蹴鞠談議2

2017:J2:34節:H:vsカマタマーレ讃岐「必然であった敗戦」

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山vs讃岐:0-1 得点者:20原 一樹 観客数:10,578人

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

審判

主審:小屋 幸栄:2.5 副審:藤澤 達也、野村 修:2.5

H:岡山

監督

長澤 徹:3.0

スタメン

24赤嶺 真吾:2.5 30豊川 雄太:3.0、7伊藤 大介:3.0 11三村 真:3.0、16関戸 健二:3.5、27塚川 孝輝:3.0、21加地 亮:3.0 14喜山 康平:2.5、39篠原 弘次郎:3.5、3久木田 紳吾:3.0 22一森 純:2.5

リザーブ

GK:13櫛引 政敏 DF:33張 碩元(チャン・ソグォン) MF:5渡邊 一仁、17朴 亨鎮(パク・ヒョンジン)、8石毛 秀樹、10大竹 洋平 FW:18ニコラス・オルシーニ

途中交代

30豊川 雄太→10大竹 洋平:3.0 11三村 真→17朴 亨鎮(パク・ヒョンジン):2.5 7伊藤 大介→18ニコラス・オルシーニ:2.5



A:讃岐

監督

北野 誠:2.0

スタメン

9我那覇 和樹:3.0、11馬場 賢治:3.0 19仲間 隼斗:3.0、5渡邊 大剛:3.0 7永田 亮太:2.5、10高木 和正:2.5 31アレックス・アントニオ・デ・メロ・サントス(アレックス):2.5、25岡村 和哉:2.5、アラン・ドイス・サントス・ナチビダデ(アラン):2.5、23西 弘則:2.5 1清水 健太:2.5

リザーブ

GK:16松原 修平 DF:6市村 篤司、22武田 有祐、28長澤 拓哉 MF:2荻野 広大 FW:20原 一樹、33木島 良輔

途中交代

9我那覇 和樹→20原 一樹:2.0 23西 弘則→6市村 篤司:2.5 19仲間 隼斗→22武田 有祐:評価不可

2、得点経過

A:讃岐:0-1:20原 一樹

 岡山のビルトアップ時に最終ラインで繋ぎ、前につけてバックパスが多いというデータを北野 誠監督から聞いていた20原 一樹が、そこを狙って奪いきり、GKとの1対1になると鮮やかなループシュートを決めて、讃岐が先制。

 これに関しては、今まで何故狙われなかったのかというレベルのボールロストの仕方。このレビューを書く前に次の試合を見る事になったが、その試合でもこのポイントを狙ってくる時間帯もあった。時期的に修正する事も難しそうなので、致命傷となった。北野 誠監督が試合後に言わなければ、伝わらなかったかもしれないだけに痛すぎる失点と情報提供となってしまった失点でした。

3、戦評

数値評

評価基準

良:A~E:悪

H:岡山

攻撃評価:D 守備評価:C 采配評価:D 総合評価:D

A:讃岐

攻撃評価:B 守備評価:B 采配評価:A 総合評価:B

文章評

 さて、この試合のレビューを書き終える前に次の試合を見ましたが、この試合での敗戦と、その敗戦の仕方とチームの弱点の拡散が響き、次節の敗戦にも繋がった1戦であったと思います。シーズン序盤に多かった最終ラインでのボールロストですが、チームが熟成していく中で、その辺りが大幅に改善して減り、改善したと思われただけに、どうしてこのタイミングでという敗戦劇でした。

 それでも冷静に考えてみると序盤戦のボールロストは、プレスが偶然嵌った点と、連携が不十分であったのが大きかったと思います。しかし、この試合でのボールロストは、そのビルトアップの組み立ての時にどこを経由する事が多いかという点と、どのパスコースと使うのが多いのか。そういった分析をされた上で、そこを讃岐の選手が一歩のスタートの速さで奪いきった事で、得点に結びつけた素晴らしいスカウティングであったと思います。39篠原 弘次郎と16関戸 健二のミスと言えばミスですが、他のシーンでもビルトアップの所で、奪われるシーンが目についていたので、必然的失点であったと思います。

 この試合で、敗戦した事で、前節の徳島戦で、「希望」が見えたという試合の後に、「絶望」を見る形となってしまいました。しかし、最後まで勝とうという気持ちは感じていました。しかし、その術を見いだせず、拙攻が祟り、同点から逆転という戦いは、出来ませんでした。この時期になると相手が最後まで走る事が可能となる事で、守備の隙がなかなかできず、得点に繋げる事が出来ない。そういった繰り返しもこの試合でもしてしまい毎年の恒例の終盤の失速。こういった面を打破できる監督の招聘は、必要不可欠かと思います。

 ただ、チームを作っていく中で、短所と長所が分かり易く、正しいストーブリーグを通過すれば、十分戦えるポテンシャルを秘めているチームであると思います。次節を含め、しっかり分析して、次につなげる事が出来るかどうかという大事な試合は最後まで続きます。

試合評

MOM:北野 誠(讃岐) MIP:20原 一樹:(讃岐) 満足度:1点(10点満点)

岡山から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年ファジアーノ岡山
タグ:
カマタマーレ讃岐
瀬戸内ダービー
プライドオブ中四国
ループシュート
パスミス
関戸健二
篠原弘次郎
ミス
致命的
ビルトアップ
原一樹
スカウティング
北野誠
2017
Jリーグ
J2
岡山
ファジ
ファジアーノ
ファジアーノ岡山

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

《セレッソ》先週の見逃し再生観戦してる気分【南大阪に吹くマリンの風】

仙台☓浦和 疲労【浦和な生活】

今シーズン一番悔しい敗戦~J1第28節 ベガルタ仙台vs浦和レッズ~【ヒグのサッカー観戦日記】

篠原選手について【ファジアーノ頑張れ!】

【兎と亀】ファジアーノ岡山-カマタマーレ讃岐(J2第34節 2017/9/23@Cスタ)【すべてはファジのため】

讃岐戦を見て【ファジアーノ頑張れ!】

2017:J2:33節:A:vs徳島ヴォルティス「打ち合いは痛み分け」【蹴鞠談議2】

長澤監督に求めるもの【ファジアーノ頑張れ!】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2799939

(12月14日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. J1戦力分析2017

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss