コラムン

2017年男子テニス界予想〜錦織は何位まで上がれるか〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年、、そろそろ27歳の錦織がNo.1になっても良い頃だと思っているテニスファンは多いはずだ。

個人的には年間2位を目指せるのかなと感じる。

理由はいくつかある。 ① フェデラー、ナダルの衰え 男子テニスを引っ張り続けてきた2大スターだが、キャリアの終わりが見えてきた。 フェデラーはウィンブルドン準決勝でラオニッチに敗北後、膝の怪我の再発で全休。 3セットマッチでは早いコートの大会を中心に優勝を争えるだろうが、もうウィンブルドン以外のグランドスラムでトップ4に残る力は無い。 と言いつつ、この生けるレジェンドには期待せざるをえないが。。

ナダルも12月のアブダビ大会でベルディヒ、ラオニッチ、ゴフィンを倒して優勝するなど流石の力はあるが、残るキャリアでグランドスラムのトップ4に一回でも入ったらサプライズ。

② 29歳問題 29歳、、それはテニス選手にとって突然の衰えが来る年だ。 アガシという特別な存在を除き、サンプラスやフェデラー、ナダル等のスーパースターが一気に衰えた年齢。身体能力が衰えてくるだけでなく、全てを手にしたことによるモチベーションの低下もあるだろう。 そして誰あろう、今の29歳はジョコビッチとマレーだ。 ジョコビッチは既に衰えの兆しがある(とは言え、全豪優勝候補の筆頭だが) マレーも全豪を終えたら一気に衰えが来ると踏んでいる。

③ 空白の世代 錦織の世代は空白の世代と言っていい。グランドスラムでコンスタントにトップ4に入れる力のある選手は1人もいない。 問題は上の世代が衰えを示している今、誰がtakeoverするのか。 まだズベレフやコリッチは早い。キリオスはグランドスラムに勝てる爆発力はあるが、ランキングを保つ継続性は無い。 そうなると一瞬だけ錦織世代の時代が来るのでは無いかと考えたくなる。 デルポトロは全豪欠場でいきなりランキング争いからは脱落。 一方ラオニッチはファイナルでのマレーとの激戦で自信を得たし、今年はランキング1位を奪取できるかもしれない。 今年の錦織の年間ランキングはラオニッチ、マレーと競った結果、2〜3位になると予想する。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

錦織はダブルスではD・ティエム(8位)とペアを結成! 西岡は2年連続で予選突破!(ブリスベン国際2017)【0 to zeroのhorizon】

今週の3大会(17・1・1)【サンチェス・ピスファン】

レペゼン薄毛のナダルの打つ手【ノータイトル!】

ブロガープロフィール

profile-iconsporkey

  • 昨日のページビュー:72
  • 累計のページビュー:217458

(03月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全豪オープン Oddsから見る優勝の行方
  2. Big4時代の終焉はいつなのか
  3. 2017年男子テニス界予想〜錦織は何位まで上がれるか〜
  4. 2月最終週のATP500(ドバイ、アカプルコ)〜王様か英雄か〜
  5. デルポトロ〜世界で最も愛されるスポーツ選手の一人〜
  6. 2月のATPスケジュール
  7. ジョコビッチの敗戦が意味するもの
  8. 奇跡の王者ロジャー・フェデラー
  9. ATP現役選手の歴代に占める地位〜勝ち星数から考える〜
  10. 全豪ベスト4 〜王者の帰還〜

月別アーカイブ

2017
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss