雪崩式大胸筋@2nd Stage

桑田真澄-to be continued.

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役引退をするわけじゃない。退団。プロとして、必要とされるところでプレーしたい。桑田真澄は、プロフェッショナルとして、当たり前の決断を下した。
しかしファン、メディア、関係者には衝撃が走った。桑田辞めないで。桑田まだまだやれるぞ。ジャイアンツのエースナンバー18を20年間継承し続けてきた男が球団を去るということは、大事だった。




18を背負った男

筆者は、桑田真澄が大好きだ。PL高校時代からの熱烈なファンではないけれど、桑田真澄というピッチャーを、一人の人間としても心から尊敬している。桑田について興味を持ち始めたのは、「PITCHER'S BIBLE(著石田雄太)」という一冊の本を読んでからだった。右ひじ靭帯断裂の怪我から復帰した桑田の手術前後を追った内容で、当時私は17ー8歳だったかと思う。
一番印象に残っている記述は、スポーツ医学の権威フランク・ジョーブ博士の診断を翌日に控えたある夜、ロスのホテルで著者が持っていたメジャーリーグ硬式球をもらった時のこと。持っていって良いよ、という一言に、「本当?」と声を上げて、嬉しそうに部屋に持ち帰った。
あぁ、この人は本当に野球が好きなんだなぁ、と思ったことを今でも覚えている。

野球が好きで、プロに入って、勝ちも負けも積み重ねてきた巨人のエースだった男が球団を去る。野球を辞めるわけじゃない。200勝という目標が、彼を掻き立てる。自身が言う”生命線”アウトコース低めに決まる140キロの直球が投げられるうちは、桑田はマウンドを降りる気は無いのだろう。球界の頭脳、現東京ヤクルト監督兼選手でもある古田敦也をして、「桑田君とバッテリーを組んでみたい。」と言われるほどの投球・配給術を駆使した桑田真澄劇場が、きっとどこかの球場で再び幕を開ける。結果よりも過程を大事にしている桑田の真骨頂は、ここからかもしれない。例えこれから1勝も出来なかったとしても、彼は後悔しないんではないだろうか。桑田真澄に句読点を打てるのは、桑田真澄しかいないのだから。

心の奥につかえてる、もうジャイアンツのユニフォーム姿の桑田が見られないという現実を、頭でも心でも理解しているつもりだが、その温度差はあまりにも大きい。筆者にとって、桑田ジャイアンツ退団という事は、それだけの事なのだ。

※文中敬称略

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconsplustakayuki

1980年生れ 29歳。
フリーライター/スポーツ翻訳者。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:191674

(11月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 対角線コンビネーション
  2. プロレスラーと黒のショートタイツ
  3. 橋本真也の痛いプロレス
  4. 桑田真澄は2度引退する
  5. アメリカンドリームとギャラ
  6. フロリダ州タンパといえば、カール・ゴッチだった。
  7. 二岡と福原とプロ野球の今後
  8. ホイラー・グレイシー郷愁(ノスタルジー)
  9. NBAの小さな巨人、アール・ボイキンズ
  10. カンナム・エキスプレス

月別アーカイブ

2009
11
2008
10
08
06
05
03
02
2007
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss