多趣味過ぎるブログ

横浜F・マリノス 脅威のポテンシャル!

このエントリーをはてなブックマークに追加

マリノスの変革が見え始めた
アウェーゲームでの0-1。

失点したシーンそのものは不運もあったが、不当な結果かと問われれば同意はできない。 運という不確定要素を差し引いても、ピッチ上で起きる確率の範囲としては順当だった。

結果だけを見れば、やはり鹿島は強い、こういうゲームを取らないとタイトル争いできない、 ネガティブな感想が浮かんでくるかもしれないが、私には上昇余地という点で十分逆転も可能と感じた。
思えば、開幕からの3試合では鹿島に浦和と昨シーズンにタイトルを取った2チーム、 いや、札幌のJ2優勝も含めれば全てが前年のタイトルホルダーとの対戦だった。

つまり、大きな変革の無いサイクルを継続させている完成度の高い相手が揃った、と言え、 変革を始めたばかりのチームにとっては本来、完成度の差が露見する嫌な相手であり、

3ゲームで勝ち点7まで後一歩と迫った事は、もっと評価されていいだろう。
この3試合でわかった、横浜F・マリノスは始まってすら無かったんだ、ようやく今からなんだと。

金井砲陣地
浦和戦で機能した、相手がDFラインへプレスをかけてきた時の対処として、 金井の所から、サイドチェンジを裏へダイレクトで蹴ることで、交わすパターンが何度か見られた。
各駅停車の結果、サイドバックで詰まる光景を何度も見て、うんざりしてきた皆さんには好評かもしれない。 気になるのは新井が変わりに入った札幌戦では同じ意図のプレーが見られなかった事。

これは浦和や鹿島に比べれば札幌のDFラインが低く裏にスペースが無かったからかもしれない。
浦和戦との違いは、左に入ったマルティノスがスプリントを発揮して裏を突くだけではなく、 天野が裏を狙うシーンが何度か見られたこと。
天野が抜け出すパターン
もしかしたら金井とマルティノスのコンビネーションの問題かもしれない。 マルティノスはあのタイミングだとサイドで開いて足元で欲しがるから、天野が突いてよ的な。

リスクとトレードだが、攻撃の厚みという点で、セカンドトップがここを狙うよりも、ゴール前の火力が期待できる。
セカンドトップがサイドに流れて

また、DFラインの前を狙うという選択肢が出来る。
これを1試合中に何度できるのか、流石に攻守にキツイので仕掛けるタイミングは重要だ。 今後、天野が金井の位置に降りて受け、金井が裏を狙う逆パターンも精度的に面白いかもしれない。

これだと、レッズで阿部がDFラインに入って槙野が上がっていく連動に近い。

松原のイン攻め
昨年までのマリノスでは全く見られなかったサイドバックによる内側のスペース利用。 この辺、左の金井と右の松原でチームとしての狙いが異なるのは面白い。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

福岡2-1京都【吉塚FC日記+】

《セレッソ》まだまだ難しい試合が続きそうですね【南大阪に吹くマリンの風】

J2リーグ 第3節 讃岐x愛媛(2:2)【J2にしがみつく】

バブンスキ!マジ半端ないって!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

勝手に採点(J1開幕戦)【You's world news co.,】

浦和レッズ戦勝ち点3獲得に貢献した影のMVP 13 金井貢史【SPORTS BULLetin】

結果オーライ【2017年、どうなるマリノス?】

横浜F・マリノス 第1節 浦和レッズ戦マッチレポート【多趣味過ぎるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconspeirs

現在スポーツに関して趣味と呼べるのは競馬、釣り、ゲームです。


キャプつば世代で、小学校の先生にW杯のビデオを見せて貰ったのが3次元世界におけるサッカーとの出会いです。

96年頃にまだ合併前のパーフェクトTVで海外サッカーを見始めました。

10年位の間、最高峰を見てる優越感から、解ったつもりでJリーグを下に見ていました反省しています。


だけれど、傍観者としての立ち位置じゃないプロサッカーとの接し方に気がつき、
もっとプロサッカーを深く楽しむにはJリーグ、自分のチームが必要なんだと考えています。

そんな回り道をした結果、横浜Fマリノスに辿り着きましたが、
親戚の80歳になる伯母さんより新入りのバクスタ勢です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:708359

(08月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜスマートオーディンは差し切れなかったのか 第83回日本ダービー回顧
  2. 横浜Fマリノスの騒いでる奴へ
  3. 横浜Fマリノスの意思決定プロセスを整理します
  4. 横浜Fマリノスの嘘情報が喧伝された件について 追記あり:サッカーキングからの返信
  5. マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること
  6. 横浜F・マリノスの問題点
  7. 全てのJリーグファンへ DAZNは俺達の仲間なんだぜ?
  8. なぜマカヒキは差しきれたのか 続・第83回日本ダービー回顧
  9. 横浜F・マリノスのマネーボールに期待が高まる
  10. 横浜Fマリノスはどうにかならんでしょうか

月別アーカイブ

2017
08
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
07
06
05
2015
12
11
04
2014
12
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss