スポーツblog

コートジボワール戦の敗因

このエントリーをはてなブックマークに追加

「コートジボワール戦でなぜ負けたのか?」は 「コートジボワール戦でなぜ今まで通りの戦いができなかったのか?」につきます。

「日本としてW杯の歴史が浅い」のが一因ではないでしょうか。 試合前の香川が吉田や岡崎をからかって笑う余裕が欲しかったのですが、香川の思い詰めた表情が画面に映しだされました。 約半数の選手がはじめてのW杯。 緊張と興奮でいわゆる「入れ込み過ぎ」で身体が重くなったように見えました。

当然、他国も経験者だけではありませんが、強豪国・常連国はそういった状態で戦うすべを取得しているでしょう。 技術でもフィジカルでもなく、メンタル面の問題で「今まで通りの戦いができなかった」と思えました。

日本代表のメンタル指導については詳しくはわからないのですが 過去を振り返っても、日本代表はコンディション調整として身体的な側面を重視しすぎなのかもしれません。

コンフェデもそうでしたが、 初戦で負けたことで、良い意味で吹っ切れるのではないでしょうか。

セルジオ越後さんは「香川外せ」って言っていますが、自分は反対です。 マンUでも、香川はどん底から這い上がってきました。 次こそ、絶対やってくれるはずです。

ギリシャ戦、楽しみです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
日本代表
ワールドカップ
W杯
サッカー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ガーナ対アメリカ 白熱!【W杯を楽しみながら勝因と敗因を考えるブログ】

【素人サッカー分析】日本vsコートジボワール 〜vol.1〜【素人サッカー分析】

意地×反撃×情熱【サッカー雑記】

ブロガープロフィール

profile-iconsports-blog

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:98708

(09月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 可夢偉のシートは?
  2. ヴォルフスブルク長谷部
  3. 香川の能力
  4. マンUのローテーション
  5. コラム「知られざる内田篤人のドイツでの流儀」について
  6. 最近の香川どう?
  7. ダービーと香川
  8. コートジボワール戦の敗因
  9. 日本語が話せる監督を選べ!
  10. ギリシャ戦で勝てなかったのは

月別アーカイブ

2014
07
06
2013
04
03
01
2012
12
11
10
09
02
2011
07
05
01
2010
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss