マイキャディ日記

4年ぶり日本人賞金女王誕生! 2017年国内女子ツアーを総まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついに賞金女王が決まりましたね。国内女子ツアーのマネークイーン争いは最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップまでもつれ込み、前週トップに立っていた鈴木愛選手が逃げきって栄冠に輝きました。

       2017年の賞金女王に輝いた鈴木。メルセデス・ランキングも獲り2冠に輝いた

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの全順位はこちら

 日本人選手としては2013年の森田理香子選手以来4年ぶりの快挙。「もっと日本人が頑張らなければいけない、という危機感はいつも持っていました」という鈴木選手の責任感が最後の最後で接戦を勝ち抜く強さにつながったのですね。

 それでも賞金ランクトップ10に入った日本人選手は鈴木選手と上田桃子選手(6位)、川岸史果選手(7位)の3人だけ。2017年も相変わらず韓国勢の強さが目立ったシーズンでした。

       リコーカップ最終日奇しくも賞金女王を争う鈴木とキム・ハヌルが直接対決

 一方、来シーズンの出場権を競うシード権争いでも笑う人あり泣く人あり悲喜こもごも。10名のフレッシュな顔ぶれが初シードを決めた陰で、安泰と見られていた選手がシード落ちを喫するなど予想外の展開になりました。

 川岸良兼選手を父に持つサラブレッド、史果選手をはじめ、米ツアーでシーズンを戦ったあと日本に戻ってわずか10試合で賞金ランク14位に入った畑岡奈紗選手(18歳)ら初シードには個性的な顔ぶれが。

 永井花奈選手、武尾咲希選手ら20歳前後の新鋭もトップ50(来季のフルシードは賞金ランク50位以内)入りを果たし、確かな技術に裏打ちされた若手の勢いを感じさせました。

 一方でシードを失った選手の顔ぶれは「え? この人も」と思わずいってしまいます。それぞれツアー7勝を挙げている佐伯三貴選手や飯島茜選手、人気の高い金田久美子選手、原江里菜選手、松森彩夏選手、藤田光里選手らが圏外に去りました。

 佐伯&飯島両選手は賞金ランク55位以内なので準シード扱いで来季の前半の出場権はありますが、他は最終予選感(QT)に活路を見出すしかありません。

 米女子ツアーを撤退し国内ツアーにフル参戦している有村智恵選手も賞金ランク58位と惜しいところでシード復活を逃しました。

       シード復帰ならなかった有村智恵。優勝争いでこの笑顔が見られるのはいつ?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国内女子ツアー
タグ:
鈴木愛
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
森田理香子
キム・ハヌル
川岸史果
上田桃子
畑岡奈紗
佐伯三貴
飯島茜
有村智恵

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ガルシアでさえクビを切られる? 用具を巡るトッププロの苦悩【マイキャディ日記】

フォン・シャンシャン地元Vで中国人初の世界ナンバー1へ!【マイキャディ日記】

トランプ&松山の裏で“飛びすぎボール”にタイガーが持論【マイキャディ日記】

ブロガープロフィール

profile-iconspomagagolf

みんなでつくるゴルフ用品クチコミサイト「my caddie」運営事務局です。「スポマガGOLF編集裏日記」をリニューアルしました。ゴルフは観る+自分でやるスポーツの筆頭であることから、プロ選手のトーナメント情報とクラブなどのギア情報は切っても切り離せません! 観戦を楽しむ方にも、ゴルフをスポーツとして楽しむゴルファーの皆様にもためになる楽しい話題をUPしてまいります。
  • 昨日のページビュー:102
  • 累計のページビュー:7438346

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 世界ランク6位浮上の松山英樹 3週間で3億円ゲット!
  2. オフの女子プロゴルファー ~イ・ボミ編~
  3. 中日クラウンズでのボール使用率に変化が…
  4. 全盛期のタイガー並み? 松山英樹、驚異の5戦4勝
  5. タイガーが選ぶ次なるクラブは? 決め手は「グッドじゃなくベター」
  6. 松山英樹、ついにNEWドライバーにチェンジか? WGCマッチプレー
  7. まるで韓国オープン? ミニスカ禁止令に衝撃走る
  8. NEWボールで5勝の松山が新製品発表会に! 他社ボールとの比較コメントも…
  9. 前人未到の2億円へ! 森田理香子、15戦で3勝のハイペース
  10. 宮里優作がついにツアー初優勝! 最終順位・賞金ランク

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2010
10
09
07
05
04
03
02
2009
12
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss