スポーツblog

日本語が話せる監督を選べ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表の監督がアギレ氏に決まりそうだとの報道がされています。

代表監督は能力以上に、日本語がしゃべれるかどうかが重要なのではないでしょうか?

世界各国の代表監督で、その国の言葉が話せない監督は少数派です。 サッカー強豪国で、そういった監督がいるでしょうか?

もちろん、通訳が付きますがそれで選手のメンタリティや考え、体調など微妙なところを監督が把握できるのでしょうか?

そして、ジーコ、ザックと言葉が通じる選手と通じない選手の間での軋轢が報じられています。 これらは、誤解に基づくものなんでしょうが、話がわからない選手からしたら「あいつら優遇されている」と思うのも理解できます。

今回のW杯では、よりメンタルが重要ということが判明したのではないでしょうか。 試合直前で、選手の状態をみて選抜を決める時、言葉が通じないのでは適切な選択が難しくなると思います。

岡田監督が南アフリカで決勝トーナメントに進めたのは、そういった事が大きかったのではないでしょうか。

Jリーグの外国人監督でも、日本語が話せる人は少数です。 プレミアリーグではどうですか? 英語を話せないのに、監督になれますか?

日本人は「日本語が難しい」との先入観があり、日本語を話せない外国人に寛容です。 でも、それはサッカーの世界では間違いなのではないでしょうか。 「日常会話の日本語も覚えようともしない監督は不要」 そういった割り切りが必要なのではないでしょうか。

通訳を介さないと意思疎通ができない監督と、臨機応変に戦うのは限界があるのではないでしょうか。 代表監督選びは、サッカー監督の能力だけではなく、総合的な能力をみて判断して欲しいものです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アギーレ招集は既定路線?【北海道のエスパルスサポblog】

Jリーグへの提案【シュレックの蹴球談義】

理想を抱くのは簡単だけど、そもそもの基本が備わっていなければそれはただの空論【蹴球日々と籠球日々】

ブロガープロフィール

profile-iconsports-blog

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:98708

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 可夢偉のシートは?
  2. ヴォルフスブルク長谷部
  3. 香川の能力
  4. マンUのローテーション
  5. コラム「知られざる内田篤人のドイツでの流儀」について
  6. 最近の香川どう?
  7. ダービーと香川
  8. コートジボワール戦の敗因
  9. 日本語が話せる監督を選べ!
  10. ギリシャ戦で勝てなかったのは

月別アーカイブ

2014
07
06
2013
04
03
01
2012
12
11
10
09
02
2011
07
05
01
2010
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss