蹴鞠談議2

2016:U-19代表:AFC U-19選手権バーレーン:準々決勝:中立:vsタジキスタン「実力差を結果に繋げ10年ぶりのU-20WC出場決定」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsタジキスタン:4-0 得点者:9小川 航基(15堂安 律)、15堂安 律(8三好 康児)、9小川 航基(FK)、20岩崎 悠人(10坂井 大将)

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

日本

監督

内山 篤:2.5

スタメン

9小川 航基:1.5、20岩崎 悠人:2.0 8三好 康児:2.5、15堂安 律:2.0 10酒井 大将:2.5、17市丸 瑞希:2.5 19船木 翔:2.5、3中山 雄太:2.5、5冨安 健洋:2.5、2藤谷 壮:2.5 1小島 亨介:2.5

リザーブ

GK:12廣末 陸、23若原 知哉 DF:4町田 浩樹、6初瀬 亮、16岩田 智輝、22板倉 滉 MF:7神谷 優太、11長沼 洋一、18遠藤 渓太、21原 輝綺 FW:13岸本 武流、14中村 駿太

途中交代

19船木 翔→6初瀬 亮:2.5 9小川 航基→14中村 駿太:2.5 8三好 康児→11長沼 洋一:評価不可



タジキスタン

監督

レフチェンコ:3.0

スタメン

11ヌリディン:3.5 7カロマトゥロ:3.5、17パンシャンベ:3.5、10ムフシンジョン:3.5、9ハサン:3.0 3ダフラトミル:4.0、15ジュラバエフ:4.0、19アジムチョン:4.0、5ドロブジョン:4.0、14バフダート:4.0 23ハイリエフ:4.0

リザーブ

GK:1シャフロム、16ファトフロ DF:2フセイン、6ホタム、20ジヨブディン MF:8ホジボイ、18タレル、22オタベク FW:4ムニール、14アミルジョン、13トリボフ、21シェリディン

途中交代

7カロマトゥロ→18タレル:3.5 19アジムチョン→6ホタム:評価不可

2、得点経過

日本:1-0:9小川 航基(15堂安 律)

17市丸 瑞希(裏への浮き球のロングスルーパス)→9小川 航基(ヘディングシュート)→23ハイリエフ(反応するも触れず)→ボール(ポストバー)→14バフダート(毀れ球に反応してクリアも不十分)→3ダフラトミル(空振りでクリア出来ず)→15堂安 律(ボールを回収し中の様子を伺う)→3ダフラトミル&7カロマトゥロ(二人で寄せて対応)→15堂安 律(二人の間を抜くクロス)→9小川 航基(ヘッディングシュート)→23ハイリエフ(少し反応するのが精一杯でシュートが股を抜けていく)→ゴール

日本:2-0:15堂安 律(8三好 康児)

5冨安 健洋(毀れ球をダイレクトで前へのロングパス)→8三好 康児(ドリブルで抜けて駆け上がってクロス)→15堂安 律(1トラップからの左隅上へ巻いて落ちてくるシュート)→23ハイリエフ(移動するのが精一杯で飛びつけず見送る)→ゴール

日本:3-0:9小川 航基(FK)

タジキスタン(最終ラインでボール回し)→19アジムチョン(ボールを前線へ出そうとするが少し出すのが遅れる)→20岩崎 悠人(一気に寄せて体に当てる)→9小川 航基(セカンドボールを拾ってドリブルを仕掛ける)→19アジムチョン(ボールではなく足に当ててしまう)→FK(日本:9小川 航基、17市丸 瑞希、8三好 康児)→9小川 航基(左隅の方に壁を越えて落ちてくるボール)→23ハイリエフ(反応するも飛びつけず)→ゴール

日本:4-0:20岩崎 悠人(10坂井 大将)

5冨安 健洋(楔形パス)→17市丸 瑞希(動作を誤りボールが抜ける)→15堂安 律(戻って受けて回収しバックパス)→17市丸 瑞希(ダイレクトでフリーの選手へパス)→10坂井 大将(1トラップからタイミングを見計らったスルーパス)→20岩崎 悠人(裏へは抜けられなかったが1トラップから強烈なシュート)→23ハイリエフ(反応して飛びつくも届かず)→ゴール

3、戦評

数値評

評価基準

良:A~E:悪

攻撃評価:B 守備評価:B 采配評価:B 総合評価:B

文章評

試合を重ねる毎にパフォーマンスの向上が著しい。 決勝トーナメントで、まさか今大会で対戦した中で、一番弱いチームと試合をする事となった。 危なげない戦い方で、無事U-20WCの出場権を獲得。 最低限の目標をクリアできたので、残りの試合で、どれだけいい結果を残せるかという大会となった。 前の試合で良かった17市丸 瑞希だが、その試合程のインパクトは感じなかった。 逆に10坂井 大将が、4点目に繋がった絶妙なパスで、ようやく存在感を示した。 もっとDHの二人から良いボールが出れば、試合を有利に進める事が出来るので、組織としての連携を深め、そういったシーンを増やして欲しい。 また、9小川 航基は、潜在能力の高さを見せつける2得点の大活躍。 特に直接FKは、見事で、蹴る技術の高さを内外に示すことに成功した。 しかしながら、得点こそしたが、15堂安 律のドリブルからの展開が、なかなか繋がらない点やFWの組み合わせという点など気になる点も依然として攻撃面で多い。 3中山 雄太と5冨安 健洋の双璧の堅守を武器にどこまで戦えるか楽しみである。

試合評

MOM:9小川 航基(日本) MIP:15堂安 律(日本) 満足度:6点(10点満点)

日本から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー(アンダー日本代表)
タグ:
出場権獲得
連動性
組織力
ドリブル
堅守
冨安健洋
中山雄太
坂井大将
市丸瑞希
小川航基
堂安律
AFCU-19選手権バーレーン
タジキスタン
U-19日本代表
U-19代表
日本
U-19
サッカーアンダー日本代表
サッカー日本代表
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

サウジアラビア戦(Uー19) 【 高い意識を持って個の能力の成長に努めてもらいたい。 】【FCKSA66】

AFCU-19選手権 初優勝(長く指導するということ)【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

U-19代表、悲願のアジア制覇!【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:342
  • 累計のページビュー:2799939

(12月13日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. J1戦力分析2017

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss