【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ

【図解で分析】川崎のビルドアップの基本とそれを自ら苦しめた大久保の頭突き退場 ~川崎フロンターレvs大宮アルディージャ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

frontale_omiya1

 目次 1.プロローグ:2ndステージこそ優勝したいフロンターレの負けられない戦い 2.川崎のビルドアップの基本ルールと大宮の抵抗、そして悲劇が起きる 3.まさかの逆転劇、まさかの結末 〜サイドを蹂躙される10人の川崎〜 4.余談

 1.プロローグ:2ndステージこそ優勝したいフロンターレの負けられない戦い
川崎フロンターレのスタメンはソンリョン、谷口、エドゥアルド、田坂、車屋、ネット、大島、エウソン、憲剛、小林悠、大久保。 2ndシーズンはレッズと勝ち点を並べてトップに位置しているフロンターレ。1stシーズンでギリギリ優勝を逃してしまっただけに、いい加減優勝したいところだろう。色々怪我人が多く悩ましいフロンターレ。田坂は前節に続き右CBでの起用となった。代表の予備登録メンバーに7人も入っている川崎の面々はさらなるアピールに乗り出す。

大宮アルディージャのスタメンは、塩田、大屋、河本、菊池、奥井、清水、横谷、金澤、江坂、ムルジャ、家長。 対するアルディージャ。1stシーズンより低い順位にいるので、少しでも順位を上げていきたいところだ。フロンターレ相手にポゼッション率を高くすることは難しいと予想されるが、江坂や家長に期待がかかる。ちなみにマテウスはベンチにいるようだ。

 2.川崎のビルドアップの基本ルールと大宮の抵抗、そして悲劇が起きる フロンターレの攻撃時のフォーメーションは3-4-2-1。対する大宮は4-4-2だ。基本は撤退守備が多いのだが、折を見てハイプレスをしていくこともあった。 その場合、両脇のCBにはSHがプレッシャーをかけ、2トップは中央のCBとネットには2トップが担当するという仕組みになっていた。 frontale_omiya5

が、大島や憲剛を始めとした選手が降りてきてビルドアップを助けにくるので、大宮のハイプレスはけっこうかわされてた。

そんなこんなでハイプレスをいなされたら、大宮はハーフラインからの撤退守備に切り替える。 対する川崎のビルドアップは、CBとボランチの5枚で行うことを基本としていた。で、2トップより前に5人がいる状態でパスを回す。そして大宮のFWとMFのライン間に、主に大島がタイミングを見計らって入り込み、そこにパスを通して前を向かせることで、崩しの段階に入っていきたいようだった。

っで、そうはさせたくない大宮。2トップより前に大島とネットがいる時は、ボランチは前に出て行かず、FWに任せる。 そして大島かネットが、FWとMFのライン間に入ってボールを受けようとするので、それをかなり警戒していた。つまり大急ぎでボランチとFWで挟み込むことで下げさせる、あわよくばボール奪取を狙う、という感じだった。きみたち縦パスめっちゃ得意やけど、出す隙は与えへん、中央には出させへんぞ、と。 ちなみにハイプレス時とは異なり、SHは基本的にWBを見ていた。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ2016
タグ:
大宮アルディージャ
川崎フロンターレ
Jリーグ2016
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【図解で分析】川崎のビルドアップの基本とそれを自ら苦しめた大久保の頭突き退場 ~川崎フロンターレvs大宮アルディージャ~

あおさん

コメントありがとうございます。

おお、そんな規定変更があったのですね。知りませんでした。
ありがとうございます。

「【図解で分析】川崎のビルドアップの基本とそれを自ら苦しめた大久保の頭突き退場 ~川崎フロンターレvs大宮アルディージャ~」へのコメント

チョンソンリョンは三重罰緩和のルール変更でイエローだったらしいですよ

こんな記事も読みたい

川崎フロンターレサポーターの大相撲観戦に、再度感銘を受ける。 【幕下相撲の知られざる世界】

【「継続性」を選択した勝点1】ロアッソ熊本-ファジアーノ岡山(J2第32節 2016/9/18@うまスタ)【すべてはファジのため】

前節の川崎の敗戦は、2ndステージの上位チームにとってチャンスか? toto予想。【当てtoto】

セレッソ大阪 V・ファーレン長崎 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

大久保が試合を壊し監督(の采配)が止めを刺す【ダブルボギーの憂鬱】

2016年Jリーグ2nd第11節vs福岡【◇ ぼくとフロンターレ ◇】

今さらながら2失点に絡む大島について【ダブルボギーの憂鬱】

【川崎×柏】完勝するか、完敗するかの一戦。結果は後者だった。【Jリーグ好き大学生のつぶやき】

ブロガープロフィール

profile-iconsocceranalyzer

試合を図解でわかりやすく分析するブログやってます。長いこと試合分析やってました。今年はセビージャと清武を中心に。ゴールやアシストに優れた選手だけでなく、状況判断力のある選手、相手の予測を外す選手、時間とスペースを生み活用できる選手が好き。
  • 昨日のページビュー:83
  • 累計のページビュー:343470

(03月15日現在)

関連サイト:著者のTwitterアカウント(時々注目試合を実況してます)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. UAE戦、なぜ中央渋滞が発生し、なぜ香川真司は空気だったか図を用いて解説 〜日本代表vsUAE〜
  2. タイ戦前に読んでほしい記事と、昨日発表のW杯最終予選予備登録メンバー89名をクラブ別に見ていく
  3. モウリーニョが描くユナイテッドの未来、そしてUAE戦の日本代表と決定的な差を見せる2選手 〜マンチェスターユナイテッドvsハルシティ〜
  4. 【図解で分析】川崎のビルドアップの基本とそれを自ら苦しめた大久保の頭突き退場 ~川崎フロンターレvs大宮アルディージャ~
  5. 【図解で分析】ペップらしさで猛攻からのモウリーニョの「モウ」反撃 〜マンチェスターシティvsマンチェスターユナイテッド〜
  6. ペップ戦術の浸透具合とハイプレスで躍動するストーク 〜マンチェスターシティvsストーク〜
  7. 【図解で分析】なぜタイ程度に大量得点できないか。物足りないボランチの攻撃性能 〜日本代表vsタイ代表〜
  8. 【図解で分析】シティ独壇場の秘密を読み解く、そしてギュンドアン登場 ~マンチェスターシティvsボルシアMG @CL~
  9. 【図解で分析】ユーベを敗戦に追いやった3つの理由、ディバラの躍動 〜ユベントスvsインテル〜
  10. 【図解で分析】ナスリ躍動で清武はどうなる?そして衝撃のラスパルマス 〜セビージャvsラスパルマス〜

月別アーカイブ

2016
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss