コラムン

NBA MVP争いの行方〜FG%・3PT%が重要な時代〜

このエントリーをはてなブックマークに追加


NBAの2016-2017シーズンは現地2月11日終了時点で苛烈な争いとなっている。 とは言っても優勝争いの事ではない。 東の1位Cleveland、2位Bostonと西の1位GSW、2位SASは堅く、この4チームに割って入る力のあるチームはいない。 (あまり注目されないが、現在46-8のGSWは今季も史上最高のチームの一つとして記録に残る)

苛烈なのはMVP争いだ。超1流と呼ばれる選手達の今季の数字を見ていきたい。


普通に考えればWestbrookが圧倒的だ。 出場時間を抑えているにも関わらず、史上初めての得点王+シーズントリプルダブルを達成する可能性が高い。 TOVが多く%も悪いが、MVPを獲った時のIversonも同じような%だったので資格が無いとは言えない。 またチームも31-24とプレーオフ参加は間違いなく、現役最高の選手としての地位を確立しつつある。

うん?こいつは何を言ってるんだ? 読者はそう思っただろう。 そう、Westbrookでは現役最高の選手になれないのだ。同じく歴史的なStatsを残しているHardenも無理だ。

Durant、Lebron、Leonard、Curryの4人がFG%の基準を劇的に上げてしまった。 今後の選手には、FG%・3PT%が今までにも増して重要になってきた。 あのKobe Bryantですら今のNBAでは最高になれない。そういう時代に突入したのだ。 (Kobeが史上最も偉大な選手の一人であることは間違いないが)

Durant、Lebron、CurryのMVPシーズンと、KobeのMVPシーズンを比べてみる。

Kobeは今季のWestbrookやHardenより良いFG%・3PT%だが、この3人には見劣りする。 今、全盛期のKobeがいたとしてもシーズンMVPは獲れないだろう。 KobeよりFG%、3PT%が低い今季のWestbrookとHardenは論外だ。

結論を言うと、今季のMVPに相応しいのはKawhi Leonardだと思う。 出場時間を抑え、50-40-90に迫る効率性で得点を重ねている。Defenceも過去2シーズン程ではないが、今季もNBAでトップレベルだ。 チームの勝率はGSWに劣るものの、未だ12敗しかしていないSASの原動力は紛れも無くLeonardだ。

Duncanは26、27歳でMVPを獲った。Leonardも現在25歳。SASのシーズン残りに期待したい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【男子日本代表】国際強化試合2017' 第2戦 日本●68-73○イラン。#AkatsukiFive【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

第12節八王子トレインズ②+第13節 大塚商会アルファーズ戦①【武士団の軌跡】

【男子日本代表】国際強化試合2017' 第1戦 日本○85-74●イラン。#AkatsukiFive【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconsporkey

  • 昨日のページビュー:8384
  • 累計のページビュー:144767

(02月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全豪オープン Oddsから見る優勝の行方
  2. 2017年男子テニス界予想〜錦織は何位まで上がれるか〜
  3. 2月のATPスケジュール
  4. ジョコビッチの敗戦が意味するもの
  5. 奇跡の王者ロジャー・フェデラー
  6. 全豪ベスト4 〜王者の帰還〜
  7. 錦織ATPtour通算21回目の決勝進出
  8. ATP現役選手の歴代に占める地位〜勝ち星数から考える〜
  9. アレクサンダー・ズベレフ〜東京五輪世代の世界No.1〜
  10. ステファン・カリーの復活~現役最高の選手か否か~

月別アーカイブ

2017
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss