蹴鞠談議2

2016:A代表:アジア最終予選:5戦目:H:vsサウジアラビア「必然的なスタメン変更で躍動」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsサウジアラビア:2-1 得点者:13清武 弘嗣(PK)、8原口 元気(5長友 佑都)、5オマルイブラヒム・オスマン 退場者:3オサマ・ハウサウィ(サウジアラビア)

1、チーム情報&評価基準

評価基準

良:1~5:悪

H:日本

監督

ヴァヒド・ハリルホジッチ:2.5

スタメン

15大迫 勇也:2.5 8原口 元気:2.0、13清武 弘嗣:2.5、14久保 裕也:3.0 17長谷部 誠:2.5、16山口 蛍:2.5 5長友 佑都:2.5、6森重 真人:2.5、22吉田 麻也:2.5、19酒井 宏樹:2.5 12西川 周作:2.5

リザーブ

GK:1川島 永嗣、23東口 順昭 DF:2丸山 祐市、20槙野 智章、21酒井 高徳 MF:7永木 亮太、3小林 祐希、10香川 真司、4本田 圭佑、11齊藤 学 FW:9岡崎 慎司、18浅野 拓磨

途中交代

14久保 裕也→4本田 圭佑:3.0 13清武 弘嗣→10香川 真司:3.0 15大迫 勇也→9岡崎 慎司:評価不可



A:サウジアラビア

監督

ベルト・ファン・マルワイク

スタメン

10モハンメド・アルサハラウィ 18ナワフ・アルアビド、17タイシール・アルジャッサム、8ヤヒア・アルシェハリ 7サルマン・アルファラジ、11アブドゥルマレク・アルハイブリ 13ヤシル・アルシャハラニ、5オマルイブラヒム・オスマン、3オサマ・ハウサウィ、12ハッサンムアト・ファラタ 22モハンメド・アルオワイス

リザーブ

GK:1ワリード・アブドゥラー、21アッサフ・アルカルニ DF:2マンスール・アルハルビ、4モハンメド・ジャハファリ、6モハンメド・アルブライク、23モタズ・ハウサウィ MF:14サルマン・ムワシャル、16フセイン・アルモカハウィ、20アブドゥルマジード・アルルワイリ FW:9ナイフ・ハザジ、15ナシル・アルシャムラニ、19フハド・アルムワッラド

途中交代

8ヤヒア・アルシェハリ→19フハド・アルムワッラド 11アブドゥルマレク・アルハイブリ→20アブドゥルマジード・アルルワイリ 17タイシール・アルジャッサム→15ナシル・アルシャムラニ

2、得点経過

H:日本:1-0:13清武 弘嗣(PK)

8原口 元気(頭で繋ぐ)→15大迫 勇也(巧く収めてポストプレー)→13清武 弘嗣(柔らかいタッチからのサイドのフリーの選手へパス)→14久保 裕也(クロス)→13ヤシル・アルシャハラニ(クロスブロック)→13清武 弘嗣(セカンドボールをシュートフェイントから1トラップでの切り返しからシュート)→7サルマン・アルファラジ(シュートブロックに行くも切り返しに引っかかる)→11アブドゥルマレク・アルハイブリ(肩に当たって跳ね返ったボールが手に当たりハンド)→PK(日本:13清武 弘嗣)→13清武 弘嗣(左に蹴る)→22モハンメド・アルオワイス(逆に飛ぶ)→ゴール

H:日本:2-0:8原口 元気(5長友 佑都)

日本(パス回しからサイドへ)→5長友 佑都(パス)→4本田 圭佑(リターンパス)→5長友 佑都(パス&ゴー)→4本田 圭佑(ワン・ツー・パス)→5長友 佑都(サイドを抜け出してグラウンダーのクロスを入れる)→10香川 真司(スルー)→8原口 元気(ダイレクトで左隅下に狙いすましたシュート)→22モハンメド・アルオワイス(逆に移動しておりノーチャンス)→ゴール

A:サウジアラビア:2-1:5オマルイブラヒム・オスマン

サウジアラビア(終盤猛攻を仕掛ける)→20アブドゥルマジード・アルルワイリ(楔形パス)→18ナワフ・アルアビド(背負いながらボールを受け、ドリブルを仕掛けて引き付けてからパス)→5オマルイブラヒム・オスマン(ポストプレー)→18ナワフ・アルアビド(ダイレクトでのスルーパス)→15ナシル・アルシャムラニ(ダイレクトでのシュート)→12西川 周作(倒れながら足でセーブ)→5オマルイブラヒム・オスマン(毀れ球に反応してダイレクトシュート)→5長友 佑都(足に当たって戻りながら掻き出そうとする)→ゴール(ゴールラインを超えていて得点)

3、試合評

数値評

評価基準

良:A~E:悪

攻撃評価:B 守備評価:B 采配評価:B 総合評価:B

文章評

まず、この試合のスタメンに関してですが、大胆な選手起用というよりは、必然的な選手起用と言えます。 むしろ、遅すぎたともいえる。 4本田 圭佑に関しては、某雑誌にしてその守備意識に関して問題点を指摘されていたが、私個人としては、以前の様な攻撃の輝きは失われており、某雑誌で指摘されていた守備意識の低さを許される、特別待遇を与えられる選手では無くなったとみている。 14久保 裕一は、ミスパスの多さ、13清武 弘嗣は少し痛めた関係で、早い時間帯に交代を迫られたものの二人とも高い守備意識を見せた。 そして、出場時間の長かった8原口 元気は、運動量の多さが際立つ中で、ゴールという結果と献身的な守備が光った。 15大迫 勇也は、1トップとして高い能力を示すだけではなく、自陣深くまで戻っての守備を見せるなど、走り切った。 世界的に見てもこういったプレーは、当然のプレーであり、前線の選手であっても出来なければ、出場機会を失う。 そういったハードワークを求める関係上、終盤の失点の多さであったり、走らない選手が1人いるだけで、守備は、崩れてしまう。 PK判定は、ラッキーだったと言えるかもしれないが、日本の多くの形は、速い展開からの形が多かった。 アジアだからポゼッションサッカーができるのであって、ワールドクラスであればハイプレスが来るので、この試合の様にある程度繋ぐ力のあるチームに対しては、やはり速攻は有効である。 こういった新たな戦い方は、他のカテゴリーの好成績にも繋がっており、A代表でもその恩恵が出た試合と言えるだろう。 やはり、ここまでのハリルジャパンの苦戦は、準備期間の短さというのが、最大の理由で、4本田 圭佑を筆頭に10香川 真司、9岡崎 慎司といった選手達が、所属クラブで出場機会の少ない選手に依存せざる得ない状況が大きかったと言える。 ここに来て、オマーン戦を挟めた事で、新戦力を試し、そういった選手を起用出来た。 ここまで、そういった新選手をテストする機会があったものの十分とは言えず、その頃は、先ほどの三人の選手の状況も違った。 そういった意味で、限られた時間で、チームを変化させていたが、この試合に関しては、それが良い方向に働いた。 残念ながら終盤の失点で、前半戦を首位を折り返す事は出来なかったがオーストラリアが引き分けた事で2位に浮上し、後半戦に繋がる結果であった。 まだまだ未完ではあるが、一つの光を見いだせた試合であった収穫の大きな試合であり、自動での出場権獲得に向けて自信を持てたのではないか。 ハリルジャパンは、きっとこれからより強いサッカーを見せてくれて、勝利を重ねていくと信じたい。

試合評

MOM:8原口 元気(日本) MIP:15大迫 勇也(日本) 満足度:7点(10点満点)

日本から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルジャパン
タグ:
ハリルジャパン
スタメン変更
ポゼッション
カウンター
プレス
運動量
献身的な守備
堅守速攻
ハードワーク
本田圭佑
久保裕也
清武弘嗣
原口元気
大迫勇也
アジア最終予選
サウジアラビア
サッカー日本代表
A代表
日本
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

引導の系譜〜サッカーW杯アジア最終予選〜【歌うNumber】

お初は信用ならんですか?【にわかフロンターレファンの試合分析】

第18節&第19節 奇跡は人が起こすモノ VSイラク VSオーストラリア【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:1208
  • 累計のページビュー:2721986

(08月17日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. 2012:A代表:親善試合:A:日本VSフランス「粘りに粘っての対フランス戦初勝利」

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss