蹴鞠談議2

2017:J2:3節:A:vsFC町田ゼルビア「サイド攻撃機能も、まだまだ遠いゴール、近い様で遠い遠い勝利」

このエントリーをはてなブックマークに追加

町田vs岡山:1-1 得点者:オウンゴール(3藤井 航大) 観客数:4,205人

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

審判

主審:三上 正一郎:3.0 副審:唐紙 学志、馬場 規:3.0

A:岡山

監督

長澤 徹:3.0

スタメン

20藤本 佳希:3.0 7伊藤 大介:3.0、30豊川 雄太:3.0 17朴 亨鎮(パク・ヒョンジン):2.5、16関戸 健二:2.5、5渡邊 一仁:2.5、21加地 亮:2.5 14喜山 康平:2.5、39篠原 弘次郎:2.5、2澤口 雅彦:2.5 13櫛引 政敏:2.5

リザーブ

GK:22一森 純 DF:6竹田 忠嗣、3久木田 紳吾 MF:27塚川 孝輝、8石毛 秀樹、10大竹 洋平 FW:11三村 真

途中交代

30豊川 雄太→8石毛 秀樹:3.0 7伊藤 大介→10大竹 洋平:3.0



H:町田

監督

相馬 直樹:2.5

スタメン

30中島 裕希:2.5、23戸島 章:2.5 8谷澤 達也:3.0、39重松 健太郎:2.0 15井上 裕大:2.5、6李 漢宰(リ・ハンジェ):2.0 19松本 怜大:2.5、3藤井 航大:2.5、5深津 康太:2.5、10土岐田 洸平:2.5 21高原 寿康:2.5

リザーブ

GK:1碓井 健平 DF:13大田 隼輔、24金 聖基(キム・ソンギ) MF:2奥山 政幸、14吉濱 遼平 FW:40橋村 龍ジョセフ

途中交代

8谷澤 達也→14吉濱 遼平:2.5 39重松 健太郎→40橋村 龍ジョセフ:評価不可

2、得点経過

H:町田:1-0:39重松 健太郎(6李 漢宰)

FK(町田:6李 漢宰)→6李 漢宰(ピンポイントのボールをける)→39重松 健太郎(頭でしっかり合わせてヘディングシュート)→13櫛引 政敏(一歩動いた分、反応するも届かず)→ゴール

A:岡山:1-1:オウンゴール(3藤井 航大)

岡山(サイドでパスを繋ぐ)→39篠原 弘次郎?(サイドチェンジ)→17朴 亨鎮(1トラップ後に間合いを計ってアーリークロス)→30豊川 雄太(クロス先に走りこむ)→5藤井 航大(クリアかGKへの繋ぐが迷い胸に当たりシュートみたいになる)→21高原 寿康(弾き出そうと飛びつくも届かず)→オウンゴール

3、戦評

数値評

評価基準

良:A~E:悪

A:岡山

攻撃評価:D 守備評価:D 采配評価:D 総合評価:D

H:町田

攻撃評価:C 守備評価:C 采配評価:C 総合評価:C

文章評

町田のダブルボランチの2人の守備の前にバイタルエリアでは、なかなか仕事が出来なかった試合でした。サイドからは、21加地 亮と17朴 亨鎮のクロスから好機を何度か作れた事は、収穫。実際にそこから同点ゴールが生まれた。ただ、中央の崩しで、形をなかなか作れなかった。1節と2節で見れたパスワークというのを見れなかったのは、痛かった点です。ダイレクトでのパスワークというのは、小柄の選手が多い岡山において、生命線と言えそうです。

3試合で、2得点という寂しい状態でありますが、必ずしも悲観してしまう事ばかりではないと言えます。例えば、まだ及第点ではありませんが、20藤本 佳希のポストプレーというのが、試合を重ねる中で良くなっている点がその1つです。相手選手を背後に背負って、しっかり繋ぐというプレーが、多少見受けられるようになりました。中でもドリブルで少しキープしてからの30豊川 雄太のスルーパスは、絶妙でした。ただ、一方で、課題もありまして、シュートを打ってほしい場面で、バックパスを選択してしまった消極性です。実は、ここを掘り下げる必要がありまして、仕掛けたり、シュートまでいくという選択が、どれだけゴールの確率があるのか。この部分の判断が、まだまだ粗削りという事です。こういった部分を感じ取れない判断ミスというのが、随所に見られています。これが、消極的に見えたり、ゴールにあと一歩届かない惜しいプレーに繋がっています。この試合でも結果を残せませんでしたが、20藤本 佳希は、試合を重ねる中で、成長を感じることができます。この辺りに、若い選手をバランスよく起用していく事の重要性を感じます。そして、内容を高めつつ、結果を残していけるかです。そのために若い選手は、20藤本 佳希の様にチャンスが巡ってきた時に、結果を残せるように練習からしっかりアピールして、実力で出場機会を掴んで欲しいです。

セットプレーで、得点できていない点も、やはり心配な点ではあります。昨季の貴重な得点源だったセットプレーが3試合で、0得点。キッカーが、揃っていることを考えると、やはり高さ不足と言えるでしょう。後は、良い位置でのFK獲得のためにも相手陣地深く入れるかというのも大きなポイントと言えます。

また、この3試合で感じるのは、ラインが非常に高いという事です。昨季のプレーオフの松本が1-1の時にラインを高く保った様に、高さで押し込まれないように高い位置で、勝負しています。ラインを高くするとパスで裏を取られるリスクがあります。しかし、そういった形が少ないことを考えると、ここまでの3試合は、上手く機能しているといえるでしょう。ただ、ラインが高いという事は、相手選手にも近い事を意味し、そこでプレスを受けてのボールロストというのが、1節、2節で目立ちました。この試合では、そういったシーンが、ほぼ無かった事を考えれば、ある程度は、修正出来ているといえるでしょう。しかし、こればかりは、常にあるリスクなので、そういったプレーが生じた時に、如何にカバーできるかもポイントと言えるでしょう。

ここまで勝利が遠く、序盤戦ではありますが、プレーオフ進出に向けて、危機的なチーム状況です。チームとしての連携を高めて、如何に連動制のあるプレーを増やせるかどうかです。局面局面で、良いプレーが何度かありますので、そういったシーンを増やしていき、今出来る事を着実にトライする。結果がついてこなくても、勝利に向かって行く勝利のメンタリティを前面に出してのプレーを最後まで続けて欲しい。

試合評

MOM:6李 漢宰(町田) MIP:17朴 亨鎮(岡山) 満足度:3点(10点満点)

岡山から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年ファジアーノ岡山
タグ:
セットプレー
高いライン
2017年
2017
藤井航大
オウンゴール
サイド攻撃
クロス
加地亮
重松健太郎
李漢宰
朴亨鎮
藤本佳希
Jリーグ
J2
FC町田ゼルビア
岡山
ファジ
ファジアーノ
ファジアーノ岡山

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

勝ち点を拾うには守備が鍵になりそうだけど…。<2017・J2リーグ第3節/千葉2-0名古屋>【『素人に毛が生えた!』(名古屋グランパスファンのサッカー観戦記)】

【第3節】 vs北海道コンサドーレ札幌~攻めの形が見当たらない。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

【サンフレ】最適な組合せを探して【鳥栖戦】【紫熊のサンフレ観戦記】

2017:J2:2節:H:vsロアッソ熊本「深まる不安と期待」【蹴鞠談議2】

【内容への自信と結果への落胆】ファジアーノ岡山-ロアッソ熊本(J2第2節 2017/3/5@Cスタ)【すべてはファジのため】

2017:J2:2節プレビュー:H:vsロアッソ熊本「ホーム開幕戦で初勝利を!!」【蹴鞠談議2】

2017:J2:1節:A:vs名古屋グランパス「開幕戦から感じた期待と不安」【蹴鞠談議2】

【突き付けられた課題】名古屋グランパス-ファジアーノ岡山(J2第1節 2017/2/26@パロマ瑞穂)【すべてはファジのため】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2679432

(05月25日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J1順位予想2014
  3. J2順位予想2017
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. 2012:A代表:親善試合:A:日本VSフランス「粘りに粘っての対フランス戦初勝利」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss