マイキャディ日記

池田参戦で賞金王争い一気に激化 三つ巴決戦の行方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 池田勇太選手が日本オープンゴルフ選手権に優勝しましたね。 2日目終了時点で後続に5打差をつけ圧勝ムードが漂いましたが、最終日は最終組で一緒に回ったアマチュアの金谷拓実選手が大健闘。

 横綱相撲のつもりが終盤池田選手のショットが乱れまくり、苦しみながらも虎の子の1打差は譲らず2度目の日本一に輝き賞金4千万円を獲得しました。

      4年前の初優勝では日本オープンの重みを感じなかった池田。今回は重圧と戦った

日本オープンゴルフ選手権の全順位はこちら

 これで賞金ランクも前週の7位から3位に浮上。池田選手の参戦で賞金王争いが俄然面白くなってきました。

  10月15日現在の賞金ランクトップは小平智選手で海外メジャーでの獲得賞金を合わせると1億752万円強。2位は宮里優作選手で1億40万円。そして池田選手があと15万円で1億円というところにいます。4位のチャン・キム選手(韓)までが9千万円以上を稼いでいて、誰が賞金王になってもおかしくない状況です。

        現在賞金ランクトップに立つ小平は史上初の夫婦ダブル賞金王を狙う

      同ランク2位の宮里。コーチでもある病床の父(写真中央)のためにも賞金王を獲りたい

 今後の秋の陣では4試合が優勝賞金4千万円ですから、現時点で小平選手に約3千万円の差をつけられているランキング5位の今平周吾選手や同ランク6位の片山晋呉選手にももちろんチャンスがあります。

 でもやっぱり本命は小平、宮里、池田のトップ3でしょう。小平選手権は今季優勝こそ1回しかありませんが、トップ10入り10回と抜群の安定感を誇っています。今年3月に元賞金女王の古閑美保選手と入籍し、年末には盛大な披露宴が予定されています。賞金王カップルの誕生となればもちろん史上初。嫌がうえにも期待が高まります。

 一方、宮里選手にも心に期すものが。史上最強のアマチュアと騒がれプロデビューしたものの、長らく勝てず男子ツアー人気低迷の原因といわれたこともあります。それでも今シーズンはすでに日本プロゴルフ選手権でのメジャー勝利を含め3勝を挙げ堂々の賞金王争い。かつて“藍ちゃんのお兄ちゃん”と呼ばれた宮里選手ですが、妹が現役を退いた今、宮里兄妹の大黒柱としてプライドをかけた戦いに挑みます。

 どんなに結果が出なくても「腐っても優作です」と息子の復活を信じ続け、現在病気療養中の父・優さんのためにも賞金王として来年こそ念願のマスターズに連れて行ってあげたいはず。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国内男子ツアー
タグ:
古閑美保
今平周吾
チャン・キム
宮里優作
小平智
日本オープンゴルフ選手権
池田勇太

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

タイガー引退? それとも? 孤高の王者が描く復活への道【マイキャディ日記】

日本女子OP連覇の畑岡奈紗、不動裕理の後継者になる?【マイキャディ日記】

笑顔が魅力の新星誕生! ザンダー・シャウフェレってどんなヤツ?【マイキャディ日記】

ブロガープロフィール

profile-iconspomagagolf

みんなでつくるゴルフ用品クチコミサイト「my caddie」運営事務局です。「スポマガGOLF編集裏日記」をリニューアルしました。ゴルフは観る+自分でやるスポーツの筆頭であることから、プロ選手のトーナメント情報とクラブなどのギア情報は切っても切り離せません! 観戦を楽しむ方にも、ゴルフをスポーツとして楽しむゴルファーの皆様にもためになる楽しい話題をUPしてまいります。
  • 昨日のページビュー:1808
  • 累計のページビュー:7379494

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 世界ランク6位浮上の松山英樹 3週間で3億円ゲット!
  2. オフの女子プロゴルファー ~イ・ボミ編~
  3. 中日クラウンズでのボール使用率に変化が…
  4. 全盛期のタイガー並み? 松山英樹、驚異の5戦4勝
  5. タイガーが選ぶ次なるクラブは? 決め手は「グッドじゃなくベター」
  6. 松山英樹、ついにNEWドライバーにチェンジか? WGCマッチプレー
  7. まるで韓国オープン? ミニスカ禁止令に衝撃走る
  8. NEWボールで5勝の松山が新製品発表会に! 他社ボールとの比較コメントも…
  9. 前人未到の2億円へ! 森田理香子、15戦で3勝のハイペース
  10. 宮里優作がついにツアー初優勝! 最終順位・賞金ランク

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2010
10
09
07
05
04
03
02
2009
12
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss