~~●〇 球の匂いは風に乗って ◎◎★~~

ナベツネは正気か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 球界のドンと言われる渡辺球団会長の面目を保つ為だけなのか、セ・リーグの25日開幕強行が正式に決定した。


 この硬直頑固理不尽遺物モンスター御大を、一度被災地に連れて行くといい。そして被災者の声を聞くといい。原発事故の最前線で戦っている方々を見舞うといい。放水車に乗せて原子炉の前に立たせるといい。


 一生懸命のプレーがこの大災難のときに勇気や元気を与えると言って、戦後の荒廃期に再開したプロ野球を例にとっているが、それだけを捉えて強行することに無理があるくらいどうして分からないのだろう。明らかにその当時と状況は大きく違うではないか。


 原発事故の影響で計画停電も実施されている今、それが通常の状態に戻る見込みも立たないまま、例えば東京ドームで試合を行うと言うことがどれほどその動きに逆行するのか私でも分かる。

 電車も止まり球場には行けない、行っても帰れないことになるのではと言う不安は容易に想像できるし、第一東京ドームで試合をするということは、6,200世帯分の電力を消費すると言うことらしく、この状況の中で試合を開催することの物理的無理、私にだって分かる。当然選手会もそれに反発しているが、それは至極もっとものことだと思う。

 まして放射線と言う敵とも戦っている最中と言うのに。

 単に、自粛しているばかりではいけないとの理由だけで強行することに説得力はない。

 仮にどうしても強行しなければいけないというのなら、野外の球場でデーゲームで行うと言うのなら分かるし、ひとまず落ち着くまでは西日本の球場を使うことなどが提案されれば、まだ建設的であると思うのだが。

 
 選手会も、単に駄々をこねているのではないと思う。ファンもそうだが、選手たちだって早く開幕して、そのプレーで思う存分楽しませたいと言う気持ちは強いはずだ。試合をこなすためにはダブルヘッダーさえ厭わないとの覚悟もあるそうだ。駅前に立っての募金活動や選手個々の支援金の申し出など、球団側よりはるかに積極的に支援しているように思えるのだが。


 セ・リーグのこの判断の責任をすべてあの爺さんに押し付けるつもりはないが、あの人の言葉で他の球団関係者の発言がまったく聞こえてこないのは情けない限り。


 あれもこれも駄目で日本の経済は停滞してしまっている。しかし、今は辛抱我慢の時ではないか。


 
 新井選手会長。

 
 この決定をひっくり返してやれ。


 もしストに入っても支持するぞ。


 あの爺さんの面目をつぶしてやれ!






  
 
  
 



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ナベツネは正気か?

経済活動も、娯楽も必要なことでありそれを全て否定はしません。
しかし、今回の件で問題となっているのは開幕の時期と言うよりもドームでナイターを行う=電力の大量消費のことではないでしょうか。

節電で消費電力を抑える理由は、単に家庭の暖房をつけたりTVを見るため・・・ということではないでしょう。停電によって起こる数々のリスク・・・それを回避するためだと思います。

(実際に17日、気温が少し下がっただけで「予測不可能な大規模停電の可能性」の憂き目にあいそうになりました)

たとえば病院です。自家発電があるから大丈夫だと言い切れますか?(非常電源が絶対的に大丈夫だといえるのなら、原発の問題もおこらなかったでしょうね)

実際、計画停電が行われてる地域では、必要な検査ができない、電子カルテも起動できない・・などの問題が起きています。それらは市民の生命や健康を脅かす問題です。プロ野球の開幕と同じ土俵では語れない、語ってはいけないことだと思います。

選手会も、時期を遅らせることを要求しているだけで、野球をやらないとは言ってませんよね。遅らせる分、ファンのためにはダブルヘッダーも厭わない・・そういう努力をすると言っています。その姿こそがプロスポーツ選手の社会貢献ではないでしょうか。
そして人間には感情があります。野球を心待ちにしている被災者、この時期に野球など楽しめない被災者・・・色々な方がいるはずです。

全ての事情を鑑みて、少し開幕を延期するとか、せめて屋外球場でデイゲームにする等の妥協案が選択されなかったのか・・・これって偽善なんでしょうか?こういう考え方がエゴだというのなら、何がなんでも25日にドームで開幕をせよというのもエゴですよね。
同じエゴなら、リスク回避が優先されるべきだと私は思います。

都内23区にお住まいで、まだ計画停電を経験されていない方には停電のリスクが理解できないのかもしれませんね。ある意味羨ましいです。
しかしながら、そんな方の分まで都内近郊や他県の人間が停電を請け負っているのかと思うと、正直がっかりです。
朝起きたら停電、帰宅したら停電・・・暗闇の中でままならぬ家事。なにより信号が消え無法地帯と化した交差点をヒヤヒヤしながら横断する危険。急病で受診しても検査もできない患者の不安・・・少しでも想像できれば優先されるのは何なのか・・火を見るより明らかです。

リスクマネジメントも理解せず、色々な理屈をつけて「開幕せよ」というのは、単に自分が野球を見たい事の言い訳にしか私には聞こえませんし、多角的なものの見方にも思えません。

ナベツネは正気か?

毎晩一番電気の需要が高まる時間帯に3000世帯分の電力食いつぶすとか他の経済活動(と日常生活)を阻害する要因にしかならんと思うが。
普段通りの経済活動をすべきって言ってるのやつはまさか会社がただ被災地に申し訳なさを見せるために活動休止してんだと思ってねーだろうな。
できるんならみんなやってる。
交通含め電力の状況が改善されない限り普段通りの経済活動なんて不可能。

大体プロ野球みたいな娯楽業界は顧客がその気じゃなかったら利益の出ようがない。自分ち停電すんのに野球とか観る気になりますか。
復興に貢献するためにまずは黒字出すとか寝言もいいとこ。

ナベツネは正気か?

もし、ナベツネの身内にこの震災での行方不明者がいたとしても、このひとはこんなことをごり押しするのだろうか?

ナベツネは正気か?

私は埼玉県に住んでいます。
さっきまで計画停電で真っ暗でした。
昨日も、真っ暗な中生活しましたが、やりたいことが何も出来ずにものすごく不便でした。
これからも、しばらくこんな生活が続くと思うと憂鬱になりますが、そんなときにナイターでガンガン電気を消耗しているなんてとても許せません。
Jリーグにしろ、Vリーグにしろ、他のプロスポーツは開催を延期し、もう少し落ち着くまではと配慮しているのに・・・。
喜んでいるのは一部の野球ファンだけでしょ!
100歩譲って開催するにしても、デーゲームでやるのが当然ではないかと思います。
ナイターで開催される裏では、どこかの大勢の家庭の電気が消えているのですから。
もちろん、その家庭ではテレビで野球も見られません。
球場に行ける人のみが楽しめる野球なんかしてもしょうがないのではないでしょうか!

こんな記事も読みたい

感情論だけでは何も解決しない(コメントのお礼と返信・本当に最終版)【燃えよ!ドラゴンズ ~リベンジ!!】

開幕に向けて【ジャイアンツの優勝に向けて】

久しぶりに【情報ライブ弱音屋】

ブロガープロフィール

profile-iconsohsyu

 球の匂いが大好きだ。

  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:1074549

(02月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田と内田。残念な発言は・・・・。
  2. 藤浪は酷使で潰れるか!?
  3. 16球団大賛成!!
  4. 後ろ向きな内田と前向きな大久保。
  5. 最後のチャンスだったのかも!?・・・WBC
  6. 「金」より「銀」が良いはずはない!?
  7. 今興味があるのは・・・・!?
  8. 右投げ左打ちはもう流行らない?
  9. 桑田真澄さんのブログ。その1
  10. イチローモデル?

月別アーカイブ

2015
06
2014
07
06
2012
09
08
2011
09
07
03
2010
11
04
03
01
2009
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss