socculture

ACL 日本勢優勝の可能性を検証 前半

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017シーズンのAFCアジアチャンピオンズリーグ(以下ACL)もグループステージを終え、次の試合からはいよいよ決勝トーナメントとなります。

近年優勝から遠ざかっている日本勢も、今年は3チームが1位で決勝トーナメント進出を果たしました。個人的にACLはとても好きな大会で毎年楽しみに見ているのですが、私はここ数年の中で今年は日本勢が優勝する可能性が一番高いと感じています。

その理由としては ・韓国勢の不振 ・広州恒大の不安定さ ・日本勢出場チームの選手層の厚さ が挙げられると思います。

まずは韓国勢の不振についてですが、今シーズンは絶対王者である全北現代の出場禁止処分が大きく影響しているでしょう。未だグループリーグ敗退がないチームですからね。他国のチームながら素直に凄いなと思います。そしてもう1つはKリーグ自体の衰退だと思います。リーグ戦の映像は日本に住んでいるのであまり見る機会はありませんが、ACLを見るだけでJリーグや中国のリーグよりも人気がないのは明らかです。お客さんが入らなければ当然スポンサーになる企業も少ないでしょうし、結果として国内の有力選手は国外移籍してしまい、有能な外国人選手も連れてくることはできないでしょう。ACLの日韓対決は2015年の全北現代vsガンバ大阪のような名勝負も多々ありましたし、ACLファンの私としては楽しみにしているカードなのでKリーグがあまりに衰退してしまうのは残念なことです。そんな心配をしてしまうほど韓国でのACLのゲームは観客がいません・・・

次に広州恒大の不安定さについてです。私はこの問題の根源はDFキム ヨングォン選手の怪我が影響していると考えています。FC東京や大宮アルディージャに在籍していた選手ですが、アジアのレベルでは対人能力、パスセンスなど総合的に能力が高い選手で韓国代表にもコンスタントに選出されてます。どのチームにも言えることですが、レギュラーセンターバックが長期離脱をするというのは大きなマイナスであることは間違いないでしょう。これまでの試合のスタッツを見てみると、ACLでは大勝した東方戦を除いた川崎と水原との4試合では3試合で失点、さらにリーグ戦に目を向けると8試合を消化して7試合で失点しています。優秀な攻撃陣を抱えているとはいえ、得点を取れる確率は高いので日本のチームが勝てる確率は例年以上にあると感じています。

最後に日本勢出場チームの選手層の厚さですが、この点に関してはスタメン発表の際にベンチメンバーを見ると分かりやすいと思います。川崎フロンターレはけが人が多く大変なやり繰りをしていますが、他の3チームは数人のけが人を抱えながらも鹿島であれば永木選手、浦和であれば李選手、ガンバであれば最近では遠藤選手もベンチに入る試合が増えています。チームによってはアーカイブに過去の試合のスタッツを詳細に残しているクラブもあるので、興味がある方は2012、2013年頃の日本勢がACLで勝てなかった時代に出場していたクラブの控え選手と比較してみてください。私は浦和レッズで比較するのが一番納得行くと思います。

さて、ここまで日本勢に追い風な情報を書いてきましたが、私は今年のACL日本勢の優勝確率は30%程度だと思っています。ここからは日本勢に立ちはだかる脅威について書きたいと思います。

が、とても長くなってしまいそうなのでここからは後半で書きたいと思います。

ここからは完全に余談ですが、先ほどから申している通り私はACLがとても好きです。Jリーグにはない熱いパッションを感じるんですよね。ですが、開催日が主に平日とあってスタジアムにはリーグ戦ほど観客は入りません。この記事をご覧になった皆さんの中で1人でも多くの方にACLの試合に足を運んでいただいてACLの熱を感じてもらえたら幸いです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「J1」清水の戦い、遅ればせながら、いざ開幕!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

「勝って兜の緒を締めよ」、奢るなかれ【サッカー馬鹿蔵の戯言】

【現時点での力量差】アビスパ福岡-ファジアーノ岡山(J2第13節 2017/5/13@レベスタ)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconsocculture

  • 昨日のページビュー:102
  • 累計のページビュー:8671

(05月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ACL 日本勢優勝の可能性を検証 前半
  2. サッカーが日本の文化になる日

月別アーカイブ

2017
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss