多趣味過ぎるブログ

作りかけの横浜F・マリノス 右サイドの潜在能力

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーグでベストのウインガーという認識される齋藤学がいることもあり、左サイドばかりが注目されやすいマリノスのサイドアタック。

だが、今節DAZNベストゴールに選ばれたマルティノスのゴールは、昨シーズンは見られなかった縦のコンビネーションがもたらしたものであった。
開幕2連勝したことで、好調のFマリノスと言われるが、違和感しか感じない。

もの凄く作りかけなんですけど、何を言ってるんですか、私はまだ2回変身残してますよ?って

金井が効率化させる左サイド
ストロングポイントとして推進力のある両翼を全面に押し出すスタイルは昨秋、ロングカウンターでは抜群の威力を発揮したが、

DFラインからボールを保持して構築していく攻撃では、最終的にウイングが2人交わす様なビッグプレーをしないと、何も起きない問題があった。
ここまでの4試合からは、この問題点に対して様々なアプローチが行われているのが確認されているが、

特に左サイドでは金井が『齋藤に時間とスペースを与える事』というシンプルタスクを自身の任務に定め、迷いのないプレーを実行し、成果を上げている。
ではそのお題を金井がどう解決しているかというと、出来るだけダイレクト、強く早いボールを、足元へ、特に半身でゴールが向ける左足へ、と物理的理由でワンパターンでも対処不能なシンプルさ、を自身の得意な能力で実現している。
また、これは昨年、長年継続してきた、チームの中心選手の変更によるスタイルの変更、という難しい時期、正に過渡期を経験している事も非常に大きいと思う。

後述する部分も含め、金井も最初から齋藤を活かせていたわけではない。

天野という3人目の援軍
今季から、ボランチにポジションを下げた天野も左サイドで何度か決定機を演出するなど、左サイドでの活躍が目立つが、

どんなに金井が労を尽くしても、マークがキツくなる齋藤を、結果的に活かす3人目の援軍として機能している。
主な2例として、ウイングがサイドバックを引っ張ることで生じるセンターバック脇のスペースの活用として、以下が見られる。
① 齋藤が左サイドで集客している時にDFラインからの縦パスで突くパターン
② 齋藤が中に入り作ったサイドのスペースを突くパターン

新潟戦でのウーゴのボレーはこのプレー。
ウイングがタッチライン際を離れることが少ないマリノスでは、今のところ、前者の方が断然多いが、サイドアタックを活性化させる3人目として、連動性は高まっている。

天野とバブンスキー 攻撃時に左右で構造が異なるマリノス
それでは右サイドはどうなんだ、という話になるのだが、そもそもとして、マリノスは左右で構造が異なる。
今シーズンのマリノス、ここまでを見ると、守備時にはバブンスキーが上がり両翼が下がり、4-4-2のブロックを形成し、ボール保持になると、バブンスキーが下がり、天野と両翼が上がる4-1-2-3に可変する取り組みを行っている。

ここで、図の上では並列かもしれないが、2のブロックから下がるトップ下のバブンスキーと、4のブロックから上がるボランチの天野では、それぞれのプレー意識は大きく異なる様に感じる。
右側のバブンスキーはサイドには滅多に絡まず、最終局面の段階でゴール前に居てDFラインの前で浮いている事、センターバックやワンボランチ(アンカー)からボールを受けて中央進撃をする事を主な仕事にしている。
天野がチャンスメイクに奔走しているのに対して、バブンスキーは最終局面において、自らシュートや、スルーパスを出す決定的なプレーを狙っていると言えるし、バルセロナ的には、あくまでも輪舞曲(ロンド)の中に立つ選手として、センターゾーンにいるのは正しい。
※行動範囲イメージ
何故なら、実はこちらの方が、自身がサイドに進出してサイドでボールを受けるよりも、遥かにウイングを活かす事になるからだ。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2017年J2】 J2の外国籍選手リスト ~前編~【せんだいサッカー日和】

ときどき審判が目立つ試合に遭遇します〜G大阪U23vs相模原(3月20日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

チーム力を観れる力【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

学を欠いたマリノスは鹿島アントラーズ相手に今シーズン初黒星【SPORTS BULLetin】

横浜F・マリノス 脅威のポテンシャル!【多趣味過ぎるブログ】

バブンスキ!マジ半端ないって!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

勝手に採点(J1開幕戦)【You's world news co.,】

浦和レッズ戦勝ち点3獲得に貢献した影のMVP 13 金井貢史【SPORTS BULLetin】

ブロガープロフィール

profile-iconspeirs

現在スポーツに関して趣味と呼べるのは競馬、釣り、ゲームです。


キャプつば世代で、小学校の先生にW杯のビデオを見せて貰ったのが3次元世界におけるサッカーとの出会いです。

96年頃にまだ合併前のパーフェクトTVで海外サッカーを見始めました。

10年位の間、最高峰を見てる優越感から、解ったつもりでJリーグを下に見ていました反省しています。


だけれど、傍観者としての立ち位置じゃないプロサッカーとの接し方に気がつき、
もっとプロサッカーを深く楽しむにはJリーグ、自分のチームが必要なんだと考えています。

そんな回り道をした結果、横浜Fマリノスに辿り着きましたが、
親戚の80歳になる伯母さんより新入りのバクスタ勢です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:754751

(11月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 横浜Fマリノスの騒いでる奴へ
  2. なぜスマートオーディンは差し切れなかったのか 第83回日本ダービー回顧
  3. 横浜Fマリノスの意思決定プロセスを整理します
  4. 横浜Fマリノスの嘘情報が喧伝された件について 追記あり:サッカーキングからの返信
  5. マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること
  6. 横浜F・マリノスの問題点
  7. 全てのJリーグファンへ DAZNは俺達の仲間なんだぜ?
  8. なぜマカヒキは差しきれたのか 続・第83回日本ダービー回顧
  9. 横浜F・マリノスのマネーボールに期待が高まる
  10. 横浜Fマリノスはどうにかならんでしょうか

月別アーカイブ

2017
10
09
08
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
07
06
05
2015
12
11
04
2014
12
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss