蹴鞠談議2

Jリーグ

J3順位予想2017

1、前書き J3にとって最大のニュースは、DAZNに移行したことで、全試合中継されるようになりました。 これにより単純に考えても生中継が増える事となり、メディア露出は増えることは間違いありません。 これは、リーグの基盤強化に繋がりますし、環境の改善が望めます。 注目度が上がってくれば、サポーターの数も増えますし、こういった変化が生まれる最初のシーズンとなるわけです。 まだまだ全体のレベルは、決して......続きを読む»

J3戦力分析2017

1、前書き J3にU-23が加わった昨季もJ3は盛り上がった。 今季からは、入れ替え戦が廃止されて、2チームが自動昇格となった事で、昨季以上に昇格のチャンスは広がる。 U-23のチームのメンバーの変動が激しく、不平等という考え方もあるが、やはり全試合で決まる事や怪我が無いとも限らないので、必ずしもそれが悪いとは言えないだろう。 考え方によっては、レベルの高い選手に触れることで、チームが刺激を受けて......続きを読む»

J2順位予想2017

1、前書き 群雄割拠のJ2。 年々レベルが、上がっている。 前記事の戦力値を高い順に並べた。 ここからある程度基準のグループ分けを行った。 グループ分けを参考にして読んで頂けたらと思います。 凄く一般的な予想に近いかなとまとめていて思いました。 しかし、昨季の群馬の様に新人の選手が大活躍して、チームの底上げに成功したチーム。 または、その前のシーズンまで好成績だったチームが低迷したりすることもあっ......続きを読む»

J2戦力分析2017

1、前書き J2の戦力分析をして思った事は、実力差が年々縮まっていると感じた。 一方で、DAZN効果で、選手の引き抜きが例年以上激しく、山口の様な極端な事例も発生した。 年々、個の力だけでは太刀打ちできない戦術レベルが上がっており、致命傷に成り得ない。 継続性と資金力という要素を上手く使える監督の実力も大きく、年々ハードなリーグになっている。 今季は、数値を一部上方修正したが、J1の壁が年々分厚く......続きを読む»

J1順位予想2017

1、前書き ACLの戦力値修正を廃止してみた。 今季は、混戦になりそうというのが正直ところ。 今季を制したチームがビッククラブへの道を歩むことができ、大きな意味を持つシーズンとなる。 DAZN元年で、どういったシーズンになるのか、どのチームが、どういったドラマを作っていくのか今から楽しみです。 2、説明 グループランク S:複数タイトルが目標 A:タイトルが目標 B:ACL出場が目標 C:上......続きを読む»

J1戦力分析2017

1、前書き 恒例の戦力分析です。 ストーブリーグの楽しみの一つであり、今季も楽しんで取り組みました。 しかし、おかしな点があれば、厳しい指摘して頂いても問題ないです。 むしろ、贔屓チーム以外の情報に疎い部分もあり、そうした厳しい指摘であっても、貴重な情報であり、参考にさせて頂きたいので歓迎です。 それでは、よろしくお願いいたします。 2、説明 各ポジション名:昨季の評価(アルファベット)→今季......続きを読む»

2016年J1・J2・J3順位予想の結果

1、J1順位予想の結果と誤差 01位:鹿島アントラーズ 誤差:+3 02位:浦和レッズ 誤差:+3 03位:川崎フロンターレ 誤差:的中 04位:ガンバ大阪 誤差:-3 05位:大宮アルディージャ 誤差:+8 06位:サンフレッチェ広島 誤差:-4 07位:ヴィッセル神戸 誤差:-1 08位:柏レイソル 誤差:+2 ...続きを読む»

2016:J1:Jリーグチャンピオンシップ 決勝:浦和レッズvs鹿島アントラーズ「スタイル」

浦和vs鹿島:1-2 得点者:30興梠 慎三(13高木 俊幸)、33金崎 夢生(25遠藤 康)、33金崎 夢生(PK) 観客数:59,837人 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 審判 主審:佐藤 隆治:2.5 副審:相樂 亨、山内 宏志:2.5 H:浦和 監督 ミハイロ・ペトロヴィッチ:3.0 スタメン 30興梠 慎三:2.0 13高木 俊幸:2.5、9武藤 雄......続きを読む»

2016:J1:Jリーグチャンピオンシップ 準決勝:vs川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ「攻守の総合力で鹿島が川崎を上回る」

川崎vs鹿島:0-1 得点者:33金崎 夢生(16山本 脩斗) 観客数:24,209人 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 審判 主審:村上 伸次:2.5 副審:八木 あかね、五十嵐 泰之:2.5 H:川崎 監督 風間 八宏:3.0 スタメン 16長谷川 竜也:3.5 26三好 康児:2.5、13大久保 嘉人:2.5 20車屋 紳太郎:3.0、21エドゥアルド・タ......続きを読む»

2016:ルヴァンカップ:決勝:浦和vsG大阪「PK戦に持ち込まれた激戦を制し浦和が現監督の下での悲願の初タイトル」

浦和vsG大阪:1-1(延長:0-0、PK:5-4) 得点者:11アデミウソン(7遠藤 保仁)、20李 忠成(10柏木 陽介) 観客数:51,248人 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 審判 主審:佐藤 隆治:2.5 副審:相楽 亨、名木 利幸:2.5 H:浦和 監督 ミハイロ・ペトロヴィッチ:2.0 スタメン 30興梠 慎三:2.5 13高木 利幸:2.5、......続きを読む»

J3順位予想2016

1、前書き J3からの昇格チームが、J2で躍進する。 J2からの昇格チームが、J1で優勝したりする事を含めても、年々実力差は少なくなっていると言える。 昨季の金沢の躍進を考えた時にJ3からJ2に上がるのは、非常に難しいものかは、J2からJ3に落ちたチームの再昇格が、難しい事からも良く分かる。 更にJFLからの昇格チーム、セカンドチーム。 年々J3もクラブ数が増えて、レベルが上がり、厳しいリーグにな......続きを読む»

J2順位予想2016

1、前書き 群雄割拠のJ2。 年々レベルが、上がっている。 前記事の戦力値を高い順に並べた。 ここからある程度基準のグループ分けを行った。 グループ分けを参考にして読んで頂けたらと思います。 2、説明 グループランク S:複数タイトルが目標 A:タイトルが目標 B:プレーオフ出場が目標 C:上位が目標 D:中位が目標 E:残留が目標 予想順位:チーム名:戦力値 (昨季と今季の数値) 理由や......続きを読む»

J1順位予想2016

1、前書き 予想が、大きく外れてるので、少しでも誤差を小さくしたい。 今季はACL出場チームは、-3(昨季までは-5)で、考えてみたいと思います。 今季も混戦になりそうで、予想は、難しいです。 どのチームが、どういったドラマを作っていくのか今から楽しみです。 2、説明 グループランク S:複数タイトルが目標 A:タイトルが目標 B:ACL出場が目標 C:上位が目標 D:中位が目標 E:残留が......続きを読む»

J3戦力分析2016

1、前書き J3も今季は、レノファ山口が一年でJ2昇格するも、鹿児島ユナイテッドが新たに加わった。 さらにJリーグ・アンダー22選抜は無くなったものの代わりに、U-23のチームがG大阪&FC東京&C大阪が加わり規模が拡大している。 年々J2のレベルが上がっている通り、J3もレベルが上がっている。 およその強さの勢力図は、固定化しつつあるものの有名選手や強豪クラブも増えてきて、厳しさは年々増している......続きを読む»

2016:FUJI ZEROX SUPER CUP:サンフレッチェ広島vsガンバ大阪「完成度に差」

広島vsG大阪:3-1(0 前半 0、3 後半 1) 得点者:11佐藤 寿人(33塩谷 司)、10浅野 拓磨(PK)、39宇佐美 貴史(13阿部 浩之)、9ピーター・ウタカ 観客数:33,805人 1、チーム情報&評点 評価基準 良:1~5:悪 審判 主審:飯田 淳平:3.5 副審:山内 宏志、西尾 英朗:2.5 広島 監督 森保 一:2.0 スタメン 11佐藤 寿人:2.5 ......続きを読む»

J2戦力分析2016

1、前書き J2の戦力分析です。 戦力値の離れたチームというのがC大阪ぐらいで、基本的には、グループ分けできる感じに混戦状態です。 混戦になるだろうなという正直な感想。 残留争いも昇格争いも熾烈を極めそうだ。 本当は、もっと時間をかけて、分析をしたいところですが、私の知識と選手名鑑を見つつ、簡潔ながら戦力を分析し、数値化してみた。 少しでも皆さんに興味を持って頂けると嬉しい。 2、説明 各ポジ......続きを読む»

J1戦力分析2016

1、前書き 恒例の戦力分析です。 ストーブリーグの楽しみの一つであり、今季も楽しんで取り組みました。 しかし、おかしな点があれば、厳しい指摘して頂いても問題ないです。 むしろ、贔屓チーム以外の情報に疎い部分もあり、そうした厳しい指摘であっても、貴重な情報であり、参考にさせて頂きたいので歓迎です。 それでは、よろしくお願いいたします。 2、説明 各ポジション名:昨季の評価(アルファベット)→今季......続きを読む»

2015年J3順位予想の結果

1、J3順位予想の結果と誤差 1位: レノファ山口FC 誤差:+9 2位: FC町田ゼルビア 78 34 誤差:+1 3位:AC長野パルセイロ 70 18 誤差:-1 1位~3位に関して 自動昇格争いというのは、劇的だった。 正直山口の独走かと思われたが、終盤の失速は、驚いた。 試合終了間際の劇的同点ゴールで、自動昇格を決めたのには、思わず大きな声を出してしまった。 それだけ劇的だった。 ......続きを読む»

2015年J2順位予想の結果

1、J2順位予想の結果と誤差 1位:大宮アルディージャ 誤差:+7 2位:ジュビロ磐田 誤差:+1 3位:アビスパ福岡 誤差:+9 4位:セレッソ大阪 誤差:-3 5位:愛媛FC 誤差:+17 6位:V・ファーレン長崎 誤差:+8 1位~6位に関して ビッククラブと守備的なクラブの中に愛媛という独自のスタイルを確立出来たチームが居たというのは、面白い結果と言える。 愛媛に関しては、勝......続きを読む»

2015年J1順位予想の結果

1、J1順位予想の結果と誤差及び感想 1位:サンフレッチェ広島 誤差:+5 チームとして戦術理解度の高さ。 下部組織からトップチームへの一貫性。 チーム構成の巧さ。 どれも際立って高かった。 予想より大幅増、この辺りの要素を来季は考えつつ予想してみたい。 2位:浦和レッズ 誤差:+3 予想外でのACLでの惨敗。 それで、リーグ戦が大分楽になった。 1stステージ優勝という事で、その早々の敗退......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:154
  • 累計のページビュー:2778256

(11月18日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. J1戦力分析2017

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss