SPORTS運慶

世界三位の銅色を誇れ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


 暑い、暑い、と言っちゃいけないと解っていても、言いたくなるこの暑さ。テレビでは「4年後の今日が東京オリンピックの最終日でマラソンと閉会式がある」と伝える。こんな暑い時にどうすんだ!!前回の東京オリンピックはご存知の方は、ご存知のように、10月10日「元・体育の日」が開会式だった。えらい違いぞ、この二ヶ月前倒しは!まっ、でも、なんとかなるんだろうな。

ということで、今日も、もちろん(別にもちろんってことはないが)、 オリンピックの話題。

 この「運慶」で、あまりスポーツ競技や関係諸処に苦言を呈するようなことはやめとこうと思っている。だから、これは「苦言」じゃなくて「もっと“自分を褒めてやって”いいんじゃないか?」という爺さんが孫を思う気持ちです。

 柔道のこと。

 今回のオリンピック日本柔道は、今のところ、それぞれベストを尽くし、みんなメダルに絡んでる。三位(銅)が男女5人で一位(金)が男子一人。獲得メダル数なんて話題にするのは無粋だが、とにかく早くも6個獲得。

 しかし、これが、なかなか「笑顔の会見」とならない。「金メダルしか狙ってなかったので」「頂点が目標でしたから」と、なかなか渋い、メダルを取りながらも悲壮感すら漂う系の記者会見やらインタビューやらの映像が届く。

 いいじゃないか、オリンピックという最高の檜舞台で、世界三位のメダルを獲得することは「素晴らしいこと」じゃないですか。そもそも「日本お家芸、威信をかけて」なんて発想や意地は、もうやめたほうがいい。少なくとも選手たちは。また、少なくとも「オリンピック競技としての柔道」では。

 錯覚が見る側にもあると思う。 「柔道は、昔は、日本の独壇場だった」という錯覚が。

 そもそも、前述の「体育の日」。1964年の東京オリンピックにおい、柔道を国際的なスポーツ種目にして、メダル数を上積みしたかった。「日本の心技体的文化である“道”」が国際的なスポーツへと変化していった。それは、明らかに「道」より、ゲーム性を重んじたスポーツだ。だからこそ1964年の男子の4階級でも、無差別級は二位(銀)で終わっている。当初から「柔道は出たら本が勝つ」なんて常識はオリンピックにおいて存在していなかった。

 「競技人口少ないんじゃない?」の意見で東京の次のメキシコでは五輪種目から除外された柔道だが、社会主義国家やフランスなどの後押しもあり、男子はミュンヘン(1972年)、女子もバルセロナ(1992年)から五輪正式種目になった。でも、スポーツ的JUDOは、フランスもソ連(ロシア)も強いし、中国・韓国・北朝鮮といったアジア勢に、キューバやオランダも頑張ってる。

 ザクっ、とした話で申し訳ないが、オリンピック柔道の現在までのメダル総数は491個らしい。その中で日本の獲得率は14.6%の71個。

 一位の金メダルに限ると、総123個の金に対して、日本獲得率は29.2%の36個。確かにすごいが「歴史的に絶対取ってきている」わけではない。しかも、金に関しては、男子の野村忠宏さん、内柴正人さん、女子の田村(谷)亮子さんといった「五輪の達人」が含まれている。彼ら(彼女)だけで、実に7個の金メダルを獲得しているのだ。

 「アテネ五輪の夢」を例に出す人もいるが(男女金8個)、そんなことはアテネだけ。たまたま「五輪の達人」の野村、田村(谷)、内柴が揃っていた。むしろ昔ならソウルも金一個、最近ならロンドンも金一個と、別に「すべて金」なんて過去があったわけではない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016リオオリンピック
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

[リオ五輪] 大会1日目柔道女子48キロ級、男子60キロ級 柔道初日男女ともに最後まであきらめず銅メダルを獲得!【ブラジルサッカーレポート】

2016年6月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

2016年5月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-iconsportsunkei

「近鉄バファローズ」から野球観戦キャリアスタート。スポーツは地元密着主義。LAに居た時は、MLB/ドジャーズ・エンゼルス・NBA/レイカーズ・NHL/キングス。現在は、ガンバ大阪。なんとか、オリックスバファローズ。良く観るのは阪神タイガース。大相撲も好き、サーフィンも好き。トレーニングは、水泳、ランニング、バイク(自転車)。トライアスロンも。
  • 昨日のページビュー:32
  • 累計のページビュー:8705

(08月17日現在)

関連サイト:「SPORTS運慶」HOME

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. イチローを創った「火種」
  2. 世界三位の銅色を誇れ。

月別アーカイブ

2016
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss