マイキャディ日記

「世紀の番狂わせ」を演じた谷原秀人、執念でマスターズ切符をつかむ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界ゴルフ選手権シリーズのWGC-デル・マッチプレーで4位に入った谷原秀人選手がマスターズ出場権を獲得しました。ラストチャンスを生かした見事な結果に勇気づけられた方も多かったのでは?

WGC-デル・マッチプレー選手権の全結果はこちら

   マッチプレー準決勝で世界王者と対戦。敗れたものの4位に入った

 世界の強豪のみが集う大会で4番目ですから、そりゃあもう素晴らしい。でも本人の中では喜びと悔しさが相半ばしているのではないでしょうか。だって準決勝、世界ランク1位のダスティン・ジョンソンとの一戦だってチャンスはあったんです。一進一退の攻防はどちらが勝ってもおかしくありませんでした。

「パターが全然ダメだった」と本人がいうように、パットの名手が本来の力を発揮していたら結果は違っていたはず。谷原選手1ダウンで迎えた最終18番。バーディなら延長戦に突入するところでしたが、惜しくもパーに終わり、同じくパーでホールアウトしたジョンソンが1アップで決勝にコマを進めました。

   堂々の戦いを繰り広げた伏兵・谷原にギャラリーも大喝采を送った

 3位決定戦しかり。7番パー3で202ヤードのティーショットを8番アイアンでカップインさせるミラクルを演出。大舞台でのホールインワンに俄然勝利への期待が高まります。しかし苦しいところで決めてくるのが年間王者(2011年)に輝いたこともあるジェイ・ハースの凄いところ。開幕前の日本でウォームアップができていない分、1日2ラウンドの長丁場に精魂尽き果ててしまった谷原選手の旗色は次第に悪くなり、粘ったもののついにマッチを落としてしまいました。

 それにしても年末の時点で世界ランク55位に終わり、トップ50に与えられるマスターズ出場権を逃していた谷原選手は、その後よく頑張りました。西に試合があると聞けば馳せ参じ、東に出場権があると聞けば駆けつけ、まさに世界を股にかけてトップ50入りを目指した執念が今回実を結んだのです。

 3月初旬メキシコ開催のWGC-メキシコ選手権に参戦したときには食中毒寸前。フラフラの状態で4日間を戦い抜いたものの、世界ランクはずるずる後退。マッチプレー直前は60位まで順位を落としていました。そこからマスターズ出場という遠い灯りを目指した38歳の勇姿には心を打たれました。ネバーギブアップ。人間、諦めないことって大切ですね。

 今大会の予選第一試合目では優勝候補のひとりジョーダン・スピースを下し「世紀の番狂わせ」と欧米メディアが“タニハラ”の写真入りで報じました。そして3位決定戦でのホールインワンも世界のゴルフファンに強い印象を与えたはず。一躍アメリカと欧州以外のインターナショナルチームが2年に一度激突するプレジデンツカップの有力候補と見なされるようになりました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国内男子ツアー
米男子ツアー
タグ:
WGC-デル・マッチプレー
谷原秀人
マスターズ
ダスティン・ジョンソン
ビル・ハース
ジョーダン・スピース
松山英樹
池田勇太

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

亡きキングに捧ぐ ファウラーらが追悼の思い込める【マイキャディ日記】

週替わりヒロインが来る! だから国内女子ツアーは面白い【マイキャディ日記】

一度打ったら戻れない!? “やわらかいのに、ぶっ飛ぶ”ツアー系ボール『CHROME SOFT』【マイキャディ日記】

ブロガープロフィール

profile-iconspomagagolf

みんなでつくるゴルフ用品クチコミサイト「my caddie」運営事務局です。「スポマガGOLF編集裏日記」をリニューアルしました。ゴルフは観る+自分でやるスポーツの筆頭であることから、プロ選手のトーナメント情報とクラブなどのギア情報は切っても切り離せません! 観戦を楽しむ方にも、ゴルフをスポーツとして楽しむゴルファーの皆様にもためになる楽しい話題をUPしてまいります。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:7430683

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 世界ランク6位浮上の松山英樹 3週間で3億円ゲット!
  2. オフの女子プロゴルファー ~イ・ボミ編~
  3. 中日クラウンズでのボール使用率に変化が…
  4. 全盛期のタイガー並み? 松山英樹、驚異の5戦4勝
  5. タイガーが選ぶ次なるクラブは? 決め手は「グッドじゃなくベター」
  6. 松山英樹、ついにNEWドライバーにチェンジか? WGCマッチプレー
  7. まるで韓国オープン? ミニスカ禁止令に衝撃走る
  8. NEWボールで5勝の松山が新製品発表会に! 他社ボールとの比較コメントも…
  9. 前人未到の2億円へ! 森田理香子、15戦で3勝のハイペース
  10. 宮里優作がついにツアー初優勝! 最終順位・賞金ランク

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2010
10
09
07
05
04
03
02
2009
12
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss