蹴鞠談議2

2017:ACL:決勝:H:浦和レッズvsアルヒラル「最後まで辛抱して劇的決勝弾で久々の優勝を決める」

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和vsアルヒラル:1-0: 得点者:8ラファエル・シルバ(9武藤 雄樹)

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

H:浦和

監督

堀 孝史:2.5

スタメン

8ラファエル・シルバ:2.0、30興梠 慎三:3.0、9武藤 雄樹:2.5 10柏木 陽介:2.5、15長澤 和輝:2.5 16青木 拓矢:2.5 3宇賀神 友弥:3.0、5槙野 智章:2.5、22阿部 勇樹:2.5、6遠藤 航:2.5 1西川 周作:2.5

リザーブ

GK:25榎本 哲也 DF:2マウリシオ。46森脇 良太 MF:7梅崎 司、39矢島 慎也 FW:13高木 俊幸、21ズラタン

途中交代

3宇賀神 友弥→2マウリシオ:2.5 30興梠 慎三→21ズラタン:評価不可 10柏木 陽介→7梅崎 司:評価不可



A:アルヒラル

監督

ラモン・アンヘル・ディアシ(ラモンディアス):3.0

スタメン

29サレム・アルダウサリ:4.0、77オマル・ハルビン:3.0、24ナワフ・アルアビド:3.0 7サルマン・アルファラジ:3.0、16ニコラス・ミレシ:3.0 8アブドゥラー・オタイフ:3.0 12ヤシル・アルシャハラニ:2.5、70モハンメド・ジャハファリ:2.5、33オサマ・ハウサウィ:3.0、2モハンメド・アルブライク:2.5 1アブドゥラー・アルムアイフ:2.5

リザーブ

GK:30アハメド・ワキド DF:4アブドゥラー・アルズーリ MF:6アブドゥルマレク・アルハイブリ、10モハンメド・アルシャルフーブ、27モハメド・カンノ FW:20ヤセル・アルカフタニ、44ムフタール・ファラタ

途中交代

77オマル・ハルビン→44ムフタール・ファラタ:3.0 7サルマン・アルファラジ→20ヤセル・アルカフタニ:3.0 8アブドゥラー・オタイフ→10モハンメド・アルシャルフーブ:評価不可

2、得点経過

H:浦和:1-0:8ラファエル・シルバ(9武藤 雄樹)

 FKのボールをアルヒラル選手がクリアします。その先に居た9武藤 雄樹が、ダイレクトで前方へ浮き球のボールを入れます。33オサマ・ハウサウィが、8ラファエル・シルバの前に出てクリアしようとしますが触れず、後方の8ラファエル・シルバに通ります。8ラファエル・シルバがそのままGKとの1対1となり、迷わず右足を振りぬき、右足一閃の強烈なシュートがゴールへ突き刺さって浦和が先制。

 90分間通して、粘り強く守り、8ラファエル・シルバも厳しいマークに逢い続けた中で、最後の最後で貴重な先制ゴールを決めてくれました。勿論、勝利に近づくというよりは、負け辛くなるゴールではありますが、それでもアルヒラルへのダメージを考えると大きな得点であったと思います。

3、戦評

数値評

評価基準

良:A~E:悪

H:浦和

攻撃評価:B 守備評価:A 采配評価:C 総合評価:B

A:アルヒラル

攻撃評価:C 守備評価:B 采配評価:C 総合評価:C

文章評

寸評

 浦和は、アウェーでの得点によるアドバンテージで、0-0の引き分けでも優勝と少し有利な状態で、得意なホームで戦えるという好条件でした。一方アルヒラルは、圧倒的なアウェーの中、ACLでの無敗という圧倒的攻撃力に裏打ちされた強さで、0-1以上での優勝を目指すという構図でした。  試合の方は、浦和がしっかり対応し、アウェーの様な劣勢にはなりませんでした。とは言ってもアルヒラルが、優勢であった事は間違いないかと思います。しかし、守り方のバランスなどは、1戦目とは見違えるほどでした。また、エースの77オマル・ハルビンの怪我と思われる早い時間帯での交代。主軸の選手であろう3カルロス・エドゥアルドの怪我での欠場。8ラファエル・シルバの怪我が軽傷で間に合った事。こういった条件も後押しし、浦和が最後まで守り抜いていたことで、アルヒラルに焦りが生まれ、退場者も出て、更に8ラファエル・シルバの終了間際のゴールで、アルヒラルに2017ACLでの初の土をつけて浦和の勝利での優勝というJリーグにとっては最高の結果で幕が下りました。一方で、アルヒラルにとっては、初優勝を逃すという悔しい試合になりました。

アルヒラル評

 ホームでの試合で、8ラファエル・シルバにやられていたことから、試合終了間際まで、しっかり人数をかけて対応させたことで、8ラファエル・シルバにほぼ前を向いてプレーをさせまんでした。最後の失点もミスであることには間違いありませんが、よりよい形でのボール奪取を狙ったプレーであり、勝利への執念から選んだプレーであったと思います。判断ミスになってしまったプレーではありましたが、33オサマ・ハウサウィも胸を張って、今後もプレーをして欲しいと思います。  2試合のトータルで準優勝にこそ終わりましたが、内容では、浦和を圧倒していたと思います。今大会では、色々な不運もあり、優勝という結果こそ手にすることが出来ませんでしたが、その強さは衝撃的でした。欧州にも負けない様なプレーのクオリティは高く、最強の準優勝チームであったと思います。  今後とも同じアジアのチームとしてJリーグと切磋琢磨し、より高みを目指して、世界の頂きを目指していって欲しいです。

浦和評

 シーズン中盤からの大失速を受けての監督交代から4バックに変更し、劇的な逆転劇の数々で、ACLで輝きを取り戻しつつあります。しかし、まさかACLのタイトルを獲得できるとは正直思っていませんでした。戦力分析では、監督に課題があるという分析を続けてきましたが、こういった結果を受けてやはり、チームに合う監督が指揮をとれば、アジアでもタイトルを取れるだけの実力を持ったチームであることが証明されました。  Jリーグでは、安定してタイトルを総なめに出来ていない現状は、戦力や資金力を考えると不思議なぐらいで、今後もこういったビックタイトルを含め、リーグ戦やカップ戦で結果を残せるチームへとなって欲しい。そのためにもこのタイトルは大きな一歩であると思います。  次のクラブワールドカップでも好成績を残せば、自信も付きますし、そういったポテンシャルを秘めたチームであると思います。  しかし、そのためにまこのアジアでも顕著であったフィジカルの差。単純なスピードを取ってもアルヒラルに対して、通用していませんでしたし、8ラファエル・シルバを除いて、なかなかそういったチャンスを作れていませんでした。技術でそこをカバーして、8ラファエル・シルバのスピードを活かす。そういったはっきりしていた戦いも出来ていて、優勝こそ出来ていましたが、この2戦を見る限りは、8ラファエル・シルバへの依存度は高く、チームとして、どういったチームにしていくのか、結果こそ出ましたが、内容は伴ったとは正直言えない部分はありますので、チームとしてどこにどう向き合っていくのか注目したいです。

試合評

Man Of the Match(MOM):8ラファエル・シルバ(浦和) Most Impressive Player(MIP):10柏木 陽介(浦和) 満足度(10点満点):9点(★★★★★)

Jリーグから世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いています。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
AFCチャンピオンズリーグ
タグ:
堀孝史
優勝
監督
弱点
カバー&カバー
フィジカル差
速攻
カウンター
堅守
ラファエル・シルバ
柏木陽介
オマル・ハルビン
AFCチャンピョンズリーグ
ACL
Jリーグ
アルヒラル
レッズ
浦和
浦和レッズ
浦和レッドダイヤモンズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年ベガルタ仙台総括① 開幕~前半戦【ベガラボ ~ベガルタ仙台分析ブログ~】

上げられなかったギア、変わらなかった“空気”――鹿島アントラーズ、無念の最終節“逆転負け”【Memories of the game】

素晴らしき川崎戦士たち【ダブルボギーの憂鬱】

2017:ACL:決勝:A:アルヒラルvs浦和レッズ「攻守の軸となる選手が輝いた試合」【蹴鞠談議2】

浦和のACL優勝の意義【スポーツ えっせい】

驚きの2万4千 浦和レッズを支えるもの そしてCWC 浦和VS川崎【毎日フットボール】

次の横浜M戦は大目に見ないぞ【地球は青い!】

全員の力で掴み取ったビッグタイトル VSアルヒラル【パルシェン】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:253
  • 累計のページビュー:2813725

(01月15日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J1戦力分析2017
  10. J2順位予想2016

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss