多趣味過ぎるブログ

横浜・F・マリノス 進歩の現在地

このエントリーをはてなブックマークに追加

<重要なお知らせ> ここはもうすぐ消えてなくなります。

重要】スポーツナビ+(ブログ)サービス終了に関するお知らせ http://www.plus-blog.sportsnavi.com/oshirase/article/248
移転先 http://speir-s.hatenablog.jp/

理想的なゴールが再現性を持った上で決まった、セットプレーからも得点できた。

枠に飛んだシュートのプロセスを見れば、2-1こそが順当なゲームであったと私は思うし、 アンラッキーがフットボールの一部であるとしても、ドローで勝ち点1は得られる筈であった。
少なくない賞金(DAZNマネー)を睨む争いをする上で、手痛い結果となったゲームではあるが、好調と不調、上位と中位の分水嶺にいるチームにとって、今後の指針が見えた甲府戦と言える。

モンバエルツのコンセプトと進捗状況
ボールを保持して素早く攻める、監督のメッセージはシーズン当初よりブレることがない。
この点において、明らかにピッチ上で監督の意図が反映され始めた昨秋以降、チームには確実な進歩があるのは間違いがない。
中断明け、勝負の9月、ディフェンス時のディティール的なミスから自滅してしまった川崎戦は残念であったが、今季一回目の対戦ではボール保持練習の稽古をつけて頂いた様な、お粗末な内容に終わった柏に対して、パーフェクトな45分を見せつける等、チームとして伸びを感じる部分は間違いがなくある。
この甲府戦においても、リスクを感じるような自陣でのボール保持から、一気にマルティノスがペナルティエリア内でシュートを打つシーンに展開する等、偶発的にロングカウンターが出来た時は良い攻撃が出来る、だけではなくなっているのを多くの方が感じているのではないだろうか。
その一方で、リスクに見合うメリットが得られていないボール保持と攻撃、というのが、あるように思える。

スピードアップ出来ない左傾斜の袋小路
多くの場合は、崩せたと言うか、ゴール前にパスを送れたとしてもこういう形であり、この軌道を描くクロスが出るのが、左傾斜なマリノスのフィニッシュシーン。
左傾斜攻撃
これは肝心のウーゴが得意なパターンではない上に、そもそも形として、ファーストトップはニアで潰れ役になる確率が高い。

なので、クロスはファーに流れる、又はニアを囮にその裏を狙うとして、マルちゃんはそこまでクロスに合わせるのが上手い訳でもない。
じゃ、中町上がれよと言っても、扇原まで左に出動してしまってる中ではリスク管理上、クロスに合わせるタイミングでそこにいるのも厳しい。
クロスを上げて惜しいシーンを作ってるというよりも、敵にコントロールされた結果として、深い位置からのクロスで勝負せざるを得ない形にされている様に受け取れる。
つまり、この形で終わることが多い事を鑑みるに、その実効性において、マリノスの左サイド攻撃は本当に上手く行ってるのだろうか、となる。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

横浜・F・マリノス 進歩の現在地

天野はサイドを活かそうとする意識が強いのか
関与しすぎるので、もっと中央でプレーしてくれと思います。

今シーズンに関しては他に代わりができそうな選手が見当たらず、
また学を失ったこともあり、シノヅカをトップ下に変えるリスクは
背負えないと思うのでトップ下は天野固定になりそうですが。

こんな記事も読みたい

【兎と亀】ファジアーノ岡山-カマタマーレ讃岐(J2第34節 2017/9/23@Cスタ)【すべてはファジのため】

ロスタイムの逆転劇で、2位と勝ち点差8。 鹿島 2-1 G大阪【二つの歓喜をもう一度!】

連勝【ピッチに紫の風が吹く】

天皇杯ベスト8進出 最高の結末を生み出したニッパツ三ッ沢球技場【SPORTS BULLetin】

川崎の天才と横浜の10番【コラム風ブログ】

ブーイングでチームは強くならない【多趣味過ぎるブログ】

試合経験【You's world news co.,】

横浜・F・マリノス ゲーム回顧 Jリーグ第20節アルビレックス新潟戦 2017年8月5日【多趣味過ぎるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconspeirs

現在スポーツに関して趣味と呼べるのは競馬、釣り、ゲームです。


キャプつば世代で、小学校の先生にW杯のビデオを見せて貰ったのが3次元世界におけるサッカーとの出会いです。

96年頃にまだ合併前のパーフェクトTVで海外サッカーを見始めました。

10年位の間、最高峰を見てる優越感から、解ったつもりでJリーグを下に見ていました反省しています。


だけれど、傍観者としての立ち位置じゃないプロサッカーとの接し方に気がつき、
もっとプロサッカーを深く楽しむにはJリーグ、自分のチームが必要なんだと考えています。

そんな回り道をした結果、横浜Fマリノスに辿り着きましたが、
親戚の80歳になる伯母さんより新入りのバクスタ勢です。
  • 昨日のページビュー:93
  • 累計のページビュー:756170

(11月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 横浜Fマリノスの騒いでる奴へ
  2. なぜスマートオーディンは差し切れなかったのか 第83回日本ダービー回顧
  3. 横浜Fマリノスの意思決定プロセスを整理します
  4. 横浜Fマリノスの嘘情報が喧伝された件について 追記あり:サッカーキングからの返信
  5. マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること
  6. 横浜F・マリノスの問題点
  7. 全てのJリーグファンへ DAZNは俺達の仲間なんだぜ?
  8. なぜマカヒキは差しきれたのか 続・第83回日本ダービー回顧
  9. 横浜F・マリノスのマネーボールに期待が高まる
  10. 横浜Fマリノスはどうにかならんでしょうか

月別アーカイブ

2017
10
09
08
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
07
06
05
2015
12
11
04
2014
12
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss