スポーツ身勝手解説ブログ

小久保監督の功罪

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段は錦織ばかり書いているがたまには野球も。 WBC準決勝で日本敗退。

残念ながら悔いの残る敗戦であり、それは菊池と松田のエラーであり、特に松田の守備は酷かった。擁護のコメントを多く見たが庇える内容のエラーではなかった。

色々と球場の違いや微妙なバウンドだったという記事を目にするが、あれはダメ。彼が日本代表のプロである以上は庇えない。

それにあそこの場面だが、敬遠という選択肢はなかっただろうか? 何度考えても、どう考えてもだ敬遠だと思うのだが。。

1対1の8回表 アメリカの攻撃、1死2,3塁。 相手の抑え投手のラインナップ、アメリカのチーム防御率、試合の流れ、これらから考えれば1点勝負と捉えるべき。 日本にとっては1点死守必須の場面だった。あそこでは1失点も2,3失点も大して変わらない場面だった。

そしてバッターは2番Aジョーンズ。 やはり敬遠も選択肢だっただろう。

しかしその前に触れておきたいのは千賀だ。 5〜8番を連続の4三振していたが9番1番に連続で打たれた。あまりに良い感じなので引っ張った結果だと思う。それに関してはそこまで悪い失敗ではないが9番に打たれた段階で継投は考えるべき。 それこそ則本という手があった。

話を戻すと、Aジョーンズはたしかに当たってない。しかし3番のイエリッチも実はさほど調子は良くない。菊池のエラーで出塁して先制ホームしたのがイエリッチだがバッティングは当たってるわけではない。 千賀はピンチを招いたが確かに悪くはない。 だが9番に打たれた時点で継投策を考えもしなかった様子。そこに少し疑問がのこる。 前の回の3三振があったから続投させたくなったのかもしれないし、小久保の千賀への依存度が高いだけに8回に臨むに際し、投げれるか?はい! といった感じもあったのだと思う。だからここは責められない。

場面に話を戻そう。

満塁策ならホームゲッツー狙いでホームもホースプレーでアウトにできる。比較的守りやすい守備体制をとることができる。

Aジョーンズ勝負となると内野ゴロを打たせてバックホーム。これはタッチプレーだ。 野手に与える心理は大きく異なる。ミスの確率はホースプレーの数倍は、、あの場面ではもっとかもしれないが高まる。

ここで考えなければならないのがイエリッチの次の打者4番のアレナド。 アメリカを代表するどころかメジャーを代表する打者。だが今大会では当たっていない。この日も菅野の評価を上げるための咬ませ犬になり下がった感じで3三振だった。 そのアレナドに回したくなかったんだろうか?そこも疑問。

Aジョーンズ敬遠、イエリッチ勝負でホームでホースプー、あわよくばダブルを取れれば。そしてもしアレナドに回っても千賀、則本なら三振で切り抜けられる可能性も高い。 だから敬遠、継投策も考えるべき場面だった。 しかしベンチワークは間も取らずに前進守備を指示。これはいただけないベンチワークだとすぐに思った。

1点が問題の場面で、皆調子に大差もなく、Aジョーンズが特別料理しやすい打者でもない中で、ホースプレーのシチュエーションを選べるのに、タッチが必要なクロスプレーを選択したのだ。 それをホームで刺せという感覚。ちょっとおかしいんじゃないかと思った。

もう少し言えば結果としてAジョーンズも当たってないからアウトをクロスプレーになっても取りに行く。理由はイエリッチの方が単に嫌だから。という考えも分からなくはない。がここは長打率とかは全く問題でもない場面なのだが。

しかし、何よりまずいのは間を取りもせずに当たり前のようにバッター勝負で前進守備。これは果たしてどうなんだろうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
アメリカ対日本
WBC

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

WBCの「世界大会」としての可能性。メジャーリーガーが見せた魂のベースボール。【Sports as a Japanese Culture.】

重なった風景【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

北京五輪を思い出させるWBCの重圧【プロ野球の魅力を語る】

ブロガープロフィール

profile-iconsports_is_my_life

ほぼ全てのスポーツが好きです!
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:378634

(06月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織圭の進化と可能性
  2. ツアーファイナル 決勝L展望 錦織の可能性は!?
  3. 錦織対チリッチの前に…
  4. ラケット破壊から得るもの 錦織圭選手
  5. 錦織圭、課題はサーブ?来年の予想。
  6. 錦織対マレー 勝負の決め手
  7. 正に追い風 錦織選手
  8. 錦織、2種類のワウリンカに完勝
  9. 予感的中の錦織対ジョコビッチ
  10. 錦織圭、ワウリンカに逆転負けした理由とは?

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
05
2015
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss