多趣味過ぎるブログ

さらば 名人芸を持ったトップジョッキー

このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAファンには馴染みが薄いだろうが川崎競馬に所属する金子騎手が引退をする。
穴狙いの複勝、ワイドでお世話になった南関ファンも多いのではないだろうか。

それはすなわち、実力が劣る馬を3着に持ってきてくれる、とイコールを意味する。
では、なぜ3着が多いのかと言えば、スタートから前半の半マイル、馬に全然負荷がかからない名人芸があるからこそ、力のない馬でも、前がミスをすれば持ってこれるのだ。
特別に騎乗馬に恵まれたワケではない。

一時期は、所属した馬は年間20走以上して、その出走手当で飼葉料の元を取る事で有名な浦和・富田厩舎の主戦だった事からもそれはよく解る。

JRAよりもカーブがきつい小回りの競馬場、ダート短距離がメインで、追い込みをメイン戦法という時点で何となくわかろうものだ。
よって、南関だけで騎手人生を送った中で見ても、同じく50歳を越えて未だ一線で活躍する的場文男さんに比べても世間の知名度や、認知は低い。
だが、数少ないビッグタイトル、特に燦然と輝く東京ダービーのトロフィを手にした追い込み炸裂は、正に集大成と言える、広く世に知られる事はないトップジョッキーの技術が詰まった作品だった。
https://www.youtube.com/watch?v=hKI7Kl3O6ko
トレードマークと言える独特の猫フォームとプラプラの長手綱が見れなくなるのは惜しまれるが、もう十分魅せてもらったとも言える。

お疲れ様でした。
ゼニやんの愛称を持つトップジョッキーがいた事をこの機会に多くの方に知って貰えればと、臨時投稿。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

京都記念【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】【【おウマの玉手箱】】

【シリーズ最強世代・番外編16】2000年クラシック世代【アグネスデジタル】【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

【グラスワンダー素人日記】vol.34 - 京都記念1人検討会&競馬雑談【競馬徒然日記 筆者:グラスワンダー】

ブロガープロフィール

profile-iconspeirs

現在スポーツに関して趣味と呼べるのは競馬、釣り、ゲームです。


キャプつば世代で、小学校の先生にW杯のビデオを見せて貰ったのが3次元世界におけるサッカーとの出会いです。

96年頃にまだ合併前のパーフェクトTVで海外サッカーを見始めました。

10年位の間、最高峰を見てる優越感から、解ったつもりでJリーグを下に見ていました反省しています。


だけれど、傍観者としての立ち位置じゃないプロサッカーとの接し方に気がつき、
もっとプロサッカーを深く楽しむにはJリーグ、自分のチームが必要なんだと考えています。

そんな回り道をした結果、横浜Fマリノスに辿り着きましたが、
親戚の80歳になる伯母さんより新入りのバクスタ勢です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:743887

(10月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜスマートオーディンは差し切れなかったのか 第83回日本ダービー回顧
  2. 横浜Fマリノスの騒いでる奴へ
  3. 横浜Fマリノスの意思決定プロセスを整理します
  4. 横浜Fマリノスの嘘情報が喧伝された件について 追記あり:サッカーキングからの返信
  5. マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること
  6. 横浜F・マリノスの問題点
  7. 全てのJリーグファンへ DAZNは俺達の仲間なんだぜ?
  8. なぜマカヒキは差しきれたのか 続・第83回日本ダービー回顧
  9. 横浜F・マリノスのマネーボールに期待が高まる
  10. 横浜Fマリノスはどうにかならんでしょうか

月別アーカイブ

2017
10
09
08
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
07
06
05
2015
12
11
04
2014
12
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss