蹴鞠談議2

(プレビュー)2017:J2:24節:H:vsレノファ山口「新加入と怪我から復帰で競争激化、スタメンの座を掴むのは誰だ!?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1、予想メンバー

説明

濃厚=スタメン濃厚 有力=スタメンの確率が比較的高い 不透明=スタメンの確率が近い選手がいる

監督

長澤 徹

予想スタメン

24赤嶺 真吾(濃厚) 30豊川 雄太(濃厚)、8石毛 秀樹(濃厚) 17朴 亨鎮(濃厚)、16関戸 健二(有力)、27塚川 孝輝(有力)、2澤口 雅彦(有力) 14喜山 康平(濃厚)、39篠原 弘次郎(濃厚)、19片山 瑛一(濃厚) 22一森 純(濃厚)

予想リザーブ

GK:13櫛引 政敏(有力) DF:6竹田 忠嗣(有力) MF:5渡邊 一仁(有力)、7伊藤 大介(有力)、10大竹 洋平(濃厚) FW:11三村 真(有力)、?ニコラス・オルシーニ(有力)



2、予想理由

 まず、スタメン予想に関しては、DHと右WB以外のポジションの予想に関しては、説明不要とも言えるぐらいスタメン濃厚かと思います。  では、その有力止まりの内、DHが有力止まりである理由に関してですが、7伊藤 大介と5渡邊 一仁の怪我からの復帰が最大の理由です。この2選手は、スタメンで起用も十分考えられる実力を持った選手だからです。しかし、それと同時に途中出場で流れを変えるというシンプルな効果を期待し辛い選手であると思います。5渡邊 一仁に関しては、守備固めの効果は、ある程度は期待できます。しかし、7伊藤 大介は、味方を活かす事ができるパサータイプであるので、疲れている終盤にその良さを生かし切れるかどうかという点は疑問を感じます。そういった面を考慮し、スタメンに抜擢するかどうかという点で、難しい判断になるかと思います。

 次に右WBに関してですが、6竹田 忠嗣の復帰と、3久木田 紳吾、33張 碩元の3選手の存在です。3人ともスタメンを張れる実力を持った選手で、19片山 瑛一を1つ前右WBで起用するという選択肢も十分考えられるからです。90分間は厳しい2澤口 雅彦をスタメンで右WBで起用するよりは、天皇杯も無い訳ですからCBで先ほど挙げた3人の内誰かを起用する方が、バランスが良いのではないかとも感じます。後は、個人的な理由ですが、31下口 稚葉の右WBでの大抜擢を希望しているというのも理由です。

 リザーブに関しては、10大竹 洋平以外は、有力止まりとさせて頂きました。理由は、上記で、少し述べていますが、交代選手は、流れを変える力と同時に怪我へある程度対応するためにユーティリティ性のある選手を起用する事が一般的です。実力と一定のアクシデントへの対応力の高いメンバーではあると思いますが、流れを変えると考えた時には、少し再考の余地が残っている部分があるからでです。

3、プレビュー

 前半戦の対戦では、山口の新監督の初陣の試合で、両チームにとって難しいゲームでした。この試合では、岡山としては、上手く戦いきって初の完封勝利という成果をあげる事に成功しました。一方で、山口もセットプレーの守備には不安を残した試合ではありましたが、守備では粘り強く守り勝ち点獲得に大いに近づいた試合でもあったと思います。この試合からあまり間隔こそ開いていませんが、両チームとも立ち位置は、好転しています。山口は、残留争いから少し離れて、そこから離れて中位進出。そういった目標が持てるようなチーム状況になって来ました。岡山もプレーオフ圏内が見えて来た事で、J2リーグで、9試合負けなしと好転して来ました。両チームとも上を目指すためにも負けらない1戦。プライドオブ中四国の試合でも熱い試合になる事は間違いないかと思います。

 さて、岡山について述べて行きたいですが、やはり最大の注目は、ニコラス・オルシーニと金 宗旻(キム・ジョンミン)であると思います。岡山としては、大望のタワー系のストライカーです。ニコラス・オルシーニに関しては、高さに加えてスピードがあるという事で、楽しみです。2選手ともまだ一度も見ていないですが、若く伸びしろがありますし、勢いがつけば乗って来ると思いますので、その実力を遺憾なく発揮して欲しいです。

 また、予想メンバーでも述べましたが、今季最高潮のチーム状況にある事は間違いないかと思います。21加地 亮こそ離脱していますが、他の怪我人も4近藤 徹志、28加藤 健人といった状況で、長期離脱から復帰の23久保 飛翔もコンディションが上げてきている様です。チームとしては、練習から充実した試合が出来る環境も整い、しっかり準備できる点は、大きいと思います。その分、監督として、難しい判断を迫られる状況ではありますが、天皇杯が終わった中で、モチベーションを如何に保っていくのかという部分に関しては、大いに注目したいです。

 守備に重心をある程度置いた山口に対して、如何に得点を奪って行くのかというのは、難しいミッションであると思います。昨季までのパスサッカーは破壊力があり、メンバーが多く抜けた今季でも一定の切れ味を見せており、その一発を防ぎつつ、しっかり自分達のサッカーを見せていく事が重要であると思います。  前線の3人の創造性は高いレベルにあり、10大竹 洋平を投入した時の24赤嶺 紳吾との連携も素晴らしいものがあります。チームとして、相性などを考えつつ、こういった素晴らしいプレーが出来る組み合わせを多く作って、チームとして総合力を高めていき勝利に導いて欲しいです。

4、希望メンバー(おまけ)

監督

長澤 徹

希望スタメン

24赤嶺 真吾 30豊川 雄太、8石毛 秀樹 17朴 亨鎮、7伊藤 大介、27塚川 孝輝、19片山 瑛一 14喜山 康平、39篠原 弘次郎、3久木田 紳吾 22一森 純

希望リザーブ

GK:13櫛引 政敏 DF:33張 碩元、31下口 稚葉 MF:5渡邊 一仁、10大竹 洋平 FW:?ニコラス・オルシーニ、?金 宗旻

岡山から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年ファジアーノ岡山
タグ:
プレビュー
長澤徹
澤口雅彦
片山瑛一
金宗旻(キム・ジョンミン)
ニコラス・オルシーニ
下口稚葉
竹田忠嗣
渡邊一仁
伊藤大介
赤嶺真吾
大竹洋平
プライドオブ中四国
レノファ山口
Jリーグ
J2
岡山
ファジ
ファジアーノ
ファジアーノ岡山

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

現在の甲府について【ファジアーノ頑張れ!】

『グランパス』新戦力には適応期間が必要です。【赤の血潮と、青の魂】

【白鳥城の騒霊】なぜアジアサッカー連盟(AFC)は、旭日旗を「差別的」と認定したのか? ~旭日旗問題の背景にある歴史的原因を探る~【白鳥城の騒霊】

【チームとしての成熟】ツエーゲン金沢-ファジアーノ岡山(J2第23節 2017/7/15@石川西部)【すべてはファジのため】

2017:J2:23節:A:vsツエーゲン金沢「J2屈指のセットプレーでの破壊力を持つチームへ」【蹴鞠談議2】

【上位に食らいつくために】東京ヴェルディ-ファジアーノ岡山(J2第22節 2017/7/9@味スタ)【すべてはファジのため】

2017:J2:22節:A:vs東京ヴェルディ「バーに助けられて辛うじてドロー」【蹴鞠談議2】

【強気が呼び込んだ完勝劇】ファジアーノ岡山-水戸ホーリーホック(J2第21節 2017/7/1@Cスタ)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2813725

(01月16日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J1戦力分析2017
  10. J2順位予想2016

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss