スポーツ身勝手解説ブログ

錦織圭、課題はサーブ?来年の予想。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は関係ないですがデ杯も終わり完全にオフシーズンに。 錦織はこれから沢山のCM撮影やらスポンサーイベント、テレビ番組などで大忙しになるが、マイケルがこのオフは凄くハードなトレーニングになると言っていた。錦織はそれに対して嫌気もなく前向きに捉えていたとのこと。 奢りはなく、トップを目指す姿勢に変わりはない。頼もしい限り。

さて、今季を振り返って思うのはやはり第一はサーブか。次にUEの多さ、特にシーズン終盤はフォアのミスが目立った。 良かった点はシーズン終盤まではサーブのプレイスメントが良かった。あとは競り合ったポイントの組み立て。

更なる上位を目指すにあたり、課題を何処と捉えるべきか。良い点を伸ばし、悪い点を改善するのは当然だが、出来ることと出来ないことがある。 まず考えるのはファーストサーブのフリーポイントを増やしたいところだろう。それを見越してか解説者等の中にはあと5キロ球速が増せば可能、というような見解がある。 果たしてそうだろうか。

錦織の身長を考えると、最高速が200キロが210キロ近くになれても、平均5キロ増しでも身長は伸びないのだから角度は変わらない。だから大幅な改善とはならないように思う。 勿論改善に取り組むべきだが、スピードだけに固執するのは違うように思う。

ファーストの確率とプレイスメントとキレ、セカンドの種類を増やすこと、あとキレ。 サーブに関してはどちらかと言うとこうした部分の進化を重視なすべきな気がする。 フィジカルトレーナーが付いているから筋力のアップははかれる。スピードも多少は上がるとは思う。が求めすぎは良くない。

改善すべきポイントの優先度の高さはフォアの確率をもう少し改善すべきかと思う。 何もそこまで狙わなくても。というシーンも多かった。有利な展開からのフォアのUE、これを減らしたい。 その為にはフットワークと体力かと思う。大切なポイントで取れなくても走りきるシーンがもっと増えて良いと思う。 マレー、ジョコの40-0などで取られても良いゲームで劣勢のポイントでもガムシャラに拾ってモノにするポイントの怖さが出てくると錦織は一気に強くなれるような気がする。 すんなり決めたいのに決まらない。40-15に。ファースト入らない。甘いセカンドになり叩いてリターンエースで40-30、流れを奪う! こういうことを相手のサービスで絶えず継続することこそが次のステップのような気がする。その為にはフィジカルモンスターにならなくてはならない。

マイケルが厳しいオフになる、と言ったのはメンタルよりもフィジカルで自信をつけさせたい、ということなのだと思う。

トップ2名、マレーはビッグサーバーだが、それ以上に賞賛されているのはフィジカルだ。ジョコもそう。 ポイント間の時間の使い方も上手い。ジョコは歴代チャンピオンの中ではかなりプレー間が長い方だし、マレーも常に怒りながら何かを喋ってる。 あそこらへんのやり方のうまさが勝負の綾になっている。

私は錦織の今オフシーズンの課題は、フィジカルとフットワークとフォアのUE減が優先かと思う。 筋力アップが体力と精度を奪わなようにというのはプロのコーチ達がよくわかっているはず。

シーズン終了後に錦織は、課題は分かっていて4位3位へと行ける力はある。と言っている。 壁は高いがさらなる伸び代はマレー、ジョコより錦織にある。

来期のGS,MSで2つは取るような気がする。 ドロー運の無さをそろそろ底をついてきたし、今年のドロー運でこの結果はトップ3クラスだった。

オフにスポーサーが必要以上に錦織を疲れさせず楽しませてあげて欲しい。 切り替えは上手い方だけど、ツアーファイナルのラスト3連敗は辛かったと思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
2017
錦織
予想
テニス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織圭、課題はサーブ?来年の予想。

錦織選手の来年の課題を興味深く読ませていただきました。貴殿の言われることを頷きながら読みました。サーブですが、デュースサイドのワイドに切れるスライスサーブは、進歩してポイントを多く取ることができていると思います。問題は、アドサイドのワイドサーブだと思っています。1st、2ndサーブで、もっとスピンサーブを使ってほしいと思っています。アドサイドのサーブの改善で、ブレイクポイントのセーブ率も上がるはずです。それから、チャンコーチがこのオフに意識するのは、貴殿も言われた、フォアハンドのUEではないかと想像します。特に、バックスイングが遅れたり小さかったりしてネットに掛けるシーンが多かったように思いました。私も、来年こそは今までの経験を生かして、ジャンプアップの1年にしてほしいと願っています。できれば、マドリードMSの優勝と全仏の制覇を成し遂げて欲しいですね。

こんな記事も読みたい

【2016年11月】今期の錦織選手、及びATPツアーの状況(勝率・スタッツ編)【"テニス"感覚観戦】

年末最終ランキングと来シーズンに向けて【気ままにスポーツ日記】

錦織の今後のスケジュール…12/2~IPTL2016・日本大会、2017年1/1~ブリスベン国際【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconsports_is_my_life

ほぼ全てのスポーツが好きです!
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:378634

(06月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織圭の進化と可能性
  2. ツアーファイナル 決勝L展望 錦織の可能性は!?
  3. 錦織対チリッチの前に…
  4. ラケット破壊から得るもの 錦織圭選手
  5. 錦織圭、課題はサーブ?来年の予想。
  6. 錦織対マレー 勝負の決め手
  7. 正に追い風 錦織選手
  8. 錦織、2種類のワウリンカに完勝
  9. 予感的中の錦織対ジョコビッチ
  10. 錦織圭、ワウリンカに逆転負けした理由とは?

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
05
2015
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss