スポーツマーケティング会社社長のブログ

K-1GP決勝戦 やはり強かった、シュルト二連覇!

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月2日、2006年のK-1ヘビー級王者を決める決勝戦が行われた。

シュルトの二連覇、ホーストの引退、アーツの決勝戦進出などなど、初期のK-1から観ており、仕事でも関係していた私として感慨深い内容だった。


アーツVS武蔵戦は往年のアーツが戻ってきたかのような豪快な戦いぶりで武蔵を圧倒した。

ホーストは、93年の第1回大会からK-1に出ており、沢山の名勝負を残し、そして最高のテクニックをもった選手だった。100勝まであと2勝だったホーストだが、試合後のコメントでもやはり悔しがっていた「勝てなくて残念。5度目の優勝でキャリアにピリオドを打ちたかった。今日のシュルトは非常に強かった。試合が終わって“選手退場”というアナウンスを聞いて、いろいろなことを思い出した。これが最後なんだ、と思って少し感情的になった。ファンがスタンディングオベーションをしてくれたことでより寂しい気持ちが増した。14年の選手生活は長かった。一番印象に残っているのは優勝した99年のトーナメント。引退後は何らかの形でこの世界にかかわっていきたい。」

ホーストには、オランダで(できれば日本でも)強いK-1選手を育ててほしい。

そして、シュルトはやはり強かった!K-1では、1度優勝した選手は、2度・3度優勝することがよくある。アーツやホーストがそうだった。シュルトは今回で二連覇だが、しばらくシュルト時代が続きそうだ。

しかし、今回の決勝トーナメントに出た9人(アーツがリザーバーででたので8+1人)の選手のうち、カラエフを除く8人が30歳以上という高齢ぶりは異常だろう。このところのK-1ヘビー級にマンネリ感が強いのは、この辺が原因ではないだろうか。昔からいる知名度のある選手を出さないと視聴率が取れないのはわかるが、もう少し若い選手を出して新旧交代させないと、ファンは離れてしまうのでは。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
格闘技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconsportsmarketing

武田利也

中央大学理工学部卒・外資系商社・ITベンチャー・格闘技イベントプロデューサーを経てスポーツマーケティング・スポーツイベントをマネージメントするブーメディア・エンターテイメントを設立。2007年、会社名を㈱スポーツワンに改称。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:176382

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なんと!1年間960円のスポーツ保険が登場です!
  2. ロンドンオリンピック日本代表応援企画フットサル大会を開催します!
  3. これからの季節でも走れる!夢の島ナイトラン開催!
  4. スポーツでメシを食おう! in 福岡
  5. スポーツでメシを食おう!追加説明会を開催!
  6. 大阪で初の企業対抗駅伝を開催!
  7. 北澤豪プロデュース 北澤カップフットサル大会
  8. スポーツワン 新卒内定式
  9. 婚活ゴルフ練習会
  10. 日本最大のアマチュアフットサルリーグ募集開始!

月別アーカイブ

2012
10
06
05
01
2011
11
09
08
05
03
02
2010
12
10
09
07
06
05
04
03
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss