?それとも単なる偶然の采配なのか?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

初JFL観戦 ~奈良v流経大~【Wemblyへの道のり】

don’t cry【走れ!!ソニー仙台FC】

もはやJに怖さはない?吹田でガンバ大阪に勝利の江蘇蘇寧【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconssism

ブリオベッカ浦安を応援している一サポの端くれのブログ。
  • 昨日のページビュー:244
  • 累計のページビュー:475613

(05月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. シンデレラストーリー第一章、幕・・
  2. この一勝によっていろいろと
  3. 浦安SC、島原にて壮絶に散る・・
  4. クロス恐るべし・・
  5. 2011浦安JSCアウォーズ(極私的)
  6. 新入団選手第二弾と今季私的展望
  7. まさかの事態
  8. 明暗分けた「最後の一線における底力」
  9. 史上最大の大一番!
  10. 絶対活かせこの敗北・・

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss