スポーツblog

ギリシャ戦で勝てなかったのは

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、コートジボワール戦の敗因を選手の「入れ込み過ぎ」と書いたのですが、 ギリシャ戦で勝てなかった理由は、監督の「入れ込み過ぎ」なのではないでしょうか。

先発メンバーも首をかしげるところはありますが、コンディションなど監督しかわからない事情もあるでしょうし、ここは納得です。 しかし、交代枠の使い方がやはり納得できません。 長谷部⇒遠藤はまだ良いですが、その後はボランチまたはディフェンスを削って攻撃的な選手に替えるのがセオリーでは?。 惜しいチャンスが続いていたということならば、そのままで良いですが、明らかに攻めあぐねていました。 しかも交代枠残してます。 失点を恐れたんでしょうか?

勝手な想像かもしれませんが、W杯の雰囲気に監督ものまれてしまったのでは? 2006年のジーコ監督の時も謎の交代がありました。 なぜ、「普通の交代」を行わないのでしょうか? もちろん、外からはわからない事情があるでしょうが、他のW杯を経験している監督の納得できる交代策と比較すると、ザックの交代策が異質に思えてなりません。

そして、今まであまりやっていないフォーメーション。 3バック含めて、日本代表は慣れていないポジション・フォーメーションは機能しません。(選手が真面目すぎなので、うまくいかないのかもしれません) それなのに、岡崎左で大久保が右。う~ん、そうするならば、何故もっとテストしなかったのでしょう?。

これらのことから、ザック監督は、普通に判断すべきところを考えすぎてしまったような気がしてなりません。

やはり、W杯というのは、特殊な大会なのではないでしょうか。 これからの日本代表監督は、クラブ監督の経験ではなくW杯の経験が豊富な監督を選ぶべきなのかもしれません。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【侍青の風】無得点ではあるが、日本のW杯史上最大の攻撃姿勢が見えた試合(ギリシャ戦 0-0)【サムライブルーの風】

夢の続きはまだまだ続く。(コスタリカ-イタリア戦)【北のお部屋】

W杯グループC第2節 日本vsギリシャ【ヒグのサッカー観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconsports-blog

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:98708

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 可夢偉のシートは?
  2. ヴォルフスブルク長谷部
  3. 香川の能力
  4. マンUのローテーション
  5. コラム「知られざる内田篤人のドイツでの流儀」について
  6. 最近の香川どう?
  7. ダービーと香川
  8. コートジボワール戦の敗因
  9. 日本語が話せる監督を選べ!
  10. ギリシャ戦で勝てなかったのは

月別アーカイブ

2014
07
06
2013
04
03
01
2012
12
11
10
09
02
2011
07
05
01
2010
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss