蹴鞠談議2

2016:U-19代表:AFC U-19選手権バーレーン:グループリーグ3節:中立vsカタール「縦への速さが得点に繋がり快勝」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsカタール:3-0 得点者:20岩崎 悠人、8三好 康児、5冨安 健洋

1、チーム情報&評点

評価基準

良:1~5:悪

日本

監督

内山 篤:2.5

スタメン

9小川 航基:2.5、20岩崎 悠人:2.0 8三好 康児:2.0、15堂安 律:2.5 10坂井 大将:3.0、17市丸 瑞希:2.0 19船木 翔:2.0、3中山 雄太:2.0、5冨安 健洋:2.0、2藤谷 壮:2.0 1小島 亨介:2.5

リザーブ

GK:12廣末 陸、23若原 知哉 DF:4町田 浩樹、6初瀬 亮、16岩田 智輝、22板倉 滉 MF:7神谷 優太、11長沼 洋一、18遠藤 渓太、21原 輝綺 FW:13岸本 武流、14中村 駿太

途中交代

10坂井 大将→21原 輝綺:3.0 15堂安 律→18遠藤 渓太:3.0 9小川 航基→13岸本 武流:評価不可



カタール

監督

モレロ

スタメン

19パラング:3.5 23フラク:3.5、11ムスタファ:3.5 17バヒート:3.5、8アブドゥルサラム:3.5、4サルマン:3.5、12ハラフ:3.5 16アリ:4.0、5アッラウィ:4.0、6ヌアイミ:4.0 1バカリ:4.0

リザーブ

GK:21イブラヒム、22フレイン DF:2アディ、10アフマド・フマム、13アフマド・ムーファク、14ファラジ、15ブフザド MF:3アッサディ、7ウマル、18ムサ FW:9イーサ、20マジード

途中交代

23フラク→20マジード:3.0 17バヒート→7ウマル:2.5

2、得点経過

日本:1-0:20岩崎 悠人

カタール(ロングパスから攻める)→17市丸 瑞希(セカンドボールを拾ってフリーの選手へパス)→日本(カウンター)→8三好 康児(前線へのパス)→カタール(クリアなのかGKへのパスで迷った分中途半端になる)→9小川 航基(奪いに行く)→1バカリ(弾くのが精一杯)→20岩崎 悠人(毀れ球を無人のゴールに押し込む)→ゴール

日本:1-0:8三好 康児

17市丸 瑞希?(ボール奪取から素早くフリーの選手へパス)→8三好 康児(ドリブル突破からミドルシュート)→カタール(ボールが当たってCK)→CK(日本)→17市丸 瑞希(ニアサイドに落ちてくるボール)→19パラング(クリア)→8三好 康児(毀れ球をしっかりミートしての強烈なシュート)→1バカリ(手だけ反応するも届かず)→ゴール

日本:3-0:5冨安 健洋

8三好 康児(ボールキープの際にファールを受ける)→FK(日本)→8三好 康児?(DF寄りのDFとGKの間に落ち来るボールを入れる)→9小川 航基(ヘッディングシュート)→1バカリ(飛びつくも届かず)→ボール(ポストバーに当たって跳ね返る)→5冨安 健洋(毀れ球を足で振り抜く)→1バカリ(至近距離のために反応できず)→ゴール

3、戦評

数値評

評価基準

良:A~E:悪

攻撃評価:B 守備評価:B 采配評価:B 総合評価:B

文章評

初戦、2戦目に比べて大幅に改善した。 この試合躍動の大きな要因として、17市丸 瑞希の縦への意識は、非常に大きい。 これは、A代表の課題と一緒で、ただ、縦に入れれば良いのではなく、隙がある時に如何に出せるかである。 それは、速攻の場合で考えられがちだが、遅攻でも重要な事で、パス回しをしつつ、隙が出来た時にリズムを変えて一本入れる。 これが出来るかどうかで、全然違ってくる。 この試合では、速攻の場面で、非常に効果的だった。 というのも遅攻で縦に速い変化を齎すパスは、チームとしての高い組織力が必要であり、なかなか難しい。 アジアレベルでは、パス回しに意図が無くても隙が出来る事があるが、世界標準で考えた時には、そういった隙はなかなかできない。 引いた相手に対して、1人1人が、別々の意図を持つのではなく、共通意識のある狙いを持ったプレーでどれだけ出来るか。 それが、残念ながらこのチームは出来ておらず、ドリブルが単発に終わり易く、迷いからパスミスに繋がっているという課題を常に持っている。 チームとしての守備の安定感を武器を活かすためにもチームとしての共通意識をどれだけ持てるか。 そこをしっかり改善出来なければ、次戦は難しくなるだろう。 それだけにこの試合の17市丸 瑞希のプレーというのは、重要なプレーであり、存在感があった。 そういったプレーの次の試合でも多くみせて欲しい。 そして、是非、韓国U-20WCの切符を掴んで欲しい。

試合評

MOM:8三好 康児(日本) MIP:17市丸 瑞希(日本) 満足度:6点(10点満点)

日本から世界へ To Be Continued

by 杉野 雅昭(masaaki sugino)

記事の質の向上のために反対意見や間違いの指摘などのコメントも大いに歓迎ですので、気軽にコメント宜しくお願い致します。 また、支持数は、記事を書く意欲へと繋がる事に加えて、記事を書く上での参考とさせて頂いてます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー(アンダー日本代表)
タグ:
2016
共通の狙い
意思統一
共通意識
縦への速さ
速攻
遅攻
変化
縦へのパス
楔形パス
市丸瑞希
三好康児
カタール
AFCU-19選手権バーレーン
U-19
AFC
日本代表
日本
サッカーアンダー日本代表
サッカー日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

何度でも言う、サッカーはセンターバックだ【にわかフロンターレファンの試合分析】

U-19日本代表 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

サッカー版“イノベーションのジレンマ”!?5【運動科楽からスポーツ再考!!】

ブロガープロフィール

profile-iconsoccer11111

初めまして杉野雅昭と申します。
サカつくをきっかけにサッカー好きになりました。
2002年以来のサッカーファンです。
日本代表やJリーグに興味あります。
2008年以降は、ファジアーノ岡山のサポです。
昔はジェフも好きでした。
海外はバルサです。
何かあれば、こちらまで。
sugi8823アットhotmail.co.jp
アットの部分を@にして下さい。
  • 昨日のページビュー:705
  • 累計のページビュー:2723305

(08月21日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J2戦力分析2017
  2. J2順位予想2017
  3. J1順位予想2014
  4. J2順位予想2013
  5. J1順位予想2017
  6. J2順位予想2014
  7. 2014年J1順位予想の結果
  8. 2016年J1・J2・J3順位予想の結果
  9. J2順位予想2016
  10. 2012:A代表:親善試合:A:日本VSフランス「粘りに粘っての対フランス戦初勝利」

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
2006
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss