多趣味過ぎるブログ

マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本時間、昨夜に発走した凱旋門賞で残念な結果に終わったマカヒキですが、また今回も単純な[印象としての弱い]ではなく、何故について書きます。

今回は惨敗ということもあり、残念な感じなので手短にしたいのですが、日本の競走馬は大丈夫なのかと不安に思う点もあり、相変わらずマカヒキに負けず劣らず残念なまでに書き辛いスポナビブログですが、ここにまとめます。


シャンティ競馬場に代わり時計はどうなるのかと見ていましたが、2分23秒台での決着となったこともあり、

あれ? 高速馬場に慣れた日本調教馬向きだったんじゃね

あれ? ディープ産駒のマカヒキ得意な筈なんじゃね
という疑問もあるかと思います。
ここで、つまり、弱かったんや! となってしまうのではなく、弱いとは何かを考えます。


ダービーと凱旋門賞、全体時計とレースのペース傾向

推定で2分23秒61を計測した昨夜の凱旋門賞と、2分24秒でマカヒキが快勝したダービーは全く異なるペース傾向のレースでした。

昨夜はシャンティになり映像制作元も変わったのか、ラップタイムが表示されなかったので自己計測になりますが、前半半分と後半半分で2秒は前半が早い、いわゆる前傾ラップでした。
上がりの3ハロンは推定で37秒台です。

この日は凱旋門賞前のレースから逃げ切り、前残りが連発しており、意識として前、前、内、内、というポジション意識が特に高かったと思われます。

また、重馬場が得意でタフな展開を希望していたハーザントのラビット(先導役)が意図的にキツイ展開を作り出したのも当然あります。

一方でマカヒキが快勝したダービーは、道中、12.9-13.0 という休憩タイムが入った上で、3ハロン比較で35.6-34.2 になる後傾ラップでした。

上位3頭はみんな33秒台前半でレースをまとめています。

この2つのレースでは求められる能力が全く違います。

恐らく東京であれば中弛みなしの2分22秒で決着になるようなレースだったと言えます。

稀有な才能が秘められている事を期待した部分もありますが、結果論として終わってみれば順当にスローペースだから距離不安をごまかせていた馬が、本当にタフな展開になって対応できなかった、と結論付けられます。


日本競馬の中長距離における傾向

昨今の日本では、長距離と言える2400mですらスプリント(瞬間的な加速力と最高速)能力で決まることが多い訳です。

この為、ある意味で外国馬は2400mだと思ってレースに来たら、周りはスプリント能力自慢のマイラーだらけだった、みたいな部分で、加速力勝負で置いて行かれ、最高速に達する前に勝敗が決するみたいな状況があると思います。

一方で、宝塚記念のように前傾ラップになりつつ、ペースの中弛みも起きないレースもあり、ナカヤマフェスタやオルフェーヴルが快勝している事は偶然でもないかと思われます。
また、ナカヤマフェスタに関してはあのロジユニヴァースの田んぼダービーで、唯一後方12番手から4着まで追い上げてきたのですが、

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること

訂正いたします。

マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること

> このレースでラスト200m猛追をみせたハーツクライが翌年のいわゆるキングジョージでモンジュー等と激闘を演じたのも偶然では無いと思います。

「モンジュー産駒のハリケーンラン」ですよね。

マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること

ご評価を頂きましてありがとうございます。


まぁ競輪はそれでもいいのですが、何より、能力を見誤って海外で惨敗するのは国内の空洞化と合わせて勿体無い事であり、

東京や京都をスプリント能力で制するのが得意な馬は取り敢えず1800m以下が過去の傾向からどうにかなりそうであり、

今回、多くの方が残念な思いを抱く結果になったに辺り、どこに遠征するのが勝ちやすいのか、遠征先で通用するのか、

そんな能力評価する基準点を見直された方がよろしいのではないかと考えます。

マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること

ビジネスをするには最適なのが世界で最も整備されている日本競馬という一面があります。

では彼らにとってビジネスの障壁はリソース(手駒)の不足なのか。

回収が見込めて、リソースが足りないのなら投資するのがビジネスであり、これは世界の何処に行こうが共通で、つまり手駒を回す余裕は作る物です。


また、高額馬の半持ちや、サンデー、キャロット、シルク等のクラブ拡大による繁殖フェイズでの権利確保は、種牡馬ビジネスがグループの根幹となっているからこその流失を最大に防衛する為の施策と言えます。


また、海外のプレーヤーにとって、現状の参入障壁は、JRAの裁量が大きすぎる馬主制度と、競走馬の移籍禁止(海外出走歴があるとJRAに預託不可)という規制であり、

日本競馬の国際化とは、これらの国内を保護する為の規制解除を意味しており、気候や風土は関係なく貿易の調整や、大局的な外交交渉も絡んだ枠組みの中で、進むこともある訳です。

目下のところ、懸念されるべきはTPPがまとまった場合として、400万円相当加算されていた輸入関税が撤廃されることで、米国産馬が劇的に増える可能性を唱える人も居ます。

こんな記事も読みたい

スプリンターズS & 凱旋門賞回顧【人生は競馬と共に】

10月8・9・10日の注目馬情報【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

【結果】スプリンターズS・その他【スミスの素人馬券予想】

ブロガープロフィール

profile-iconspeirs

現在スポーツに関して趣味と呼べるのは競馬、釣り、ゲームです。


キャプつば世代で、小学校の先生にW杯のビデオを見せて貰ったのが3次元世界におけるサッカーとの出会いです。

96年頃にまだ合併前のパーフェクトTVで海外サッカーを見始めました。

10年位の間、最高峰を見てる優越感から、解ったつもりでJリーグを下に見ていました反省しています。


だけれど、傍観者としての立ち位置じゃないプロサッカーとの接し方に気がつき、
もっとプロサッカーを深く楽しむにはJリーグ、自分のチームが必要なんだと考えています。

そんな回り道をした結果、横浜Fマリノスに辿り着きましたが、
親戚の80歳になる伯母さんより新入りのバクスタ勢です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:722453

(09月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜスマートオーディンは差し切れなかったのか 第83回日本ダービー回顧
  2. 横浜Fマリノスの騒いでる奴へ
  3. 横浜Fマリノスの意思決定プロセスを整理します
  4. 横浜Fマリノスの嘘情報が喧伝された件について 追記あり:サッカーキングからの返信
  5. マカヒキが4角一杯になった凱旋門賞から想定されること
  6. 横浜F・マリノスの問題点
  7. 全てのJリーグファンへ DAZNは俺達の仲間なんだぜ?
  8. なぜマカヒキは差しきれたのか 続・第83回日本ダービー回顧
  9. 横浜F・マリノスのマネーボールに期待が高まる
  10. 横浜Fマリノスはどうにかならんでしょうか

月別アーカイブ

2017
08
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
07
06
05
2015
12
11
04
2014
12
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss