スポーツ身勝手解説ブログ

スポーツ、主にテニスの錦織を身勝手に解説するブログです。

sports_is_my_life

ほぼ全てのスポーツが好きです!
  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:378744
  • (06月24日現在)

最新の記事

小久保監督の功罪

普段は錦織ばかり書いているがたまには野球も。 WBC準決勝で日本敗退。 残念ながら悔いの残る敗戦であり、それは菊池と松田のエラーであり、特に松田の守備は酷かった。擁護のコメントを多く見たが庇える内容のエラーではなかった。 色々と球場の違いや微妙なバウンドだったという記事を目にするが、あれはダメ。彼が日本代表のプロである以上は庇えない。 それにあそこの場面だが、敬遠という選択肢はなかっただろうか......続きを読む»

ラケット破壊から得るもの 錦織圭選手

リオにて錦織圭久しぶりの1回戦敗退。 先日、格下だが仲の良いドルゴポロフにストレートで敗れ、そして今回も。 全仏前にいいことだと思う。 去年の錦織圭は寧ろ出来過ぎでこういうところがあるのが普通。調子が良かろうが悪かろうがストレスがあろうとある程度の我慢をしつつ。。 みたいな選手だったから、今回の決勝2連敗、初戦敗退、そしてラケット破壊は物凄く大切な、最も必要だった経験をしたと私は思ってます。 過......続きを読む»

錦織全豪2回戦勝利!課題はプレイスメント

錦織、全豪オープン2回戦のシャルディ戦をストレートで勝利! ということで晴れて3回戦へ。3回戦は67位のDセラか121位のLラツコの勝者と戦うことになる。ランキング的には問題なく退けられる3回戦の可能性が高い。 そしてフェデラーかベルディハとの4回戦、マレー、ワウリンカやジョコ、と順調に進んだケースではそういう2週目がハードなドローとなっている。 錦織のこの1,2回戦を観て、特に先ほど終わった2回......続きを読む»

錦織、2種類のワウリンカに完勝

ワウリンカに勝った。 何もこれは初めてのことではないが、2種類のワウリンカの内の強い方にも勝てたという意味では非常に大きな勝利だった。 錦織はブリスベン国際はシードで2回戦からだった。今年の初戦となった2回戦こそ1セットを落としたがその後は危なげなく2,3回戦を連勝した。 だが正直なところ調子の良し悪しは判断しがたいほどの格差のある相手だったので、今年を占う上では今日のワウリンカ戦がまさに今年の錦......続きを読む»

錦織圭、課題はサーブ?来年の予想。

日本は関係ないですがデ杯も終わり完全にオフシーズンに。 錦織はこれから沢山のCM撮影やらスポンサーイベント、テレビ番組などで大忙しになるが、マイケルがこのオフは凄くハードなトレーニングになると言っていた。錦織はそれに対して嫌気もなく前向きに捉えていたとのこと。 奢りはなく、トップを目指す姿勢に変わりはない。頼もしい限り。 さて、今季を振り返って思うのはやはり第一はサーブか。次にUEの多さ、特にシー......続きを読む»

予感的中の錦織対ジョコビッチ

復調してきたジョコビッチと調子が悪い錦織だとやはりこうなってしまう。6-1,6-1のストレートでの敗戦。 昨日のブログで私は、ノーチャンス。かなりの可能性で圧倒されるような気がする。と書いたが悪い予感は的中してしまった。 第1セット第2ゲームを終えた段階までで、ジョコ、ダブルベーグルは勘弁してあげて欲しい。と思って見ていた。ここまで予感が的中するとは。正直、2ゲーム取れてトラウマになる様なスコア......続きを読む»

ツアーファイナル 決勝L展望 錦織の可能性は!?

先ほど錦織(5位)対チリッチ(7位)の試合が終わり、フルセットでチリッチに敗れた。試合後のカメラのサインボードへチリッチは『No6』と書いた。これで世界ランキング6位になった、ということなのだろう。 まずこの試合に関して。 錦織を論ずる前に決勝進出の可能性が無かったチリッチのモチベーションの高さを褒めるべき。6位へのモチベーションを強く持って戦ったのだろう。 そしてチリッチにとっては、自分はたぶん......続きを読む»

錦織対マレー 勝負の決め手

まず今回のマレー戦前のワウリンカ戦を少し振り返りたい。1時間ちょっとであのワウリンカを退けた。 波に乗るチャンスはいきなり訪れた。ワウリンカの最初のサープゲームをブレイクするチャンス。 しかしやや中途半端に見えるUEで取れなかった。 この時、こういうチャンスを逃すとワウリンカが息を入れ直して勝てなくなる。恐らく負けるだろう。私はそう思った。 しかしその後、錦織の調子が良いというよりワウリンカが全......続きを読む»

錦織対チリッチの前に…

今大会、スイスは5位の錦織が第3シードということでそれなりに面子が揃った大会だった。 しかし錦織以上に好不調の波があるワウリンカとラオニッチは敗退し、結果、相性が良いんだか悪いんだかよく分からない相手のマリン・チリッチ。 対戦成績自体は7勝4敗で錦織が勝ち越しているが、あの肝心の全米オープン決勝で負けている。 前回も錦織の途中棄権で負けてるが、あの時は試合に出れるかどうかというレベルなので2人の最......続きを読む»

錦織圭、ワウリンカに逆転負けした理由とは?

錦織の敗退に落胆した人も多いだろう。私もその1人だ。 勝っていればジョコビッチ。ジョコは今大会第1シードにもかかわらずハンデにも程があるほどついていて、試合前棄権1試合、試合途中棄権2試合という超省エネな勝ち上がり。手首の問題もモンフィス戦を見る限りではまあ大丈夫そう。 なのでたとえ錦織が決勝に勝ち上がれてもスタミナお化けのジョコのベストコンディションとの対戦となるわけだから厳しかっただろうと思われ......続きを読む»

錦織圭のドロー運

とにかく残念だった。 本人もファンも、皆が残念に思ったリシャール・ガスケ戦となってしまった。 今回の大会は、第5シードの割にドローにはあまり恵まれていなかったと私は思っていた。多くの人は恵まれていると言っていたが違うと思っていた。 (これからはこういう事は後出しジャンケンになるので思った時に書こうと思う。) 第5シードだと準決勝の手前、順当なら準々決勝で第1〜4シードと当たるドローになるのは当然......続きを読む»

錦織圭の進化と可能性

あと1歩のところまで絶対王者ジョコビッチを追い込んだ錦織圭のイタリア国際。 残念ながら準決勝敗退となった。 錦織との3セットマッチでの3時間超え。その死闘の19時間後のジョコビッチは明らかに精彩を欠いていた。王者ジョコビッチが、相手はランキング3位第2シードのマレーとはいえストレートでの敗退。 ジョコビッチは今年これで3敗目だがまともな状態で負けるのは今季初ではないだろうか。いや、流石のジョコビッ......続きを読む»

正に追い風 錦織選手

今回の全仏はとにかく遅いサーフェス。例年よりも更に遅い感じがします。 実際にもワウリンカ、ツォンガでもサービスエースは多くない。 ベスト16辺りから勝ち上がっているどの選手のデータを見てもファーストの平均速度が控えめでエースも少ない。 その代わり、ファーストの確率が高い! つまりは多くの選手が今年の全仏のサーフェスの遅さに気付いているということなのでしょう。 セカンドで叩かれる事を嫌い、ファー......続きを読む»

このブログの記事ランキング

  1. 錦織圭の進化と可能性
  2. ツアーファイナル 決勝L展望 錦織の可能性は!?
  3. 錦織対チリッチの前に…
  4. ラケット破壊から得るもの 錦織圭選手
  5. 錦織圭、課題はサーブ?来年の予想。
  6. 錦織対マレー 勝負の決め手
  7. 正に追い風 錦織選手
  8. 錦織、2種類のワウリンカに完勝
  9. 予感的中の錦織対ジョコビッチ
  10. 錦織圭、ワウリンカに逆転負けした理由とは?

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
05
2015
06
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss